三大神経伝達物質(その3)「幸福と抑制」のセロトニン

三大神経伝達物質の1つであるセロトニンは私たちの心に安らぎを与えてくれると共に、「うつ病」などの精神疾患(こころの病)の原因や治療にも大きく関わると考えられています。

前回は三大神経伝達物質の2つ目、私たちに意欲や快楽の感情を与えてくれ、生きる原動力となるドーパミンの作用や働きについて見ていきました。今回は残る最後の1つ、セロトニンについてです。

セロトニンの作用、働きについて

セロトニンは精神を安定させ、心地よさや安らぎを与えてくれることから「幸せホルモン」とも呼ばれています。ノルアドレナリンドーパミンの暴走を抑制し、心身を安定させる大きな役割を持った神経伝達物質です。

主な作用に以下のようなものがあります。

  • 意欲の向上、ストレスや不安の抑制、気分や感情のコントロール
  • 睡眠の導入、体内時計や体温の調節、覚醒状態を維持
  • 痛みを和らげる(痛覚の抑制)、食欲の抑制
  • 姿勢をよくするといった運動機能の調節

このセロトニンは体の中の「腸内」「血液中」「脳内」に存在していて、各箇所でそれぞれ分布量と働きが異なります。簡単に見ていきましょう。

【腸内90%】・・・主に消化の促進
【血液中8%】・・・止血作用、血管の収縮
【脳内2%】・・・・神経伝達物質として機能

このように神経伝達物質として働くセロトニンは全体のごく一部なのですが、この僅か2%のセロトニンが精神疾患(こころの病)と、私たちが生きていく上で欠かせない体の機能にも大きな関わりがあるのです。
それでは神経伝達物質としてのセロトニンについて詳しく見ていきましょう!

セロトニンの「抑制」作用

セロトニンは三大神経伝達物質であるノルアドレナリンとドーパミンの過剰分泌を抑制する働きがあります。また、痛みの感知や食欲を制御する働きもあります。

ノルアドレナリンの抑制

ノルアドレナリンが過剰に分泌されるとイライラしたり、攻撃的になったり、恐怖や不安の感情が増幅され「対人恐怖症」「パニック障害」といった「不安障害」を引き起こすと考えられています。また気分が「ハイ」な状態になる「躁状態」を引き起こすとされていますが、セロトニンの抑制作用によりこれらの症状や気分の浮き沈みを制御し、安定した精神状態を保つことができると考えられています。

ドーパミンの抑制

ドーパミンが過剰に分泌されると快楽を求める機能が暴走し、ニコチン、アルコール、ギャンブルなどの「依存症」や「過食症」を引き起こすのですが、
セロトニンの抑制作用により依存対象への衝動を制御し、依存を抑制することができます。

また、神経伝達物質であるノルアドレナリンやドーパミンは長い間ストレスなどに晒され続けると過剰に分泌されていたのが一転し枯渇、不足状態になってしまうのですが(不足すると意欲や関心、気力などが失われ、心身に様々な影響がでてしまいます)
セロトニンが正常に機能していればノルアドレナリンやドーパミンの過剰分泌を防ぐことができるので、枯渇による不足も制御することができるのです。

分かりやすく見ていきましょう。こちらをご覧ください。

このようにセロトニンはノルアドレナリン、ドーパミンの過不足を制御し、調節してくれるのです!

痛み、食欲の抑制

セロトニンは痛みを抑える神経にも関わっていて、セロトニンの働きが弱ってしまうと痛みを感じやすくなってしまいます。
私は突然皮膚に何かが刺さったようなチクチクした痛みを感じるも、何も刺さっていないなんてことがよくありました。このような原因不明の痛みを抑える作用もセロトニンにはあると考えられています。

また、セロトニンには満腹中枢という満腹を感じる器官へも作用します。
セロトニンが正常に機能することで適度な量の食事で満足感を得ることができ、過食を防ぐことができるのです。

