【うさぎの暑さ対策】アツい夏を共に乗りきるためのクールな環境の作り方

夏の閉め切った暑い室内ではうさぎさんは体調を崩してしまう恐れがあるため、しっかりと暑さ対策をしてあげましょう。

夏場のうさぎとエアコン

うさぎさんは一年中フサフサとした毛をまとっていますが、外の温度変化によって毛が生え変わるため、ある程度の暑さや寒さはしのぐことができます。

しかし本来であれば、夏場の自然界のウサギは巣穴を掘って地中で暑さをしのぐため、真夏の閉め切った室内の暑さでは熱中症になってしまうこともあるなど、そのままではうさぎさんは、無事に夏を乗りきることができない危険性があります。

そこで飼い主さんがうさぎさんにしてあげたいのが、夏の暑さ対策です。

ウサギは高温多湿が苦手な生きものなので、とくに日本の夏はうさぎさんにとっては大敵となります。うさぎさんが快適に夏を過ごせるように、心地よい環境をつくってあげましょう!

うさぎが快適に過ごせる気温・湿度

うさぎさんが最も快適に過ごせる適温は、アメリカ国立衛生研究所「NIH」よると、気温は16~21℃、湿度は40~60%とされています。

春や秋の季節であれば、部屋を閉め切っていてもそこまで室温は上がらないと思うので、温度管理をしてあげなくても大丈夫なのですが(室温が26~27℃くらいまで)、夏の季節で気温が28℃を超えてくると、うさぎさんは暑くてバテてきます。

実際に気温が28℃以上になると私たちも暑く感じますが、うさぎさんは私たち人間よりも基礎体温が高く(38.5~40.0℃)、私たちのように汗をかいて体を冷やすことができないため、もっと暑く感じてしまうのです。

よって、夏場はエアコンでの空調管理は必須となります。

室温が高いまま放っておくと、うさぎさんは熱中症などで体調を崩してしまうこともあるため、夏場は室温を27℃以下になるようにしてあげるようにしましょう。

うさぎの暑さ対策

基本的にエアコンをフル稼働させ、1日中うさぎさんが快適に過ごせる温度を保つようにしてあげれば大丈夫なのですが、うさぎさんにとっては快適でも、私たち人間にとっては少し寒く感じるということもしばしば起こりえます。

さらにいうと、エアコンとうさぎさんのケージの位置によっては、部屋は涼しいのにケージのほうはあまり涼しくないということもあると思うので、そんなときは、うさぎさんのケージを直接冷やしてあげるのがオススメ。

ケージの冷やし方は、凍らせたペットボトルをタオルなどでくるんでケージの中に設置したり、凍らせた保冷剤をケージの上や側面に置いておくなどの方法があります。

しかし、うさぎさんのケージの中にタオルを置いておくと、ホリホリ行為でけっこう大変なことになってしまったり、ケージの上に物を置いている場合は上から冷やすのはむずかしいので、私はケージの中に設置した小屋(ラビットハウス)を冷やしてあげることにしています。

この、名づけて「冷房(クーラー)ラビットハウス」は簡単につくることができておすすめなので、まずは手作りのクーラーハウスのつくり方からご紹介しましょう。

(100均でも可)クーラーハウスの作り方

うさぎの暑さ対策に使う浅型の2つのタッパー

クーラーラビットハウスのつくり方はとても簡単。まずは小屋(ハウス)のサイズよりも大きめ、またはちょうどくらいのサイズのタッパーを2つ用意します。

これは100均などで売っているものでまったく問題ありません。1つは設置用、もう1つは氷をつくる用に使用します。

ちなみに、こちらのタッパーは縦24cm×横18cm×高さ3cmとなっています。

片方の浅型のタッパーで作った氷

次に、氷をつくる用のタッパーに水を入れて冷凍庫で冷やし、氷ができたらその氷をもう片方の設置用のタッパーに移します。

タッパーで作った氷をうさぎのケージ下のトレーに入れる

あとは設置用のタッパーに氷を移し替えてふたをしっかりと閉め、ケージの下のトレーに置き、トレーを戻した際にタッパーが小屋(ラビットハウス)の真下にくるようにすればOK。

冷房ラビットハウス

トレーを戻せば、クーラーラビットハウスの完成です!

