【バーの種類と定義】オーセンティックバーとカジュアルバーの違い

バーを状況によって使い分けたり楽しんだりするために、オーセンティックバーとカジュアルバーの特徴や違いを知っておこう!

バーというと現在は様々なスタイルのバーがあり、これらは大きく分けるとオーセンティックバーとカジュアルバーの2種類に分けることができるのですが、そもそもこの「オーセンティックバー」と「カジュアルバー」は何が違うのか?と思いますよね。
今回はこれらの疑問にお答えすると共に、それぞれのバーの特徴についてもご紹介したいと思います。

オーセンティックバーとは

バーはバーでも音楽を楽しむバーや、スポーツ観戦を楽しむバー、ダーツなどのゲームを楽しむバーまで様々な形態(スタイル)がありますが、多種多様化するバーの中でも王道のスタイルをとっていると言えるのが「オーセンティックバー」です。

オーセンティック(authentic)には「本物の」「正真正銘の」「真正の」といった意味があり、この単語を冠したオーセンティックバーは伝統や格式を重んじた正統派のバーのことを言い、バーテンダーの確かな知識・技術、会話や接客などのサービス、お店の雰囲気などに重きを置いているといった特徴があります。

例えば以下のような条件を満たすバーがオーセンティックバーに当たります。

  • バーテンダーがジャケットやベストを着用していたりと、身だしなみがキッチリとしている
  • お店の雰囲気は重厚で落ち着いている
  • チャージやショットの料金は高めに設定されている

しかし、混乱させてしまうようで申し訳ないのですが、これらの条件を満たしているバーが全てオーセンティックバーかというとそういう訳ではありません。実はオーセンティックバーの定義には、コレといったはっきりとした決まりがある訳ではないんですよね。

そうすると、じゃあ何がオーセンティックバーなのさ?って話になると思うのですが、そんな時はしっかりとしたホテルのバーを思い浮かべてみて下さい。一杯だけでも結構高くて、お店の雰囲気は落ち着いていて、騒がしい人なんて誰もいなくて……といったあの感じ。あんな感じのバーがオーセンティックバーです。

そもそも日本のバーの歴史は(外国人を対象としたものでしたが)、貿易が盛んだった1800年代中頃、横浜や神戸といった港街にできたホテルバーから始まっています。
当時は将校なんかのエライ人が来ると「あれが違う」「これが違う」と怒られたりもしながらバーテンダーはめきめきと腕を上げていったとも聞きますが、その当時のバーテンダーのスピリットが今日にまで受け継がれてきたからこそ現代のバー文化があり、その伝統を、時代が変わろうが守り続けているのがオーセンティックバーだと私は思っています。

よって、オーセンティックバーには明確な定義はないのですが、一つの基準としてホテルバーを基準に考えるとわかりやすいかなと私は思います。

カジュアルバーとは

カジュアルバーが何に対してカジュアルなのかというと、先ほど見てきたオーセンティックバーに対してカジュアルなバーのことを言い、オーセンティックバーよりもカジュアルに(気軽に)お酒を楽しめるといった特徴があります。

主に以下のような条件を満たすバーがカジュアルバーに当たります。

  • バーテンダーはワイシャツのみであったり、私服の場合もある
  • お店の雰囲気はライトで賑やか
  • チャージやショットの料金は安めに設定されている

大体このような条件を満たしているバーはカジュアルバーに分類されることが多いと思いますが、先ほどと同様にカジュアルバーにもコレといった定義がある訳ではなく、オーセンティックに限りなく近いカジュアルバーもあれば、反対にそうではないカジュアルバーもあります。

よって、これも先ほどと同じくホテルバーを基準に判断するとわかりやすいかなと思いますが、その基準で考えると街にある、いわゆる「街場のバー」の多くがカジュアルバーと言うこともできるでしょう。

オーセンティックバーとカジュアルバーの違い

オーセンティックバーは正統派のバー、カジュアルバーはオーセンティックバーと比べて気軽に楽しめるバーということが分かりましたが、両者共に明確な線引きがあるわけではありません。
オーセンティックバーにもガチガチのお店からカジュアルめなお店まで色々ありますし、カジュアルバーにもオーセンティックバー寄りのお店から、何でもありのユルユルなお店まであります。

また、これらの違いは人の捉え方によっても変わってきます。

例えば店主がオーセンティックの方針で営業しているお店であれば(しっかりと要素が揃っていれば)、それはもちろんオーセンティックバーになりますし、これも例えばの話ですが、どこからどう見てもオーセンティックバーなのに、店主が「うちはカジュアルですよ」と、冗談ではなく言っている場合はカジュアルバーということになるでしょう。

それと同様にお客が「あそこのバーは他と違って正統派だな」と思えばその人にとってそこはオーセンティックバーになりますし、「あそこのバーはライトな感じだな」と思えばその人にとってそこはカジュアルバーになるでしょう。

よって、結局のところオーセンティックかカジュアルかという話は人の思いによる部分も大きく、それをバーで話すのも野暮というもので、人それぞれが思っている通りでいいのではないかなとも思います。

それでもどうしても答えが欲しいという方には、ホテルバーを基準に考え、ホテルバーと同様に「カッチリ」しているバーはオーセンティック、ホテルバーよりも「ユッタリ」しているバーはカジュアルということで、いかがでしょうか。

今回のまとめ&注意点

・バーは大きく分けるとオーセンティックバーとカジュアルバーの2種類
・オーセンティックバーは正統派でカッチリ
・カジュアルバーは気軽でユッタリ

最後に注意点を一つ。
オーセンティックバーではない、つまりカジュアルバーであれば騒いでもいいという意見が時々見受けられますが、全くそんなことはないのでご注意を。今回見てきたようにカジュアルバーにも色々あるわけですし、バーはそもそも大人の社交場でもあるので、騒ぐ場所ではないのです。
確かに大声を出したりすることを良しとする、というよりも黙認しているバーがあることも事実ですが、どこのバーに行っても恥をかかないためには、それは基本ではないということは知っておいて頂きたいですし、バーの基本はオーセンティックにあると思っていて間違いはありません。

カジュアルバーでも立ち振る舞いはスマートに。それができる男はカッコイイぞ!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す