【うさぎの爪切り】伸びたうさぎの爪の切り方&誰でも簡単にできる方法

うさぎさんにとっては恐怖でしかない爪切り。しかし、心を鬼にしてでもやらねばならぬのです。うさぎさんのために……

うさぎの爪切りに必要な道具

うさぎさんの爪は私たちと同じように一年中伸び続けるもの。本来であれば自然界のウサギは毎日長い距離を走ったり、穴を掘ったりすることで自然と爪が研がれ、短い状態が保たれているのですが、人間社会で共に暮らすうさぎさんは中々そういう訳にはいかないので爪が伸びてきます。

そこで飼い主さんがしてあげなければならないがうさぎさんの爪切り。伸びたまま放っておくとうさぎさんが怪我をしてしまったり、病気の元にもなってしまうこともあるため、是非とも爪切りの方法はマスターしておこう!

うさぎの爪切りの必要性

基本的にうさぎさんは捕まえられるのが好きではない生き物なので、うさぎさんの爪を切るのは結構、というかかなり大変だったりもします。

うさぎさんも捕まってしんどい思いをしますし、飼い主さんも嫌がるうさぎさんを捕まえるのは心が痛むと思うので、もし爪を切る必要がないのであればそのままにしておいてあげたいですよね。

しかし、残念ながら爪切りは必要不可欠!

うさぎさんの爪を伸ばしっぱなしにしていると、うさぎさんが大怪我などをしてしまう原因となることもあるのです。爪の伸びすぎによる健康被害は主に以下の4つ。

  1. 爪を引っかけてしまって大怪我
  2. 毛繕いをする際に引っ掻いて怪我
  3. 爪の中にある血管が伸びる
  4. ソアホック(かかとがはげる)の原因

それぞれ説明していきます。

1.爪を引っかけてしまって大怪我

例えばケージの底に敷いてあるすのこや金網、格子状になっているケージの側面など、こういった場所にうさぎさんが爪を引っかけてしまった場合、爪が折れてしまうことがあります。爪の中には血管が通っているので当然出血したりもするのですが、それだけで済めばまだいい方で、骨折までしてしまう場合もあるのです。

うさぎさんは骨が薄くて軽いため骨折しやすい生き物。爪を引っかけてしまったことが原因でバランスを崩し、骨を折る大怪我をしてしまうこともあるのです。

2.毛繕いをする際に引っ掻いて怪我

うさぎさんは私たちが顔を洗うような仕草で顔の毛繕いをしたり、後ろ足で耳を掻いたりしますが、爪が伸びすぎているとその際に目や耳を傷つけてしまう場合があり、その外傷が原因となって炎症を起こしてしまったり、細菌感染症を引き起こしてしまうこともあります。

3.爪の中にある血管が伸びる

うさぎさんの爪の中には血管が通っているのですが、爪が伸びていくのを放っておくと血管も一緒に伸びていってしまうことがあり、血管が伸びすぎて爪を切れなくなってしまうという事態となってしまう場合があります。

そうなってしまうと爪と血管を短くするには出血覚悟で血管ごと爪を切らなければならなくなってしまうのです。こうなってしまった場合は迷わず動物病院に行こう!

ソアホック(かかとがはげる)の原因

ソアホックとは主にうさぎさんのかかとの毛がはげてしまい、その箇所が炎症を起こしたり、酷くなると潰瘍ができてしまう皮膚の病気です。

なぜ爪の伸びすぎがソアホックの原因になるのかというと、例えば自分の足を爪を立てた状態で床に置いてみるとわかりやすいのですが、爪が伸びてくるとすると指先が上にあがり、かかとにかかる負担が増えますよね。

それと一緒でうさぎさんも爪が伸びすぎていると足のかかとに体重がかかり、それがソアホックの原因となってしまうのです。

このように、うさぎさんがお家で安全に、そして健康に暮らしていくためには爪切りは必須となります。嫌がるうさぎさんを捕まえるのは可哀想ですが、やるしかないのです!

イブスター店長
イブスター店長

そうと決まったら早速準備に取り掛かってくれ……

うさぎの爪自体の切り方

まずはうさぎさんの爪自体の切り方から。
うさぎさんの爪は前足(手)は5本、後ろ足は4本で計18本の爪があります。特に前足は私たちの親指に当たる爪が内側にある(手で数字の4をしたような状態になっている)ため、見落とさないように注意が必要です。

そしてこれはイブスター店長の後ろ足の爪。

うさぎの足と伸びた足の爪

このように、うさぎさんの爪は白い部分とピンク色の部分で分かれているのですが、このピンク色の部分こそが先ほどお話しした血管が通っている場所です。

うさぎの足の爪

爪を拡大してみるとよりわかりやすいのですが、白とピンクの境界線がはっきりしていますよね。そして、この爪をどう切るかという話なのですが、

うさぎの爪の切り方

このように血管は緩やかな三角形のようになっているので、血管の先端から2ミリほど、もしくはそれ以上離れた所で爪をカットします。

この時、血管まで一緒に切ってしまうと出血してしまうので注意!

