【バーテンダーの今後】全盛期から衰退が始まったバー業界の近況

不況の煽り、幻想の好景気、時代の移り変わり。現在苦境に立たされている(と思う)バーとバーテンダーはこれからどうなっていくのだろうか。

戦後、バーはウイスキーのボトルキープ全盛時代を迎え、カクテルブームの到来を経て、本格バー、ショットバーの時代が幕を開けるのですが、果たしてその後のバー業界はどうなっていったのか。

これは私が自分の目と耳で見聞きしたものや、他のバーでの話、集計されたデータ等から見て総合的に判断したものなので、必ずしも全てが正しいという保証はありません。

しかし、長年現場で働いてきたからこそ知り得た情報でもあり、今後バーのことを語る上でこの話は必要になってくることでもあるので、今回は私が見てきた、バー業界が現在置かれている状況について、そして今後どうなっていくのかをお話ししたいと思います。

バー業界の全盛期

スナック・カラオケ、カフェバー、そして本格バー・ショットバーと、バー業界も時代の潮流に乗ってそのスタイルを変化させてきたのですが、バー業界が全盛期を迎えることとなったのはやはり、日本中が沸いたとされる「バブル景気」の時期、もしくはそれに次ぐ好景気「いざなみ景気」と呼ばれる時期だったと思われます。

私はバブル景気を知らない世代なので、先人から聞いた話でしか当時のこと知る術がないのですが、1986年から1991年まで続いたバブル経済期は日本中が沸いていたらしく、色んな方から聞いた話をまとめると大体以下のような感じだったと言います。

  • とにかく会社の経費で何でも落ちる
  • 毎晩のように朝まで遊び、酒を飲み、寝ないで仕事に行く
  • 好きなだけ金を使っても余る、なくなった場合は借金してでも遊ぶ
  • 近年の中国人さながら海外の至る所で爆買い、観光地を荒らす
  • タクシーが止まらないので万札(チップ)をちらつかせて止める
  • ディスコで踊り狂う

もちろんバブル景気の影響を全く受けない人もいたそうですが、とにかく現在からは想像もつかないほどクレイジーな時代であったと。

そしてバー業界もこの時代の恩恵を大いに受けることができたそうです。

レストランに行く前の待ち合わせや夕食後はもちろんのこと、投資などのマネーゲームに興じる大人、キャバクラ・クラブの女性を連れてくる男性客、ディスコに通う若者や、プールバー(ビリヤードができるバー)の大流行など、当時から店を経営している方の中には現在と比べて実に10倍以上の売上があったという話も聞いたことがあります。

またバブル崩壊後の日本において、2002年から2008年まで続き、かつては戦後最長の好景気となった第14循環、通称「いざなみ景気」でもバー業界は大いに盛り上がりを見せたと言います。

第14循環(いざなみ景気)の日経平均株価

この頃もやはり外食・酒にお金を使う人が多く、バーにも関わらずオープン待ちをする人、金額はいとわないという人、深夜まで飲み続ける人など、連日多くのお客でバーは賑わい、この時期に店を経営していた方に聞いた話では比較的容易に店舗を拡大していくこともできたそうです。

しかし、この後に起こる出来事、時代の変化によって、私が思うにバー業界は衰退が始まっていったのです。

衰退が始まったバー業界

これはそもそもバー業界に限った話ではないのですが、かつては戦後最大と言われたいざなみ景気は突如として終焉を迎えることとなります。

それは、アメリカの大手証券会社リーマン・ブラザーズが経営破綻し、世界的な金融危機を引き起こしたリーマンショックに端を発したもので、この頃からバーの繁栄に再び陰りが見え始めたと言いいます。

そして、その後さらなる追い打ちをかけるようにして起きた東日本大震災によって、バー業界のみならず、飲食業界は大きく揺れることとなったのです。

飲食店の倒産、休廃業、解散件数

(参照:「飲食店」の倒産、休廃業・解散動向調査(pdf)

これは帝国データバンクによって調査された、2000年以降の飲食店の倒産、休廃業、解散件数をまとめたものですが、2008年のリーマンショックでは1113件、2011年の東日本大震災では1134件もの飲食店が倒産、休廃業、解散に追いやられました。

