韓国ウォーカーヒルカジノのレストラン利用条件が厳しくておわった【断食の戦い】

韓国ウォーカーヒルカジノのレストラン利用条件が厳しすぎた

過去最悪ともいわれた日韓の緊張状態。

これに気後れしてしまった私は、ビビッてひとりで飲食店に入ることができず、こうなれば最後の手段とウォーカーヒルカジノへ向かいました。

そして、すべてを賭けた戦いの「始まりを告げる鐘」は、不本意にも打ち鳴らされることになります。

ミナト

自分はいったい、いま、何をしているんだろうか……

生活費を稼ぐための真剣勝負……。

ところが、このとき私がやろうとしていたのは、夕食にありつくための戦いでした。

喰わなければ人は生きてはいけません。

生きるために、私は、パラダイスカジノ「ウォーカーヒル」で勝負せざるをえなかったのです。

目次

韓国カジノ旅行2nd(1日目・前編2)

ソウル市内にあるオブジェ

セブンラックカジノの前にある「フードカルチャーストリート」を抜けた私は、夕食を求めてウォーカーヒル方面へと歩きだしていました。

ウォーカーヒルには24時間営業のビュッフェ形式のレストランがあります。

しかし、もしそれが利用できなかった場合、私は食事抜きで勝負しなくてはならなくなってしまう。

それをふせぐため、道中にレストランがないか探していたのです。

ミナト

やっぱダメかあ……

セブンラックカジノに近い三成(サムソン)駅周辺は、有名企業の高層ビルが立ち並ぶビジネス街。

このとき時刻はすでに23時で、レストランが見当たるはずもなく、あったとしても閉まっているようでした。

そして見つけたのは、画像に映っているナゾの巨大なオブジェのみです。

これ以上歩いてもたぶんムダだな……。

ウォーカーヒルは「Hill」と名のつくとおり、山に囲まれた丘の上のような場所に位置しています。

ここに行くとほんとうにこれ以上動けなくなってしまいますが、もうそれくらいしか“安全な”レストランがある場所はなさそうでした。

そこで私は、タクシーに乗り込んでウォーカーヒルへと向かうことにしたのです。

わずかな夕食にありつける可能性に賭けて……。

ウォーカーヒルに到着

ミナト

ウォーカーヒルまでおねがいします

タクシー運転手

はいはい、お客さんカジノですか?

どうやらタクシーの運転手は、日本語がすこし話せるもよう。

カジノに到着するまでには時間があったので、私は気になっていた例のアレについて聞いてみることにします。

ミナト

そういえば日本で聞いたんですけど、韓国の方はあまり一人で外食されないんですか?

タクシー運転手

う~ん、そう……焼肉店とか多いですからねぇ

どうも濁されたような感じで、ここでは有効な回答を得ることはできず。

なにか、この話題にはふれてはいけない部分でもあるのでしょうか?

ただ、ひとりでの外食が少数派であるのだろうことは、このときの運転手の答え方からして、おそらくそうなのだろうとは思われました。

パラダイスカジノ・ウォーカーヒルの入り口

そしてタクシーに乗ること約15分、私はついにウォーカーヒルに到着します。

……が、ここであることに気がつきます。

ミナト

やべっ、そういえば、タクシーの領収書もらうの忘れてしまった!

じつはウォーカーヒルは、カジノまでのタクシー代を(たしか)3万ウォンまで負担してくれ、それをポイントで還元してくれるのです。

しかしこのサービスは領収書がなければ利用できません。

これはもうしかたがないので、まあこれくらいはいいかと、私はさきへと進んでいきます。

ウォーカーヒルのエントランス

回転式の扉を抜けてホテルの中を捜索してみるも、やはり開いているレストランは見当たらず。

こうなったらもう行くしかないか……!

私はカジノの入場ゲートを目指しました。

ウォーカーヒルのカジノへの通路

カジノへつづく通路にあるオブジェが懐かしい。

トランプの装飾が増えてすこし豪華になっていました。

でも、そんなことよりも、いまは早く食事にありつきたい……。

生きるためのカジノでの戦い

カジノのレストラン

カジノに入場した私は、フロア内を見わたしながら、まずはレストランへ向かいます。

でも案の定、まだなんのゲームもプレイしていない私に、食事をする権利はありませんでした。

レストランを利用するには、ゲームをしながら「300ポイント」を貯めなければならないようです。

ミナト

まさかこれ、タクシー代のポイントでもいけたのか……?

いまとなっては、それが可能だったのかは定かではありません。

しかしいずれにせよ、

空腹で判断力が低下している状態で勝負に挑まなくてはならない

という、予想していた最悪の状態におちいってしまったのだけはたしかです。

こうなった以上、私は一刻も早くポイントを貯め、晩飯にありつく必要がありました。

そこで、どの程度ゲームに参加すれば300ポイントが貯まるのかを受付に聞いてみると、

受付の人

それはちょっとわからないんですけど、30分もゲームをプレイすれば貯まると思います。たぶん……

……なんなんだ?

