【地上最後の楽園】インターコンチネンタルバリリゾートに宿泊しました

これはインドネシアのバリ島へ、休暇で訪れた際の旅行記です。

2016年9月、3泊4日のスケジュールでバリ島のリゾートホテルに宿泊しました。家族で休暇を楽しむ予定だったのですが、最終日にトランジットのため一時入国したシンガポールで私はカジノへ行ってしまいます。
当時はまだギャンブル依存症を患っており、病的なギャンブラーだった私は初めてのカジノに胸をときめかせるのですが……。

インドネシア・バリ島旅行(1日目)

father

バリ島でも行くか?

夏休みを利用してインドネシアのバリ島へ行ってみたいと父から連絡がありました。
断る理由などあるでしょうか、勿論私は即答しました。

「行きましょう!」

まずは羽田空港へ

今回の旅行の日程はバリ島で3泊、最終日はシンガポールに一時入国し、飛行機が出る時間まで自由行動というものです。

迎えた旅行当日、まずは始まりの地、羽田空港を目指します。
東京在住の私にとっては羽田空港はアクセスし易いので、今回は電車で向かうことにしました。

羽田空港

羽田空港に到着。

空港にくると、これから海外へ行くんだと本当にわくわくしますね。
まずは予約していたWifiを受け取りに行きます。

今回はイモトのWiFi をレンタルしました。
イモトのWifiは3G回線でしたらバリ島の場合、1日980円で大容量の500MBまで使うことができます。
海外でのレンタルWifiは1日に使用できる容量に制限があり、大容量にすると追加料金が発生するところも多いのですが、イモトのWifiでしたら大容量がスタンダードとなっていているため(大容量対象国に限り)追加料金なしで使用することができます!
事前に予約しておけば羽田空港内で受取・返却ができるので、旅行の日程が決まっているのであれば早割もあるので事前の予約がおすすめですよ。

イモトのWifiは公式サイトから予約できます↓↓
海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

飛行機は22時55分発だったので、出国前に気合いを入れるため腹ごしらえをすることにします。

羽田空港の江戸小路

江戸の街並みが再現された「江戸小路」では食事やショッピングを楽しめます。

空港には様々な飲食店があるので私にとってはこの空港飯も楽しみの一つなのですが、江戸小路の中のレストランはどこも混んでいて入れそうになかっため、先に出国手続きを済ませ、出国後エリアに向かいました。
出国後エリアは免税店が多いですが、カフェやバーなど飲食店も沢山ありますし、あまり混んでいないのでゆっくり食事ができますよ。

バリ島に到着

バリ国際空港

シンガポールのチャンギ国際空港で乗り継ぎ、バリ島デンパサールにあるングラライ国際空港へ到着!

ングラライ国際空港(通称デンパサール国際空港)の名前の由来は、インドネシア独立戦争で死闘を繰り広げ、玉砕していった英雄グスティ・ングラライ将軍に由来しているそうです。

バリ国際空港の出口

バリ島の熱気を感じる空港出口。

バリ島は年間を通して平均気温が28度前後と年中暑い気候になっていますが、湿度が低いためカラッとしていて非常に心地良いです。

バリ島にある勇士ガトカチャ像

空港を出てすぐの所にある勇士ガトカチャ像。

ガトカチャ(ガトートカチャ)はインドの叙事詩『マハーバーラタ』に登場する羅刹(鬼神)で、この像は「クルクシェートラの戦い」という戦争のワンシーンのようです。
手前の馬の頭に乗っているのがガトカチャで、奥の馬車に乗っていて弓と槍を持っているのがカルナという王子。

ガトカチャが空からカルナへ奇襲をかけるも、カルナの弓での反撃に会いガトカチャは空へ撤退します。そこでカルナがインドラ神より授かっていた、一度しか使うことのできない一撃必殺の槍をガトカチャに対して使い、ガトカチャは戦死してしまうという戦いの一場面が再現されているようです。

今回宿泊するホテルに到着!

