ユニクロの「エアリズムマスク」は言うほどエアリーじゃないけど使える

ちまたで話題のユニクロが開発したエアリズムマスクをゲットしました。そこまでエアリー感はないですが、結構使えますよ。

これまでマスクといえば使い捨てが主流でしたが、近年は洗って繰り返し使えるマスクが多数登場し、人気を博しています。

そんな中、言わずと知れたユニクロのエアリズムシリーズからも洗えるマスクが登場したので、試しに使ってみることにしてみました。

果たして、エアリズムマスクの実力やいかに!?

ユニクロのエアリズムマスク

ユニクロのエアリズム(AIRism)は、「湿気を拡散、熱気を放出、汗を吸収して乾かす」という快適を生み出すテクノロジーを採用し、着ることで快適さをつくるというコンセプトの下に生まれた衣服(主に肌着)のシリーズです。

ところが、世界はマスクの着用が日常になるという新たな局面を迎えたため、快適さをつくる技術を駆使し、「防御性能、洗濯可能、つけ心地」という3つの機能を兼ねそろえたマスクが開発されました。それがエアリズムマスクです。

ユニクロのエアリズムマスク

エアリズムマスクは1セット3枚組で990円+税。サイズ展開はL(普通)M(小さめ)S(子ども用)と3サイズの展開があり、色(カラー)は白のみとなっています。公式オンラインストアからも購入することができます。

エアリズムマスクの外側

そしてエアリズムマスク最大の特徴ですが、これは3層の構造になっている高性能フィルターにあります。

外側はUVカット機能が付いたメッシュ素材で紫外線を90%カット。その中(真ん中)には細菌や花粉などの粒子を99%カットするフィルターがイン!

エアリズムマスクの内側

さらに内側には、シルクのようななめらかな肌触りのエアリズム素材が使用され、汗ばんでもサラサラが続くというわけです。

1枚当たり330円で洗って繰り返し使えるのであれば、コスパは抜群にいいと思われますが、問題なのは実際の使い心地はどうなのさ? という話なので、ここからは私が実際に使用してみた感想をお話しします。

エアリズムマスクを使ってみた感想

使用期間は1~2週間ほどですが大体のことはわかったので、ここからはエアリズムマスクの使い心地を、メリットとデメリットに分けてレビューしていきます。

メリットはフィット感と洗えるところ

エアリズムマスクを使ってみて良かったと思うところは、主にフィット感(サイズ感)と簡単に洗って使えるところ。少し補足しておきます。

大きめのサイズなのでガードできている感がある

エアリズムマスクと使い捨てマスクの大きさ比較

エアリズムマスク(L)のサイズ感は、通常の使い捨てマスクと比べると横幅があるため、頬をすっぽりと覆い隠してくれるほどの大きさがあります。

つけ心地もしっかりとしたフィット感があり、マスクの隙間からウイルスが侵入するのを防げている感があるのもいいですね。

また、肌に触れるエアリズム素材はシルキーでやさしく、使い捨てマスクによくあるプラスチック素材が肌に触れて痛い、といったこともありません。フィット感・サイズ感は全体的にグッド!

簡単に洗えて、しかも型崩れしにくい

エアリズムマスクを洗濯ネットの中に入れて洗う

エアリズムマスクの洗い方は簡単で、このように洗濯ネットに入れて洗濯機に放り込んでしまえばOK。あとは洗濯バサミで干したり、ハンガーに引っ掛けておけば再び清潔な状態で使用することが可能になります。

繰り返し洗濯することで、フィルター機能を示すBEFカット率は95%まで、花粉捕集率は98%まで軽減することがわかっているそうですが、その他の機能は軽減しないそう。

つくりも結構頑丈で、掛けひも部分もしっかりと伸縮性を保っています。

エアリズムマスク内側のほつれ

ただ、マスク内側の右下部分は何度か洗濯しているうちにほつれてきてしまったのですが、これはおそらくヒゲのせいかもしれません。

場所的にも、マスクを使い始めてから「どうせ見えないしいいか」と、ヒゲ剃りをサボるようになったからだと思います(ヒゲで削られた可能性大)。

オシャレは内側からというのは、たぶんそういうことなのでしょう。毎日ヒゲは剃ったほうがいいということです。

デメリットは息苦しさと個人的に柔軟剤の香り

続いてデメリットですが、これは下手するとメリットを上回るものがあり、人によっては(少なくとも私はそう感じましたが)「う~ん……」と感じることがあるかもしれません。どういうことか見ていきます。

マスクをつけている間は息苦しさを感じる

エアリズムマスクという名前なので、ものすごくエアリーなマスクなのだろうなと私は勝手に思っていたのですが、実際につけてみたところ、言うほどエアリーではありませんでした。

フィルターの機能を維持したまま繰り返し洗って使えるようにするには、それなりの耐久性が必要になるわけですから、マスク自体が少し分厚い。それ故か、フィット感とも相まって結構な息苦しさを感じます。

その息苦しさがどの程度なのかと言うと、時々マスクをずらして深呼吸したくなるくらいで、これをつけてランニングをしたらヤバいかもしれないと思うレベルです。

しかし、さすがはエアリズムマスク。夏場の暑い中でこれをつけて動いていても、マスクの中が蒸れるような感じはあまりしません。

よって、息苦しさは感じるけれど、蒸れはあまり感じない、という謎の現象が起きているような気がします。

柔軟剤の香りにさらされる

そして個人的に気になったが柔軟剤の香りで、私は普段から柔軟剤が入った洗剤を洗濯に使用しているのですが、エアリズムマスクはなぜかその香りを思いっきり取り込んでしまい、洗うと柔軟剤の香りを放つマスクとなってしまいます。

そしてこれを着用している間は、鼻が柔軟剤の香りにさらされ、延々と柔軟剤の香りを嗅ぎ続けることになってしまうのです!

柔軟剤の香りというのは、ふわっと香るからいいのであって、香り続けていればいいというものではありません。じゃあ柔軟剤を使うな、という話なのですが、洗剤の中に勝手に入っている以上は取り出しようがないのです。

柔軟剤入り洗剤ユーザーは注意!

総評&今回のまとめ

・エアリズムマスクはそこまでエアリーではない
・結構な息苦しさを感じるが、蒸れる感じはあまりない
・スーパーなどのちょっとした買い物時にオススメ

エアリズムマスクは繰り返し使えるのでコスパも良く、使い勝手はいいと思うのですが、使用中はまぁまぁの息苦しさを感じるので、つけ心地は不織布の使い捨てマスクのほうが楽だなと感じました。

ただ、ちょっとした買い物、例えば10~15分程度で終わるコンビニなどへの買い物に使い捨てマスクを使用し、そのまま捨てるのはもったいないなと感じるときは、エアリズムマスクは大活躍すると思います。

なぜなら、洗ってまた使えるからです。

普段は不織布の使い捨てマスクを使用し、ちょっとした外出時などのサブマスクとしてエアリズムマスクを使用。これがいいような気がします。冬場は逆に暖かくていいかもしれませんが……

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す