どうした?

ミナト

どいつもこいつも……

歯切れがわるくないか……!?

これに関しては、内部事情なのでくわしくは言えなかったのかもしれません。

理由はどうあれ、とにかく私は「もうやるしかない」ところまで来てしまっていました。

テーブルゲームのエリアへ行くと、ベット締め切りの「チン!」というベル音だけがBGMの、あの独特な空間が姿をあらわします。

いろんなテーブルから聞こえてくる「チン!」の音。

このときの私には、なにかあの「チン!」ベルが、競輪場での追い込みをかける鐘の音のように聞こえたのです。

ゴール(破滅)はもうすぐそこだぞ、と。

そして、生活を賭けた勝負……いや、食事にありつくための戦いがはじまったのです。

始まりを告げるブラックジャック

カジノのブラックジャックのテーブル

ウォーカーヒルはひととおりのテーブルゲームがそろっていますが、私が勝負するのは基本的にブラックジャックかバカラなので、まずはBJのテーブルへ。

このとき稼働していたBJのテーブルは2~3台。

ミニマムベットは5万ウォン(約4500円)と10万ウォン(約9000円)の2種類でした。

レートが安いテーブルには先客が2人、高い方は0人です。

ミナト

空いているテーブルのほうがいいんだけど……

ふだん、私は空いているテーブルを好んで選ぶので、後者に着きたいところではありました。

しかしこのとき、正直いうとまったく勝てる気がしていませんでした。

半日以上なにも食わず、落ち着いてビールも飲めず、挙句の果てには食事をするために勝負をしなければならない。こんな状態で自分に幸運が舞い込んでくるだろうか?

いや、そんなはずはないだろう……。

そう思われたからです。

ギャンブルはそんなに甘いものではありません。

運のないヤツはスカンピンになるまで身ぐるみをはがされるのが常なのです。

よって、私はリスキーな高レートは避け、低レートのテーブルに着席することにしました。

とりあえずは「レストランポイント」をためるのが目的でしたから……。

ということで、50万ウォン(約4万5000円)をチップに交換し、

  • 中央に私
  • 両サイドに別のプレイヤー

という布陣で、いよいよカジノでのゲームはスタート!

ブラックジャックでAと4のソフトハンド

記念すべき初手は「A・4」のソフトハンド。

これは基本戦略であるベーシックストラテジー(BS)どおり「ダブルダウン」を選択し、見事勝利をおさめます。

※画像はチップ1枚になっていますが、正しくはその横にもう1枚です。

隣の男性客

ふむふむ……

隣の男性が「こいつはBSを知っているんだな」と、ひとりうなずくのが視界の脇に映りました。

……が、その後の展開はまったくもってダメ!

ミニマムベットしか賭けていないものの、チップはものすごい速さで削られていきました。

あっというまに、最初に交換したチップはすべて消失してしまったのです!

まさかのほぼほぼストレートで10連敗です。

勝てたのは最初くらいで、その後はなにもできずにただ負けていくだけの展開でした。

ミナト

ない……。すべてが、ないわ……

流れもなにもなければ、勝てる気配もない。このテーブルはブラックホールか?

ここに長居するのは危険だ。

そう感じた私は、早くもテーブルを移動することにします。

空いているテーブルは高レートですが、リスクを背負ってでも、そうしなければならない気がしたから。

そうだ、背に腹は代えられない。

まずは、なんとかして、この負けぶんを取り返そう……。

一瞬の判断ミスが破滅への扉を開く

ミニマムベットが10万ウォン(約9500円)のテーブルに移動した私は、追加で50万ウォン(約4万5000円)をチップに交換します。

ところが、これも、ほぼ5連敗で瞬殺でした。

文字どおりまだなにもしていません。

そんな状態で、手持ちの軍資金の約半分100万ウォン(約9万円)が、一気に消え失せたのです!

ミナト

これ、やばいぞ、マジで……

このまま軍資金の全飲まれは余裕で起こりうる。

ただ、引くに引けない私は、さらに追加で50万ウォン(約4万5千円)をチップに交換します。

すると、

  • 韓国に来たタイミングといい、
  • 勝負運のわるさといい、

あまりにもついていない私の境遇を天があわれに思ったのか?

ここから猛追が始まり、なんとあと1ゲーム勝てばひとまずプラスマイナスゼロの状態にまで復活!

ディーラーのアップカードは7でプレイヤーは6+6で12

そうして迎えた生死を分ける1ゲーム。

ディーラーのアップカードは「7」、私の手は「6・6」です。

BSどおりであれば、カードをもう1枚引く「ヒット」が最善手……なのですが、

ミナト

この流れならスプリットいけるんじゃないか? うまくディーラーがバーストすればプラマイ0からプラス1だ……!

