【うさぎの寒さ対策】サムい冬を一緒に越えるためのホットな環境の作り方

冬の冷えきった寒い室内では、うさぎさんが体調を崩してしまう恐れがあるので、しっかりと寒さ対策をしてあげましょう。

うさぎさんがまとっているフサフサとした毛は、外の温度変化によって生え変わるため、ある程度の寒さはしのぐことができます。

しかし本来であれば、冬場の自然界のウサギは暖かい場所を探して寒さをしのぎ、仲間と寄り添って暖を取るため、真冬の冷え込んだ室内の寒さでは、うさぎさんは寒さで体調を崩してしまう可能性があるのです。

そこで、飼い主さんがうさぎさんにしてあげたいのが、冬の寒さ対策です。

うさぎさんは暑さよりも寒さに強いので、特別なことはなにもしなくても冬を越せることもありますが、やはり寒いものは寒いですし、凍えて震えているのを放っておくわけにはいきません。うさぎさんが快適に冬を過ごせるように、暖かい万全な環境をつくってあげましょう!

うさぎが快適に過ごせる冬の室温・湿度

アメリカ国立衛生研究所「NIH」によると、うさぎさんが最も快適に過ごせる適温は16~21℃、湿度は40~60%とされているので、基本的には冬も、室温は16~21℃内になるようにしてあげるのがベストです。

ただ、夏場は適温上限から+5~6℃の26~27℃くらいまでであれば大きな問題もなく、うさぎさんは暑さよりも寒さのほうが強いので(基礎体温が38.5~40.0℃と高いこともあると思いますが、もともとウサギは冬は寒いヨーロッパのイベリア半島に生息していたため)、健康な大人のうさぎさんであれば、適温下限から-6~7℃くらい、室温が10℃以下でもなんとか耐えることはできなくもないです。

しかし、そうはいっても、寒さで凍えて動かなくなってしまったり、お腹をくだして下痢をするようになってしまったり、飼い主さんが家にいるときと、いないときでの温度変化によるストレスで体調を崩してしまったりと、うさぎさんにとっていいことはまるで1つもありません。

よって、冬場もエアコンでの空調管理は必須となります。

うさぎさんは寒さに強いとはいえ、寒くても大丈夫というわけではないですし、これはうさぎさんの種類にもよるとは思うのですが、短毛種であるミニレッキスのイブスター店長の場合は、毛が短いこともあってか、快適な室温は18~23℃くらい、20℃以下になるとだんだんと寒そうにしているようにも見えます。

子ウサギやお年寄りウサギ、病気のうさぎさんなど、自力での温度調節がむずかしい場合は、温度管理をしてあげないと命に関わることもあります。健康な大人のうさぎさんであれば、寒くても耐えられないこともないとは思いますが、基本的に室温は、15℃を下回らないようにしてあげるのがいいでしょう。

うさぎの寒さ対策(基本装備)

寒い冬の期間中は、基本的にはエアコン(暖房)をフル稼働させ、1日中うさぎさんが快適に過ごせる温度を保ってあげれば大丈夫なのですが、うさぎさんのケージの位置によっては、温風があまり届かないといったことや、隙間風が入ってくるといった、部屋は暖かいのにケージのほうはあまり暖かくない、というかむしろ寒いということが起こりえます。

そんなときは、うさぎさんのケージを直接暖める、もしくは暖かさを逃がさないようにしてあげるのがおすすめです。

夏場もそうですが、気温の変化が激しい冬場も、うさぎさんの温度管理はエアコン+αとなってきます。ということで、まずは簡単にできる、冬の寒さ対策からご紹介していきます。

100均でできる寒さ対策

これはわざわざ100均に行くまでもない場合もあるのですが、まずは100均で厚手のタオルやブランケットをゲットしておくと寒さ対策がはかどります。

そしてこのタオルをなにに使うのかというと、

100均でできるうさぎの寒さ対策

このようにうさぎさんのケージにかけてあげます。

こうすることで、ケージ内の暖かい空気が逃げにくくなるとともに、ケージの外から入ってくる冷たい隙間風などを、ぴしゃりと遮断することができるのです!

