【うつ病性格パラメータ化】自身の性格を数値化して分析してみよう!

うつ病になる前の性格(病前性格)をパラメータ化し、うつ病を克服するための考え方を手に入れよう!

性格や考え方は人それぞれ異なりますが、ある一定の傾向を持った性格の人はうつ病になりやすいと言われていて、それは従来のうつ病の人に多く見られる「メランコリー親和型」と、新型うつ病の人に多く見られる「ディスチミア親和型」の、主に2つのタイプに分けることができます。

うつ病を克服するためにはまずは体(フィジカル)の状態を整えることが大事ですが、考え方を変え、精神(メンタル)の状態を整えることも必須となります。

そこで、今回はうつ病を克服するための考え方を手に入れるため、自分自身の病前性格(病気になる前の性格)を一度振り返り、自分はこういう性格なんだと再確認するところから始めてみたいと思います。

自分の性格をパラメータ化してみよう!

皆さんはゲームは好きでしょうか。私はゲームをする時間がないので現在はやらなくなってしまったのですが、昔はゲームが好きで好きで……

usagi
イブスター店長

映画の次は今度はゲームか!?

(参照:メランコリー親和型、ディスチミア親和型の性格を変える基本的な考え方

ゲームによっては主人公が冒険を始める前に、初期能力を振り分けることができたりします。例えば【力、体力、速、知力、運】の中から好きな能力に10pt割り振ることができるとかです。

一度振り分けたパラメータは後から変更はできないので結構悩むわけですが、実は私たちも現実世界で知らず知らずのうちに自身のある部分にパラメータを振り分けています。そう、私たちの「性格」ですね。

自分自身の性格は自己紹介だとか、面接だとか、そういった機会でもない限り振り返って考えることはあまりないと思います。なので、この機会にうつ病を克服するため、ゲームの主人公になった気分で自身の性格をパラメータ化してみよう!

10項目のうつ病性格パラメータ振り分けシート

人生というゲームはノンストップでリセット無し!早速性格パラメータを振り分けてみよう!

以下はまっさらな状態の「うつ病性格パラメータ振り分けシート」です。

うつ病性格パラメータ振り分けシート

この10項目は従来のうつ病に見られる「メランコリー親和型」性格と、新型うつ病に見られる「ディスチミア親和型」性格の、代表的な特徴や性格の傾向を合わせたものです。

シートは強弱それぞれ5段階のレベルで分けられ、シートの左側に行くほど項目分けされた性格の傾向が強くなり、反対に右側に行くほど性格の傾向は弱くなります。

例えば「メランコリー親和型」に全振りした性格は以下のようになります。

メランコリー親和型が強い性格のパラメータ

「メランコリー親和型」性格の人は仕事に対して真面目で責任感が強く、他者配慮性や秩序愛は強い傾向がありますが、社会的な役割に対して愛着を持つことが多いため、自己愛は弱い傾向があります。

また、自責的な傾向が強いため、何かあると「自分は生きる価値もない人間だ」と思い込んでしまうことも多く、命を絶つことしか考えられなくなってしまう場合もあります。

そして、これとは正反対のパラメータになるのが「ディスチミア親和型」性格です。パラメータの振り分けを正反対にすればいいだけですが、「ディスチミア親和型」に全振りした性格も確認しておこう。

ディスチミア親和型が強い性格のパラメータ

「ディスチミア親和型」性格の人は自己愛や万能感は強い傾向がありますが、他者配慮性や責任感に乏しく、仕事に対してはあまり熱心ではない傾向があります。

秩序に対してストレスを感じることが多く、他罰的傾向が強いことからも、「自分に正当な評価をしない社会が悪い」と感じることも多く、そのストレスが衝動的な自傷行為を引き起こす場合もあります。

皆さんはパラメータの振り分けはどのようになりましたか?

性格を可視化することでうつ病を克服するための対策を練ることができます。紙に書いてみたり、スクショした画像の上からチェックマークを付けてみたり、思い思いの方法で「うつ病性格パラメータ」を振り分けてみて下さい。

そしてそれができたら次は、自身の性格パラメータを基に、うつ病を克服するための考え方を手に入れに行きます!

性格パラメータを基に考え方を変えてみよう!

ゲームでは初期に割り振ったパラメータを変更することはできませんが(ゲームにもよりますが)、ここは現実世界なので、なんと、振り分けられた性格のパラメータは途中からでも変えることができてしまうのです!

