【うさぎの感情表現】鳴き声や仕草、行動から読み取るうさぎの気持ち

うさぎさんが見せる行動や仕草、そして鳴き声と呼ばれるウサギボイス。そこに隠されたうさぎさんの気持ちとは……

うさぎさんは声を出して鳴いたりすることがないので、何を考えているのかわからないだとか、無表情だとか思われてしまったりもするのですが、実はうさぎさんはとても感情豊かな生き物。

それではどのようにしてうさぎさんは感情を表現するのかと言うと、そう、ボディランゲージ。彼らは全身を使って感情を表現するのです。

そこで、今回はうさぎさんの「気持ち」に焦点を当て、うさぎさんの仕草や行動、そして鳴き声とされるものがどのような意味を持っているのかをご紹介しよう!

うさぎは感情豊かな生き物

元々うさぎさんは人とコミュニケーションをとることがほとんどない生活を送っていたため、長い間ウサギは無表情な生き物だとずっと思われてきたと言います。しかし、家畜化が始まった古代ローマ時代、ヨーロッパ各地に広がっていった15~16世紀、日本に辿り着いた戦国時代と、うさぎさんは徐々に人と密接な交流をするようになっていったのです。

そして、その後も長い時間をかけて人がうさぎさんのことを理解しようとした結果、うさぎさんたちも次第に人に心を開くようになっていきました。時には嬉しそうに目を輝かせたり、時には驚いて目を見開いたり、時には目を細めて不機嫌になったりと、喜怒哀楽をはっきりと示すうさぎさんも増えてきたのです。

さらに、うさぎさんの感情表現はそれだけではありません。
元々ウサギは群れを作る動物なので仲間同士でのコミュニケーション手段が発達しているのですが、彼らは主に、

  1. 音を使ったコミュニケーション
  2. 体を使ったコミュニケーション
  3. においを使ったコミュニケーション

という、3つの手段で仲間との意思疎通を行ってきました。

1つ目の音を使ったコミュニケーションでは、うさぎさんは体を使った様々な音で意思疎通を図り、2つ目の体を使ったコミュニケーションでは、耳や尻尾、体全体を使ったボディランゲージで意思疎通を。そして3つ目のにおいを使ったコミュニケーションでは、人間の10倍以上の嗅覚があるとされるうさぎさんならではの、お互いのにおいを通じて意思疎通を図ることができたのです。

そしてこの、余すところなく発揮されるうさぎさんのコミュニケーション手段ですが、なんと私たちにも理解できるものが沢山あるのです。
特に「音」と「体」を使った意思表示はうさぎさんの気持ちがはっきりと表れるものも多いので、それぞれのコミュニケーション手段が何を意味しているのかを理解し、うさぎさんが全身から発する「言葉」を読み取ろう!

鳴き声による気持ちの表現

音を使ったコミュニケーション手段の基本となるのがうさぎさんの鳴き声。

うさぎさんは声帯がないので鳴き声を発することは出来ないのですが、その代わりに鼻などを鳴らして意思表示を行い、この鼻などから出る音が一般的にはウサギの鳴き声と認識されていたりもします。

うさぎさんの鳴き声は主に「プープー」「ブーブー」「キーキー」という、3つのものがあります。

1.喜びを表すプープー音

うさぎの鳴き声、プープー

「プープー」とか「プゥプゥ」といった高めの音は、うさぎさんが楽しく遊んでいる時や嬉しい時、機嫌がいい時などに鼻から出る音で、喜びなどの良い感情を表しています。

プープー音を出す出さないはうさぎさんによってかなり差があると思われ、全てのうさぎさんがプープー鳴くのかと言うとそうでもないような気もします。ちなみにミニレッキスのイブスター店長は、大好きなおやつを食べた時などに「プッ」と鳴いたりもしますが、基本的にはあまりプープー鳴いたりはしません。

イブスター店長
イブスター店長

品種によっても鳴く鳴かないの差はあるらしい

2.色んな感情を表すブーブー音

うさぎの鳴き声、ブーブー

「ブーブー」といった低めの音は、基本的にはうさぎさんが不満を感じている時や、怒っている時に出る音とされているのですが、これもうさぎさんによる部分が大きいような気がします。