うさぎの爪を切ったあとの整え方

また、直線にカットしただけだと爪の端が少し尖ってしまうため、うさぎさんが怪我をしないように、そして歩きやすいように、できれば画像のように2~3回に分けてカットしてあげるとベスト!

ただし、これは単純に考えてうさぎさんの爪切りでの負担が2~3倍になってしまうので、できればでいいと思いますよ。

イブスター店長
イブスター店長

爪が黒くて血管がよく見えない場合は、ペンライトなどで爪を照らすとよく見えるぞ

爪切りのベストな方法は二人がかりで

続いてうさぎさんの爪を切るやり方ですが、ベストなのは2人がかりでやる方法。

基本的にうさぎさんは捕まえると暴れて逃げてしまうと思うので、1人で爪を切るのはとても難しい。そこで1人がうさぎさんを捕まえて固定し、もう1人が爪を切るというように役割分担をすると一番うまくいくと思います。

具体的にはこんな感じ。

うさぎをタオルでくるんで前足だけ出した状態

この中にはイブスター店長の助手(ぬいぐるみ)が入っているのですが、このようにうさぎさんをタオルでくるんで1人が逃げていかないように固定し、前足だけをタオルから出してもう1人がうさぎさんの爪を切ります。

うさぎをタオルでくるんで後ろ足だけ出した状態

後ろ足も同様に行います。

タオルで視界をシャットアウトしてあげるとうさぎさんが大人しくなるのでオススメ。さらにうさぎさんが入ったことのない部屋で爪切りを行えば、縄張りの外ではうさぎさんは大人しくなるので、もっと上手くいくと思いますよ。

かかりつけの動物病院で爪切りを頼む時も、このスタイルでイブスター店長は爪を切ってもらっています。

しかし、ここで問題となるのは以下のような状況でしょう。

イブスター店長
イブスター店長

部屋中はウサギの縄張りと化し、飼い主は一人しかいない。どうやらこれは我々の勝ちのようだな……

そう、この場合うさぎさんの爪切りは至難の業と化します。

タオルでくるんでいても一瞬の隙を突いて逃げていきますし、そもそも片方の手でうさぎさんの足を持ち、もう片方の手で爪切りを持っているので、うさぎさんの体を満足に固定することができないのです。

抱きかかえて固定する方法も色々とあるのですが、まぁ嫌がるうさぎさんだとなかなか上手くはいきません。

しかし、爪切りを諦めることなかれ。

むしろここからが今回の本題。誰でも簡単に、そして一人でもうさぎさんの爪を切る方法をご紹介しよう!

爪切りで準備するもの

うさぎさんの爪を簡単に切るために準備するものはこれだ!

うさぎの爪切りに必要な道具

1.爪切り

まずはこれがないと何も始まらない。
普通の爪切りやハサミなどでは危ないのできちんと動物用の爪切りを用意しよう!

ちなみに私はミニアニマンのウサギのカーブ型つめきりを使用しています。うさぎさんの爪を切るにはピッタリのサイズで使いやすいぞ!

止血剤

万が一うさぎさんの血管まで切ってしまった場合はもちろん出血してしまうため、血を止めるための止血剤はあった方がいいです。

一度動物病院で爪を切ってもらっていた時に、そして私も一度深く切りすぎてしまい、爪から出血させてしまったことがあるのですが、止血剤があれば本当にすぐに血は止まりますし、早ければその日のうちに爪も良くなります。

これは一家に一個置いておくに越したことはない!止血剤は文永堂のクイックストップを使用。かかりつけの動物病院でも同じ物を使用しているぞ。

タオル

タオルは先ほどと同様にうさぎさんの体を固定するためと、視界をシャットアウトするため、そしてうさぎさんが爪切り中におしっこをしてしまうこともあるので、それらのために使用します。

普通のバスタオルを1枚うさぎさん用に準備しておくといいですよ。

洗濯ネット

そしてうさぎさんの爪切りで最大の鍵を握る用品がこれ、洗濯ネット。

うさぎさんが脱出不可能になることで逃げることを諦めると共に、毛で覆われた爪1本1本をネットの網目から出せることで爪切りが捗ります。網目は少し粗目のものを100均などで買って準備しておこう!

それでは準備が整ったところで、早速爪を切るぞ!!

簡単にできるうさぎの爪切りのやり方

洗濯ネットの中に入ったうさぎ

まず、うさぎさんを洗濯ネットの中に入れてファスナーを完全に閉めます。(撮影協力:イブスター店長の助手)

この時ファスナーを開けたままにしているとうさぎさんが脱出してしまうことがあるので、脱兎になってしまう前にチャックをすべし!