それではうつ病を克服するための考え方を手に入れるためにはどうすればいいのかというと、振り分けたパラメータをできるだけ真ん中に持っていきます。

例えば「几帳面」という性格のパラメータが【強Lv.5】なのであれば、できるだけ【強Lv.1】の方向にずらしていく、というふうにです。

参考までに私の場合は病前性格はどのような偏りがあり、うつ病を克服した後ではそこからどのように変化したのかを載せておきます。

病前性格パラメータ(ミナトの場合)

メランコリー親和型が強い病前性格のパラメータ

大体こんな感じでしょうか。

そう、私は「メランコリー親和型」のうつ病でした。ただ、途中までは上手い具合に人生が進んでいたので無駄に万能感はありました。

まぁそれから転落していくわけですが……

うつ病克服後の性格パラメータ(ミナトの場合)

うつ病を克服した後の性格パラメータ

うつ病を克服するために考え方を変えていき、うつ病を克服した後の性格、つまり今現在の性格は大体このような感じです。

【几帳面:強Lv.5 強Lv.4】

誰も気づかないようなことに無駄にこだわったり、納得するまでやらないと気が済まなかったりと、私は今でもやたらと細かい性格ですが、ある程度「諦める」ことを覚えました。

1つのことに無駄に執着していても何も進まないですからね。

【真面目:強Lv.4 強Lv.3】

かつては真面目なミナト君で通っていましたが、ある程度「サボる、手を抜く」技術を習得しました。それでも基本的には真面目な性格です。

【完璧主義:強Lv.4 強Lv.3】

何事も徹底的にやるまで気が済まない性格でしたが、これも几帳面と同様、ある程度「こんなもんでいいか」と諦められるようになりました。

【自己愛:弱Lv.3 強Lv.2】

唯一性格のパラメータで【弱】から【強】に行ったのがこの自己愛です。

今自分のことは好きですか?と聞かれれば、「はい、好きですよ」と一応曇りはなく答えることができます。

自分を愛せない方は自分を愛してあげて下さい。

【万能感:強Lv.3 強Lv.1】

正直なところ万能感に関しては【弱】に行きそうなところをなんとか精神力で【強Lv.1】に留めているのが現状です。

「自分はできる、自分は大丈夫だ」という強い想いがなければ何かを成すことはできないと思います。なので、なんとか踏ん張っています。

【責任感:強Lv.5 強Lv.3】

元々責任感が強かったので何かと勝手に背負い込んでしまったりしていたのですが、「ここまで自分が背負う必要はないか」と、何でもかんでも責任を感じるのはやめました。

【自責傾向:強Lv.4 強Lv.2】

責任感の強さもあり、自分を責める傾向が強かったのですが、「これは自分のせいじゃないだろ」と、何でも自分のせいにすることはやめました。それでも反省はよくします。

【他罰傾向:弱Lv.4 弱Lv.1】

何かあれば自分を責めていたので人を責めることはほとんどありませんでしたが、「これはどう考えても人のせいだろ」と、場合によっては人のせいにするようにもなりました。

それでも自分に反省するところはなかったかはいつも考えるようにしています。

【他者配慮:強Lv.5 強Lv.4】

今でも困っている人を助けたり、道を教えてあげたりと、他者への気遣いは強い性格ですが、何でもかんでも他者を気遣うのはやめました。

残念ながら世の中には親切にしてあげる必要もないような人もいますから。

例えば酔っぱらって路上で寝ている人とかですね。これはもう財布とか盗まれても自己責任だと思います。

【秩序愛:強Lv.4 強Lv.2】

自分の決めたルールを守る、型にはまらなければならないといった考え方はある程度はしなくてもいいかなと思うようになりました。例えば人前で酒を飲む時はスマートで綺麗に飲まないといけない、といったようにです。

でも、たまには着込んだ鎧を外して愚痴ったっていいじゃないか。「いつもの店でマスターに話聞いてもらおうぜ、疲れた自分よ!」そんな風に考えることができるようになりましたよ。

今回のまとめ

・うつ病の性格はパラメータで可視化できる
・振り分けられたパラメータは途中からでも変更できる
・何事もバランスが大事

自分自身の性格を数値化して可視化してみると、何が自分のストレスの原因になっているのか、どこをどう改善すればうつ病を克服できるのかが見えてきます。

ウイスキーをテイスティングする時もこのように味の特徴を数値化したりもします。

皆さんも「うつ病性格パラメータ振り分けシート」を使って自身の性格をテイスティングし、考え方を変えていくのに役立ててみて下さい。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す