【うさぎの爪切り】伸びすぎた爪の切り方&抱っこ不要で簡単にできる方法

うさぎさんにとっては恐怖でしかない爪切りですが、うさぎさんのためには、心を鬼にしてでもやらねばならぬのです。

うさぎさんの爪は私たちと同じように、一年中伸び続けるものです。

本来であれば、自然界のうさぎさんは、毎日長い距離を走ったり、穴を掘ったりすることで自然と爪が研がれ、短い状態が保たれていますが、人間社会でいっしょに暮らすうさぎさんはそういうわけにはいかないので、やはり爪が伸びてきます。

そこで、飼い主さんがしてあげなければならないが、うさぎさんの爪切り……なのですが、抱っこを嫌がる、抱っこをできないうさぎさんはあばれてしまい、爪切りは一筋縄ではいきません。

しかし、そのような状態でもうさぎさんをおとなしくさせ、しかも一人でも爪を切ることができる方法があるのです! 今回はそんな、誰でも簡単にできる、うさぎさんの爪切りのやり方をご紹介しましょう。

うさぎの爪切りの必要性

基本的にうさぎさんは、捕まえられるのが好きではない生きものなので、爪を切るのはけっこう、というかかなり大変だったりもします。

うさぎさんも捕まってしんどい思いをしますし、飼い主さんも嫌がるうさぎさんを捕まえるのは心が痛むと思うので、もし爪を切る必要性や理由がないのであれば、そのままにしておいてあげたいですよね。

しかし、残念ながら爪切りは必要不可欠です。

うさぎさんの爪を伸ばしっぱなしにしていると、うさぎさんが大けがなどをしてしまう原因となることもあるからです。

爪の伸びすぎによる健康被害は、おもに以下の4つ。

  1. 爪を引っかけてしまって大けが
  2. 毛づくろいの際に引っかいてけがをする
  3. 爪の中にある血管が伸びる
  4. ソアホック(かかとがはげる)の原因になる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. 爪を引っかけてしまって大けが

たとえば、ケージの底に敷いてあるすのこや金網、格子状になっているケージの側面など、こういった場所にうさぎさんが爪を引っかけてしまった場合、爪が折れてしまうことがあります。

爪の中には血管がとおっているので、当然出血したりする場合もありますが、それだけですめばまだいいほうで、骨折までしてしまう場合もあるのです。

うさぎさんは骨がうすくて軽いため、骨折しやすい生きものです。爪を引っかけてしまったことが原因でバランスを崩してしまい、骨を折る大けがをしてしまうこともあります。

2. 毛づくろいの際に引っかいてけがをする

うさぎさんは、私たちが顔を洗うような仕草で顔の毛づくろいをしたり、後ろ足で耳をかいたりしますが、爪が伸びすぎていると、その際に目や耳を傷つけてしまう恐れがあり、その外傷が原因となって炎症を起こしてしまったり、細菌感染症を引き起こしてしまったりすることもあります。

3. 爪の中にある血管が伸びる

うさぎさんの爪の中には神経や血管がとおっていますが、爪が伸びていくのを放っておくと、それらもいっしょに伸びていってしまうことがあり、血管が伸びすぎて爪を切れなくなってしまう(切れるところが少なくなってしまう)という事態となってしまうことがあります。

そうなってしまうと、爪と血管を短くするには、出血覚悟で血管ごと爪を切らなければならなくなってしまうことにもなります。こうなってしまった場合は、迷わず動物病院に行ったほうがいいでしょう。

4. ソアホック(かかとがはげる)の原因になる

ソアホックとは、おもにうさぎさんのかかとの毛がはげてしまい、その箇所が炎症を起こしてしまったり、ひどくなると潰瘍ができてしまったりもする皮膚の病気です。

なぜ爪の伸びすぎがソアホックの原因になるのかというと、これは私たちの足を爪を立てた状態で床に置いてみるとわかりやすいと思います。そのままの状態で爪が伸びてくるとすると、指先が上にあがり、かかとにかかる負担が増えますよね。

それと同じことで、うさぎさんも爪が伸びすぎていると、足のかかとに体重(負担)がかかり、それがソアホックの原因となってしまうのです。

このように、うさぎさんがおうちで安全に、そして健康に暮らしていくためには、爪切りは必須となります。嫌がるうさぎさんを捕まえるのはかわいそうですが、もはややるしかないのです!

