当サイトで活躍する、ウサギのイブスター店長をかんたんに紹介します

ミナト家にはもう1人の住人がいます。いや、もう1人ではなく、もう1羽というべきでしょうか……

当サイトでおいしいものを紹介してくれたり、私の補佐をしてくれたりと、なにかと活躍するウサギのイブスター店長。

今回はミナト家に住む第2の住人であり、当サイトに欠かせない存在である、ミニレッキスという種類のウサギ、イブスター店長についてかんたんにご紹介します。

はたして、イブスター店長とはいったい何者なのか!?

ウサギのイブスター店長

子ウサギのミニレッキス

台湾で生まれたウサギのイブスター店長は、潜在する類まれなるセンスをミナトによって見抜かれ、ミナト家の住人となりました。

このころはまだ生まれて1~2か月の子ウサギ。彼が持つ潜在的なセンスが開花するのはもう少しあとの話です。

子ウサギのミニレッキス

彼はよく食べ、よく眠り、すくすくと成長していきました。

そして、彼は立派な大人になったのです。

大人になったミニレッキス

1歳を超えて大人になったイブスター店長。眠っていたセンスは完全に開花します。じつは、ウサギは人間の10倍の嗅覚と優れた味覚を持つグルメアニマルなのです!

大人になったことで食べられるものが増えたイブスター店長。新鮮な野菜、みずみずしいフルーツを嗅ぎ分けるセンスは人類の領域をはるかに超え、カラダが喜ぶものを好き好んで食べる健康へのストイックさには目を見張るものがあり、生後わずか1年にして当サイトの店長に就任!

微妙な味の違いを感じ取り、香りを嗅ぎ分ける感覚(センス)はバーテンダーの命でもあるのですが、イブスター店長のセンスはすでに、人類が到達しえない域にまで達しているのです!

彼は当サイトのマスコット的存在として、今後すばらしい仕事をしてくれることでしょう。イブスター店長の活躍にご期待ください。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す