【楽天モバイル】Galaxy A7の通信速度、電波状況、カメラ性能など詳細

各種キャンペーンを駆使して快進撃を続ける楽天アンリミット。その最前線で戦う公式端末「Galaxy A7」の性能とはいかに!?

楽天モバイル(UN-LIMIT)の公式端末として絶賛発売中のSIMフリースマホ「Galaxy A7」。

私は元々iPhoneを楽天モバイルで利用していたのですが、プランを楽天UN-LIMITへ切り替える際に端末も買い換えることにし、この「Galaxy A7」を利用することにしました。

「これは、素晴らしいスマホだ……

しかし、1か月以上使い続けてみると長所だけでなく短所も見えてきたので、今回は通信状況を含めた使用感や、個人的に一番重要視しているカメラの性能など、「Galaxy A7」を実際に使ってみた感想を長短交えてお話ししたいと思います。

関連記事

楽天アンリミットのキャンペーンはこちら
【乗リ遅レルナ】楽天アンリミットのキャンペーンが超絶お得すぎて辛い

Galaxy A7の性能詳細

サムスン製の「Galaxy A7」は、縦159.8×横76.8×厚さ7.5mmの本体に、液晶は約6.0インチの大画面有機ELディスプレイを搭載。カメラはトリプルレンズで、メインカメラの画素数は2,400万画素。セキュリティ面も安心な顔と指紋、2種類の生体認証を搭載し、ドルビーアトモスによる多次元サウンドの実現など、これだけ揃ってなんとお値段は実質3,700円!

楽天UN-LIMITとのセット購入で端末代は実質3,700円と、破格の安値を実現!私が入手したのは値下げ前だったので実質2万円くらいでしたが、私のような早まった人間が礎となって端末代はさらにお安くなりました!

ありがとう楽天モバイル!

ということで、ここからは製品の同梱内容から性能まで1つずつ見ていきたいと思います。「Galaxy A7」の詳細なスペックは楽天モバイル の公式サイトからも確認できるので、気になる方はチェックしてみて下さい。

配送状態・同梱内容

Galaxy A7の配送状態

まず、楽天UN-LIMITを契約して「Galaxy A7」を購入すると、このようにダンボールに入った状態で配送されてきます。

楽天アンリミットとGalaxy A7のセット購入内容

しっかりと固定されたフィルムを剥がしてみると、この通り。「Galaxy A7」本体、SIMカード、楽天モバイルのスタートガイドが入っています。

Galaxy A7の同梱内容

また、「Galaxy A7」の同梱内容ですが、本体以外には充電器とケーブル、SIMカード用のピン、データ移行用のOTG変換アダプタ(試供品)などが入っています。

試供品のアダプタに関しては全てに付属しているのかは定かではないのですが、これがあると「スマートスイッチ」というアプリを使用することで、物凄く簡単にデータの移行ができるようになります(なくてもワイヤレスで可能)。

ちなみに私はそんな便利なものだとは知らず、グーグルドライブを利用してデータの移行を行いました。

Galaxy A7本体表面

「Galaxy A7」本体はこのような感じ。

壁紙やテーマなどは「Galaxyストア」というアプリストアで、かなりの数が無料でダウンロードできるので、好きなようにカスタマイズすることができます。

Galaxy A7の裏面

本体裏面はこのような感じ。

色はブルー、ゴールド、ブラックの3種類で、私は基本のブルーをチョイスしました。光の当たり具合で見え方も変わりますが、色鮮やかで綺麗な青色です。

Galaxy A7のガラスフィルム

また、ガラスフィルムは別途購入する必要がありますが、別で買った方が安いので、予め用意しておくといいと思います。

私の場合、ガラスフィルムは明誠というメーカーのものを購入しましたが、基本的に千円前後の価格帯であればどれを買っても大差はないと思います。

Galaxy A7のスマホケース

スマホケース(カバー)も同様です。

私は普通のシリコン素材みたいなもの(TPU素材)が好きなので、そういった物の中から適当に選びましたが、事前に用意しておけばスマホ自体に傷が付くことを防げるので、好きな物を予め用意しておこう!

通信速度

それでは、ここからは「Galaxy A7」の性能について見ていきます。

通信速度は受信時最大150Mbps、送信時最大50Mbpsとなっていますが、いくつかの計測ツールを使って屋内で実際に計ってみると、下り(受信)は大体70~75Mbps、上り(送信)は大体20~25Mbpsくらいでした。

ただし、最大の速度が出ていないとはいえ、実際に使用していて通信速度が遅いなと感じることはなく、Wi-Fi無しでもほんの数秒でアプリがダウンロードできるくらいの速さは常時発揮されています。

楽天モバイル×iPhone6sでは、外でアプリをダウンロードすることが不可能なくらい遅かったので、通信速度に関しては劇的に改善されていると実感しました。

処理能力

また、処理能力に関しては、

高性能なOcta Coreプロセッサ搭載と充実の4GB RAMでゲームや動画なども滑らかに動作し、複数アプリを同時に使用してもサクサク快適に操作が可能です。Galaxy A7

