【道なき道を行く】黄金の絨毯を探し求め、仙石原のすすき草原へ

箱根ハイランドホテルは周辺観光地へのアクセスも抜群!バスに乗って観光地へ繰り出しましょう!

ホテル到着後はそのままホテルで過ごすのもいいですが、周辺にはアートや自然を楽しめる観光スポットが沢山あります。ホテル到着後空いた時間が少しあれば、せっかくなのでどこか寄ってみてはいかがでしょうか。
今回は秋限定でしか見ることができない箱根の必見スポット、黄金色に輝くすすき草原をホテル到着後の空いた時間に私一人で見にいってきました。

箱根ハイランドホテルの宿泊記はこちら
【車椅子でも大丈夫】箱根でバリアフリー対応宿、箱根ハイランドホテル

道なき道を行く、仙石原のすすき草原

仙石原のすすき草原は秋になると穂が開き、黄金色に染まった見渡す限りのすすきが草原一帯に広がる秋の箱根の観光名所。その姿は黄金の絨毯と例えられ「かながわの景勝50選」や「かながわの花の名所100選」にも選ばれるほどの美しさを誇ります。
毎年3月にはその美しい景観を維持するために山焼きが行われ、9月下旬~11月下旬に見頃を迎えます。

仙石原すすき草原への行き方は、箱根ハイランドホテル前のバス停から、箱根湯本から来た時と同じ桃源台行きのバスに乗り「仙石高原」というバス停で降りれば到着です。所要時間は10~15分ほどで、バス停を降りたすぐ先がすすき草原です。

箱根ハイランドホテル前、桃源台行きの時刻表。

平日でも1時間に4~5本はあるので、遅い時間でなければバスの時刻表を気にせずホテルから出てきても、待たされることなくすぐにバスが来てくれます。

ちなみに時刻右上にPと記載されているのはポーラ美術館行きで、仙石高原のバス停へは行かないので注意して下さい。

バスに揺られること十数分、仙石高原に到着。

バス停を出たすぐ先がすすき草原の入り口となっています。
訪れた時期は10月の上旬で、見事にすすきの穂が開いていました。

すすき草原の中心は全長約700メートルの遊歩道となっていて、なだらかな傾斜のある丘のようになっています。
バスの中からは遊歩道を上っている人たちが見えるので、生い茂るすすきに囲まれた道を早く歩いてみたいという欲が掻き立てられますよ!

遊歩道の両サイドには灯篭のような照明が設置されていて、辺りが暗くなってくると明かりが灯るそうです。灯篭の穏やかな照明と、月明かりに照らされたすすき草原もまた美しいことでしょう。

黄金色のすすきを見ながらそんなことを考え、遊歩道を順調に上っていくと、

何やら怪しい気配が漂い始めます。

地面の土がむき出しになっている部分や、ゴツゴツした大きな岩もころがっていて、徐々に道が険しくなってきました。

さらに歩ける範囲も狭まってきます。

「そう簡単に黄金の絨毯を見渡せるとは思うなよ」という仙石原の大きな意志なのか、それとも遊歩道の整備が大人の事情でされていないだけなのかはわかりませんが、この程度の険しい道のりなら何度でも乗り越えてみせようとばかりにさらに歩を進めていくと、

…………!?

なんだこれは……??

もはや道と呼んでいいものなのかもわからない、立ちはだかる険しさを極めた遊歩道!しかしすすき草原の絶景を目の前にしてこんなところで退くわけにはいきません。

いばらの道を越えた先にはきっと素晴らしい景色が広がっているはず。
そう信じて突き進むこと数分、

丘の上から見下ろす黄金の絨毯が姿を現す!

このまますすき草原の終点まで進んでいこうとしていたのですが、遊歩道を7~8割方進んだところで無情にもタイムアップホテルに戻らなければならない時間になってしまいました。

ここからは来た道を引き返していきます。

なんだかんだで、

遊歩道の前半(道が険しくなる前)の方が絨毯のような景色が広がっていました(笑)

箱根ハイランドホテルへ戻るには仙石高原へ来た時のバス停の反対側に青い待合所があり、そこが帰りのバス停です。

仙石高原から小田原行きのバス時刻表。

平日でも昼~夕方頃は1時間に4本はあります。ホテルに戻って温泉で足腰の疲れを癒しましょう!
私は足の裏と膝に結構きました……

すすき草原遊歩道の終点

今回は残念ながら遊歩道の終点までは行くことができなかったのですが、遊歩道を一番奥まで進んでいくと「遊歩道の終点」という看板があるそうです。
これ以上は入らないでくださいという注意書きがあり、来た道を戻ることになるのですが、一応地図上には道がその先も存在しています。

どうやらすすき草原の遊歩道はかつて強羅や大涌谷方面へ抜ける道路を開発する計画があったらしく、何らかの理由によりその計画が中止になったようなのです。
それから遊歩道には手が付けられていないため険しい状態なのか、それとも遊歩道を綺麗に整備してしまうと立ち入り禁止エリア、つまり道路整備の計画が中止となった終点の先に人が勝手に入っていってしまうかもしれないからか、詳しい事情はわかりませんが遊歩道の険しさには何かしらの理由があるのかもしれません。

真の道なき道は「終点の先」だったようです。

箱根ハイランドホテル詳細
【車椅子でも大丈夫】箱根でバリアフリー対応宿、箱根ハイランドホテル

スポンサーリンク

コメントを残す