バーテンダーは儲かるのか!?時給、月収、年収などの給料(懐)事情

バーテンダーはバーの仕事一本だけで生活していけるのか!?そんな知られざる懐事情についてご紹介します。

バーテンダーの仕事(特に街場のバーや個人経営のバー)は求人情報などに載ることもあまりないため、「バーテンダーの仕事は儲かるのか?」とか「バーでの仕事だけで生活していけるのか?」といった懐事情に関しては、特にこれからバーで働いてみたいと考えている方にとっては一番気になる点でもあると思います。

なので今回は、そんな気になる皆さんのためにバーテンダーのリアルな給料事情についてご紹介したいと思います。

……が、結論から先に言うと、まぁあまり儲からないですよ。

バーテンダーの給料は店の種類による

バーテンダーとして働く場合、主に働くバーはホテルバーか街場のバーの2択になりますが、それぞれの給与面での特徴を簡単にまとめると以下の通り。

【ホテルバー】

  • アルバイトでも基本的に22時以降は深夜手当が発生する
  • 交通費の支給などの福利厚生がしっかりしている
  • 社員として働く場合はそのホテルの給与水準に応じた給料となる

ホテルバーは運営元がホテルなので労働条件はきっちりとしているといった印象。私はホテルバーでの勤務経験はありませんが、経験者の友人、知り合いに話を聞くと給与面に関しては大体こんな感じ。

【街場のバー(特に個人店)】

  • 基本的に深夜手当は時給に含まれている(実質出ない)
  • 有給、残業手当、交通費支給などの福利厚生は基本的にないと思った方がいい
  • 雇用形態はアルバイトのみで、社員登用はない場合もある
  • 休憩時間はない場合も多い

個人経営のバーの全てがそうだということは決してないのですが、労働の条件はきっちりとはしていない所が多いというか、それが当たり前といった印象。

また、一人で営業する場合は休憩を取る時間はないので、お客さんがいない間が休憩時間のようになり、社員登用がない場合は何年間いても雇用形態は一応アルバイトのまま(非正規雇用)ということになります。

ただし営業時間などはそのお店の経営者の自由なので、例えばお客さんが帰るまでお店は開けるという方針のバーであったり、営業時間が長いバーであれば、ホテルバーでアルバイト、または正社員として働くよりも稼げる場合もあります。

バーテンダーの時給の相場

次にバーテンダーの時給の相場ですが、アルバイトとして働く場合は大体1,000~1,400円程度。1,400~1,500円あたりはかなり高い方だと言ってもいいと思います。

これも結局のところ規模だとか、エリアだとか、そういった店によるところが大きいのですが、少なくとも完全未経験の場合でも最低賃金は保障されるのでそこは安心してもいいと思います。

時給で働く場合は流石に最低賃金を下回るというのは聞いたことがありませんし、特に東京の場合は年々最低賃金が上がってきているので、完全未経験の場合でも時給は1,000円以上にはなると思います。

ちなみに私の場合、スタート時が確か900~950円で、7年以上働いていましたが最終的に1,200円でした。しかもオープン・クローズは無給だったので、かなり安い方でした。

アルバイトでも稼げる場合もある

このままだとバーで働きたいと思ってくれる人が誰もいなくなってしまいそうなので、ここで一例を。お店によってはアルバイトでも稼ぐことは可能です。

バーテンダー
【友人バーテンダーAの場合】
(時給)1,500円(深夜手当込み)
(労働時間)open20時~close8時まで、1日12時間
(勤務日数)週5日、月20日勤務
(月収)36万円

友人Aの場合、1日12時間ぶっ通しという過酷な環境で働いていましたが、そのお店は従業員に稼がせてあげたいという経営者の意向で最低時給も高く、かなり稼いでいました。

これだけあればバーの仕事だけで余裕で生活していけるぞ!

バーテンダー
【友人バーテンダーBの場合】
(時給)1,400円(深夜手当込み)
(労働時間)open20時~close5時まで、1日9時間
(勤務日数)週4日、月16日勤務
(月収)20万1,600円

友人Bの場合、ちょうど人手不足だったことから好条件で働くことができたそう。これだけでも生活していけますが、友人Bの場合は他にも色々仕事をしているので、もっと稼いでいます。

湊
【ミナトの場合】
(時給)1,200円(深夜手当込み)
(労働時間)open20時~close基本2時まで(早くなる場合もある)
(勤務日数)大体週3~4日
(月収)お察し

私の場合、店に勤務していた後半は収入よりも休みが欲しかったので、そんなにシフトは多く入っていませんでした。多く入っていた時もバーの収入だけで生活していくのは残念ながら到底無理でした。

月収については、色々と察してください。

月収制にしてもらえる場合の注意点

また街場のバーの場合、一人でお店を任せられていたり、従業員に辞められてしまうと困るといったような場合、割と稀な方だと思いますが、給料を時給制から月給制にしてもらえる場合もあります。

この場合は基本的に時給で働くよりも多い金額が提示されるわけですが、街場のバーは経営者の方針で営業時間が伸びることもあるので、場合によっては時給で働いていた方が良かったなんてことも起こり得ます。

また、月給制になったとしても雇用形態はアルバイト(非正規雇用)のままだったりもしますので、この辺はしっかりと考えてから決めた方がいいでしょう。

さらに、これはちょっと難しいかもしれませんが、現在の給料に納得がいかない場合は経営者にこちらから交渉を持ちかけるのもありだと思います。

バーテンダーの年収

これまで見てきた通りで、バーテンダーの給料(年収)はお店の種類、雇用形態、時給制・月給制といった制度によって異なります。

アルバイト(非正規雇用)であれば年収200万以下もざらにありますし、正社員として働く場合は基本的に通常の飲食店と大差はないので、300~400万の間が相場と見られていますが、正社員でももちろん300万を下回ることだってあります。

これも結局のところ店による部分が大きいからなのですが、私からするとバーテンダーの仕事で年収が300万中盤~後半であれば結構いい方なのでは?と思います。

また、1000万レベルの高収入も不可能ではありません。3店舗、4店舗と事業を拡大していきそれくらい稼いでいた人は知っているので、そのレベルを狙いたいのであれば独立して店舗を拡大していくのが一番だと思います。

ただ私はバーで儲けようとは思ったことがないですし、このご時世酒離れなどでバー業界は苦境に立たされていたりもするので、バーテンダーの仕事は基本的に高収入は望めないと思っていた方がいいですよ。

今回のまとめ

・バーテンダーの給料は店による
・個人店は労働条件は良くはない所が多い
・基本的に儲からない

バーテンダーの給料は働くお店によって変わってきますが、街場のバーで働く場合、労働条件はそこまで良くはないのが基本だと思っていた方がいいと思います。労働条件が気になる場合は働く前に細かく聞いておき、そして納得した上で働くことをお勧めします。

私の場合、初めの頃は勉強させてもらえればお金はいいやと思っていたのですが、やはり勤続年数が長くても条件が悪いままだと、今度は生活していけないですからね。

また、私がバーテンダーの仕事を探した時は様々な求人サイトを利用しましたが、「フロム・エーナビ」が一番求人が多かったように思います。

バーでの仕事を探す際はフロム・エーナビがオススメだ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す