マンションの騒音問題で困った時は「音のトラブルを解決する本」を読め!

マンションの騒音問題を解決にみちびく書を入手しました。これで、平穏な暮らしが戻ってくることを信じましょう。

さまざまな生活パターンの人が共同で暮らすマンションでは、上階からの足音や、子どもの走る音、夜中のシャワーやトイレ、電話の話し声など、多くの騒音トラブルに悩まされることもめずらしい話ではなく、かくいう私も、その手の騒音で精神をすり減らされています。

しかも、この騒音問題というものは、加害者側は悠々自適に暮らしているのに対し、被害者側は一方的に攻撃を受けつづけるという、不条理きわまりないもので(もちろん場合にもよる)、我慢していると、健康状態に異常が出てくるようにもなってくるものですが、これは運が悪かったと思い、私たちはただ耐えることしかできないのでしょうか?

いや、そんなことはないでしょう。このたび私は、この騒音トラブルを解決にみちびいてくれるであろう、バイブルを入手しました。その名も、『マンションの「音のトラブル」を解決する本』です。

これは、集合住宅での騒音トラブルで困っている方だけでなく、これからマンションに住もうと考えている方などにもおすすめできる本なので、今回はこちらの本をご紹介します。

マンションの「音のトラブル」を解決する本

『マンションの「音のトラブル」を解決する本』は、数々の専門的な学会の委員長や理事を歴任し、現在は日本音響材料協会という組織の理事を務める、一級建築士で音に関する専門家、井上勝夫氏によって書かれた本です。

建築物の音や振動に関する研究にたずさわって45年以上、音に関する専門家としては20年以上にわたって公的団体等のアドバイザーを務め、「音の実体験」を得るため、あえて上下左右に部屋があるマンションに住み、いつも音を計測する騒音計を持ち歩いているという井上氏。

働き方改革やコロナによるリモートワークによって、人びとの生活は、自宅にいる時間が長くなる暮らしに変化してきているなか、マンションに住む人が快適に暮らせる手助けになれればといった目的で、著者は本書を執筆されたそうです。

現在私が直面している騒音問題もそうですし、今後のマンション選びにもかなり参考になる内容となっていたので、ここからは、本書の内容をかいつまんでご紹介していきたいと思います。

音の問題はいつから出始めたのか

音に関する問題が出始めたのは、日本の高度経済成長期とリンクしています。1956年に日本住宅公団の集合住宅が建ち始め、1963年ごろからは民間でも鉄筋コンクリートの集合住宅が主流になりました。『マンションの「音のトラブル」を解決する本』p.26

かつて日本では、雨風などをしのぐ防御力に重きが置かれていたようで、マンションが誕生しはじめた初期のころは、音の問題を指摘する「発想」がそもそもなかったようです。

しかし、マンションの性能が時代とともに向上し、防御力、つづいて空気の清浄さなどがアップしていくと、残された問題は「音」ぐらいになり、しだいに騒音問題への関心が強まっていったと。

ようは、マンションへの快適性を求めていくなかで、音の問題が注目されるようになった、というわけです。

振動としてものを伝わる「固体音」がやっかい

一方、固体音とは、力や振動が床や壁、天井などに入り、振動として固体の中を伝わり、離れたある住戸の空間で聞こえる音のことをいいます。『マンションの「音のトラブル」を解決する本』p.34

マンションの騒音には大きく分けて「空気音(話し声など)」と「固体音(床にものを落とすなど)」というものがあり、足音などのドンドンひびく音は後者の固体音に分類され、これがかなりやっかいな音となっているようです。

固体音は1か所で発生したものでも、躯体(くたい:マンションの骨組み)を伝わって遠くまでひびく音。天井から聞こえる音の発生源がじつは3階下だった(上の階とはかぎらない)、というケースもあるほどに、とにかくひびくことがあるそうです。

また、人間の耳の性能上、低くて大きい音(たとえば足音など)はよく聞き取れる部類に入るそうで、そういったこともあって、マンション内での足音は問題になりやすいとのことでした。

私がくらっているのもまさにこれ(足音)。ドンドン・ドスドス系の足音は、聞こえやすく、ひびきやすいので、この手の騒音は大きなストレスとなってしまうのです。

「床衝撃音」が悪魔的な騒音となる

床衝撃音は固体音に含まれます。……冒頭で紹介した、35年住んだマンションから引っ越した知人の例も、原因となった“悪魔”の正体は、この床衝撃音でした。『マンションの「音のトラブル」を解決する本』p.68

