死闘!セブンラックカジノ!起死回生の「倍プッシュ作戦」は成るか【死亡遊戯】

死闘!セブンラックカジノ!すべてをゆだねた起死回生の策は成るか

ウォーカーヒルカジノではボロ負けし、帰りのタクシーではぼったくられる。

初日から最悪のすべりだしとなった韓国カジノ旅行2nd。

しかしこのままというわけにもいかず、私は結局、セブンラックカジノにもどることにしたのです。

やばい、これ「即死」あるぞ……。

そして立たされる絶体絶命の窮地。

はたして私に「ラック」はあるのか? そこで編み出した「起死回生の策」とは?

韓国カジノ旅行1日目は、死闘の後半戦に突入です!

目次

韓国カジノ旅行2nd(1日目・後編)

せめてまともな夕食を……。

私はここまで、「食」にありつくためにカジノで戦ってきました。

入れそうなレストランがなく、もうカジノくらいしかなかったからです。

それが最後は結局コンビニメシじゃあ、締まりもあったものではありません。

ミナト

絶対にうまいメシを食ってやる

こうなったらもう意地です。

私はレストランで食事をするため、ふたたびセブンラックカジノを目指すことにしました。

しかしそのまえに、日本円をウォンに両替しなければなりません。

カジノの両替所は、一般的にレートがあまりよくないです。

すこしでも多くの軍資金を得るには、さきにあそこを経由する必要がありました。

セブンイレブン明洞店

そう、明洞にある、24時間営業の(両替もできる)セブンイレブンです。

20万円をウォンに両替したレシート

ここで私は、のこりすべての所持金である20万円を両替。約210万ウォンをゲットします。

移動のためのタクシー代が痛かったのですが、これはもうしかたがありません。

全財産を握りしめ、そのまま私は、セブンラックカジノに突撃をかましました。

死闘!セブンラックカジノ

セブンラックカジノ江南COEX店
ミナト

さて、これからどうするか……

セブンラックカジノに到着した私は、まずはどうするかを考え、テーブルゲームのエリアをうろついていました。

稼働しているテーブルは、ブラックジャックは2台、バカラは3台くらい……。

ふと、キャッシャー(交換所)が目に入ります。

そういえば、いまさらだけど、セブンラックの両替レートってどれくらいだったんだ?

これが気になり、勝負のまえに聞いてみることにします。

すると、なんと両替レートは、セブンイレブン明洞店とほぼ変わらなかったことが判明。

ミナト

マジか、しくったなあ……

タクシー代だけムダにしたようなものでした。

「暗雲立ち込める」とはまさにこのこと。すべてがかみ合わず、もはやイヤな予感しかしません。

落ち着け、メンタルで負けるな。闘志だけは失うな……!

私はなえそうになる気持ちを奮い立たせ、ブラックジャックで勝負をかけることにします。

これまでもBJでは救われてきました。

基本戦略を忠実に守れば、バカラよりも勝率は高いはず!

しかし、ゲームの展開は、ウォーカーヒルでのそれとほぼおなじ。

ディーラーに配られるカードが強すぎて、ほぼほぼストレート負けを喫していくだけでした。

ミニマムベットの5万ウォン(約4500円)がきつい……。

ましてBJはカードを引いての「バースト」、つまり自滅があるので、所持金がすくない勝負はよりキツイものに感じられました。

ミナト

ダメだこれ、このままやったら終わるわ

所持金を150万ウォンほどにまで減らし、私はバカラに運命をたくすことにしたのです。

バカラがトドメを刺しに来ていた

カジノでのバカラのテーブル

バカラの場合、BJとはちがってバーストはない安心感のようなものがあります。

ただそのせいか、1ゲームに賭ける金額が高くなってしまうのがミソで、トドメを刺しにくるのもバカラと相場が決まっています。

コツコツ、ドカン。コツコツ、ドカンドカン。

ミニマムベットで勝って、より大きく勝とうとした勝負では負ける。

これがつづくとどうなるか?

