【ワイン&ウイスキー】ボトルの口で折れたコルクを簡単に取り出す方法

ワインやウイスキーのコルク栓が途中で折れてしまった、ボトルの中に落ちてしまった、という場合の救出方法を伝授します。

ワインを飲もうと思い、スクリューでコルク栓を抜こうとしたら途中で折れた。ウイスキーを開けようとしたら、いきなりコルク栓が折れた。

コルクは自然由来のものなので、こういったことは、いろんなボトルを開けていればいずれは起きてしまうことですし、とくに、初めてこの状況におちいると本気であせってしまうと思うのですが……大丈夫です。ウイスキーでもワインでも、口元で折れたコルク栓は簡単に取り出すことができます。

しかも用意する道具も、だいたいお家にあるものだけ。方法さえ知ってしまえば誰でも簡単にできることなので、今回はそんな、ワインやウイスキーのコルク栓救出方法についてご紹介したいと思います。

コルクが折れる原因

折れたコルク栓を救出する前に、コルクが折れてしまう理由を、事前にできる対策といっしょに確認しておきます。折れてしまってからではすでに遅いのですが、ボトルを開ける際に、コルクが折れないように工夫することもできるのです。

まず、コルクというものは、柔軟性や弾力性に富み、密封性にすぐれた性質があるのですが、天然素材から作られたものなので、1つ1つがまったく同じものではなく、作られた年代によっては、コルクの品質にばらつきがあるということもあります。

コルク栓が折れる理由は、おもに以下の4つです。

  1. コルクの経年劣化
  2. コルクが乾燥している
  3. 開栓時に圧力がかかる
  4. 糖分がコルクに染み込んでいる

1. コルクの経年劣化

コルクは天然素材から作られた自然のものなので、長い時間がたてば当然劣化することもありえます。

そんなとき、経年劣化によってコルクのどこかに小さなヒビが入っていたり、もろくなっていたりすると、コルク栓をひねった際にボロッと折れてしまうのです。

これは、ある程度はしかたがないと思っていたほうがいいかもしれません。

2. コルクが乾燥している

とくにウイスキーなどのボトルの場合は、箱に入れられて縦置きで保管されていることが多いのですが、この状態で長く置かれていると、コルク栓が乾燥してかたくなってしまいます。

これによってなにが起こるのかというと、コルク栓をひねっても動かなくなってしまい、まるでコルクが、ボトルの口にガッチリとHOLDされているようになってしまうのです。この状態で力任せにコルク栓をひねると、ボロッと折れます。

そこで、乾燥したコルクの対策ですが、ボトルを横に寝かせてコルク栓を中の液体で湿らせると、乾燥したコルクがやわらかくなったり、すべりがよくなったりします。

ボトルを縦に置こうが横に置こうがコルクは乾燥しない、という説もありますが、開栓前はやっておくに越したことはないと思いますよ。

3. 開栓時に圧力がかかる

ウイスキーやワインのボトルはコルク栓によって密封されていますが、コルク栓を引き抜こうとすると、引き抜く方向とは逆の方向の(戻そうとする)圧力がコルクにかかるため、とくにワインのボトルなどは、途中まではうまくいっていたのに最後の最後でコルクが折れた、なんてことも起こったりします。

これの対策ですが、ウイスキーの場合は、先ほどの乾燥対策と同様にボトルを横にして、コルク栓の部分をやさしくグリグリと左右にずらし、コルクをずらして空気をボトル内に送り込みます。ワインの場合は、オープナーのスクリューをコルクに少し貫通させてから引き抜くようにします。

こうすることによって、ボトル内に空気が送り込まれ、圧を逃がすことができるのです。

4. 糖分がコルクに染み込んでいる

コルクは密封性にすぐれていますが、経年劣化でコルクが収縮したり、弾力性が低下したりもします。そうなると、ウイスキーやワインの持つ水分がコルクをすり抜けられるようになってしまい、液体が蒸発(揮発)することもあります。

それと同様に、ワインやウイスキーに含まれる糖質の成分がコルクに染み込んでしまうことがあるのですが、糖分がコルクに染み込むと、ベタベタした糖分が固まって、コルクがボトルの口にガッチリと張り付いてしまうのです。

これの対策ですが、ぬらしたタオルや蒸したタオルでボトルの口を包んで蒸らし、コルク栓を温めていくと、バリバリにかたまった糖分がやわらかくなり、コルクの張り付きが緩和されることがあります。

このように、ボトルを開ける前にちょっとしたひと工夫をすることで、コルクを折れにくくすることができるのですが、すでにコルクが折れてしまった、これらの対策を打ったけれどコルクが折れてしまった、という場合は、一刻も早く折れたコルクを救出しなければなりません。

折れたコルクの取り出し方

ウイスキーのボトルの口で折れたコルク栓

さて、ここからが本題です。今回はウイスキーのボトルで折れたコルクを取り出すことにしますが、まずは用意するものがあります。

それがこちら!