ものを上から落とすなどによって床が振動し、それによって下の階に伝わる音を「床衝撃音(これも固体音に含まれる)」と呼ぶそうですが、この床衝撃音には、「軽量床衝撃音」と「重量床衝撃音」があるそうで、歩いたり走ったりする足音は、後者の重量床衝撃音に分けられるそう。

ここで問題なのは、軽量床衝撃音(スプーンやフォークなどを落とす音)は、ラグやマットを敷けばある程度はふせげるのに対し、重量床衝撃音(足音など)は、これをふせぐのに有効な手段があまりなく、マンションの床の厚さや骨組みなどに左右されるということです。

つまり、ひとたび悪魔が降臨すれば、こちらには物理的な打つ手はほとんどない、ということになってしまうのです!

被害者になったときはどうすればいいのか

マンションの騒音問題で悩まされている方にとっては、ここからが最も重要な話になってくると思います。本書では、騒音の被害者になってしまったときの対策として、いくつかの方法があげられていました。

たとえば、本人に直接苦情をいう前に、管理会社または管理組合にあいだに入ってもらう、その際にはエビデンス(証拠)を残し(記録し)、できれば口頭ではなく文書にまとめて提出する、BGMで音に音をかぶせる「マスキング」というわざを使う、どうにもならない場合は、最終手段である訴訟を起こす(ただし勝訴できる確率は高くはないため、あまりおすすめできない)などです。

そのなかでもとくに参考になったのは、騒音は人によって感じ方が異なるため、客観的にどれくらいの音なのかを残しておく、というものでした。

音の大きさの測定は「騒音計」があればおこなうことができ、これは役所の公害を扱う部署で貸してもらえる場合もあるので、それを借りてきて、自宅で騒音の調査をおこない、きちんと記録に残しておくと。

具体的な数値が残っていれば、万が一訴訟になってしまったときの証拠にもなりますし、管理会社・管理組合・本人に対して苦情をいうときも、これだけの数字が出ているということになれば、向こうも「それは気にしすぎですね、それは言いがかりですよ」ではいかなくなるというわけです。

また、これは本書で述べられていた内容ではありませんが、よくある騒音トラブルの話で、ある部屋の住民が帰宅してから大きな音を出しはじめ、それに反応したほかの部屋の住民も大きな音を出してやり返し、またそれに反応したほかの部屋の住民も仕返しに……という、まるで連鎖爆弾のような現象が起こることもあると聞きます。

だからこそ、本書では、「被害者が加害者になりうることも忘れない」ことが重要であるとし、以下のようにも述べられていました。

音はどんなに対策をたてても、完全にゼロにすることはできません。共同住宅に住んでいる以上、自分の家の音も聞こえるし、他の住戸の音も聞こえます。お互いに思いやりと気づかいを持って、住まい方に気をつけることが大切なのです。『マンションの「音のトラブル」を解決する本』p.136

同じマンションに住んでいる以上、顔を合わせることもあると思いますし、話し合いで解決すれば、それに越したことはありません。この騒音トラブルは、まずは少しずつ対策を打ってみて、様子を見ていくのがいいということなのでしょう。

もちろん、相手が、話のわかる人間であればですが……

今回のまとめ

・マンションの騒音トラブルはやたらとひびく固体音がとくに問題
・固体音に含まれる床衝撃音をふせぐ方法はあまりない
・被害者になったときは、証拠を記録し、少しずつ攻めていくのがいい

今回は割愛しましたが、本書では、逆に音がうるさいといわれた場合の対処法や、リフォームをする際に以前よりも音が大きくなってしまわないようにする対策法、マンションを購入する際にかならずチェックしておかなければならない音の項目など、マンションに住んでいる、これから住もうとしているすべての方が知っておくべきだと思われる情報が、ふんだんに盛り込まれていました。

イラストやデータも豊富で、重要な箇所には文字の背景に色がついているなど読みやすく、また、できるだけ専門用語は使用せず、わかりやすい言葉に置き換えられているところもありがたい。

私もこの本を読んでから、自分も大きな音を出さないように気をつけようと思うようになりました。騒音トラブルで困っている方はもちろん、そうでなくても、マンションに住んでいる方や、購入を検討している方にもおすすめできる一冊です。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。