とのことで、アプリの内容にもよるとは思いますが、実際に使用した限りではカクついたりといった処理落ちのようなことはほとんどありません。

ただ、たまにWebページの読み込みが遅くなる(スクロールが重くなる)ことがあったり、アプリによっては数秒間フリーズすることも稀にあるのですが、アプリに関しては特定のものだけなので、これはアプリ側に問題があるような気もします。

よって、抜群に速いかというと、そうでもないとは思うのですが、基本的には特に問題ないレベルだと思います。

バッテリー&充電

搭載されているバッテリーは3,400mAhと大容量。私の場合、スマホを外で使用する用途はほぼテザリングなのですが、6~7時間ほど電波を飛ばし続けていても電池の消耗は30%前後と、電池の持ちは非常に良いように感じます。

Galaxy A7の充電口

また、充電はUSBケーブル(Type-B:台形のような形)を使用した有線式で、向きが決まっているのでやや差し込みにくさは感じますが、これはすぐに慣れると思います。

充電時間に関しては、電池残量が20%以下の状態でも2時間ほどあれば最大まで回復するので、充電速度も速い!

セキュリティ&生体認証

セキュリティは英数字を設定するパスワードや、指でなぞるパターン認証など以外にも、2種類の生体認証機能が搭載されています。

Galaxy A7の電源ボタン

その1つ目が「指紋認証」で、指紋センサーは側面の電源ボタンに搭載されています。

私の場合、カバーをしたままの状態で指紋を登録したせいか、それともカバーが付いているせいか、時々認識されないこともあるのですが、基本的には一発でロックは解除されます。

そして2つ目は「顔認証」で、これは指紋認証よりも精度が高く、画面を覗き込むだけで一発でロックは解除されますが、顔が似ている人でも解除される可能性があるらしく、指紋認証よりはセキュリティレベルが低いようです。

カメラ機能&連射速度

「Galaxy A7」のカメラはトリプルレンズで、2,400万画素のメインカメラ、背景ぼかし(ライブフォーカス)、メインカメラの1.5倍以上も映る超広角カメラが搭載されています。

また、QRコードは当然のものとして、空に向ければ天気、他言語に向ければ翻訳、地面に向ければ現在地(地図表示)と、様々な機能も搭載されているようですが、こちらの性能は未確認。

ちなみに、私が以前愛用していた「iPhone6s」と今回の「Galaxy A7」で、同じものを同じ条件で撮影してみると以下のようになりました。

iPhone6sで撮影したGalaxy A7の箱

こちらが「iPhone6s」で撮影したギャラクシーの箱。

Galaxy A7で撮影した同機種の箱

こちらが「Galaxy A7」で撮影したギャラクシーの箱です。

こういった小物だと少しクッキリしている程度でそこまで大差はないのですが、カメラには自動で被写体を識別し、19種類の異なるシーンに撮影を最適化する機能が備わっているので、人物(動物)、食べ物、風景(夜景)などとなると性能の違いを実感することができると思います。

あとはカメラの連射ですが、1秒あたり5枚ほど(1枚あたり約0.2秒)と少し遅く、これはiPhone6sと比べると倍くらい遅いです。なので、被写体が動いていたりする決定的な場面ではブレてしまい、ハッキリとは映らない可能性は高いと思われます。

カメラ機能はこれだけが少し残念!

電波状況

そして最後に電波状況ですが、これに関しては良くなった場所と悪くなった場所があり、まだあまり検証できていないのですが、商業施設の中に入ると電波が悪くなる傾向がある、ような気がします。

と言っても、飲食店くらいしか確認できていないのですが、今まで問題がなかった飲食店のいくつかで電波が1本になる(ただし圏外にはならない)ことが確認できているので、利用圏内でも一部の屋内では電波が悪くなることもあるようです。

ただし、屋内であっても今まで電波が悪かった場所が良くなっていることもあり、個人的には普段スマホを使う場所の電波状況が改善したので良かったのですが、同様に反対のことも起こり得るとは思われます。

なので、電波状況に関してはまぁまぁと言ったところでしょうか。私は満足していますが、運による部分もあるかもしれません。

総評&今回のまとめ

・実質3,700円+1年無料+一部ポイント還元なら余裕であり
・先駆者が礎となって「Galaxy A7」はお買い得になりました
・俺の屍を越えてゆけ!

「Galaxy A7」は元々ミドルレンジ(中くらいの価格・性能)のスマホなので、最上位のものと比べると多少劣る部分はあるとは思われるのですが、実際に使ってみたところ十分な機能を備えていたので、私は余裕でありだと思いました。

さらに、楽天アンリミットとセットで購入すれば基本利用料も1年無料となり、その他ポイント還元もあるで、これは正直お得すぎるお買い物だと思います。

先駆者はそのお得さにありつけずに見事に散っていきましたが、その屍によって道は作られました。皆さんには是非とも、お得に「Galaxy A7」を購入してもらいたいと願う!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す