もっとも、これに関しては自宅にある古くなったバスタオルなどでも問題なく使うことができますし、ダンボールでも代用することができるので、自宅に使えそうなものがあればわざわざ買いに行く必要はありません。あるものでいいと思いますよ。

ケージ側面のタオルを中に引き込んでしまううさぎ

また、これはタオルやダンボールを利用する際の注意点なのですが、このようにケージの側面に近接してタオルがたれている場合、うさぎさんがタオルをケージの中に引き込んでしまうことがあります。

うさぎがケージの中から引き込んだ寒さ対策のタオル

とくにタオルの繊維などは、うさぎさんがかじって大量に飲み込んでしまうと、「うっ滞」という病気のもととなってしまったり、引き込まれたタオルが、ケージ内でのけがのもととなってしまったりすることもあります。

ケージをタオルなどで覆ってあげる場合は、うさぎさんが夜な夜なケージの中に引き込んだり、かじってしまわないように注意深く見てあげましょう。

タオルとダンボールで寒さ対策をしたうさぎのケージ

ちなみに、イブスター店長の場合は、このようにケージの左右が物でふさがれているということもあり、厚手のタオルをケージの上に1枚、外側にダンボールを設置してあげるようにしています。

イブスター店長
イブスター店長(冬)

なぜタオルをかじるのか? それは、そこにタオルがあるからだ

関連記事

異物の飲み込みや、うっ滞という病気について
【覚醒の紙】うさぎが取りつかれたように遊ぶダンボールには注意が必要

座布団を買ってくる

これも先ほどと同様に、余っている布などで作れる方はわざわざ買いに行く必要もないのですが、100均に売っている小さめの座布団がうさぎさんにはちょうどいい大きさなので、座布団を買ってきて小屋の上などに置いておくと、そこでうさぎさんが暖を取ることができるようにもなります。

実際にさわってみるとわかりやすいのですが、たとえばプラスチックのすのこ、木のハウス、座布団の上に座っていたうさぎさんがどこかに移動した際、それまでいた場所を手でふれてみると、やはり保温性の高い綿などが入っている座布団の上がいちばん暖かいです。

ということは、うさぎさんも座布団の上にいるときがいちばん暖かいはず。

ただし、これもタオルと同様の注意点があり、もちろんうさぎさんが座布団をかじってしまわないかということもあるのですが、とくに注意すべきは小屋を設置している場合の座布団の位置で、小屋の上に置いておいた座布団が変な場所に落ちてしまい、それが原因でうさぎさんが着地のミスなどをしてしまい、けがをしてしまう可能性があるのです。

ケージの中に座布団があれば、うさぎさんもきっと遊びたくなると思うので、座布団を設置する場合はタオル同様にかじって食べていないか、そして変なところに落ちていないかを注意深く見てあげるといいですよ。

座布団の上に座るうさぎ

これは座布団に座るかつてのイブスター店長。

かじったりすることもなく快適そうだったのですが、ホリホリ行為などで変なところに落ちていることも多かったので、現在は座布団は撤去し、別の方法で寒さ対策をしています。

寒さ対策グッズを活用する方法

これまでの対策はあくまでも熱を逃がさないための工夫であり、直接ケージの中が暖かくなるというものではなく、いわばうさぎさんが冬を越すための基本装備です。

したがって、エアコンの場所などの関係からケージの中までは暖まらないという場合、冷え込みが厳しい冬の期間は、やはり寒さ対策グッズが必要となってきます。

エアコンと併せて使用することでも、うさぎさんがさらに冬を快適に過ごせること間違いなしなので、とくにケージ周辺が冷え込む場合などは、ぜひ活用してみてください。

1. リバーシブルヒーター

ミニマルランド(マルカン)ほっとうさ暖リバーシブルヒーター

うさぎさんの寒さ対策グッズのなかでも、最もオーソドックスなものといえばやはりこれ、ミニマルランド(マルカン)の「ほっとうさ暖リバーシブルヒーター」。

プレート状のヒーターをケージの中に設置するだけで、うさぎさんが上に座ったり、寝そべったりして暖を取ることができるという優れものです。

ほっとうさ暖リバーシブルヒーターの濃いピンク(表)面

リバーシブルヒーターはその名のとおり、リバーシブルで利用することができ、表の濃いピンク面はお母さんうさぎの体温設定、しっかりと温かい高温設定の38℃となっています。