イブスター店長の場合は遊んでいる時や興奮している時などにも「ブゥブゥ」と鳴きながら走り回ったりもしますし、食事にありつけた時には満足げに「ブッ」と短く鳴いたりと、ブーブー系の音はむしろ喜びの感情を表しているようにも見えます。

反対に怒っている時は「ブーブー」というよりも、どちらかと言うと「ブフゥー」のような音と共にスタンピング(後述します)をしたりもするので、似たようなブーブー音でも表現している感情が正反対なこともあると思われるのです。

この辺はうさぎさんがブーブー鳴いている時の表情や、ブーブー鳴いている時の前に何があったのかなどの状況を加味して考えると、うさぎさんが楽しいのか怒っているのかは何となくわかると思います。なので、うさぎさんがブーブー言っているからと言って、必ずしも怒っているとは限らないと考えていいと思いますよ。

イブスター店長
イブスター店長

ブーブー音は状況別で判断してくれ

3.苦痛を表すキーキー音

うさぎの鳴き声、キーキー

「キーキー」や「キューキュー」といった甲高い音は、うさぎさんが恐怖や苦痛を感じている悲鳴で、これは鼻ではなく食道あたりから出る音だと言われています。

実際には「キィィィィ」といったサルの鳴き声のような、インコが「ピィィィィ」と鳴いているような音に近く、音量もかなりのもので、悲鳴と言うよりも絶叫に近いです。外で外敵に襲われた時などに見られる鳴き声です。

イブスター店長の場合は以前、訳あって床から持ち上げたところ、嫌がって小さく「キューキュー」と鳴いたことが1度だけありましたが、基本的に室内飼いのうさぎさんの場合はほとんど聞くことはない鳴き声だと思います。

もし万が一うさぎさんが室内でキーキー鳴いていることがあれば、ケージの中で足などを挟んでしまっているなど、どこか体に怪我をしてしまっている可能性や、そういった外傷がない場合は何かしらの病気で苦しんでいるという可能性も考えられるので、特に原因がわからない場合はすぐに動物病院に連れて行ってあげた方がいいかもしれません。

イブスター店長
イブスター店長

ちなみにウサギが抱っこを嫌がる理由としては、「抱っこ」=「捕獲」=「命の危険」という構図が出来上がるからだと思われる

このように、うさぎさんは主に鼻から出る音(鳴き声)を使って感情を表現したりもするのですが、鳴き声に関してはそれぞれのうさぎさんによってかなり差があるため、あまり鳴き声を発さないうさぎさんも少なくはないと思います。

なので、そんな時はもっと分かりやすい、うさぎさんのボディランゲージから気持ちを読み取ってみよう!

体を使った気持ちの表現

体を使ったコミュニケーション手段は、恐らく私たちが最も分かりやすいうさぎさんの感情表現。

うさぎさんの仕草や行動には様々なものがあり、それぞれ意味合いが隠されているのですが、今回はうさぎさんの気持ちについて理解を深めることがテーマなので、ここからはうさぎさんの感情が現れる、代表的な7つの行動についてご紹介しよう!

1.垂直ジャンプ、捻りジャンプ

うさぎの行動、ジャンプ

うさぎさんが機嫌がいい時や楽しい時、嬉しい時など、これ以上ないという喜びを表現する時はその場で垂直にジャンプしたり、走って勢いをつけてからの「垂直ジャンプ+捻り」という技を披露してくれます。

捻りジャンプは十分な走れる距離がないと発生しにくく、イブスター店長は鳴き声はあまり使わない代わりにジャンプを多用します。

2.短くダッシュ

うさぎの行動、短いダッシュ

これも楽しい時にうさぎさんが見せる行動で、ケージの外などでうさぎさんが突然走り出す短いダッシュは喜びの表れ。頭を左右に振りながら全身で楽しい気持ちを表現したりもします。

たまに滑ってこけます。

イブスター店長
イブスター店長

フローリングは滑るから注意してくれ

3.足元をぐるぐる回る

うさぎの行動、足元をぐるぐる回る

これは元々野生のオスウサギの求愛行動で、オスのウサギはメスのウサギの周りを走り回って求愛をします。

そしてそれの名残りなのか、飼い主さんの足元をぐるぐると回る行動は、うさぎさんが飼い主さんのことが大好きだという感情を表現しているのです。

足元をぐるぐる回っている時はうさぎさんをなでてあげよう!