インターコンチネンタルバリリゾートのロビー

いよいよホテルに到着!
宿泊したホテルは「インターコンチネンタル バリ リゾート」です。

インターコンチネンタルバリリゾートのメインプール

広大なプライベートビーチをもつ大型リゾートホテル。
ビーチの手前にはたっぷりのスペースがとられたメインプールがあります。メインプールにはバーが併設されていて、プールに入りながらお酒を注文することができます。
ビールやカクテルなどメニューは豊富。もちろんお会計は部屋付けにすることができるので、お金を持ち歩く必要はありません。

また、メインプールの反対側には浅瀬のプールもあり、お子様達も安心して遊ぶことができます。

インターコンチネンタルバリリゾートのサイドプール

魚の噴水プールもありますよ。なかなかシュールです。

インターコンチネンタルバリリゾートの庭園

プールを少し先に進むと、白砂のビーチへ続くようにして広がる庭園が見えてきます。

インターコンチネンタルバリリゾートの庭園

その広さなんと35万平方メートル!
庭園にはバラエティに富んだ座席がいくつも用意されていて、日光浴をしたり、お酒を飲みながらゆっくりしたり、読書をしたりと、思い思いの楽しみ方をすることができます。

インターコンチネンタルバリリゾートのプライベートビーチ

庭園を抜けた先にはプライベートビーチが広がっています。

ビーチやプールで泳いだ後は体を流すシャワーや、タオルが庭園のあちらこちらに置いてあるので、着替えるだけですぐに泳ぎに行くことができますよ!

インターコンチネンタルバリリゾートの客室内ベッド

こちらは客室のベッド。フカフカしていて寝心地はとてもいいです。

インターコンチネンタルバリリゾートの客室家具

深みのある木のフローリングに、手彫りの家具がゆったりと配された客室は解放感のある広さ。

インターコンチネンタルバリリゾートのバスルーム

バスルームもとても広く清潔感があります。

その他にも宿泊者は無料で利用できるラグジュアリー感満点のスパや、運動をしたい方のためのジム、お茶やコーヒーを飲みながらクッキーなど頂くことができ、24時間自由に利用できるラウンジ、夜になればバーもオープンするなど、ホテルの敷地内だけで素晴らしい休暇を過ごせます。
朝食はビュッフェスタイルでメニューも豊富。料理はいくらでも食べていられそうなほど美味しく、1日を最高のスタートで切ることができますよ。

インターコンチネンタル バリ リゾート
【Booking.com】で確認する
【Expedia】で確認する
【agoda】で確認する

ショッピングへお出かけ

インターコンチネンタルバリリゾートのレストラン

ホテルの庭園内にあるレストランでビールを飲みながら作戦会議。

これからプールやビーチで遊び始めるとそれだけで1日が終わってしまいそうだったので、初日は近くのショッピングモールと有名な陶器のお店へ行ってみることにします。

バリ島ディスカバリーショッピングモール

ホテルからすぐの「クタ」というエリアにある、ディスカバリーショッピングモール。

ちょっとしたお土産などを買い、既に買い物を済ませていた家族の元へ戻ると何やら知らない男性と話し込んでいます。

kan
???

旅行ですか?行く所決まってたら車だしてあげるよ

バリ島ではこの手のドライバーさんは結構多いです。正規でタクシー会社などに雇われているわけではなく、個人的に旅行者と金額などの契約をして、行きたい場所へ連れて行ってくれたりします。
旅行者側からしたらタクシーよりも安く、買い物などが終わればドライバーが待っててくれているか迎えに来てくれますし、ドライバー側からしても会社に所属するより断然儲かるようなので、お互いにとっていい話なんですよね。

