WordPressのスタイルシート(css)の中にある文字列を検索する方法

WordPressのファイル内の文字列を手っ取り早く見つけたい方に朗報だ。なんと(今更ながら?)検索窓が発見されたぞ!

WordPressでブログのカスタマイズを行う時はスタイルシート(css)をいじる必要が出てきますが、ファイルの中身が多くなってきたり、親テーマから該当する箇所を探すとなると、いじりたい場所に辿り着くまでが一苦労となってしまいます。

そこで、検索窓を表示させて該当する箇所をピンポイントで探し出す方法があるのですが、実を言うと私はこのやり方をつい最近発見しました。

ということで、同じように検索窓が出てこないという方のためにも、その方法を残しておこうと思います。

「Ctrl」+「F」が効かない現象

私が使用しているPCはWindowsなので、特定の文字列を検索したい時はショートカットキーである「Ctrl」+「F」でブラウザに検索窓を表示させることができます。 

ブラウザの検索窓

この検索窓はご存知の方も多いと思うのですが、特定のキーワードを入力することで検索をかけたい画面にその文字列がいくつあるのか、どこにあるのかを瞬時に探し出すことができるという優れもの。

これはブログに限らず調べごとをしたい時にも非常に役立つ機能なので、私も普段からよく使用しています。

ワードプレスは画面に映っている文字列しか検索結果に表示されない

そこで、WordPressのカスタマイズを行う際にも当然この検索窓を使用したいところなのですが、ここで問題が。

残念なことにスタイルシートなどのテーマファイルは、画面に映っている文字列しか検索にヒットしないのです。

子テーマの記述が少ない時や、ファイルの中身が少ない時は別にそれでもいいのですが、子テーマの記述が増えてきたり、親テーマから特定の記述を探したい時なんかになると、探している場所に辿り着くまでに多くの時間を消費してしまう。

これは一体なぜなのか?私はこの問題に遭遇したのがかなり早い段階だったため、当時はWordPressがぶっ壊れているからだろうと早計。それ以降は毎回スクロールして該当箇所を探していました。

ファイルの中だけを検索する方法を発見

しかしながら、子テーマの記述が増えてくるとやはり探す時間が無駄に感じてきますし、特に該当箇所を見つけてそこをコピー、変更しようとしたりしてクリックすると、なぜか表示されているファイルの画面が一番上に戻ってしまい、探す作業が振り出しに戻るという、ストレスフルな謎の現象が度々起こることから、私は再び検索窓を表示させる方法を模索。

すると、偶然にも発見してしまったのです。

ワードプレスのファイル内を検索する検索窓

ファイルの中だけを検索することができる検索窓の表示方法を……

この検索窓の出し方は至って簡単。検索したいファイルの中のどこかを一度クリックした状態で「Ctrl」+「F」を押すだけ。たったこれだけです。

phpファイルも検索可能

当然ながらスタイルシート以外のphpファイルでも利用可能です。

これでファイル内の特定の文字列を探し当てるのが格段に速くなること間違いなし!検索窓が使えなくて困っている方は是非試してみて下さい。

今回のまとめ

・ブラウザの検索窓では画面に表示されている部分しか検索できない
・ファイルの中を一度クリックした状態の「Ctrl」+「F」で真・検索窓出現
・最初は知らなくてもそれはそれでいいかもしれない

私の場合、たまたまファイルをいじっている状態で思い立ったことから今回この検索窓を発見することができたのですが、逆になぜ今まで気付かなかったのかを考えると、もしかするとこれは割と新しく実装された機能なのかもしれません。

ただ、今まで知らなかった(実装されていなかった?)ことで親テーマの中身を眺めたり、1つ1つ探している内にどの記述がどこをどう動かしているのかなどの理解を深めることにもつながったので、これはこれで良かったかなと思っています。

便利なのはいいことですが、便利過ぎてもどうかという話ですね。ただ、子テーマの中を探す際に毎回同じ記述を見ながら探すのは面倒なので、真・検索窓の出し方は覚えておいて損はないでしょう!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す