【当選】ミズノの冬マスク「ブレスサーモマウスカバー」をレビューします

ここで脅威の引きを発揮したのか、ブレスサーモ第1回の抽選に当選したので、ミズノマスク冬バージョンをレビューします。

ミズノ製マウスカバー、通称ミズノマスクの冬バージョンである「ブレスサーモマウスカバー」の第1回抽選が2020年12月に行われましたが、もしかすると倍率が低かったのかもしれません。なんと当選することができました。

これは、ミズノマスクを布教しろというお告げなのでしょうか。正直いうと喉から手が出るほど欲しかったわけではありませんでしたが、当選したからには購入しておこうということで入手したので、今回もマスクの性能などをレビューしておきたいと思います。

なお、ブレスサーモマウスカバーの抽選は複数回行われるそうで、今後も抽選は何回かはあると思われるので、今回はマスクの購入方法や、購入時・抽選時の注意点などについても併せてご紹介しておこうと思います。

(注:2021年1月中旬から在庫かぎりということで一般販売が解禁されています)

ミズノマスクの購入方法、枚数制限、配送について

ミズノのマウスカバー当選メール

抽選締切日の翌日、ミズノショップ(マウスカバー)からメールが届きました。メールは当選者のみの配信となっていたはずなので、メールが来た時点で当選イチ確ということになります。

さっそく私はその日のうちに、購入手続きに進みました。ミズノマスクの購入方法は以下のとおりとなっています。

ミズノマスクのログインパスワード

まず、当選告知のメール内に、販売サイトに入るためのパスワードを設定するリンクが張られているので、それをクリックして任意のパスワードを入力します。

パスワードが設定されると、応募時に使用したメールアドレスとパスワードで「マイページ」に入れるようになるので、商品購入画面へ進みましょう。

CHECK

一般販売中は「ミズノ公式オンラインショップ」の「特集&キャンペーン」内から特設サイトに移動し、そこでアカウントを作成するか、アカウントを作成しなくてもそのまま購入ができるようになっています

ミズノマスクの商品選択画面

ブレスサーモマウスカバーの第1回抽選は、通年用のマウスカバーと冬用のブレスサーモマウスカバーを合計で6枚まで(一般販売中は1回の注文で8枚まで)購入することができるようになっていて、この画面の中から好きなマスクと色を選択します。

たとえば、組み合わせの例としては、通年用の白を3枚、ブレスサーモの白黒青を1枚ずつの、合計6枚までを購入することができるということです。

ブレスサーモマウスカバーの購入選択画面

商品の詳細画面でサイズ(S、M、L)と個数を選択してショッピングカートの中に入れます。

なお、今回のミズノマスクの原産国は、通年用がタイ・ベトナム、ブレスサーモがインドネシアとなっていました。

ミズノマスクの購入手続き(住所入力)

欲しいマスクをカートの中に入れ終えたら、購入手続き画面に進み、住所と電話番号を入力。

ミズノマスクの支払い方法選択画面

支払い方法はクレジットカードかアマゾンペイのみとなっています。

ミズノマスクの合計金額

また、配送の方法はネコポスのみ(220円)となっていて、今回はブレスサーモマウスカバーを合計4枚購入したので、1枚1200円+税金+配送料で、合計5500円となりました。

購入する枚数が増えると、けっこうなお値段がします。

ミズノマスクの受付完了画面

あとは支払いを完了させ、マスクがポストに投函されるのを待つだけ!

商品は7営業日(土日祝を除く)程度の発送を予定しているとのことだったので、マスクが届くまでのあいだに、少し購入や抽選の注意事項について補足しておきます。

ミズノマスクの抽選と購入時の注意点

在庫がなくなって一般販売が終了すると、再度抽選になる可能性があるそうなので、抽選・購入時の注意点を残しておきます。

私は当初、購入権が当選した場合は、購入するチャンスは一度かぎりだと思っていたのですが、今回の場合は2020年1月29日までのあいだであれば、複数回に分割して購入することもできるようになっていました。

もちろん分割して購入すれば、そのつど送料は発生しますが、期間中であれば何度でもマイページにログインすることができ、合計6枚までは購入手続きを行えるようになっています。

ただし、応募に使用したメールアドレスは、当選すると自動で当選枠に紐づけられるようになっているそうで、次回以降の抽選には参加することができなくなり、マスクを購入していなかったとしても、指定期間を過ぎれば購入権は失効となるそうです。