イブスター店長
イブスター店長

そうと決まったらさっそく準備に取りかかってくれ

うさぎの爪自体の切り方

まずはうさぎさんの爪自体の切り方から見ていきましょう。

うさぎさんの爪は、前足(手)は5本、後ろ足は4本で計18本の爪があります。とくに前足は、私たちの親指にあたる爪が内側にある(手で数字の4をしたような状態になっている)ため、見落とさないように注意が必要です。

うさぎの足と伸びた足の爪

そしてこちらは、ミニレッキスという種類のウサギである、イブスター店長の後ろ足の爪。

このように、うさぎさんの爪は白い部分とピンク色の部分で分かれていて、このピンク色の部分こそが、先ほどお話しした血管がとおっている場所です。

うさぎの足の爪

爪を拡大してみるとよりわかりやすいと思います。白とピンクの境界線がはっきりしていますよね。

では、この爪をどこまで切るかという話なのですが、

うさぎの爪の中にある血管と、爪を切る場所

このように、血管はゆるやかな三角形のようになっているので、血管の先端から2~3ミリほど、もしくはそれ以上離れたところで爪をカットします。

このとき、ギリギリを狙いすぎて血管までいっしょに切ってしまうと、爪の先から出血してしまうので注意してください。

爪を切ったあと2~3回に分けて形を整える

また、直線にカットしただけだと爪の端が少しとがってしまうため、うさぎさんがけがをしないように、そして歩きやすいように、できれば画像のように2~3回に分けてカットしてあげるとベストです。

ただし、これは単純に考えて、うさぎさんの爪切りでの負担が2~3倍になってしまうことになるので、2回でも十分ですし、1回でもそこまで問題はないと思います。できればでいいと思いますよ。

イブスター店長
イブスター店長

爪が黒くて血管がよく見えない場合は、ペンライトなどで照らすとよく見えるぞ

爪切りのベストな方法は2人がかりで

爪自体の切り方がわかったところで、ここからは実際に、うさぎさんの爪を切るやり方について見ていきましょう。ベストなのは、2人がかりで行う方法です。

基本的にうさぎさんは、捕まえるとあばれて逃げてしまうと思うので、1人で爪を切るのはとてもむずかしい。そこで、1人がうさぎさんを捕まえて固定し、もう1人が爪を切るというように役割分担をすると、いちばんうまくいくと思います。

具体的には、以下のような手順で行います。

うさぎをタオルでくるんで前足だけ出した状態

この中にはうさぎのぬいぐるみが入っているのですが、このように、うさぎさんをタオルでくるんで1人が逃げていかないように固定し、前足だけをタオルから出して、もう1人がうさぎさんの爪を切ります。

うさぎをタオルでくるんで後ろ足だけ出した状態

後ろ足も同様に行います。

タオルでくるむ理由は、視界をシャットアウトされるとうさぎさんがおとなしくなるのに加え、物理的に動けなくすることで、逃げてしまわないようにするためです。

うさぎさんが入ったことのない部屋で爪切りを行えば、縄張りの外ではうさぎさんはおとなしくなるので、もっとうまくいくと思いますよ。

かかりつけの動物病院で爪切りを頼むときも、このスタイルでイブスター店長は爪を切ってもらっています。

……が、ここで問題となるのが、以下のような状況でしょう。

イブスター店長
イブスター店長

部屋じゅうはウサギの縄張りと化し、飼い主は1人しかいない。この状況で爪が切れるか?

そう、この場合、うさぎさんの爪切りは至難のわざと化します。

タオルでくるんでいても一瞬の隙をついて逃げていきますし、そもそも片方の手でうさぎさんの足を持ち、もう片方の手で爪切りを持っているので、1人ではうさぎさんの体を満足に固定することができないのです。

抱きかかえて固定する方法もいろいろとありますが、まぁ嫌がるうさぎさんだとなかなかうまくはいきません。

しかし、爪切りをあきらめるのはまだ早い。

むしろここからが今回の本題。誰でも簡単に、そして1人でもうさぎさんの爪を切る方法が残されているのです!

うさぎの爪を切るために準備するもの

部屋じゅうがうさぎさんの縄張りでも、爪を切る協力者がいなくても、うさぎさんの爪を切ることは可能です。

そんな、あばれるうさぎさんをおとなしくさせ、簡単に爪を切るために準備するものがこちら!