セロトニンの「調節」作用

セロトニンは体内時計を調節して睡眠を導いたり、運動機能を調節する働きがあります。

体内時計の調節と睡眠、覚醒

セロトニンは睡眠にも関わっています。
外が暗くなり夜になるとセロトニンはメラトニンという物質に変わるのですが、このメラトニンは私たちを睡眠へと導く作用を持っています。メラトニンは夜間に活発に働くのですが、外が明るくなり朝になると分泌量が減少し、反対にセロトニンが活性化。脳を覚醒させてくれるのです。
このようにセロトニンは朝と夜で覚醒と睡眠のスイッチを切り替え、外の明るさによって体内時計を調節する働きがあります。

運動機能の調節

セロトニンは姿勢を正したり、顔の表情を作る筋肉にも作用します。
セロトニンが正常に働くことで猫背のような崩れた姿勢にならず、背筋がすっと伸びた姿勢を保つことができ、表情も引き締まった顔つきになるのです。 

このようにセロトニンは生理的な機能の調節と、何よりも精神疾患(こころの病)の原因となる神経伝達物質のバランスを整え、安定した精神状態へ導いてくれる働きを持っています。このことから、以下のように考えられるようになったのです。

『セロトニンやその他の神経伝達物質が不足することで、それらが正常に機能しなくなり「うつ病」などの精神疾患を発症するのであれば、セロトニンなどを増やすことで治療することができるのではないか』

その考えの下(モノアミン仮説といいます)、現在も精神医療の現場ではうつ病の治療薬としてSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)というセロトニンの脳内濃度を上げる物などが使用されています。

しかしこのような向精神薬の投薬などによりセロトニンが増えすぎてしまうと心身に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

セロトニンが過剰になってしまう場合

主にうつ病治療薬の投薬や、その他の薬などとの併用によって脳内のセロトニン濃度が過剰に高くなってしまうと、セロトニン症候群(セロトニン中毒)という心身に悪影響を及ぼす症状(投薬による副作用)を引き起こすことがあります。
主に以下のような症状があります。

【精神症状】・・・不安、イライラ、混乱する、興奮する、動き回る
【身体症状】・・・手足が勝手に動く、体が震える(振戦)、体が固くなる
【自律神経症状】・・・汗をかく、発熱、脈が速くなる、下痢、吐き気
 

これらは服薬開始数時間以内に症状が表れ、服薬を中止すれば通常24時間以内に症状が消えるとされています。
(参照)厚生労働省:重篤副作用疾患別対応マニュアル セロトニン症候群(pdf)

セロトニンが不足する場合

セロトニンが不足するとノルアドレナリン、ドーパミンの過不足を制御できなくなるので、それらが過剰・不足した場合の症状がでてきてしまいます。
つまりイライラ、不安、恐怖などの負の感情を生み、気力や意欲、関心を失わせ、「うつ病」「不安障害」「依存症」などを引き起こすのです。

また、眠りたくても眠れないといった「睡眠障害」の原因にもなると考えられています。

今回のまとめ

・セロトニンはノルアドレナリン、ドーパミンの暴走を抑制し、過不足を調節する
・精神状態を安定させ、心地よさや安らぎといった「幸せ」を与えてくれる
・セロトニンを増やすことは「うつ病」などの精神疾患(こころの病)を治す上で必要と考えられている
 

今回のセロトニンで三大神経伝達物質は3つとも見終わりました。
「じゃあセロトニンとかを増やせばうつ病は治せるの!?」というと、もちろんそれは必要なのですが、その他にも必要なことがあると考えられます。
それは精神疾患の原因が複雑な要素がいくつも絡み合っているからで、これらの神経伝達物質以外の関係も様々な分野の研究で明らかにされているのです。

「それなら足りないものを述べよ」って話ですよね(笑)
セロトニンなどを増やす準備もあるのですが、先程説明したセロトニンの過剰の所に「自律神経」というものが出てきたと思います。
実はこの「自律神経」も精神疾患に関係があると考えられているのです。そして今まで見てきた神経伝達物質とも関わっています。
ということで、次回は「自律神経」についてを見ていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す