【最高級は猫の糞?】幻のコーヒー「コピ・ルアク」の製造所に潜入!

バリ島旅行3日目は現地ドライバーの案内でお土産屋さんに連れて行ってもらうことになりました。

いよいよバリ島旅行も最終日に突入。
バリ島旅行3日目は、1日目に出会った現地ドライバーのKANさんにお土産が沢山売っているという大型のスーパーマーケットへ連れて行ってもらう約束をしていたので、まずはお土産を買いに私たちはKANさんとホテルのロビーで待ち合わせをすることになりました。

ちゃんと約束通り来てくれるのか……

1日目はこちら ↓
【地上最後の楽園】インターコンチネンタルバリリゾートに宿泊しました

インドネシア・バリ島旅行(3日目・前編)

約束した時間に私たちはホテルのロビーで待機し、KANさんを待ちます。初日にRURIさんという別の現地ドライバー(日本人女性が大好き)のいい加減さを目の当たりにしていたので、約束通り来てくれるのか心配でしたが、KANさんは時間通りにホテルのロビーに現れました。

kan
KANさん

お待たせ!それじゃあ行こうか!

この日の目的地はクタというエリアにある大型ショッピングモール「モルバリギャラリア」の2階にある大型スーパー「ハイパーマート」です。

モルバリギャラリアはブティック、雑貨、ホームセンター、飲食店など40以上の店舗が並ぶ巨大ショッピングモールで、地元の方々も沢山訪れる人気スポット。特に2階にある「ハイパーマート」には全てが揃っていると言ってもいいほど何でもあります。

ハイパーマート内観

クッキーやチョコレートなどの定番のお菓子や、お茶、コーヒー、調味料などの食品はもちろん、置物やアクセサリーなどのお土産用雑貨、洋服、タオルなどの日用品、石鹸、香水、オイルなどの化粧品まで、ここに来れば何でもあります。野菜や果物もあります。
バリ島でお土産を買いたければここ、ハイパーマートに来れば間違いなし!

私はお土産用にお菓子やお茶などの食品と、自分用にセール中だったバスタオルを2枚購入しました。バスタオルは家族全員が購入するほどの肌触りの良さ。

ハイパーマートで購入したエリップスのヘアビタミン

それとこちら、エリップス(elips)のヘアビタミン。バリ島でのばらまき用お土産として大人気の洗い流さないトリートメントです。
日本でも量販店などで見かけることもありますが、バリ島で買えば6粒入りが100円くらいで買えます!私は買いすぎて結局余ってしまいました。

その後買い物を終えた私たちはKANさんと再び合流し、ホテルまで送ってもらうことに。

kan
KANさん

買い物は大丈夫?この後まだ時間大丈夫だったらもう一軒連れてってあげるよ!

時間的にも余裕があったので私たちはKANさんお勧めのお店へ連れていってもらうことにしました。到着した先は、観光客を連れてくると紹介手数料が貰える類のお店(笑)
KANさんはちゃっかりお店からマージンを貰い、私もちょっとした小物を購入。

家族はまだ小物などを物色していたので、先に買い物を終えた私は外に出て辺りの景色を眺めていたのですが、私はお土産屋さんのすぐ先にあった、草木で覆われた何やら怪しい施設を発見します。外からその施設を眺めていると、ちょうどそこにKANさんが。

kan
KANさん

あぁ……あそこ行きたいの?行く?

今の間はなんだったんだ……?しかしKANさんも後から一緒に来てくれるそうなので家族が買い物を終えたタイミングで見に行ってみることに。

コピルアク農園……

コピルアク農園

隣にあった土産屋からは想像もつかないような、まるでジャングルのような施設。
一体この先には何があるんだ……

農園の前に掲げられた猫ののぼり

のぼりにはネコのような生物が。

コピ……ルワク?どこかで聞いたことがあるような気がするぞ……
私たちは入り口をくぐって施設の中へ。

檻の中にいるジャコウネコ

すると檻に捕らわれた先ほどのネコのような生物が!
明らかに警戒しているように見えたので私たちは捕らわれたネコを横目に先へと進んでいきます。

コピルアク農園の広間

少し歩くと広間に出ました。椅子とテーブルが設置してあります。
私たちが趣のあるテーブルセットを眺めていると、奥から女性の方が出てきました。

「こんにちは!どうぞどうぞ!案内するよ!」

ジャコウネコの糞

「これがネコのうんちね!」

そう、何を隠そう、この施設は世界最高級とも謳われる幻のコーヒー、「コピ・ルアク」の製造所(?)だったのです!

コピ・ルアクはインドネシアで作られるジャコウネコの糞を原料としたコーヒーで、インドネシア語で「コピ」はコーヒーを意味し、「ルアク」はジャコウネコの呼び名を意味しています。
入り口にあったのぼりの写真にも写っていますが、インドネシアのコーヒー農園で栽培されているコーヒーの木にできる、赤く熟した果実(コーヒーチェリー)はジャコウネコの大好物。彼らはそれを餌として食べていくのですが、消化されるのは果肉の部分だけで、コーヒー豆に当たる種子の部分は消化されずにうんちとして排出されます。しかし、その過程でジャコウネコの腸内に存在する消化酵素や腸内細菌などの働きによってコーヒーに独特の香味が加わり、このネコの糞コーヒーは絶品ともいえる味わいを生み出すのです。

日本の喫茶店などで提供されている場合、コピ・ルアクの値段は一杯で1500~2000円ほど、ホテルなどでは一杯で3000円以上することもあります。

洗浄されたジャコウネコの糞

コピルアクの製造工程としては、ジャコウネコの糞を採取したあと綺麗に洗浄、乾燥させてから中のコーヒー豆を手作業で取り出していきます。画像の一番右がジャコウネコのうんちですね。

おや、豆の右側にも何かが……

ニワトリも捕らえられている!