実際に小屋の中に手を入れてみるとわかりますが、氷の冷気が下からあがってくるのと、小屋は天面と側面が木で囲まれているので冷気が充満して逃げにくく、小屋の中だけひんやりとした状態になります。

初めのうちはうさぎさんも気づかないかもしれませんが、毎日小屋の中を冷やしておおいてあげると、そのうちうさぎさんも気づいて、小屋の中で涼んだりするようになると思いますよ。

クーラーハウスの中でくつろぐうさぎ

ミニレッキスのイブスター店長はすでに小屋の中が涼しいことを知り、暑い日は中でくつろいでいます。

イブスター店長
イブスター店長(夏)

このひんやり感がたまらない……

なお、保冷剤などを使ったほうが冷却効果は高いのですが、小屋の中に設置すると保冷剤も汚れたりするので、洗うのが大変です。

その点タッパーは水で丸洗いできて、汚れが気になる場合は新しいものと交換してしまえばいいですし、氷が溶けた水は捨てるだけ、そして氷をつくるほうのタッパーはつねに清潔なので、やはり氷で冷やすほうが楽だと思いますよ。

暑さ対策グッズを活用する

さて、ケージの中に小屋を設置していない、ケージの下に保冷装置を設置するのがむずかしい場合は、クーラーハウスをつくることができないのですが、そんなときは、暑さ(熱中症)対策グッズを活用するという方法があります。

うさぎさんの暑さ対策には便利なグッズも販売されているので、エアコンと併せて使用することで、うさぎさんはさらに快適に夏を過ごせること間違いなしです。とくにケージを周囲から冷やすのがむずかしい場合には、これらを活用してみてください。

アルミボード

うさぎさんの暑さ対策グッズで定番なのがアルミ製のボードやプレート。

さわってみるとひんやりしているので、ケージの中に設置しておけば、うさぎさんがボードやプレートの上で座ったり、寝そべったりして涼をとることができます。

アルミボードでのオススメはやはりマルカン製品。なぜなら、私が最も信頼しているのがマルカンとSANKO製品だからです。

アルミプレート

アルミプレートはSANKOの涼感プレートがオススメです。

こちらは以前ハムスターくんを飼っていたときにSサイズのものを使用していましたが、洗いやすいですし、ひんやりしていて夏場は上に乗っかっていました。

体が大きいうさぎさんにはMサイズが適しています。

天然石プレート

大理石や御影石などの天然石を使用したプレートも、うさぎさんの暑さ対策で定番の一品となっています。自然由来のものなので、自然な冷たさや、高級感をうさぎさんが味わうことができます。

こちらもオススメはSANKOの涼感天然石。

水や酸に強い「花崗岩(御影石)」という天然石でできていて、うさぎさんがひんやりとした表面で穏やかに涼を感じることができます。

水や酸に強いことから汚れた際も洗いやすく、Lサイズであれば縦26cm×横19cm×高さ1.5cmと、うさぎさんのケージの中にも置きやすいサイズです。

イブスター店長
イブスター店長(夏)

君も天然石の上に乗り、高級ウサギになるのだ

うさぎの様子や行動がおかしいときは

夏の暑い時期はつねにエアコンを回し、ケージの周囲を冷やしたり、ケージの中に涼感グッズを設置することで、うさぎさんは快適に夏を過ごすことができます。

しかし、万が一外出中にエアコンが故障して止まってしまったり、エアコンをつけるのを忘れてしまったり、エアコンの効きが悪かったりした場合、ケージの周囲や中を冷やす対策をなにもしていないと(していたとしても)、うさぎさんが熱中症になってしまう危険性があります。