ほっとうさ暖リバーシブルヒーターの薄いピンク(裏)面

裏の薄いピンク面は、優しく温かい低温設定の30℃となっていて、気温の変化によって使い分けることができます。

サイズもうさぎさんの大きさに合わせてM・L・LLサイズと3段階あり、お手入れも水拭きするだけなのでラクなのですが、このリバーシブルヒーターのすばらしい点はじつはそれだけではなく、なんといっても消費電力にあります。

その電気代、なんと1時間あたり0.2円、24時間使用してもたったの4.8円なんです!(Mサイズの場合。Lサイズは0.3円、LLサイズは0.4円)

イブスター店長
イブスター店長(冬)

これは本気で安い

1か月間つけっぱなしでも、Mサイズであれば144円、LLサイズでも288円と衝撃のコストパフォーマンスを誇り、サイズもうさぎさんのお家の広さに合わせて選べるので、たとえば小屋の上下や、ケージの空いているスペースに置けたりと、使い勝手も抜群にいい。

ただし、これも注意点が1点だけ。

うさぎが齧ったリバーシブルヒーターの金属チューブとプレート面

見てのとおりなのですが、ケージの中にチューブが入っている状態にしてしまうと、うさぎさんが金属チューブのプラスチック部分をかじってしまうことや、そうでなくてもヒーターの側面をかじってしまうことがあります。

そのため、リバーシブルヒーターを使用する場合は、できるだけチューブはケージの外に出して使用するようにし、ヒーター部分もある程度は仕方ないにしても、うさぎさんがひんぱんにかじっていないか確認するようにしてあげるといいと思います。

サイズの目安としては、Mサイズは子ウサギや小さなうさぎさんに、L・LLサイズは大人ウサギや大きなうさぎさんにオススメです。

2. セラミックヒーター

うさぎさんの寒さ対策グッズのなかで便利なものがこれ、セラミックヒーターです。

セラミックヒーターは、電気だけで動く非燃焼系の暖房器具なので、空気の汚れも気になりにくく、スイッチを入れるとすぐに暖かくなり、ケージを暖めるというピンポイントで利用するにはもってこいの一品。

コードなどをかじってしまう心配もないですし、匂いに敏感なうさぎさんにとってもうれしい寒さ対策グッズです。

ただし、セラミックヒーターは便利な反面、消費電力が大きいです。

私は以前、寒さ対策として山善のセラミックヒーターを使用していたのですが、1時間あたりの電気代が1200w(27円)もしくは1100w(25円)と、温風の強弱がほぼない古いタイプのものをエアコンと併用していた結果、1か月の電気代がエライことになってしまいました。

自宅にいない時間や、冷え込みが厳しい時間だけなど、セラミックヒーターは1日中つけっぱなしにはしていたわけではなかったのですが、単純に弱1100w(25円)を24時間つけていたら600円、1か月で1万8000円になりますからね。

そのため、セラミックヒーターを利用する場合は、電気代節約のためにも、タイマーオンオフ機能があるもの、温風の強弱があるものがオススメです。

そしてその条件で探すと合致するのが、シャープのセラミックヒーター。

シャープのセラミックヒーター(HX-120シリーズ)は、タイマーオンオフ機能(入り6~8h、切り1~2h)を搭載し、温風の強弱は2段階。1時間あたりの電気代は、強1200w(32円)、弱650w(18円)と、弱で1日5時間使用しても、1か月で約2700円とまぁまぁ安いです。