ジャコウネコの糞を焙煎するかまど

ニワトリの先にはかまどがあり、このかまどで実際にジャコウネコのうんちから取り出したコーヒー豆を焙煎しているそうです。

ちなみにコピ・ルアクには天然物と養殖物があり、ここは違うと思いますが、ここのような農園でジャコウネコを飼育して人工的に糞を採取して作る物よりも、野生のジャコウネコの糞から採取した天然物の方が値段は高いです。

コピルアクの試飲

女性の方がコーヒーやお茶などを出してくれました。右上のマグカップに入っているのがコピ・ルアクです。

肝心のコピ・ルアクの味はどうなのかというと、苦みや酸味が少なく、スッキリとしていてとても美味しく頂くことができました。

コピルアクコーヒーのお土産売り場

お茶を飲み終えた私たちは女性に導かれ奥のスペースへ。
そう、お土産コーナーだ!

と、そこに絶妙なタイミングでKANさんが合流。

kan
KANさん

コーヒー美味しかった?ここで売ってるコーヒーは本物だから大丈夫だよ!

場所によっては偽物やネコの糞が数%しかブレンドされていないような物もあるそうなのですが、ここのコーヒーはネコの糞100%だそうです。

実際に飲んでみて美味しかったのもあり、私たちは即購入を決断。私はコピ・ルアクコーヒーとジャスミンティーを購入しました。

お土産を買い終え、私たちはホテルに戻ります。

KANさんとお別れの時

ホテルまで送り届けてもらい、私たちはKANさんと一緒に記念撮影をしてもらいました。今思えば「コピ・ルアク」農園らしき施設は、農園風の土産屋だったんじゃないかという気もしますが、楽しかったのでそれは良しとしましょう!

kan
KANさん

みんなありがとう!またバリ来る時は連絡してね!案内するよ!

KANさんは私たちが飛行機でちょうど帰る前にも連絡をしてくれました。
ありがとうKANさん。友達がバリ島来るときは自分のことを紹介してとか言ってたけど、紹介する機会はなさそうかな。でも楽しかったよ。

(注意:今回は私たちは男だけだったということもあり現地のドライバーに案内を頼みましたが、トラブルに巻き込まれる可能性もあるので、現地で見知らぬ人についていく際は十分にご注意下さい。)

ホテルに戻りバカンスを

バリ島での旅行もこの日が最終日。買い物を終えた私たちはまだゆっくりと遊ぶことができていなかったホテルのプールへ繰り出します。

インターコンチネンタルバリリゾートのプールサイドとビールサーバー

プールサイドで飲むキンキンに冷えたビール!これぞまさにバカンスだ!

ビールはインドネシアを代表する銘柄「ビンタン」。日本人好みのスッキリとした味わいでそれだけでも美味しいのですが、そこに暑いインドネシアの気候、リゾートホテルのプールサイド、バカンスといった条件がビンタンをとてつもなく美味いビールへと昇華させる!

プールを堪能した私たちはプライベートビーチへ。

インターコンチネンタルバリリゾートのプライベートビーチ

インターコンチネンタルバリリゾートのプライベートビーチ。

日も暮れ始め、夢のような時間が終わりへと近づいていることを感じさせます。息をのむような美しさ。けれど、海外旅行で一番寂しくなる時間。

砂浜を守るワンコ達も黄昏るバリ島のビーチに目を奪われています。
特に右の茶色いワンコ。

この日に気付いたのですが、ホテルのプライベートビーチを奥に進んでいくと何軒か飲食店が並んでいました。ちょうどそろそろ夕食の時間だったこともあり、私たちは一番手前のお店へ。

プライベートビーチ近くのレストラン

お店はとても賑やかで、料理も美味しく、もっと早く気付きたかったと思わせる素敵なお店でした。

静かなバリ島の夜のビーチ

陽が沈み切ると、バカンスを楽しむ人々の賑やかな話し声よりも、波の音の方が大きくなっていきました。
砂浜に打ち寄せる波が奏でる天然のBGMを聞きながら、私たちは今回の旅を振り返ります。今思い出しても鮮明に聞こえてくるような、力強い波の音。

夜のインターコンチネンタルバリリゾートのビーチ

夜のビーチも幻想的な美しさです。

夕食を食べ終えた私たちは一度ホテルの部屋に戻るのですが、旅の疲れもあり、家族は次々と寝始めてしまいました。なんと一番若い弟まで。

本当にもうここで終わってもいいのか?寝てしまった家族を尻目に私は一人悶々としていたのですが、そんな時、あの男から連絡が……

「アニキ、起きてる?」

3日目後半に続きます。
次回現地ドライバーと行く!バリ島屈指のビーチクラブ「ポテトヘッド」へ

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す