つまり、購入権の次回持ち越しはないということでした。

これはおそらく、新作の回などではリセットされるものと思われますが、一度当選したのであれば、指定期間中に購入手続きに進まないと、その回のミズノマスクは二度と購入できなくなる、ということになるようです。

しかし、メールに気づかなかった、購入するのを忘れていた、ということもあるとは思うので、そういった方のためかもしれません。別のメールアドレスで再応募すれば、一度当選していたとしても抽選は受けられるそうです。

ミズノマスクの抽選・購入時の注意事項はこんなところでしょうか。おっと、ちょうど話が一段落ついたところで、マスクがポストに投函されたようですよ。

ブレスサーモマウスカバーをレビュー

ミズノのブレスサーモマウスカバー

今回注文したブレスサーモマウスカバー4枚は無事到着! それでは、さっそく開封してみましょう。

ブレスサーモマウスカバーの説明書

説明書には、「本品は感染を防ぐものではなく、飛沫拡散をやわらげるための咳エチケットとしてご使用ください」といった注意事項が記載されています。

このマスクの防御性能に関しては、前回(冒頭の関連記事)でもご紹介しているように、とりあえずは布マスク以上であれば多少の防御力はあり、飛沫拡散の防止には大きな効果があるとする、東京大学医科学研究所の論文が信用できると思うので、個人的には悪くはないのではないかと思います。

その他の注意点に関しては、ブレスサーモの商品説明内に記載されています。

ブレスサーモマウスカバーの外観

そしてこちらが、ブレスサーモマウスカバーの外観です。

ブレスサーモマウスカバーの耳掛け部分

どうやら今回のミズノマスクは、ひと味違うようでした。

見てくださいこの耳掛け部分を。前回のアイスタッチと同じインドネシア製ですが、断ち切りがバシッとキマっているじゃありませんか。

ブレスサーモマウスカバーの耳掛け部分の裁断

これはすばらしい! ほつれやよれなどなくバッチリとキマった、この美しい曲線を描く耳掛け部分は、さぞかし耳に吸いつくようになじむことでしょう!

ブレスサーモマウスカバーの内側

しかし装着するのはまだ早いので、続いて内側をチェックしていきます。この黒いフィルターのような部分こそが「ブレスサーモ」です。

マウスカバーのブレスサーモ素材

ブレスサーモとは、体から発生する水分を吸収して発熱する保温素材のことで、汗をかいても蒸れにくく、あたたかで快適な環境を保つことができる、ミズノ独自の機能素材だそうです。マウスカバーとのあいだに隙間がある構造になっています。

さて、いよいよ肝心の着用感ですが、手で持ってみるとブレスサーモ素材に若干の重みを感じましたが、着用してみるとその重さを感じることもなく、耳まわりも快適で気持ちのいいつけ心地でした。

とくにミズノマスクは密着度にすぐれているように思われ、今回もそれは例外ではないと感じます。

ただ、ブレスサーモの厚み分、ややフィット感が弱くなっているようにも感じられ、冬の期間はマスクによって眼鏡がくもってしまうという事態もよくあることですが、ある程度はやはりくもることがあります。

寒い冬の期間は、たしかにつけているとあたたかいので、顔まわりをあたためてくれるウォーマーとしても活躍してくれそうですが、その分、わずかにフィット感が弱いとも思いました。

しかしながら、総合的には「あり」なマスクだと思います。冬の期間はブレスサーモで決まりかもしれません。

今回のまとめ

・ブレスサーモマウスカバーの抽選は複数回行われるらしい
・当選すれば、基本的に1人1回6枚までの購入権が与えられる
・冬場のメインマスクとしても使えそうな気がする

前回のアイスタッチはそこそこだったので、今回のブレスサーモマウスカバーにはじつはそこまで期待はしていなかったのですが、届いてみるとこれがなかなかよく、なんだか冬の期間はメインとしても使えそうだなと思えてきました。

私の場合はあと2枚まで購入することができ、一般販売解禁でこの枚数制限は取っ払われましたが、追加で通年用を購入することにしたので、これも届いたらレビューできればと思います。

今後在庫がなくなるなどして、一般販売が終了したあとは、ふたたび抽選ということになるかもしれませんが、そういったときは、前回の記事、もしくは当記事でお知らせできればと思います。

マウスカバーをご購入される方は、どうぞご参考にしてみてください。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。