バーで知らない人やお客さんに話しかける方法と、会話に参加するワザ

バーで知らないお客さんに話しかける時はバーテンダーに協力してもらうか、場の空気を読んでジェントルに行こう!

バーに1人で行ってみるとバーテンダーと知らない他のお客さんが楽しそうに会話をしていて、自分もその話題に入りたいなと思うことってありますよね。

そこで「自分もそう思います!」なんて突然会話に参加してしまうと、それまで楽しそうだった他のお客さんが「あっ、はい……」みたいになってしまい、なんだかばつが悪い思いをしてしまったという残念なことも起きたりもします。

なので、今回はそんな話したがりな皆さんのために、バーで繰り広げられている会話にスムーズに参加できる方法を伝授するぞ!

まずはその場の「間や空気」を読もう

バーは知らないお客さん同士が価値観を共有することができたり、談議に花を咲かせることができる場所ではありますが、バーに来るお客さんはそれぞれ目的が違います。

誰とでも仲良くといったように、人と話すことが好きなお客さんもいれば、バーテンダーとしか話したくない、横の繋がり(お客さん同士の繋がり)は極力持ちたくないというお客さんもいます。

なので、会話が盛り上がっていたとしても、そのお客さんが他の人とも話したいのかというと必ずしもそういう訳ではなく、例えばバーテンダーと話していたのが後者のような他のお客さんとはあまり話したくないという人だった場合、突然会話の中に入ってしまうと冒頭のように水を差すような感じになってしまうこともある訳です。

よって、他のお客さんに話しかけたり会話に参加する際は、まずはその場の状況や空気、そして話しかけたいお客さんがどういうタイプの人かを見極める必要があるのです。

その方法を具体的に言うと、まずは参加したい話題が出ていても暫くは「見」というよりも「聞」に徹し、そのお客さんは話しかけても大丈夫そうな人なのかそうではないのか、どれくらいの距離感でバーテンダーと話しているのか、そしてどのような話をしているのか等を観察し、行けそうだと判断してもそこではまだ話しかけずに、まずは先にジャブを打つのです!

他のお客さんとの会話にスムーズに入るワザ

回りくどく感じてしまうと思うのですが、実を言うと「話しかけても大丈夫そうだ」の判断基準は人によって異なりますし、実際に大丈夫なのかそうでないのかはバーテンダーくらいしかわかっていないことが多いため、最もスムーズに会話に参加するためにはバーテンダーに仲介してもらうのが一番手っ取り早いのです。

そこで効果を発揮するのが先ほどのジャブ打ち。

このジャブ打ちはダイレクトには行かないことで失敗するリスクを減らし、というよりもリスクを無くし、バーテンダーからの仲介を待てるというノーリスクハイリターンの完全無欠な戦法。ジャブの打ち方は主に2つのパターンがあります。

1.他のお客さんをチラ見する

皆さんは「聞」に徹していますから、会話の内容は耳に入ってきているはず。そこで、適切なタイミング、例えば共感できるとか、興味がある話題が出ている時などに、会話の方向(他のお客さんの方向)をチラッとだけ見ます。

フクロウ
皆さん

面白そうなお話ですね……

そんなことを考えながら、チラチラ見るのではなく、チラッとだけ見るのです。

すると、こういった些細な動きでも注意深いバーテンダーは見ていますから、皆さんの会話に参加したい気配を察知し、こちらに話を振ってくれたりもします。

湊
ミナト

ところで、お客さんは動物好きですか?

例えばの話ですけどね、こんな感じに。

ただし、あんまりチラチラ見ていると、バーテンダーからも他のお客さんからも「もしかしてやばい人なのか?」と警戒される可能性があるので、チラ見が使用できる回数は2~3回程度と考えておいた方がいいかもしれません。

2.一人で頷いてみる

これも1つ目のチラ見と同様に、何か共感できる意見なんかが出た時にその場でちょっと頷いてみるのです。

フクロウ
皆さん

いやぁ、どなたか知らないが、おっしゃる通りだ……

そんなことを考えながらゆっくりと頷いてみる。するとどうでしょう、皆さんの会話に参加したい気配を察知したバーテンダーはこう言うかもしれません。

湊
ミナト

やっぱりお客さん、動物好きなんですね!?

ただし、これも先ほどと同様に1人でウンウンウンウン頷いていると、バーテンダーと他のお客さんから「やっぱりやばい人なのか?」とさらに警戒されてしまう可能性があるので、頷きが使用できる回数は1~2回程度と考えておいた方がいいでしょう。

バーテンダーの仲介を経ずに直接話しかける方法

もちろんこのようなジャブを放ってみてもバーテンダーは動かない、会話を仲介してくれない場合もありますが、その場合は主に以下のような可能性が考えられます。

  1. バーテンダーと会話しているお客さんが他の人とは話したくないタイプ
  2. バーテンダーと会話しているお客さんが他の人と話す人なのかまだわからない
  3. バーテンダーが忙しくてジャブに気付いていない、もしくは気付いていても即座に対応できない

例えば皆さんの放ったジャブにバーテンダーが気付き、皆さんに話しかけてくれるも、他のお客さんとは繋げてくれないという場合、この場合は、

①「バーテンダーと会話しているお客さんが他の人とは話したくない」のか、
②「バーテンダーと会話しているお客さんが他の人と話す人なのかまだ不明」の、

どちらかの可能性が高いですが、この場合はバーテンダーと他のお客さんの会話からお互いの距離感を測ればなんとなく判明したりもします。

どういうことかと言うと、バーテンダーと他のお客さんの距離感が比較的近い(=仲がいい)場合は①の可能性が高いと考えられますし、バーテンダーと他のお客さんの距離感が比較的遠い(=関係が浅い)場合は②の可能性が高いと考えられるのです。

そして皆さんの観察眼でその場の状況や空気を読んだ結果、②「他のお客さんが人と話すのかまだ不明」と判断、もしくは③「バーテンダーの仲介が望めない」場合は、直接話しかけた方が早いです。

フクロウ
皆さん

先程の話なんですが、実は私も動物が好きでして……

こんな感じにですね。
そこで、それに対する相手の返答が、

ウサギ
他のお客さん

そうなんですか?何が好きなんですか!?

