自律神経の働きと「交感神経、副交感神経」のバランスについて

自律神経は休むことなく私たちの生命活動を維持してくれているのですが、バランスが乱れてしまうと肉体や精神状態に影響を及ぼしてしまいます。

こんにちは、現役バーテンダーの湊です。
私たちの体は自分の意識とは関係なく無意識の内に呼吸をしたり、心臓を動かしたりといった生命活動の維持をしてくれているのですが、それは「自律神経」という神経が24時間休むことなく働いてくれているおかげなのです。
今回はこの「自律神経」について詳しく見ていきます。

自律神経とは

自律神経は呼吸や体温調節、消化や代謝、血液の循環など、私たちが生きていくための機能の維持や調節を無意識の内に行ってくれる、逆に言えば意識してもコントロールできない機能を調節する働きを持った神経のことをいいます。

「自律神経は聞いたことあるけど、そもそも神経って何なの?」
という方のために少し詳しく見ていきましょう。

神経系とは

神経とは神経細胞同士が繋がり、情報の伝達をする役割を持った物のことを言います。そしてそれらによって組織された器官は神経系と呼ばれています。
神経と神経系の違いも踏まえて簡単に言うと、様々な情報伝達を行うのが神経で、情報伝達を行う各種の神経を総称したものが神経系ということです。
つまり自律神経も神経系を構成する一つの神経ということになりますね!
こちらもわかりやすく、図で見てみていきましょう。

情報を伝達する神経というシステムの大元が神経系です。
神経系は最初に中枢神経末梢神経という2つに分けられます。
中枢神経は脳と脊髄のことを言い、中枢つまり中心となる大切な役割を持った神経で、全神経に指令を出したりするコントロールセンターのような役割を持っています。
末梢神経は脳と脊髄から枝分かれして全身に広がる神経のことで、中枢神経の指令を体全体に伝えるこちらも重要な役割を持った神経です。

私たちは普段から何気なく体を動かしていますよね。それができるのもこれらの中枢神経、末梢神経が働いてくれているからなんです。中枢神経である脳や脊髄の指令を、末梢神経が体全体へ伝えてくれることで手を動かしたり、足を動かして歩いたりすることができます。
そしてこのような運動機能は末梢神経から枝分かれした片方、体性神経が関わっています。

体性神経、自律神経

脳、脊髄から枝分かれした末梢神経は、体性神経自律神経に分けられます。
体性神経は痛みや寒さなどの感覚を感じる知覚神経(感覚神経とも)と、手や足を動かすといった運動神経に分けられ、これらは自分の意志でコントロールすることができます。
つまり手足を動かしたり、痛い寒いといった神経の働きを自分でとらえることができるということです。

そして体性神経とは反対に、自分の意志でコントロールすることができないのが今回見ていく自律神経です。
図を見てもらえれば何となく自律神経の位置付けが掴めると思いますが、ここで押さえておきたいのは中枢神経である脳が、末梢神経を構成している自律神経にも指令を出しているということです。それを踏まえた上で自律神経についてより詳しく見ていきましょう!

交感神経と副交感神経

自律神経は交感神経副交感神経という2つの神経で構成されていて、それぞれが反対の働きをすることで私たちの生命活動の維持や調節を行っています。

交感神経

交感神経は私たちが活動している覚醒時や運動中、緊張や不安、恐怖、怒りなどのストレスを感じた時などに働きます。エネルギーを消費して身体機能を活性化させ、戦闘状態にすることから「闘争と逃走(fight and flight)の神経」とも呼ばれます。

どこかで聞いたことのあるフレーズが出てきました。
そうです、これは神経伝達物質であるノルアドレナリンのところで出てきた、敵と遭遇した時に戦うか逃げるかの選択をして生き残る「闘争・逃走反応」と一緒ですね!
両者には何やら怪しい関係がありそうです・・・

ノルアドレナリンが交感神経を興奮させる

実は脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンは交感神経に作用して、交感神経の働きを活発にさせるという働きがあるのです。
脳がストレスや不安を感じた時ノルアドレナリンが作用することで交感神経を興奮させ、心拍数を上げたり、筋肉を緊張させたりして身体機能を向上させます。つまりノルアドレナリンが分泌されることで起きる肉体的な変化は、この交感神経が関係しているのです。

副交感神経

交感神経が体を活性化させるのとは反対に、副交感神経は食事中や睡眠中など、体がリラックスしている休息時に活発に働きます。
食事で蓄えたエネルギーや栄養を吸収して脳や体を修復したり、疲れた体をゆっくり休めてメンテナンスを行ったりと、心身を休めてエネルギーを蓄える役割があります。
アセチルコリンという学習や記憶、睡眠などに関わる神経伝達物質が作用することで副交感神経は活発に働きます。

