【バーテンダーの生活リズム】限界状態の1日の生活スケジュールを紹介

バーテンダーは朝から晩まで忙しい。そんな限界を突破した1日の生活をとくとご覧に入れましょう。

道行く人々は帰路に着き、街が寝静まる頃から活動を始める仕事、バーテンダー。彼らはいつ眠り、いつ起き、そして昼間の時間は何をしているのか?
そんな疑問に答えるため、今回は某バーテンダー(私)の1日の生活リズムについてご紹介します。

某バーテンダーの1日の生活リズム

「お店にいない時は何をしているんですか?」「他のお店でも働いているんですか?」「昼間は何をしているんですか?」

店で働いているとこの手の質問は結構多いです。
私の場合は基本的にはこの類の質問は適当にかわしてきたのですが(主にお客さんに心配をかけたり、気遣ってもらいたくなかったため)、私はもう雇われのバーテンダーではないため、今回はこの質問に正直に答えたいと思います。

気になる某バーテンダーの1日の生活スケジュールはこれだ!

バーテンダーの1日の生活スケジュール

朝~夕方(7:00~16:00)

バーテンダーの1日の始まりは早い。
朝は7時に起床し、イブスター店長(ウサギ)を軽く散歩させた後(日による)、準備を整え昼の仕事へ。朝食は食べない、というよりも食べる時間がない。
午後からは休憩ですが、休憩時間が90分と長いのでここで30分間の睡眠時間を確保し、16時に昼の仕事は終了。

夕方~バー準備(16:00~19:00)

昼の仕事が終わって帰宅した後は、夜に備えて40~50分ほど仮眠。
軽めの夕食を済ませ、イブスター店長の食事の用意や、小屋の掃除、散歩などをさせてあげます。そしてイブスター店長が遊んでいる間にバーでの仕事の準備。

バー出勤~閉店(19:00~翌2:00)

イブスター店長を家(ケージ)に帰し、19時から出勤。
店に到着後は開店作業を行い、バーは20時にオープン。営業時間は翌3時まで続くことや、稀に4時までやらなければならないようなこともありましたが、一応深夜の2時まで。閉店後は閉め作業を行い、帰宅。

帰宅~就寝(翌2:00~4:30)

店が終わる時間によって帰る時間も変わりますが、大体深夜3時に帰宅。
帰宅後はイブスター店長を再び解放し、軽い夜食を食べるなど、束の間の休息。この時間からブログの更新作業を行ったりもしていました。

そして深夜の4:30~5:30の間に就寝し、ようやく長い1日が終わります。といっても大体2時間後には起きてまた朝から仕事に行くわけですが……

限界状態でも朝から活動していた理由

私の場合、7年半バーテンダーとして勤務していましたが、特に後半の3~4年間は常にこのような感じの生活を送っていました。

はっきり言って、まともな人間が送る生活じゃないですね!(同じような生活スタイルの方スミマセン、悪気はないです)

サラッと書いていますが、1日中仮眠しかとっていないような状態なので寝起きは物凄く眠いですし、これが何日も連続するとなると気が重くなってきます。もちろん休みもあるので毎日この生活という訳ではありませんが、基本の生活リズムはこれ。自分でも良く無事に生き延びることができたなと思っています。

そこで、なぜこんな無理がある生活を送っていたのかという話になるのですが、これに関しては主に2つ。第一に生活のため、そして第二に精神衛生(メンタルヘルス)のためでした。

第一の理由、生活

先に言っておくと、バーテンダーという仕事は基本儲かりません。
懐事情についてはまた別の機会にお話ししますが、バー1本だけで生活するのは私がいた店では残念ながら不可能でした。

これに関しては別に儲けるためにこの仕事を続けていた訳ではないですし、私が好きでやっていたようなことなので別にいいのですが、少なくとも健康的な生活リズムではないことは確かでしょう!

関連記事

バーテンダーの懐事情についてはこちら
【バーテンダーの給料】時給、月収、年収などの懐事情について

第二の理由、精神衛生(メンタルヘルス)

私たち人間の体は日中に活動し、夜は休息をとることで健康状態を保てるようにできているわけですが、バーでの仕事はその真逆を行くため身体を壊す方も実際多く、特に精神状態に異常をきたしやすいです。

これに関しては私の中では実証済みで、一時、昼の時間は働かずに夜だけ働いていた時期があったのですが、次第に生活リズムは夕方に起きて朝方に寝るといった完全な「夜型」になってしまい、その結果、夜型の生活を送っていた時期は精神状態が著しく悪化しやすくなる状態となってしまっていました。

そこで私は仕事を続けるために、無理矢理にでも朝に起きて日の光を浴びることにし、なんとかこの訳の分からない生活リズムの中でも、精神状態を良好に保つことができていたのです。

CHECK

これに関しては精神衛生を良好に保つために重要な「セロトニン」という脳内物質が関わっているので、興味がある方は以下に詳しく書いてあるので見てみて下さい
今日から実践できる!幸福ホルモン「セロトニン」を増やす3つの方法

よって私の場合は、どれだけ眠かったり疲れで体がしんどかったとしても、精神状態の悪化を防ぐためには朝早くに起きなければならず、絶対に起きようと思ったら仕事をするしかなかったので、朝早くから働くことにしていました。

今回のまとめ

・バーテンダーの生活はハード
・夜型になると精神を病みやすくなる
・朝は早く起きた方が良い

私の場合この生活とバーの仕事をここまで続けられたのは店の営業時間が基本的にそこまで長くなかったからだと思います。もし店の営業時間が翌朝4時、5時までであれば、もしかすると途中でリタイアしていたかもしれません。仕事帰りに外が完全に明るいとそれだけでしんどい気持ちになりますからね。

また、この生活は初めこそ物凄く辛かったのですが、一度慣れてしまえば後はなんとかなってしまっていました。逆に言えば、最初の辛いところを抜けてしまえば大抵のことはなんとかなるということです。

何かをやり始めて辛い時は、「慣れ」が持つ偉大な力を信じよう。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す