と、このように食いついてきた場合は、会話が成立し、目的を果たすことができたと思っていいでしょう!

一方で、相手がそれとは全く逆の反応、例えば、

フクロウ
皆さん

先程の話なんですが、実は私も動物が好きでして……

ウサギ
他のお客さん

あっ、そうなんですねぇ……

ウサギ
他のお客さん

…………

と、このように全く食いついてこない場合は、話したくないというサインの可能性は高いので、変に深追いせずに潔く身を引いた方がいいです。

ただし、相手がその日は知らない人と話す気力すら残っていない日だったとか、人見知りで話しかけられたことにビックリしてしまったということもあるので、皆さんが先に帰る場合は「お先失礼します」とか、相手が先に帰る場合は「おやすみなさい」とか、一言添えておくと次に会った時は向こうから話しかけてきたりと、次に繋がることもあります。

それと、こういう場合はバーテンダーもフォローしてくれたりしますから、変に気まずい空気のままになってしまうこともないので、そこは気にしないで大丈夫だと思いますよ。

お客さんに話しかける際のマナーと注意点

また、自分から知らないお客さんに話しかける際にはマナーや、話す内容で気を付けておきたい注意点もあるので、一緒に確認しておきましょう!

知らない人に話しかける際の注意点は主に以下の5つ。

1.礼節をわきまえる

お互い初対面の場合、礼節をわきまえ、相手に敬意をもって接するのは人として当然のことですよね。よって、少なくとも最初は敬語で話すのがいいと思いますよ。

仲良くなった後でタメ口になったりすることもあるとは思いますが、その際も「礼に始まり礼に終わる」の精神を忘れない人は格好いいぞ!

2.酔っぱらって絡むようなのはNG

酒に酔った勢いで絡むようにして話しかけるのはアウツ。絡まれた方は面倒臭さしか感じませんし、きっと不愉快に感じてしまうでしょう。

そもそもバーは「酔う」場所ではあっても、「酔っぱらう」場所ではないのです。飲み過ぎている場合はバーには行かないという選択も英断だ!

3.根掘り葉掘り聞かない

特に初対面同士の場合、相手のことが知りたいからと、年齢や職業、出身地や居住地、家族構成なんかまで根掘り葉掘り聞いてしまう人もいたりもします。

ただこれ、質問される側からすると結構鬱陶しいもので、「自分は今調査されているのか?」と、過剰な詮索は不信感を募らせるだけとなってしまいます。

一定の距離感を保つこともバーでの嗜みの一つ。
まずはいきなり距離を詰めようとはせずに、当たり障りのない話題から始めてみるのがいいですよ。信用できる人だなと相手が思ってくれれば、相手の方から自分のことを話してくれたりもするものです。

4.お客さんがグループで来ている場合は静観が無難

会話に参加したいと思った相手が仲間内のグループで来ている場合や、男女のカップルだった場合、そのお客さん達は限られた時間を仲間や恋人と過ごしたいと思っている方も多いと思います。

例えばカップルの男性がお手洗いに行っている間に女性が声をかけられていて、戻ってきたら変に盛り上がっていたりでもしたら、男性からすれば何だかモヤモヤした気持ちにもなってしまうかもしれません。

なので、こういう場合は会話に混ざりたかったとしても静観するのが無難かなと、私は思います。

5.話しかける相手が女性の場合はナンパ認定に注意

バーでのナンパ行為は問答無用でアウツです。そして難しいのが、女性のお客さんに話しかけた場合、こちらにナンパする意図がなかったとしても、女性のお客さんがナンパされていると思えばそれはナンパとして認定されてしまうということ。

下心が見え見えなのは以ての外。しかし、それが汚れた心ではなく純粋に話してみたいという清き心であり、且つこれまで見てきたようにマナーを守って接することができれば、その場合は話しかけられた女性の方もきっと、ナンパではないと理解してくれるはず。

つまり、何が言いたいのかというと、こういうことです。

男たるもの、紳士的であれ……

今回のまとめ

・知らないお客さんに話しかける場合はバーテンダーに仲介してもらうと早い
・自分から話しかける場合は間や空気を読もう
・礼節を重んじる人は格好いい

実際のところ、他のお客さんに話しかけることにそこまで気を遣う必要はあるのか?と思われる方も少なくはないかもしれません。

しかし、例えばの話、こちらには予定があるのにも関わらずそれを無視して突然家に上がり込んでくるような人に対して、お茶を出してもてなしたいとは普通思いませんよね。
それと一緒で、人と人の付き合いは土足での踏み込み合いではないですし、特に知らない者同士の社交場であるバーとなればそれは尚更となります。

人と人がお互い良好な関係を保てるのは「親しき中にも礼儀がある」からだと私は思っています。是非とも知らない人と話したいと思ってくれる皆さんにはそれを忘れずに、バーで新しい仲間を作ってもらいたいと思うのです。
バーで出来た仲間はバーテンダーと同じく、困っている時や悩んでいる時は強力な味方にもなってくれるぞ!

関連記事

バーでのナンパが迷惑行為となってしまう理由はこちら
バーでの出会い(異性との恋愛)は存在するが、ナンパ行為はナンセンス

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す