洗濯ネットの上からうさぎをタオルでくるむ

次に、洗濯ネットの上からさらにタオルでうさぎさんをくるみ、後ろから優しく、うさぎさんが動かないように押さえます。

ここまでくれば準備はOK。最初は少し暴れるかもしれませんが、脱出できないことを悟るとうさぎさんも諦めて大人しくなると思うので、うさぎさんが落ち着くのを待ってから爪切りに移行だ!

洗濯ネットから出たウサギの前足(手)の爪

まずはうさぎさんが床の上にいる状態のまま始められ、その状態の方が切りやすい前足から爪切りを開始します。

前足だけタオルから出すとこのように洗濯ネットからうさぎさんの爪だけが出てくるので、1本ずつ爪を切っていきます。

洗濯ネットから重なって出たウサギの前足(手)の爪

また、このように洗濯ネットの網目から2本の爪が出たまま切ると危ないので、こうなった場合は1つの網目から1本の爪がでるようにネットを動かせばOK。

私たちの親指に当たる爪を切る時は下から覗き込むような体勢になりますが、これも頑張って切ろう!難しい場合は膝の上に乗せると少し切りやすくなるぞ!

洗濯ネットから出たウサギの後ろ足の爪

両方の前足の爪を切り終えたら次は後ろ足に移行します。

うさぎさんは座ると後ろ足は体の内側に格納されたような状態になるため、後ろ足の爪を切る場合は膝の上にうさぎさんを乗せた方が切りやすいと思います。なので、今度はうさぎさんをタオルでくるんだまま膝の上に乗せ、両方の後ろ足の爪を切っていこう!

そして合計18本の爪を切り終えたらうさぎさんを洗濯ネットの呪縛から解放し、頑張ったことを褒めてあげ、おやつなどを献上してあげてほしい!

イブスター店長
イブスター店長

爪切りの最中も声を掛け続けてもらえると安心するぞ

爪を切り終えたうさぎの前足

そしてこれは爪切り終了後のイブスター店長の前足。
毛で隠れていますがかなり短くなりました。

爪を切り終えたうさぎの後ろ足

これは後ろ足。イブスター店長もしんどそうだったので形を整えられなかった所もありましたが、まぁそれくらいは大丈夫ですよ。

爪を切り終えたうさぎ

これは爪切り後にジト目で佇むイブスター店長。
その眼差しはまるで、おやつの献上が足りないとでも言いたそうなイブスター店長であった……

爪切りの頻度や注意点

最後に爪切りの頻度や注意点などについて。

まず爪切りの頻度は、大体1~2か月に1回がいいとされていますが、イブスター店長の場合、動物病院でギリギリまで切ってもらうと3か月弱くらいは大丈夫で、今回見てきた後ろ足の爪の長さがちょうどそれくらいのものです。なので、うさぎさんによって差はあるとは思いますが、そこまで頻繁に切る必要もないかなと私は思います。

また爪切りの際の注意点ですが、これはまず、うさぎさんを強く押さえ過ぎないこと。
うさぎさんを強く押さえつけたことで骨が折れてしまったという話は結構よくある話で、それはあまりにも可哀想すぎるので押さえる時は力加減に注意してあげよう。

次に、爪切りを行う際は必ず床で行うようにすること。
大人しいうさぎさんであれば椅子の上などでも大丈夫だと思いますが、台の上などの高い所で爪切りをしていると、うさぎさんが突然動き出して落っこちてしまい、骨折してしまうということもあります。爪切りは落っこちる心配がない床の方が安全ですよ。

そして、初めの内は最初から全部の爪を切ろうとはせずに、1~2本程度から始めるといいと思います。
イブスター店長も爪切り中は息が荒くなったりしますし、慣れない内から長時間爪切りでうさぎさんにストレスがかかってしまうと、息が上がったままになってしまったりだとか、よだれを垂らし始めたりだとか、危険な状態になってしまうこともあります。慣れるものでもないとは思いますが、少しずつ慣らしていくのが良いと思いますよ。

(備考)動物病院などで爪切りを頼む際の料金

また、どうしても爪切りが難しい場合や、一先ず爪切りに慣れてもらいたい場合は動物病院やペットショップでも爪切りをしてもらえます。
私の感覚ではですが、外で爪切りを頼む際の金額は、動物病院が800円前後、ペットショップなどが500円前後といったところですが、頼むのであれば動物病院に行った方が良いと思います。

病院にもよると思いますが、爪切りだけの料金で簡単な健康診断をしてくれたり、体重を量ってくれたり、何かおかしいなと思ったことを爪切りの際に獣医の先生に聞いてみることで病気が見つかったりすることもあります。(診察となると別料金)

病院に行けば3か月に1回ほど定期的な健康診断もできますし、爪切りだけでもここの先生は信用できるなとか、何かあった時はここの病院に行こうとか、かかりつけの病院も見つかると思うので、外で爪切りを頼む場合は動物病院がおススメだ!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す