リストレスト一体型マウスパッドは「サンワサプライ」製のものがオススメ

手首を痛みや疲れから守るリストレスト。その真髄は、重力に対抗するために生まれた技術にあったのです。

パソコンで作業する際、手に違和感を感じたことから始まった、手首を痛みから守ってくれる「リストレスト」探し。

一発目のものは残念ながら不発に終わってしまいましたが、今回、ついに私が求めるリストレスト一体型マウスパッドを発見したのでご紹介したいと思います。

机上に舞い降りる守護神は、なんと、宇宙にこそいたのです。

サンワサプライ製リストレスト付きマウスパッド

長時間のパソコン作業で手に不自然な力が入る状態が続いていると、次第に手首に痛みが生じてくることがあると思うのですが、これを放っておくのはあまりよくないかもしれません。

手から始まった痛みが手首だけでなく、腕や肩などの身体全体にまで広がってしまう「マウス腱鞘炎」という病気になってしまう恐れがあるからです。

通常のマウスの持ち方で力が入る手首の部分

とくに私の場合、手首の付け根にある骨の部分に体重をかけてマウスを握るような持ち方をしていたため、作業が長時間に及ぶと赤い丸の部分が痛くなってくるように。

これは腱鞘炎予備軍なのか、それともすでに腱鞘炎を発症しているのか。それは定かではないのですが、そんなことはもうどうでもよくなりました。

私の前に、守護神は降臨したからです!

サンワサプライ製リストレスト付きマウスパッド

こちらはサンワサプライ製のリストレスト一体型マウスパッド。

形状を記憶し、じわっと反発する低反発リストレストが、手首をやさしく包み込んで重さを分散。腕や肩の疲れを大幅に低減させ、手首を痛みから守ってくれます。

宇宙工学から生まれた低反発ウレタン採用

そしてなんと、本製品のリストレスト部分は、宇宙工学から生まれた低反発ウレタンフォームを採用!

低反発ウレタンフォームは、スペースシャトル発射時に宇宙飛行士の体にかかる、強力な重力を緩和するために開発された素材だと書かれています。

ガッツポーズをしているスペースマンもじわじわとくるものがあります。

サンワサプライ製リストレスト付きマウスパッドの低反発ウレタンフォーム部分

リストレスト部分はこのとおりで、丸みを帯びた柔らかそうな見た目。

形も直線ではなく微妙にカーブしているので、マウスの操作中も常に手首をサポートしてくれます。マウスパッドの上で手首を転がして遊ぶのもおもしろそう。

横長なので、そんなこともできてしまうのです!

サンワサプライ製リストレスト付きマウスパッドの裏面

裏面は、マウスパッドとデスクのずれを防止するポリウレタン素材。つやつやとした光沢も美しい。

台湾で作られている(MADE IN TAIWAN)とのことで、それもなんとなく安心感がありますね。

サンワサプライ製リストレスト付きマウスパッドの大きさ

さらに、マウスパッドの大きさは幅180mm×奥行245mm×高さ22mmと、普通のマウスパッドと比べてもほとんど変わらない大型タイプ。

これでマウスのカーソル速度は遅めが好みでも、快適に広々操作できること間違いなしだ!

それでは見せてもらいましょう、守護者を超える、守護神の力とやらを……

宇宙工学は伊達じゃなかった

サンワサプライ製リストレスト付きマウスパッドの使用例

そのとき、私は、手首の下に小宇宙(コスモ)を感じました。

反発弾性が非常に少ないことによる、ゆっくりと沈んでゆっくりと戻るじんわり感。粘性のある触感で、動きに合わせて変形する抜群のフィット感。宇宙工学によって生まれた低反発素材の、重さを均等に分担するベストバランス感。

その心地良さははまるで、手首の下に突如として無重力空間が発生したかのよう。

柔らかい……

この柔らかさはなにかに似ています。いったいなんだったかな。まぁ、そんなことはどうでもいいでしょう。とにかく、このマウスパッドはすばらしい。

全体の性能と良いところ

やはりマウスパッドに大きさがあるので、マウスがはみ出さないか、とか、そういったことを気にする必要がないところがまずグッド。

また、横長のリストレストの形状がカーブしているので、パッド上で手を動かしやすいのはもちろんのこと、利き手をマウスからキーボードへ、キーボードからマウスへ、という動きが瞬時に行えるのもポイントが高いです。

そして地味にアツいのが、重量が206gと軽いところ。

リストレストに重量があるとマウスパッド自体が重くなってしまいがちですが、さすがは宇宙工学素材。軽量にして大型サイズ。このエアリー感もすばらしい!

リストレストの高さも22mmと低めで、クッションも柔らくて沈みやすいため、肩に力が入るということありませんでした。

サンワサプライ製リストレスト。手首の不調に悩む人々を救う守護神に認定しよう。

今回のまとめ

・リストレスト探しはこれにていったん終了
・サンワサプライ製リストレストがとくにオススメ
・手首がとろける柔らかさを体感せよ

私の場合、探し始めると納得がいくまで買い続けることになるパターンが多いのですが、リストレスト探しは2回目でいいものを見つけることができたので、ひとまずはこれで終了とし、サンワサプライ製のものを使ってみようと思います。

手首の痛みを我慢していると集中力も落ちますし、なによりもパソコンに向かうのがだんだんしんどくなってきたりもします。

手首の痛みや、手首だけでなく腕や肩の疲れでお悩みの方は、リストレストを試してみるのもいいと思いますよ。この柔らかさは、体感の価値ありです。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す