しかし異国の地で会ったこともない人の車に乗るというのはやはり危険が伴いますし、トラブルの元になるのでやめておいた方がいいと思いますよ。特に女性だけの旅行の場合は注意が必要です。

kan
KANさん

それじゃあ明後日ホテルのロビーで待ち合わせね!私KANね宜しく

私がいない間に話はついていました(笑)
3日目はKANさんがお土産屋さんを案内してくれることになりました。今回の旅行に母は残念ながら来れず、男だけだったので、大丈夫だろうという危機意識ゼロのまま次の目的地へ向かいます。

ジンバランにあるジェンガラケラミック

「ジンバラン」というエリアにあるジェンガラ ケラミックの本店。

ジェンガラ ケラミック(JENGGARA KERAMIK)はバリ島の伝統や自然をモチーフに作られたデザインが特徴的な、バリを代表する陶器ブランドです。
店内はとても広く品揃えも豊富で、まるでギャラリーのようでした。

インターコンチネンタルバリリゾートの夜の庭園

買い物を終えて戻ると外は既に暗くなっていました。夜になりライトアップされた庭園も幻想的でとても綺麗です。

インターコンチネンタルバリリゾートの夜のレストラン

ホテルの庭園内にあるレストランで夕食を頂きながら、二回目の作戦会議。

このまま寝てしまうのはもったいないので、私は弟と2人でバリ島随一の歓楽街と呼び声の高い「レギャン通り」へ向かうことにします。

バリ島のナイトスポットへ

レギャン通りは、通りの両側にバーやレストラン、服や雑貨などを販売しているお土産屋さん、そして多くのナイトクラブが軒を連ねるバリ島屈指のナイトスポット。夜は多くの観光客が集まり、なかなか前に進めないほどの賑わい振りです。
レギャン通り入り口すぐの土産屋を横切ろうとすると、お店の人が話しかけてきます。

RURI
???

日本人ですか?遊びに来たの??

私たちはナイトクラブかバーに行こうと思っていることを伝えます。

RURI
???

この通り危ないからやめといたほうがいいよ!もっと安全で楽しいところあるから、そっちに連れてってあげるよ!

バリ島は日本語を話せる人が多いように感じましたが、現地ガイドとしてドライバーをやりますよという人が大半だったように思います。
私たちは適当にこの男性をあしらい、レギャン通りを先に進んでいきます。

通りを進んでいくと、レギャン通りの真の姿が垣間見えてきました。
怪しい売人が所狭しと通りに立っていたり、座っていたりと並んでいて、目の前を通過する度に声をかけてきます。いらないですよと愛想よく断ると、それを見た他の売人達がこいつはいけるんじゃないかと、どんどん声をかけてきます。

売人達の猛攻を潜り抜け、私達はナイトクラブがひしめき合う場所の手前あたりまでなんとか到着するも売人達をかわすのに疲れてしまっていました。どこか落ち着ける所に一回入ろうと話しながら歩いていると、並んで歩いていた私達の間に、割り込むようにして入ってきた一人の男性とすれ違います。

湊
ミナト

あそこのお店とかどう?

良さそうなお店を見つけた私は弟に話しかけるも、返答がありません。

というよりも弟が隣にいない。

私はすぐさま後ろを振り返ると、なんと、弟が2~3人の男達に囲まれているではありませんか!

急いで救出に向かうと男達は散っていきましたが、弟のショルダーバッグはジッパーが下ろされている……

まずい、この中には、イモトのWiFi ……!!

しかし間一髪の所で所持品の盗難は免れることができました。運が悪ければ弟は財布や携帯、レンタルしていたWifiも盗まれていたかもしれません。
こういったことがあるのでWifiをレンタルする際は万一に備えて、1日あたり200~300円の補償パック(イモトのWiFi の場合)に加入しておいた方がいいですよ。