だいたいはお家にあるであろう、アイスピックが1本あればOKです。

アイスピックは、あると自宅できれいな氷をつくることもできるので、ないという方は、この際に購入しておくといいかもしれません。

また、これは内緒にしておきたいことでもあるのですが、アイスピックは山忠のものがおすすめですよ。

イブスター店長
イブスター店長

アイスピックはロングタイプだとなおよしだ

それでは、物が用意できたところで、さっそく作業に取りかかりましょう!

コルクがかたくて頑丈な場合

ウイスキーの瓶口のコルクをアイスピックで刺して取り出す

まず、このように折れた瓶口のコルクに、できるだけ深く、斜めにアイスピックを刺します。

コルクがかたく、アイスピックが刺さるようであれば、コルクを中から引きずり出すようにしてアイスピックに力を入れ、少し動いたら、一度アイスピックを抜いて刺す場所を変え、同じようにしてコルクを引き上げていきます。

このときのポイントは、同じ場所で一気に引っ張り上げようとすると、コルクが崩れてしまう可能性があるので、アイスピックで刺す場所を少しずつ変えていくこと、やたらめったらいろんなところを刺さないことこの2点です。

うまくいけば、刺して動かしてを2~3回繰り返せば、スポン! とコルクが抜けますよ。

このように、コルクにアイスピックが刺さる場合は、あせらずにやれば簡単にコルクは取り出せるのですが、問題となるのは、コルクの劣化などによって、アイスピックを刺すとコルクがボロボロとくずれてしまう場合です。

こういった場合は、上記の方法ではうまくいかないことも多いので、次の方法に移行します。

コルクがもろくなっている場合

アイスピックで刺すとコルクがくずれてしまう場合、以下の状況によって取る対策は変わってきます。

  1. コルクはもろいが、瓶口で固定されている
  2. コルクはもろく、固定も弱い

①のコルクが瓶口で固定されている場合、コルクが動かないのであれば、瓶口にはまっているコルクを上のほうから少しずつアイスピックで削っていき、あとちょっとのところまできたらアイスピックを斜めに刺し、コルクを引き上げるようにして力を入れると、一気に取れる場合もあります。

ただし、引き上げるのが無理そうな場合は、被害(お酒にコルク片が混じる)を最小限に抑えるために、ボトルの中にあえてコルクを落として救出します。

②の固定が弱い場合も同様に、ふれた瞬間に落ちてしまいそうな場合は、下手にいじってコルクの破片がボトルの中に飛び散る前に、あえてボトルの中に落として救出したほうが無難です。

ボトルの中に落ちたコルクを取り出す方法

ウイスキーのボトルの中にコルク栓が落ちた

ここからは、コルクがボトルの中に落ちてしまった、被害を抑えるためにボトルの中にコルクを落とした場合の取り方について見ていきましょう。

この状況になると、用意する道具が少し増えます。使用するアイテムは以下のとおりです。

  • お酒を一時的に入れ替えるための容器
  • 繊維が飛び散りにくい布
  • じょうご(なくてもできます)
  • こし器(あればでOK)
イブスター店長
イブスター店長

全部キレイで乾燥しているものを使うようにしてくれ

これらの道具を使って、ボトルの中に落ちたコルクを取る方法は以下のとおりです。

手順1:お酒を移し替える

まずはボトルの中にプカプカとコルクを浮かせたまま、中のお酒を別の容器に移し替えます。このとき、じょうごがあると作業が少し楽になります。

移し替える容器は清潔なものを使用し、お酒を移し終えたらコルクの破片がないかを確認し、上からラップなどをかけて置いておきます。

手順2:ボトル内に布をたらして引き抜く

ウイスキーのボトルの中に布を入れてコルク栓を取り出す

次に、繊維が飛び散りにくい清潔な布を、ボトルの中にできるだけ深く入れてたらします。そのままボトルを逆さにして、落ちたコルクを瓶口のほうに転がし、布の上に乗っけます。

それができたら、あとは一気に布を引き抜くだけ!

