【鶏が先か卵が先か】お金持ちはゴミを分別する傾向にあるのはなぜか?

お金持ちはゴミ出しの際にゴミを細かく分別する。これには恐らく一定の傾向があると思われます。

私がまだ店に雇われて働いていた頃、バーの仕事だけでは生活していけなかったため、昼間も色んな仕事を掛け持ちしていたのですが、一時期、高級賃貸の物件で働いていたことがありました。

そこで私が見て驚いたのは、入居している方々がとにかく人が良いというのもあったのですが、彼らはゴミ出しの際にゴミを細かく分別するのです。

果たしてそれはなぜなのか?今回はお金持ちがゴミを分別する理由に、独自の観点と調査結果から迫ります。

東京のゴミ分別事情

まず前提として、ゴミの分別や回収は地域によって変わると思うのですが、大体は以下のようになっていると思います。

  • 可燃(生ゴミなど)
  • 不燃(金属やガラスなど)
  • 資源(瓶・缶・ペットボトル)
  • 古紙(チラシ・新聞紙・ダンボールなど)

そこで東京のゴミの分別状況としては、私がざっと見た狭い範囲ですし、エリアによっても住民の気質が異なるという部分も間違いなくあると思うので、一概にそうとは言い切れないのですが、一軒家や、賃貸でも広い物件に住んでいる人はゴミを分別する傾向にあり、一人暮らしや、狭い物件に住んでいる人はあまりゴミを分別しない傾向があるように感じます。

物凄い端的に言うと、お金持ちはゴミを分別する傾向に、お金持ちではない人はゴミを分別しない傾向にあると言うことができるのかもしれません。

ただ、これは私も一人暮らしなので思うのですが、東京の家賃が高い割に狭い賃貸物件だとそもそもゴミをストックしておく場所がないということに加え、ゴミって結構混じっていても回収してくれるんですよね。

例えば可燃ゴミの中にフライパンが入っているとか、そういった滅茶苦茶なゴミの出し方だと当然回収されずに置いていかれますが、可燃ゴミの中にペットボトルとか、古紙が入っていても大概はそのまま回収されていくのです。

なので東京の、特に単身者の場合、ゴミを細かく分別できないということはある種の致し方ない部分もあるとは思うのですが、そういった事情もあって大体このような分別状況になっているような気がします。

お金持ちのゴミの出し方

私が働いていた物件は1か月の家賃が30~40万円ほどする高級賃貸マンションで、タワーマンションとかそういった類のものではなく、閑静な住宅街の中にあるような所。

住んでいる方々は本当に謙虚な方しかいなく、他人に対して優位に立とうとか、自分を良く見せようとか、そういった見栄を張るような人は存在しません。それはまさに真のお金持ちこそが辿り着く境地、持つ者達の聖域とでも言うべきでしょうか。

そこで私は何をしていたのかというと、入居者の手伝いだとか、屋内外を掃除したり、ゴミを出したりもしていたのですが、そこで私は目撃したのです。

やたらと分別されているゴミたちを。

可燃ゴミは可燃だけでまとめ、割れた食器などの不燃ゴミにはきちんと「キケン」の表記があり、ペットボトルなどの資源ゴミはラベルも剥がす。チラシや新聞紙はまとめて紙袋などに入れ、調味料の紙箱やトイレットペーパーの芯まで古紙は分別されている。

正直言うとそこまでやるか!?と私は思いました。なぜなら普段から私は、結構可燃ゴミにあれこれ入れてしまっているからです。

そこで私は、なぜお金持ちである彼らがやたらとゴミを分別するのかを考え始めたのですが、その結果一つの結論に辿り着いたのです。

それは、彼らは人のことをよく考えている、ということでした。

お金持ちがゴミを分別する理由

お金持ちがゴミを細かく分別する理由には色々あると思うのですが、実際に話を聞いたりもした結果、主に2つの理由があると思われました。

1. 人の事を考えている

お金持ちがゴミを分別する理由としては、まず第一にゴミを出してくれる人のため、回収してくれる人のため、というのはあるようです。

ゴミを出す人がいる場合、ゴミが分別されていなければその人の仕事が少なからず増えるわけですし、ゴミを出す人がいない場合、これは実際に私が清掃局まで行って見てきたのですが、ゴミの回収後に分別されていなかったものはそこで再び分別の作業が行われたりもするため、そういった自分がやれば済む仕事を次へ、また次へと回さないのです。