所持金はジワジワと削られていくわけで、ついに私の手持ちは、約50万ウォンにまで減ってしまっていました。

まだ旅行は初日で、夕食すら食べていないというのに!

落ち着け……。メンタルで負けるな……。

闘志だけは……

ミナト

いや、これもうムリか……?

  • ウォーカーヒルで-約250万ウォン
  • セブンラックでは-約160万ウォン

この時点での負けは、合計でマイナス約410万ウォン(約37万円)

対して手持ちは、わずかにのこった50万ウォン(約4万5000円)+端数だけです。

ここから負けを取り返すのがどれだけきびしいかというと、

パチスロで4万以上負けている状態で、すでに夜9時30分だというのに、まだ現金投資をしている

これくらい。

最初の1発が奇跡的になんとかならないかぎり、“95割”はそのまま負けてジ・エンドです。

負ける。負ける未来しか見えない……。

私はもう泣きそうでした。

なんだこれはと。まだなんにもしていないのに、どうしてこんなことになっているんだ。

やっぱり、韓国になんて来るべきじゃなかったのか……?

勝機を見いだせ!バカラ起死回生の策

バカラのテーブル
ミナト

まだ勝負は、おわったわけじゃないだろう

これまでも、似たような絶体絶命のピンチにおちいったとき、そこから生還をはたしてきました。

とくにカジノは、現実的な確率で「一発逆転」が起こりえます。

だったら、もうそれに賭けるしかありません。

そこで私は、この危機を乗り越えるため、起死回生の策を立てることにしたのです。

起死回生の策
  1. 50万ウォンをはって勝つ(+50万ウォンで手持ちは100万ウォン)
  2. 100万ウォンをはって勝つ(+100万ウォンで手持ちは200万ウォン)
  3. 200万ウォンをはって勝つ(手持ちは400万ウォンでプラマイゼロ)

名づけて「超倍プッシュ作戦」

バカラは基本的に、勝てば賭けた額と同額が得られます。

3連続勝利は、約8分の1(約12.5%)ですが、もうこれに賭けるしかありません。

もしも1発でもしくじれば、それでおわり。

でも、ここまで追い込まれた状況では、こうする以外に挽回する方法はないように思われました。

結局のところカジノに必勝法なんてなく、理論上でいえば、よりすくないゲームで勝負をつけるのが(控除率的にも)いちばんいいからです。

ミナト

やるしかない……

もうあとはありません。

座っていたテーブルは、BANKERが連続する傾向にありました。

だからこそ、PLAYERにばかり賭けていた私は負けていたのですが、それなら勝負はBANKERです。

つぎにBANKERがきたら、そこをツラぬく。

私はBANKER連がはじまる好機を待ちました。

そして始まるBANKER連

カジノでのバカラ

きた。

勝負のタイミング(BANKERウィン)は、すぐにおとずれました。

このとき、バカラのテーブルは中国人旅行客でほぼ満席。

私が大きくはったほうはよく外れるので、私の動きを見ると、中国人客はPLAYERにベットしていきます。

逆張り。決死の覚悟がぐらつく。

負けたらその瞬間にすべてはおわりです。待っているのは、破産、破滅、爆死……。

ミナト

いや、まどわされるな……

私は恐怖心から目をそむけ、じっと、ベットが締め切られるのを待ちました。

「チン!」

ディーラー

ノーモアベット

この「チン!」ベルは、天使が吹く笛の音か、悪魔があげる笑い声か。

初戦、

バンカーのナチュラル8

ここは、ナチュラル「8」でBANKERウィン!

カードがオープンされる順番が「PLAYER→BANKER」なので、PLAYERにいい数字がでたら、と心臓にわるい。

つづく2戦目、私の血走った形相でのBANKERベットに、中国人は観戦を決め込んだようです。

PLAYERへのベットがなければ、さきにBANKERを絞れます。

多少は気も楽になるというもので、ここでは、なんとか2連勝をもぎとることができました。

そして運命の3戦目、全額ベットの200万ウォン(約18万円)オーバーです。

ここは、なんとしてでも決めなければなりません。

50%を突破できれば生還、できれなければ終了の「真・デッドオアアライブ」。

まじで、たのむ……!

