私が精神科や心療内科に行かず、自力で治療することを選んだ理由とは

自分が精神の病気だとわかっていながら精神科や心療内科へ行かず、なぜ私は自力での精神疾患克服を選んだのか。それには理由があるのです。

当カテゴリー「精神疾患治療の基礎知識」では、精神疾患(こころの病)はどのようにして起こるのか、そして精神疾患の原因を踏まえた上で、うつ病を始めとした精神疾患を克服するためにはどうすればいいのかを、全12回に渡って見ていきますが、その前に私が精神科や心療内科に行かずに、自力での治療を選んだ理由をお話ししたいと思います。

私が精神科に行かなかった理由とは

なぜ私は精神科や心療内科へ行かなかったのか。それには大きく分けると以下の3つの理由があります。

  • かつて友人が精神病棟へ入院し、暫く別人のようになってしまった
  • 私が信頼できる医師と出会えなかった
  • 向精神薬に頼りたくなかった

一つずつ説明していきます。

友人の入院

私がまだ10代の頃の話ですが、仲の良かった友人が突然精神病棟へ入院することになってしまいました。原因は睡眠薬等のオーバードース(過剰摂取)だったのですが、友人は戻ってきてからというもの暫く様子がおかしくなってしまったのです。
友人を変えてしまった精神疾患医療の体制に当時の私は強い不信感を抱き、それがその後も払拭されることがなかったため、自分が精神の病を患った後も精神科へ行こうとは思えなかったのです。

友人は何度も言っていました。あそこにはもう戻りたくないと。

信頼できる医師と出会えなかった

私は普段からあまり医者には行かないのですが、まだ精神疾患の治療を始める前に「逆流性食道炎」を患い通院していたことがあります。
しかしその際に通っていた病院との相性があまりよくなく、治っていないまま途中で通院する事を辞めてしまいました。(きちんと調べて行かなかった私が悪いのですが、街では私が思っていた事と同じような評判が多い所でした)
「逆流性食道炎」に関しては、精神疾患を克服するための方法や、生活習慣を見直すことで良くなっていき、今では特に違和感を感じることもありません。

また「坐骨神経痛」にもなってしまった事があり、病院に行ったのですが、根本から治す薬だからこれを飲めば治ると言われ、もらった薬が後から調べてみるとただの鎮痛剤で(笑)結局この症状も自分でストレッチをしたりと、自力で治していくことになりました。

これらの信頼できる医師と出会うことができなかった経験からも、私は副作用や離脱症状の可能性がある向精神薬を飲んで精神疾患を治そうという気にはなれなったのです。

薬に頼りたくなかった

先ほども述べたように、向精神薬には副作用や離脱症状などの大きなデメリットがあります。確かに処方される薬には効き目の早さなどのメリットもありますが、私にとってはそれ以上にデメリットの方が大きく感じられました。
また向精神薬を飲めば根本的な解決になるわけではないので、自分で精神疾患の根本的な治療を行おうと私は思ったのです。

自力での治療を始める前に

私の実体験を元に、これから自力で精神疾患を克服する方法をお話ししていきますが、いくつか注意してもらいたい点があります。

まず現在精神科へ通院されていて、薬を処方されている方は医師の指示を無視していきなり断薬することはしないで下さい。徐々に薬の量を減らしていき、最終的に薬の必要をなくすことは不可能ではないと思います。
実際に精神疾患を患っていた私の親戚は向精神薬の減薬に成功していますが、一度医師の許可なく全ての薬を飲まなかったことにより、強力な離脱症状に襲われ、逆に体調を崩してしまったことがあります。減薬する場合は担当の医師と相談しながらにしたほうがいいと思います。

また、これから精神科へ行き薬を処方してもらおうか検討している方は、安易に薬を飲み始めると抜け出すのが困難になる可能性があります。
事は緊急を要するのか否かは、一度ご自身でゆっくりと考える時間を設けて考えてみるか、無料で相談を受け付けている窓口などに相談してみてから判断した方がいいと思います。もしくは、カウンセリングのみの受診ができる病院に行くというのも一つの手だと思います。

関連記事

メンタルヘルスの相談窓口はこちらを参照
うつ病でも仕事はしたい時、続けた方がいい場合と仕事を続ける方法

これから精神疾患を克服するために必要なことを見ていきますが、特に病院に行く行かない、薬を飲む飲まないは慎重に判断した方がいいと私は思っています。

次回精神疾患を克服するためには、こころの病について知ることが大事

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す