その後弟とはとにかく並んで離れないように歩こうと決め、歩いてきた道の反対側から通りを折り返していきますが、なかなか落ち着いて休憩できそうなお店が見つかりません。

すると前方からまたしても男性の二人組が…………

今度はその男性二人がすれ違いざまに私の両サイドを固めるようにがっちりと体を密着させてきました!一瞬あっけにとられて動きが止まった私はポケットに手が入ってくる気配を感じ、とっさに自分のポケットに手を突っ込み財布と携帯を死守。
男達に何をするんだと声を上げると、男達は何もしてないよーと立ち去っていきました。

もうこの時点で私達は意気消沈。所持品をスられそうなるというのは結構な精神的なダメージで、遊ぶ気力もなくなってしまいました。

もう帰ろうかと話しながらレギャン通りの入り口まで戻ると先ほど声をかけてきた男性が再び話しかけてきます。

RURI
???

よう!どうだった?

湊
ミナト

どうもこうもないよ。所持品スられそうになって、もう遊ぶ気もなくなっちゃったよ

RURI
RURIさん

ここスリが多いんだよ。もっと安全なとこ、スミニャック行こう。私はRURIだよ

RURIさんの話を聞くと、レギャン通りには強盗やスリのグループがいて、毎晩のように獲物を探しているそうでした。
スリのグループは2~3人で一人を狙い、2人がかりで金品を強奪、盗んだものを近くにいるもう1人の仲間に渡すと、仲間はすぐに姿をくらましてしまい、スった本人は何もやっていないと言い逃れをするわけです。
スリの手口は様々ものがあるそうですが、私達がされたのはこのような手口のものでした。特に狙われるのが危機意識が低い日本人だそうで、スリグループから見たら日本人はカモがネギを背負ってきているようなものなんだそうです。

RURI
RURIさん

バイク出すからちょっと待ってなよ!スミニャック行こう

このまま嫌な感じで一日を終えたくなかったということもあり、私達はRURIさんに頼んでお勧めの「スミニャック」というエリアへ連れて行ってもらうことにしました。

危機意識はどこへいったのやら……

スミニャックへ

バリ島スミニャックの風景

内心これは本当に大丈夫なのかと不安でしたが、RURIさんとその友人のバイクにそれぞれ乗せてもらい、スミニャックへ無事到着。

スミニャックもバーやレストラン、クラブなどがあるナイトスポットですが、レギャン通りと違って怪しい売人もいませんでしたし、街も全体的に綺麗で落ち着いている印象を受けました。

その後RURIさんお勧めのクラブとレストランへ行き(RURIさんの分のお代は流れでこちらが持つことになりました)、RURIさんとは連絡先を交換し、ホテルまで車で送ってもらいます。

RURI
RURIさん

また行きたい所あったら連絡してね

私達はタクシー代としていくらか払うので、請求してくれと伝えます。

RURI
RURIさん

僕たちはトモダチだからそういうのはいいよ。僕からいくらとは言えないよ……

これちょっとズルいですよね(笑)
こう言えば日本人は多めに払ってくれるのを知っててわざとそういう風に言う。しかしまだバリ島についたばかりでタクシーの相場もよくわからなかったので、とりあえず多めに払います。

こうしてバリ島での1日目はなんとか無事に終了。
2日目は人生初となるマリンアクティビティに挑戦だ!

今回宿泊したホテル

どこまでも続く白砂のビーチに面し、ジンバラン湾の美しいサンセットを望むことができるインターコンチネンタルバリリゾートは、広大な庭園の中にいると、まるでバリの村の中にいるような気分にさせてくれます。
設備も充実していますし、敷地内にはバーや、ビーチを少し歩いていくとオンザビーチのレストランも何軒かあるので、ホテルの中だけでも極上のひと時を過ごせること間違いなし。ここはまさに、地球と天国の間にあるパラダイスだ。

【インターコンチネンタルバリリゾート】
【Booking.com】で確認する
【Expedia】で確認する
【agoda】で確認する

【航空券の予約はエアトリがおススメ!】
【エアトリ】で航空券の最安値一括検索

次回→  初体験のマリンアクティビティ・シーウォーカーでハプニングが発生!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す