熱中症はうさぎさんの命にかかわる危険な病気です。万が一に備えて、最後にうさぎさんの熱中症対策について確認しておきましょう。

うさぎの熱中症対策

まず、うさぎさんが熱中症にならないようにするためには、最低限以下のような対策をしておく必要があります。

  • ケージを直射日光の当たらない涼しい場所に置く
  • 室温は27℃以下、湿度は70%以下になるようにエアコンで調節する
  • 暑さ対策グッズなどでケージを周囲から冷やしたりして、ウサギがケージの中でも涼めるようにする
  • 水分を切らさない

そしてうさぎさんに以下のような症状が見られたときは、うさぎさんが熱中症にかかっている可能性があります。

  • 耳の血管が充血して赤くなっている、耳が熱い
  • 呼吸が荒い、口で呼吸をしている
  • 鼻や口の周りがびっしょりと濡れている、よだれを垂らしている
  • ぐったりと横たわって動かない
  • 下痢をしている
  • 痙攣を起こしている

呼吸がハッハッハッハッと荒かったり(呼吸が早い)、暑くてうさぎさんがぐったりしている場合、うさぎさんがただ単に暑くてバテているのであれば、エアコンの温度を下げたり、うさぎさんを涼しい場所に移動させることで、症状は比較的早く落ち着いてくる場合も多いです。

しかし、温度調節をしても症状が治まらなかったり、よだれを垂らしている、下痢をしている、痙攣を起こしているといった、あきらかに異常が見られる場合は、熱中症の可能性があるので、応急処置として水を飲ませてあげ(飲める場合は)、うさぎさんの耳や体を冷たいタオルなどで冷やしたまま、すぐに病院に連れていってあげましょう。

うさぎの専門店である「うさぎのしっぽ」さんによると、一度熱中症にかかってしまったうさぎさんは体温調節が乱れやすく、より熱中症にかかりやすくなり、熱中症を起こした場合の救命率は50%ともいわれるとのことです。

うさぎさんの熱中症は、空調や暑さ対策グッズで予防できるものですが、不慮の事態などでうさぎさんが熱中症にかかってしまった場合は、一刻も早い対応がうさぎさんの命を救うことにつながります。

とくに夏場はうさぎさんの生活環境に気を配り、万が一の場合は、早急な対応でうさぎさんを守ってあげてください。

(番外編)うさぎと扇風機

私たち人間は、暑い日には扇風機に当たって涼むことができるので、うさぎさんにも扇風機の風を当ててあげれば涼しいのかな? と思ったりもしますよね。これは人間とうさぎさんの体温調整について知ることですぐに答えが出ます。

まず、私たち人間が扇風機の風を冷たく感じる理由は、皮膚の汗が扇風機の風によって蒸発し、熱が奪われる(気化熱)からで、それによって私たちは体温を調節することができているのですが、うさぎさんはそうではありません。

先ほども少しふれましたが、なぜうさぎさんは暑いと耳が熱くなるのかというと、じつはうさぎさんは耳で体温の調節を行っているからなのです。

ウサギは皮膚の汗腺機能が未発達なため、汗をかかない生きものですが、その代わりに耳には多くの血管が通っていて、暑い日には、耳の血管を流れる血液を冷やすことで体を冷やして体温を調節しています。

そのため、扇風機の風を直接うさぎさんに当ててもうさぎさんは汗をかかないので、涼しく感じることは基本的にないのです。

冷風であれば話はまた変わってきますが、扇風機の風を直接うさぎさんに当ててしまうと、うさぎさんが不快に感じてしまうこともあるので、扇風機はエアコンの冷たい空気を循環させるために使用するのがいいでしょう。

ちなみに、イブスター店長は扇風機を回すと怒りだすので、私は扇風機を使うことができなくなりました(最近使えるようになりました)。

イブスター店長
イブスター店長(夏)

あの回転音がね

うさぎさんについて理解を深めていくと、なにがうさぎさんにとっていいのか、どうすれば快適に過ごしてもらえるかがだんだんとつかめてくると思います。空調の調節や暑さ対策グッズを駆使して、夏場はうさぎさんが快適に過ごせる環境をつくってあげてください。

それでは、うさぎさんとよい夏の日を!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。