それはつまり、人のことを考えているからこその行動なのではないかと私は思います。

2. 環境の事を考えている

そして第二の理由としては資源の再利用や環境問題といった、エコを考えているというのもあるようです。

この環境問題に関しては、分別した方が環境に悪いだとか、結局最終的には全て焼却されているだとか、そういった真偽が定かではない話もよく耳にしますが、一例としてペットボトルの場合を見ると、

  • 分別収集されたペットボトルは材料として再利用されずに、埋め立て、焼却されているのか
  • ペットボトルはリサイクルするよりも、回収せずに破棄した方が環境負荷は下がるのか

といった謎は、ペットボトルのリサイクル推進協議会によって、そうではないという意見が調査結果付きで回答されてもいるので(少しデータが古いですが)、必ずしもそういう訳ではないとは思います。

(参考:PETボトルリサイクル推進協議会-リサイクルに関し、マスコミ・メディアの影響により最近多く寄せられるご質問特集

しかし、結局のところこういった話は自分の目で確かめない限りわからないですし、自分の目で確かめたとしても全てを見られるわけではないので、ハッキリしたことはいつまで経ってもわからないとは思うのですが、少なくともやらないよりかはやった方がいいとは思いますし、ルールがある以上、そのルールには従うべきではあるので、お金持ちも分別をしているようなのです。

そこで、これらの理由から考えるに、お金持ちがゴミを分別する理由は自分のことだけでなく、自分以外のことも考えているから。つまり、自分以外のことまで考えられる余裕があるからだと私は感じました。

そうなると、最後に一つの疑問が湧いてきます。お金持ちの持つこの「余裕」はいつからあったのだろうか?

ニワトリが先か、タマゴが先か

お金持ちが持つ他者への思いやりや、配慮、謙虚さなどは全てこの「余裕」から生まれている部分もあるとは思うのですが、そうなるとお金持ちは、元々お金がある環境にいたからこその余裕でお金持ちになったのか、それともお金がない時からも余裕を持っていたからこそお金持ちになったのか、という話になってきます。

それはまるでニワトリが先にできたのか、タマゴが先にできたのかという「鶏が先か卵が先か」問題と似たような話でもあるのですが、これに関しては前者も後者もなく、お金持ちは最初から他者配慮性が強い、つまり余裕を持っている傾向があるような気がします。

実際にお金持ちの若い頃の話だったりまではあまり聞いていないので何とも言えない部分も多いのですが、私が本業の方であるバーを通して色んな人を見たり、聞いたりしてきた話で言えば、お金のことしか考えずに成金になったような人と、他者のことを考えつつお金持ちになったような人では、落ち込んだ時の再浮上率に違いがあるようでした。

要するに、前者の成金は落ち込んだ時に人が離れていき、後者のお金持ちは落ち込んだ時に人が手を差し伸べてくれるケースが多いということです。

つまり、真のお金持ちが余裕を身に纏い、そしてお金持ちであり続ける由縁。それは彼らが他者のことまで考えられる余裕を、お金のあるなしに関わらず、元々持っていたからなのではないかと私は思った次第です。

今回のまとめ

・お金持ちは余裕があるからゴミを分別する
・余裕がなくても余裕を持つべし
・ゴミはできるだけ分別した方が良い

結局のところお金持ちがゴミを分別する理由は、人のことまで考えられる余裕を持っているからこその行動であり、それが元々お金を持っている場合でも、そうではなく後からお金を持った場合でも、他者への配慮が変わらずに続いているからこその行動であると私は思います。

それは逆に言えばお金持ちになりたいのであれば、金銭的な余裕がなかったとしても余裕を持つべきと言うこともできると思います。

将来の不安だとか、自分よりも周りが先を行っているだとか、そういった焦りは誰しも持っているものだとは思いますが、そんな時こそ他者への配慮を忘れずに、余裕をぶっこけるくらいの余裕を持っていれば、少なくとも常にカリカリしている人よりかはお金持ちになれる可能性は高いのでは?と私は思います。

お金持ちになりたければ、まずはゴミの分別から始めてみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す