実際に私が勤めていたバーもリーマンショックからガクッと客足が途絶え始めたと言い、東日本大震災以降は、被害の甚大さ、酒の自粛ムードも相まって10年、15年と続いてきたバーが次々と閉店したり、店舗を拡大していたバーは規模の縮小を余儀なくされたりと、この辺りから浮いた話を聞くことはほとんどなくなっていきました。

そしてこのデータの最大のミソは、かつて戦後最長と言われたいざなみ景気を超える好景気が現在訪れていると言われてはいるものの、飲食店の倒産、休廃業、解散の件数は2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災があった年を抑えて、2018年が最も多いというところです。

2018年の倒産、休廃業、解散の件数は1140件。その内最も多かった業態が「酒場・ビヤホール」で18.1%。ちなみに「バー・キャバレー」は6.7%と、酒を主とした業態は全体の24.8%、約4分の1を占めています。

これの理由はズバリ、一言で言ってしまえば時代の変化だと私は思っています。

酒離れや、将来の貯蓄のため、健康志向、そもそも酒場やバーに行くお金がないなど、人それぞれ色んな理由があるとは思いますが、そういったものを全てひっくるめて一言で言うと、本当に必要な物にしかお金を使わない、もしくは使えないという方が多いからだと思います。

実際に私もここ最近は全くバーに行けていないですからね。なぜかって?そりゃあもう……お金がないからさ!

バーとバーテンダーの今後はどうなるか

バブルの崩壊、景気の悪化、自然災害、時代の移り変わりなど、バー業界は全盛期からは衰退してきていると私は感じていますが、それではこれからの時代、バー業界はどうなっていくのかという話になってきます。

これに関しては、希望的観測ということではなく、私はバーも、バーテンダーという仕事も残り続けると思っています。

ここまで暗い話ばかりを取り上げてきましたが、バーの危機なんてものはそれこそ今に始まった話ではなく、戦後の日本では禁止されている中でもひっそりとバーが営業していた時期もあったと言いますし、アメリカでも禁酒法が発令されている中、無許可で営業していたバーが沢山あったと言います。

そして、これはバーの語源やバーというものがそもそも何なのかという話にもなってくるのですが、その話については今回は少しだけ触れると、それまであった酒場がバーと呼ばれるようになったのは、1800年代のアメリカ西部開拓時代にあったとされています。

アメリカ人は西部を目指し、馬に乗って移動をしていた訳ですが、旅の疲れを癒すため、喉の渇きを癒すために酒場(バー)に立ち寄ると、酒場の責任者(バーテンダー)は旅人の疲れを労わってくれたのです。

そういった背景からバー(bar:酒場)テンダー(tender:世話をする人)という言葉が生まれたとされているのですが、私はバーテンダーという言葉を意訳すると「旅人の世話をする人」と訳することができると思っています。

西部開拓時代から続くバーの本質的な部分は、酒場に来た人と酒場の責任者というよりも、旅人と旅人の世話をする人であり、そしてその関係は今も何ら変わりはないと思うのです。

1800年代では西を目指した旅人がいましたが、現代では明確な目的地が見えないこともありながらも、私たちは人生という長い旅をしています。旅をする人がいるのであれば世話をする人も当然必要になってきますよね。

そこでおせっかい焼きな連中は自ら旅人の世話を買って出るのです。バーという休憩所を開き、旅の疲れを労わるバーテンダーとして。

人生という旅を続ける人がいる限り、そして旅人の世話をしたいと思う人がいる限り、バーとバーテンダーが消えることはないでしょう。これから先、どんなに時代が変わろうとも。

今回のまとめ

・バー業界、飲食業界が衰退しているのは恐らく確かなこと
・好景気の波は全く感じられない
・バーとバーテンダーはこれからも残るであろう

現在バー業界が苦境に立たされているのは、実際現場で働いていても、周りで話を聞いていても、恐らく間違いはないことだとは思いますが、物凄く単純な話、やりたいと思う人が一人でもいればバーは残ると思いますし、バーの文化を残したいと思う人が一人でもいればこの文化は残ると思います。

私もこの素晴らしい文化を今後残していけるよう、一介のバーテンダーではありますが、努力していきたいと思います。旅の休憩所を開けるようにね。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す