このように交感神経には身体機能を活性化させて体を臨戦態勢にする働きがあり副交感神経には戦い傷ついた体を修復し休息させる働きがあります。それぞれが状況に応じてバランスを取り合う事で正常に働いてくれるのです。

交感神経と副交感神経の活動量とバランス

交感神経と副交感神経はシーソーのような関係と例えられることが多いですが、これはどちらか一方が上に傾けば、もう片方は下に傾くような働きをするからです。つまりどちらか一方の働きが優位になる時、もう片方の働きは抑制されるということです。
交感神経が優位に働いて体を活性化させている時は副交感神経は休憩、反対に副交感神経が優位に働いて体を休めている時は交感神経は休憩するといったようにお互いがバランスを取りながら働いているのです。

しかし必ずしもシーソーに乗る者が同じ体重だとは限りません。
どういう事かみていきましょう。

交感神経ウサギと副交感神経ウサギです(笑)
見ての通り交感神経ウサギが巨大すぎてこの状況ではシーソーなんてできたものじゃないですよね!?

このように交感神経と副交感神経には活動量があり、この活動レベルに差があると自律神経はバランスを取れなくなってしまうのです。交感神経と副交感神経の活動レベルによる自律神経のバランスは、主に4つのパターンがあります。

Aのタイプは理想的なバランス

交感神経と副交感神経の活動レベルが1対1というのが自律神経の理想的なバランスです。
Aのタイプは交感神経と副交感神経が程よく高いレベルでバランスよく整っているため、活動と休息のスイッチを上手く切り替えることができ、意欲的な生活を送る事ができます。
トップアスリートはこの状態からさらに両者の活動レベルを引き上げることで、最高のパフォーマンスを発揮します。

Bのタイプは交感神経が過剰に優位

ストレス社会で生きる現代人に最も多いタイプがこの交感神経のレベルが高く、副交感神経のレベルは低いといった状態です。
交感神経が優位すぎるため、必要以上にイライラしたり不安や恐怖を感じたりと、心身は緊張することが多くなる一方で、副交感神経のレベルは低いため十分な休息をとる事ができません。この状態が続いてしまうと交感神経の過剰により「パニック障害」などの「不安障害」を引き起こしたり、副交感神経の働きが弱いことにより「不眠症」を引き起こしたりします。

また男性は30代、女性は40代を過ぎると副交感神経の働きが低下してくるのですが、それも交感神経が優位すぎる状態を作り出す一つの要因になっています。

Cのタイプは副交感神経が過剰に優位

このタイプは交感神経のレベルは低く、副交感神経のレベルは高い状態です。
副交感神経が優位になりすぎると心身の適度な緊張感を失い、過剰なリラックス状態になってしまいます。それによってやる気や意欲を失い、倦怠感(だるさ)や憂うつ感を感じるようになり「うつ病」を引き起こす原因にもなると考えられています。
また、食欲のコントロールが上手くいかず「過食」を起こすこともあります。

Dのタイプは交感神経も副交感神経もレベルが低い

交感神経と副交感神経のバランスだけを見ると一見安定しているようにも見えますが、両者とも活動レベルが低すぎる状態です。
交感神経のレベルが低いことでやる気や意欲といった活動する力は低下し、副交感神経のレベルも低いので十分な休息をとる事ができず、ぐったりとした状態が続きます。
この状態を放置しておくことでこれも「うつ病」「不眠症」の原因になってしまいます。

交感神経と副交感神経はどちらかが優位になる時はどちらかが少し優位になるくらいがちょうどいいと言われていますが、このようにそもそも両者の活動レベルに差があるとどちらかが極端に優位になってしまい、心身に影響を及ぼすようになってしまいます。
そしてその状態こそが「自律神経失調症」と呼ばれる状態なのです。

今回のまとめ

・自律神経は交感神経と副交感神経の2つによって構成され、活動と休息をコントロールしてくれる
・交感神経にはノルアドレナリンが作用し、心身に影響を与える
・自律神経のバランスが乱れると「うつ病」「不安障害」などの原因にもなると共に、「自律神経失調症」という心身に異常が出る症状を引き起こす。
 

今回は自律神経の基本的な分類や働きについて見ていきました。
私たちの生命活動を維持してくれる自律神経も「うつ病」などの精神疾患と関りがあったのです。そして神経伝達物質のノルアドレナリンも関わるということは、今までみてきたセロトニンも関わってきます。
それも踏まえて、次回は交感神経と副交感神経が影響を及ぼす体の機能や、「自律神経失調症」についてより詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す