うさぎの爪切りに必要な道具

それぞれの用途を解説していきます。

爪切り

まずはこれがないとなにも始まりません。ふつうの爪切りやハサミなどでは危ないので、きちんとした動物用の爪切りを用意しましょう。

私は、ミニアニマンの「ウサギのカーブ型つめきり」を使用しています。うさぎさんの爪を切るにはピッタリのサイズで使いやすいですよ。

止血剤

爪切り中に、うさぎさんの血管まで切ってしまった場合はもちろん出血してしまうため、血を止めるための止血剤はあったほうがいいと思います。

動物病院で爪を切ってもらっていたときや、私も何度か深く切りすぎてしまい、爪から出血させてしまったことがあるのですが、止血剤があればほんとうにすぐに血は止まりますし、その日のうちに(というかすぐに)爪もよくなります。

これは一家に一個置いておくに越したことはありません。止血剤は文永堂の「クイックストップ」を使用しています。イブスター店長のかかりつけの動物病院でも、同じものを使用していますよ。

タオル

タオルは先ほどと同様に、うさぎさんの体を固定するためと、視界をシャットアウトするため、そしてうさぎさんが爪切り中におしっこをしてしまうこともあるので、そういったことのために使用します。

ふつうのバスタオルでまったく問題ないので、使わなくなったものなどを1枚、うさぎさん用に準備しておくといいですよ。

洗濯ネット

うさぎさんの爪切りで最大のカギを握る用品がこれ、洗濯ネットです。

なんだかかわいそうにも思えますが、うさぎさんを洗濯ネットの中に入れることでうさぎさんが脱出不可能になり、それによって逃げることをあきらめるだけでなく、毛で覆われた爪1本1本をネットの網目から出せることもあって、爪切りが非常にはかどります。

網目は少し粗目のものを、100均などで買って準備しておくといいでしょう。

それでは、準備がととのったところで、いよいよ実践開始!

これで暴れない!うさぎの爪切りのやり方

洗濯ネットの中に入ったうさぎ

まずは、うさぎさんを洗濯ネットの中に入れ、ファスナーを完全に閉めます。

このとき、ファスナーを開けたままにしていると、爪切り中にうさぎさんが脱出してしまうことがあるので、うさぎさんが脱兎になってしまう前に、しっかりとチャックをしておきましょう。

洗濯ネットの上からうさぎをタオルでくるむ

それができたら、洗濯ネットの上からさらにタオルでうさぎさんをくるみ、後ろからやさしく、うさぎさんが動かないように押さえます。

ここまでくれば準備はOK!

最初は少しあばれるかもしれませんが、脱出できないことを悟ると、うさぎさんもあきらめておとなしくなると思うので、うさぎさんが落ち着くのを待ってから爪切りに移行しましょう。

洗濯ネットから出たウサギの前足(手)の爪

具体的には、床の上からでもいいのですが、膝の上に乗っけたほうがやりやすいと思うので、タオルでくるんだままうさぎさんを膝の上に乗せ、爪が細くて切りやすい前足から爪切りを開始します。

前足だけタオルから出すと、このように洗濯ネットからうさぎさんの爪だけが出てくるので、端から1本ずつ爪を切っていきます。

洗濯ネットから重なって出たウサギの前足(手)の爪

このように洗濯ネットの網目から2本の爪が出ることもありますが、このまま切ると危ないので、こうなった場合は、1つの網目から1本の爪が出るようにネットを動かしてあげます。

私たちの親指にあたる爪を切るときは、下からのぞき込むような体勢になりますが、これもがんばって切っていきましょう!

ちなみに、このときのコツとしては、ネットを浮かせる(上に引っ張る)ような感じにすると切りやすくなると思いますよ。

洗濯ネットから出たウサギの後ろ足の爪

両方の前足の爪を切り終えたら、次は後ろ足に移行します。

うさぎさんは座ると、後ろ足は体の内側に格納されたような状態となるため、後ろ足の爪を切る場合も、膝の上に乗っけたほうがやりやすいと思います。タオルから足だけをはみ出させるようにして、両方の後ろ足の爪を切っていきましょう。

後ろ足の場合は4本だけで、すべてまっすぐ生えているので(親指にあたる部分がないので)、前足よりも簡単かもしれません。ただ、前足よりも爪・血管ともに厚くなっているように思うので、血管を傷つけないように注意が必要です。