セラミックヒーターは、たとえばトイレや脱衣所に置いたりといった使い方もできるので、1台あるとけっこう便利ですよ。

イブスター店長
イブスター店長(冬)

タイマー機能があるセラミックヒーターは意外と少ないぞ

3. 遠赤外線ヒーター

寒さ対策グッズで問題となるのはうさぎさんの安全面、電気代のコスト面ですが、これらの問題を両方ともクリアし、うさぎさんにとって最も快適な環境をつくってあげられる寒さ対策グッズがこちら、遠赤外線ヒーターです。

そのなかでもとくにオススメなのは、みずよし貿易の「マイカヒーターⅡ」です。

マイカヒーターⅡは、小動物用に作られた遠赤外線ヒーターで、ケージの外側に設置するのでうさぎさんがコードをかじってしまう心配もなく、遠赤外線効果で、うさぎさんを体の芯から温めてくれます。

そして気になる消費電力は60wで、1日中つけっぱなしでも1か月にかかる電気代は988円とこれも安い!

別売りの専用ホルダーを利用すれば、ケージの外枠に取りつけることもできるので、これさえあれば、うさぎさんが毎日快適な冬を過ごせること間違いなしです。

イブスター店長
イブスター店長(冬)

電気代が気にならないのはかなり大きいな

ちなみに、私は小動物用ではないふつうの遠赤外線ヒーター(SANYO)を実家から譲り受けたので、とりあえずはあるものでイブスター店長と冬を越そうと思います。

遠赤外線ヒーターで暖めているうさぎのケージ

このような感じで、設置する場所や距離などに気をつければ、普通の遠赤外線ヒーターでもいちおう利用することはできます。

しかし、この遠赤外線ヒーターの場合も、1日中つけっぱなしだとすると、1か月の電気代は強で1万6600円、弱で5500円と、これも古いタイプのものなので電気代がかなり高いです。

電化製品は最新のものや、専用のもののほうがランニングコストが安く、電気代や長期間での利用を考えると、消費電力が小さいもののほうが結果的に安くなります。新しいものを検討している方には、コストパフォーマンスのいいマイカヒーターⅡがやはりオススメです。

寒さ対策は万全なのにうさぎの様子がおかしいときは

エアコンでの室温管理、寒さ対策グッズでの、ケージ周辺の冷え込み対策も万全なのに、うさぎさんに元気がない、食欲がないなど、うさぎさんの様子がおかしいという場合、これは逆に暖かすぎるか、もしくは部屋の寒暖差が激しいということが考えられます。

最初に見てきたように、うさぎさんにとっての適温は私たちが若干寒いと感じるくらいの温度なので、暖房器具の設定温度によっては、うさぎさんが暑いと感じてしまい、それが逆にストレスとなってしまうことがあるのです。

また、飼い主さんがお家にいるときは万全でも、外出中はすべての暖房を切ってしまうという場合、これは寒暖差のストレスで、うさぎさんが体調を崩してしまう可能性があります。

私たちも、一昨日はすごく寒い、昨日は暖かい、今日はまた寒い、となると、ずっと寒いほうがまだマシで、コロコロと変わる気温に大きなストレスを感じると思うのですが、おそらくそれはうさぎさんも一緒で、飼い主さんのいるいないで(時間帯によって)急激に温度が変化すると、それが激しいストレスとなってしまうのです。

とくにうさぎさんは、ストレスを感じると餌を食べなくなったり、うんちをしなくなったりと、すぐに体に異変が出たりもする生きものです。そのような様子がおかしいときは、寒さ対策をしすぎていないか、つねに万全なのかを見直してあげるといいと思います。

もっとも、温度変化のせいかな? と思っていたところ、うさぎさんに深刻な病気が隠れていたということも十分にありうるので、心配なときは、まず動物病院へ行くのがいちばんだと思いますよ。

なにごともやりすぎてしまうのは、足りていないのと同じようによくないことです。暑すぎず、寒すぎず、うさぎさんが快適に過ごせるちょうどいい環境を、寒い冬場はつくってあげてください。

それでは、うさぎさんとよい冬の日を!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。