ウイスキーのボトル手前で止まったコルク栓

布を引き抜くのといっしょに、コルクもスポン! と抜ける場合もありますが、ボトルの中に落ちたコルクが大きかったり、かたかったりすると、瓶口までしか出てこない場合もあります。

ウイスキーの瓶口に詰まったコルク栓をアイスピックで刺して取り出す

その場合は、最初のやり方と同様に、アイスピックで刺して、瓶口にはまっているコルクを引き上げていけばOK!

ウイスキーのボトルの中に入ったコルク栓を取り出したところ

これにて、コルクの救出は完了です。

手順3:お酒でボトル内を洗浄する

コルクが取れたら、ボトルの中に落ちたコルクの破片がないかを確認し、破片が残っている場合は、移し替えたお酒を少しボトルに戻して洗浄します。

洗浄に使用したお酒は、そのまま飲んでしまうかしてしまいましょう。

手順4:お酒をボトルに戻す

最後に、あればじょうごを使ってボトルの中にお酒を戻します。

ふたは新しいコルク栓が必要になるので、こういうときのために、ウイスキーやワインのコルク栓は捨てずにストックしておくと便利ですよ。

以上、折れたコルクの取り方でした。

イブスター店長
イブスター店長

ところで、そもそもワインをうまく開けられない、移し替えられないときはどうすればいいんだ?

(コルク救出ex)便利アイテムを活用する

ソムリエナイフ

とくにワインの場合ですが、ソムリエナイフのスクリューが変にコルクの端のほうに入ってしまったりして、単純にミスでコルクが折れることもあります。

自宅で一人で飲む場合はいいですが、友人とのパーティや、大切な人とのお祝いなどのときにしくじってコルクが折れてしまうと、「もうワインなんか開けたくない!」となってしまいますよね。

そうならないように、ワインを簡単に開けたい場合はソムリエナイフにこだわらず、便利なアイテムを活用してみてください。

スクリュープル(セルフ・プリング式)オープナー

スクリュープルは、石油採掘に使われていたボーリング技術と、NASAで開発された特殊コーティング技術から発明された「誰でも簡単に、そして最小限の力で」ワインを開けられる超すぐれもの。

使い方は非常に簡単で、スクリュープルを立てたワインの瓶口にセットしてスクリューを刺し、あとは時計周りにハンドルを回すだけで、コルクが自動的に引きあがってきます。その使いやすさは、「世界最速オープナー」としてギネス記録に認定されているほどのもの。

ワインのコルクを抜く際に役立つこと間違いなしのスクリュープルは、簡単、スムーズ、失敗なし! 一家に一個置いておくのもいいでしょう!

イブスター店長
イブスター店長

ワイン好きな人へのプレゼントとしてもおすすめだ

二枚刃(プロング)式オープナー

二枚刃式オープナーは、コルクをはさんで抜栓するタイプのワインオープナーで、コルクに穴を開ける必要がないため、コルクの破片が出にくいという特徴があります。

とくにコルクがもろくなっていることが多い、ヴィンテージもののワインを開封する際におすすめのオープナーですが、樹脂製コルク(プラスチックから作られるコルク)に使用すると、ボトルの口が割れてしまう危険性があるため、取り扱いには注意が必要です。

使い方はボトルを立てた状態で長いほう、続いて短いほうの刃をコルクの両サイドにグリグリと刺し込んでいき、奥まで刃が入ったら、ハンドル部分を回転させながらコルクを引き抜いていきます。

ヴィンテージワインがお好きな方や、コルクを傷つけずに集めたい方におすすめの一品です。

また、失敗は避けたいヴィンテージワインを、長い眠りから覚醒させるためだけに作られた「ザ・デュランド」という、スクリューと二枚刃式が合体したコルク抜きもあります。

イブスター店長
イブスター店長

いちおう言っておくが武器ではないぞ

コルクリフター

コルクリフターは、ボトルの中に落ちてしまったコルクをボトルの中身を移し替えることなく、そのままの状態でも救出することができる便利アイテム。

使い方は、ボトルを立てた状態で、コルクリフターをボトルの中に垂らします。すると、先端が鉤爪状になった3本のコルクキャッチャーがコルクをキャッチ! 中心部分についたリングを下げてそのまま引き上げれば、無事にコルクを救出することができます。

ボトルの中身を移し替えている時間がない、移し替えるのが面倒という方におすすめのアイテムです。

イブスター店長
イブスター店長

UFOキャッチャーみたいなものだ

ワインのオープナーやコルクの救出グッズにはさまざまなものがあるので、便利アイテムを活用して楽しくボトルを開け、お酒をたしなんでみてください。それでは、よいウイスキー&ワインライフを。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。