50%を2回突破できただけでも……じゃなく、この3回目を突破できなければ意味はないのです!

中国人客がかたずを飲んで見守るなか、私は全チップをBANKERへ。

なかには私を応援してくれる人もあらわれ、BANKERへのベットも増えはじめました。

たのむ、BANKERきてくれ……。

たのむ……!

おねがいします……!!!

バンカーが合計6

しかしここは、BANKER「6」ウィンで、勝ちは勝ちだけれども(勝ち額が)半分に!!

3連勝はできたとはいえ、この勝負では+約100万ウォンと、まだプラマイゼロには届きません。

つまり、私は「もう1回」勝たなければならなくなってしまったのです!

積もう、ヒジの高さまで

バカラのテーブル

ここまでの勝負、超倍プッシュ作戦が成功し、所持金は300万ウォン以上にまで回復していました。

ここまでもどれば上出来。

そう考えることもできたかもしれません。

しかし私のなかで、この勝負を負けでおわらせる気は、どこかへ吹き飛んでしまっていました。

中国人客

つぎはどうするんだい? 兄ちゃん!

私の動きを待つ中国人プレイヤーたち。

どうも彼らは、比較的すくない額で遊ぶのを目的としていたようです。

そこに突然あらわれた、ぶっ飛んだ賭け方をしている私は、最高のツマミになっているようでもありました。

ミナト

ならば……

積もう、ヒジの高さまで……!

私は手もとにあった大量の1万ウォンを(10万チップに)重ね、100万ウォンを超える金額をPLAYERにベット。

その光景は、チップでつくられたタワー以外のなにものでもありませんでした。

もうBANKER「6」で(勝ちは)半分とかはこりごりだ。

これでフィニッシュだと、ベット先をPLAYERに変更し、勝負を決めにいきます。

……が、これは成らず!

テーブルにうず高く積まれたチップは、無惨にもディーラーに回収されていきます。

負けてもまだセーフという心の余裕がそうしたのか?

ついに連勝はここでストップし、勝負は、またしても「デッドオアアライブ」へ……!

バカラ全額ベットの運命やいかに

生きるか死ぬかの感覚がマヒしてきている。

ようやくまともな勝負になってきたことに、私は、よろこびを感じていたのかもしれません。

ミナト

もう、このまま行こう

私はつぎのゲームで、PLAYERに全額ベット(正確には225万ウォン/約20万円)を即断していました。

ディーラー

ノーモアベット

バカラのテーブルにひびく「チン!」の音。

BANKERにベットする人はおらず、視線は、PLAYERのカードに集中します。

私の手もとに、2枚のカードがスライディングしてきました。

ここですべてをおわらせる。

1枚目、そして2枚目と、私は渾身の絞りを炸裂させます。

……しかし、

バカラでプレイヤーの合計は4

ここでそううまくナチュラルとはいかず、PLAYERの合計は微妙な「4」

運がよかったのは、BANKERも微妙な「3」と、勝負は3枚目にもつれこんだことでした。

ミナト

心臓にわるすぎる……

ここにきて、負けたらおわりのリアルが頭をもたげ、私に襲いかかってきます。

ディーラーが最後の1枚をこちらへ。

手に汗をにぎりながら、私はその3枚目のカードを、一気に横からしぼりました。

ツーサイドこい、ツーサイドこい。

そう、ひたすら強く、念じながら……!!

……。

…………。

ミナト

……は?

バカラでプレイヤーのカードを横絞り

スリーサイド。

ちょっと待て、スリーサイドってことは……。

おい、おいおい待ってくれ、それはやめてくれ……。

それだけは、絶対に、あってはならな……

バカラでプレイヤーの合計0

あああ……やっちまった!!

PLAYERの合計は、まさかの、最弱のゼロだ……!!???

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次