そう、あわよくばと欲がでてしまい、私はセオリーを無視した勝負にでることにしたのです。

これで勝ったらもう300ポイントも貯まっているだろうし、レストランに行こう。

そんなことを考えながらチップをもう1枚追加し、この重大な局面は、手を分ける「スプリット」を選択。

ディーラー17、プレイヤー15と14でプレイヤーの敗北

……が、そうは問屋が卸さないわけですよ!

セオリーを無視したここ一番の勝負は、そのままヒットしておけば「12+8=20」で勝利、プラスマイナスゼロになっていました。

ところが、スプリットにしたことで両方の手が敗北するという、痛すぎるパターンで勝機を逸してしまったのです。

痛恨のミス……。

そのあとの展開は、もう目もあてられないものでした。

とつぜん「丘」が崩れ、崖下にまっさかさまに落下したかのような急降下です。

結果、120万ウォン(約10万8000円)負け。

守るべきところでセオリーを破ったのがわるかった。

それからはBSを守るも、すべてはもう手遅れでした。

このままブラックジャックで勝負していても無理……。

のこったチップを持って、私はバカラのテーブルへと移動します。

熱を感じられなくなっていたバカラ

ミナト

100万ウォン程度なら一気に動く。大丈夫、まだだいじょうぶだ……

私はそう自分にいい聞かせ、のこりの紙幣のほぼすべてを追加で交換。

120万ウォン(約10万8000円)と、端数のチップを手に、バカラのテーブルに着席します。

負けを一気に取り返すため、この手持ちを1ベットに叩き込むのもありか?

ただ、それをはずすと本気でおわってしまうため、そんなことはできません。

そこで、私はまずは様子見もかね、ミニマムベットの10万ウォンから勝負を開始します。

しかし、カードを絞っても、そこに感じるものはなにもありませんでした。

かつてはカードを1枚絞る(スクイーズする)たびに、ドキドキ・ハラハラと胸をときめかせたものです。

じゃあこの無感動はなんだ?

1ベットに5万円、8万円、10万円……

おそらく、これまでの経験で高額の勝負に慣れてしまい、低い金額ではアツくなれなくなっていたのでしょう。

そうなると負けを取り返したいのも相まって、必然的にベット額は上がっていきます。

30万、40万、50万ウォン……と。

その結果、全敗でした。

BJから移動したさいに持っていたチップ、新たに交換したチップ。

そのすべてがここで消え失せました。

カジノに来るまえに両替した、軍資金の半分以上である約250万ウォン(約23万円)

まだなにもできていないというのに、今後の私の命をつなぐ金は、カジノのたくわえとして吸い込まれてしまったのです!

一介の養分になるがごとく……!!

???

ギャンブルの申し子の実力はその程度か?

悪魔め……。

いやこんなのはウソだといってくれ。

だってまだ……

ミナト

夕食すら食べていないんですけど!?

カジノ側からすれば、そんなわけのわからない事情なんて、知ったことではないでしょう。

私に、テーブルへの「ステイ」のアクションは残されてはいませんでした。

ウォーカーヒルのレストラン利用条件が厳しすぎた

いちどクールダウンしよう。

いま、自分は満足に食事もできないことで焦燥感に駆られて、変にアツくなっているだけだ……。

私は会員カードを持ってウォーカーヒルのレストランへ。

そしてバーコードリーダーに会員カードを通します。すると……

ピッ……「169pt」

モニターに表示された数字は、まさかの300ポイント以下。

ミナト

……嘘だろ、これ!!???

30分もやればという話はいったいなんだったのか!?

20万円以上負けてもレストランが利用できないなんて……そんな話あってもいいのか!??

ちなみにウォーカーヒルカジノのポイントがたまる仕組みですが、これは控除率をもとに計算されているようです。

  • ゲームごとに使ったチップの金額が記録され、
  • ゲームをプレイした回数が多いだけたまっていく。

つまり勝負がすぐにおわってしまえば、ある程度の金額を使っても、ほとんどたまらないなんてことも起こるようです。

そうはいっても、貯まっていないものはしかたがありません。

でも私は思うわけですよ。

食事をするために勝負をしていたというのに、食事にありつけないままで帰る、それでいいのかと。

こうなったら、もう一発やってやる……。

私は財布の中身を確認します。

しかし私は、このときになって思い出しました。

両替した有り金を全部負けるなんてツユほども思っていなかったので、のこりの日本円とクレジットカードは全部ホテルに置いてきたことを……。

つまり、帰るしかない。

ウォーカーヒルは強制退場、です……!

ミナト

…………

もやは、発すべき言葉が見つかりません。

たとえようがない悔しさを背負いながら、私はウォーカーヒルをあとにするしかありませんでした。

「金がないヤツはさっさと帰れ」

私はタクシー乗り場へと向かうしかなかったのです。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • コメントをありがとうございます!
    わけあって現在そこまで手がまわらず、放置状態が続いてしまっているのですが、いずれ最後まで一気に書こうと思っておりますので、しばらくのあいだお待ちいただければと思います!

コメントする

目次