精神疾患(こころの病)について知ること、理解すること

イギリスの有名な哲学者の言葉に「知識は力なり」というものがあります。
精神疾患を克服するためにまず必要なこと、それは「知る事」です。

精神疾患(こころの病)を克服するためには、治すためには何から始めるべきか。
私は自分の心と体に起きている変化を正しく知ることだと思います。それは後に大きな力となってくれることでしょう。
まずは精神の病気について知り、理解を深めていくことが必要です。

大切なのは敵と自分を知る事

時は戦国時代、敵城を落としたいと考えている武将がいたとします。彼は出陣するまでの間に何をするのでしょうか。
きっと自軍の情勢を把握し、装備を整え、馬や食料の準備をするでしょう。そして敵軍の様子や地形などを偵察して戦略を立てると思います。

中国の兵法書『孫氏』の有名な一節に「彼を知り己を知れば百戦殆(あや)うからず」というものがあります。
これは、敵と味方の情勢をよく知った上で戦えば、何度戦おうとも敗れることはないということを意味しています。
孫子の言葉を借りるならば、「精神疾患」という敵と、「自分自身」という味方を熟知した上で戦いに望めば、負けることはありません。敵を倒すためには、病気と自分自身について知ること、理解することが大切なのです。

また、「知る事」で現在精神薬を服用されている方は薬の量が多すぎるのではないか、自分の症状と合っていないのではないかといった判断をすることもできます。
薬が合っていなければ根本的な治療の妨げにもなりますので、他人任せにはせず、ご自身でも判断できるようになりましょう。

若かざれば則ち能く之を避く

一方で『孫氏』にはこうも書かれています。

「少なければすなわちよくこれを逃れ、しかざればすなわちよくこれを避く」

意訳すると、戦況が不利であれば退却し、全くかなわないのであれば戦わない。
これは戦うのをやめて諦めろと言っているわけではありません。
現在病気の事をきちんと理解せずに無理をしている方、これは甘えだとか、できないと思うからできないとか、できるまでやり続けるとか、そんな精神論でなんとかなるものではありません。
病気について、自分自身についてをよく知る事で、避けるべき時は避け、時を見定めた上で戦うべき時に戦うといった判断ができるようになるのです。
退却し、一度体制を整えることは戦うのをやめることではありません。最終的に病気という敵に打ち勝つための準備なのです。

精神疾患とはそもそも何なのか

そもそも精神疾患とは何のことを言うのでしょうか。
精神福祉保健法(こころの病を抱えた人への支援などを目的として制定された法律)では、精神障害をこのように定義しています。

精神保健福祉法の対象とする精神障害者は、統合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、知的障害、精神病質そのほかの精神疾患を有するものです

 
ちなみにこれは福祉制度上の定義なので、知的障害も精神障害に含まれていますが、精神障害を併発したり、うつ病だと思っていたら軽度の知的障害だったということもあります。この法律は知っておいて損はないので、今は頭の片隅に置いておいてください。

さて、この条文では漠然としていてよくわからないですね。
一般的には精神疾患とは脳に異常や問題が起きることで生じる疾患(病気)や、それによってこころや体、行動に変化が起きる状態のことをいいます。
精神疾患にも様々な症状があり、現在もその原因など全てが解明されたわけではありません。しかし精神疾患の一つであるうつ病は脳の神経伝達物質に異常が起きているというものが最も有力とされています。
これはうつ病に限らずその他の精神疾患にも大きく影響するものなので、まずはうつ病の原因についてを見ていきながら精神疾患への理解を深めていきたいと思います。

こころの病気とは

最近では「こころの病気」という呼び方をよく聞くようになりました。
これは精神障害といった表記と比べると印象が優しくなる、優しく聞こえるというのもあると思いますが、病気によってひどくこころが傷つき、いたんでしまうからといった意味もあるのかもしれません。
傷ついたこころは、自分らしさを失わせてしまいます。
こころの病気を正しく理解し、本来の自分らしさを取り戻しに行きましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す