そして、合計18本の爪を切り終えたら、うさぎさんを洗濯ネットの呪縛から解放し、がんばったことをほめてあげ、おやつなどを献上してあげてください。

イブスター店長
イブスター店長

爪切りの最中も声をかけてもらえると安心するぞ

爪を切り終えたうさぎの前足

さて、こちらは爪切り終了後のイブスター店長の前足です。毛で隠れていますが、かなり短くなりました。

爪を切り終えたうさぎの後ろ足

こちらは後ろ足。負担軽減のために形をととのえられなかったところもありましたが、それくらいは大丈夫だと思います。

爪を切り終えたうさぎ

これは、捕獲されたことでご立腹のイブスター店長。

その眼差しから見るに、おやつの献上が足りないとでもいいたそうなイブスター店長でありました……

爪切りの頻度や目安と注意点

最後に、うさぎさんの爪切りの頻度や、爪切りを行う際の注意点などについても確認しておきたいと思います。

爪切りの頻度は、だいたい1~2か月に1回がいいとされていますが、イブスター店長の場合、動物病院でギリギリまで切ってもらっていたときは、3か月弱くらいは大丈夫でした。

ただ、これはほんとうにギリギリまで切ってもらった場合の話なので、少し余裕をもたせて切ってあげる場合は、うさぎさんによる差もあるとは思いますが、目安としてはやはり2か月前後に1回くらいがちょうどいいような気がします。

爪切りの際の注意点については、これはおもに以下の3つです。

  • うさぎさんを強く押さえすぎないこと
  • 爪切りは床の上で行うようにすること
  • 最初は1~2本程度から始めること

うさぎさんは骨が軽くてうすいので、強く押さえつけたことで骨が折れてしまったというのはけっこうよくある話です。それはあまりにもかわいそうなので、押さえるときは力加減に注意してあげましょう。

また、おとなしいうさぎさんであれば椅子の上などでも大丈夫だと思いますが、台の上などの高いところで爪切りをしていると、うさぎさんが突然動きだして落っこちてしまい、骨折してしまうということもありえます。爪切りは落っこちる心配がない床の上のほうが安全ですよ(かかりつけの動物病院も床の上でのスタイルです)。

そして、初めのうちは最初から全部の爪を切ろうとはせずに、1~2本程度から始めるのがいいと思います。

慣れないうちから長時間の爪切りでうさぎさんにストレスがかかってしまうと、息が荒くなってきたり、息が上がったままになってしまったり、さらにはよだれを垂らし始めたりと、危険な状態となってしまうこともあります。

こちらの爪を切るスピードが上がっていけば、ほとんど負担をかけずにすぐに終わるようになるので、少しずつ慣らしていくのがいいと思いますよ。

動物病院などで爪切りを頼む際の料金

どうしても爪切りがむずかしくてできない場合や、ひとまず爪切りに慣れてもらいたい場合は、動物病院やペットショップで爪切りをしてもらうという方法もあります。

私の感覚では、外で爪切りを頼む際の金額は、動物病院が900円前後、ペットショップなどが500円前後といったところですが、頼むのであれば動物病院へ行ったほうがいいと思います。

病院にもよるとは思うのですが、爪切りだけの料金で簡単な健康診断をしてくれたり、体重をはかってくれたり、なにかおかしいなと思ったことを爪切りの際に聞いてみることで病気が見つかったりと(診察となると別料金)、値段はそう変わらないのにメリットが多いのです。

そのうえ、爪切りだけでもここの先生は信用できるなとか、なにかあったときはここの病院に行こうとか、かかりつけの病院が見つかることもあると思うので、外で爪切りを頼む場合は動物病院がおすすめです。

今回のまとめ

・うさぎの爪切りは健康上の理由からも必須
・洗濯ネットの中に入れるとうさぎはおとなしくなる
・むずかしければまずは動物病院へ行こう

私も以前までは爪切りは動物病院に頼んでいたのですが、やはり移動が大変ですし、爪切り代よりも移動のタクシー代のほうが高いのもいかがなものかと思い、現在はほとんど自分で爪切りを行っています。

初めのうちは切る場所の狙いを定めるのがむずかしく、時間がかかってしまうことで、うさぎさんも途中からあばれてしまうこともあるとは思うのですが、慣れてくるとすべての爪を切り終えるのに10分とかからなくなったりもするので、うさぎさんがあばれ始める前に、爪切りを終わらせることができるようになると思います。

狙いを定める場所は、爪切りを繰り返し行っているなかでつかめると思うので、ぜひトライしてみてください。うさぎさんの活動が活発になる夜よりも、基本的には寝ている時間である日中(とくに昼すぎ)に行うと、さらにうまくいくと思いますよ。

皆さんの健闘を祈ります。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。