4.鼻でつんつんつつく

うさぎの行動、鼻でつつく

飼い主さんの足などを鼻でつんつんとつつくのは、うさぎさんが構って欲しい時や遊んで欲しいという気持ちの表現。

その他にも、例えば空いたペットボトルなどの簡単に倒れそうなものなどを鼻でつついて、倒したり動かしたりして遊んだりもします。

5.歯をこすり合わせる

うさぎの行動、歯をこすり合わせる

うさぎさんが体をなでてもらっていたり、マッサージをしてもらっていたり、グルーミング(毛繕い)をしてもらっている時に聞こえてくるカリカリ音。これはうさぎさんが歯をこすり合わせて気持ちがいいことを表現しています。

「カッカッ」とか「コッコッ」とかそんな感じの音が聞こえてくることや、一人でリラックスして横になっている時にもカリカリすることがあります。

ちなみにうさぎさんをなでている時にうさぎさんの頭の先に手をかざすと、手の下に自分の頭を突っ込んでくることがあるのですが、これは野生のウサギ同士で、優位のウサギが下位のウサギに「なでろ」と催促することの名残りで、グルーミング(毛繕い)をして欲しい気持ちを表しています。

6.手をペロペロなめる

うさぎの行動、手を舐める

食べ物やおやつの味が付いているという訳ではなく、うさぎさんが飼い主さんの手を舐めるという行動はうさぎさんの愛情表現だと言われています。

ただ、その舐める行為の延長でうさぎさんが手を甘噛みすることがあるのですが、これは放っておくとうさぎさんに噛み癖がついてしまうことがあるため、早めに対策を取った方がいいかもしれません。

例えば噛まれそうな気配を察知したら手を引っ込めるとか、噛まれたら「痛い」とわざとらしく声を出して、うさぎさんに噛まれると痛いということを分かってもらうとか、うさぎさんと向き合って真剣に諭すとか、そういった方法などがあります。

ちなみに“甘”ではないキツめの噛みは普通に流血します。

イブスター店長
イブスター店長

例え流血しようが絶対にうさぎさんを叩いてはいけない

7.足で床を叩く(スタンピング)

うさぎの行動、スタンピング

うさぎさんが後ろ足に体重を乗せて地面を「ダン!」と叩く行動は、俗に言う「足ダン」や「床ダン」という行為で、正式にはスタンピングと言います。

スタンピングは元々、野生のウサギが外敵からの襲撃といった危険を察知した時に、警戒の合図を仲間に知らせるための行動ですが、お家のうさぎさんの場合は基本的に嫌なことがあった、されたことに対する怒りの気持ちを表現するためにスタンピングをします。

またその他にも、飼い主さんを呼んでいたり、ケージから出してほしい、餌が欲しいなどの欲求や不満、興奮している時にもスタンピングをすることがあったり、食器が割れたりといった大きな音がした時には、本来の意味で飼い主さんに危険を教えてくれるためにスタンピングをすることもあります。

イブスター店長
イブスター店長

ただ単純に不快な音だから怒っているということもあるぞ

ちなみにイブスター店長の場合は、獣医の先生に爪を切ってもらった後は大体怒って足ダンをしますが、ミニレッキスの場合、スタンピングが激しいと足の裏の毛がはげてしまうソアホックという病気の元にもなるので、特にケージ周りはできるだけうさぎさんが怒らないような、快適な環境を作ってあげるようにしよう!

今回のまとめ

・ウサギは鼻から音(鳴き声)を出す
・ボディランゲージで様々な感情を表現
・足ダンの音は結構でかい

うさぎさんは彼らだけの言葉を持ち、様々な方法で私たちとコミュニケーションを取ろうとしてくれる、豊かな表現方法を持った生き物です。

今回見てきたようなうさぎさんの感情表現を理解すれば、うさぎさんとの関係がますます深まること間違いなし!是非うさぎさんが何をしたいのか、何を感じているのかを察してあげ、うさぎさんと接してみて下さい。

ちなみに今回ご紹介した以外にもうさぎさんの行動には様々な意味が隠されているのですが、それはまた別の機会にでもご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す