バニーセレクション6.5kgは通常版と何がちがう?ためしに買ってみた【レビュー】

当サイト記事のリンクは一部に広告が含まれます。
バニーセレクション6.5kgは通常版と微妙にちがう?ためしに買ってみた(レビュー)
イブスター店長

バニーセレクションには大容量パックがあるらしいな

多くのユーザーから愛されるうさぎのペレット、バニーセレクション。

そんな同ペレットには、大人ウサギ用の「メンテナンス」にだけ、大容量の6.5kgが用意されています。

それで、この6.5kgを買ってみていくつか気づいたことがあったので、レビューしておきます。

この記事でわかること
  • 大容量6.5kgは通常版と何がちがうのか
  • うさぎの食いつきはどうか?
  • バニセレ・メンテナンス6.5kgはお買い得?

結果からいうと6.5kgは、通常版とちがう点が3つほどありましたが、食いつきはいつもどおりよかったです。

またお得といえばお得です。でも、もっとお得な買い方もあります。

ミナト

こういったことを、順を追ってお話ししていきます

ふだんからバニセレ・メンテナンスの「1.5kgや3.5kg」を使っているならもちろんのこと、

他社ペレットからの切り替えも考えているのよね!

という場合もお役に立てると思うので、ぜひごらんください。では見ていきましょう!

パソコンをいじるイブスター店長

この記事に登場するうさぎ

目次

バニーセレクションで「6.5kg」はメンテナンスだけ

バニーセレクションで6.5kgがあるのはメンテナンスだけ

イースター株式会社が販売するバニーセレクションシリーズは、獣医師やウサギ専門店の協力によって開発された、高品質牧草を主原料としたペレットです。

イブスター店長

牧草だけでは不足する栄養を効率的に補ってくれる「副食」だな

ラインナップは以下をメインに、

子ウサギ用の「グロース」、大人ウサギ用の「メンテナンス」、高齢・超高齢ウサギ用の「シニア・スーパーシニア」

などなど、数多くが展開されている素晴らしいペレットです。

飼い主さんからも絶大な信頼をよせられ、「バニセレ」の愛称で親しまれている同シリーズ。

かくいう私も、メンテナンス3.5kgをいつもまとめ買いして使っていたのです……が、そこで思ったのです。

ミナト

「もっと安く買う方法はないのか?」と

そんなときに発見したのが、大容量(業務用?)の6.5kgパックでした。

この6.5kgタイプは、メンテナンスのみの商品展開で、2020年の発見当時は1箱4000円台でした。

1.5kgや3.5kgをまとめ買いするよりも安く、もはや爆安といえる価格で販売されていたのです。

おなじ商品だというのに、この安さだったので、

……コレはもう買うしかない!

と瞬時にポチッたのですが、さきにいうとそれも過去の話で、状況は変わってきているんですよね。

イブスター店長

やはりコイツ(6.5kg)も値上がりしてしまったんだな

まあそのへんの値段関係はあとで見ていくことにしましょう。

ということで、まずは6.5kgパックのレビューです!

さきに値段関係が知りたいときは、メンテナンス6.5kgはお買い得? までジャンプしてください。

メンテナンス6.5kgをレビュー!違いはなんだ?

バニーセレクション・メンテナンス6.5kgをレビュー(通常版との違いは?)

それではさっそく、バニーセレクション・メンテナンス6.5kgをレビューしていきます。

イブスター店長

シリーズ最大級のボリューム……

そんな同ペレットはこちらです!

バニーセレクションメンテナンス6.5kg

(メンテナンス6.5kg Amazon楽天市場

成分

たんぱく質:13.0%以上、脂質:2.0%以上、粗繊維:22.0%以下、灰分:11.0%以下、水分:10.0%以下、カルシウム:0.6%以上、リン:0.4%以上、代謝エネルギー:235kcal以上/100g

原材料

チモシーミール、小麦粉、アルファルファミール、小麦ふすま、脱脂大豆、ホミニーフィード、植物抽出発酵エキス、コーングルテンフィード、殺菌処理乳酸菌、ミネラル類(食塩、硫酸亜鉛、硫酸銅、硫酸コバルト、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(DL-メチオニン)、ビタミン類(コリン、ナイアシン、B6、E、パントテン酸、A、B2、葉酸、ビオチン、D3)、甘味料(ソーマチン)

床に鎮座する巨大なバニセレ・ダンボール。このなかに6.5kgのペレットが入っています。

成分・原材料などはもちろん1.5kg・3.5kgとおなじで、ただ容量が増えたボリュームパックとなっています。

メンテナンス6.5kgのダンボールを開封したところ

箱を開けてみるとこのとおり。

パッケージは光を通さず、「しけり、酸化、香りの飛び」などをふせいでくれるアルミ包装が採用されています。

包装は1.5kg/3.5kgもアルミですが、6.5kgのものは気持ちやわらかい(紙っぽい触感)と感じました。

バニーセレクションメンテナンス6.5kgの袋とダンボール

ダンボールからだしてみると袋に印刷などはなく、業務用感がほとばしる!

6.5kgもあるのでパッケージはずっしりと重く、そして大きさもありますね。

バニーセレクションメンテナンス3.5kgと6.5kgの大きさの比較

ワンランク下の3.5kgとくらべてみると、その大きさは一目瞭然です。

奥行も3.5kgの2倍くらいはありました。

バニーセレクションメンテナンス6.5kgは保存用チャックがない
ミナト

と、ここで最初の発見です

バニーセレクションのペレットは、すべて保存に適したジップ(チャック)が袋の上部についています。

しかしメンテナンス6.5kgは、ジップがついていませんでした。

ようは「封」ができないので、袋のまま使っていくと、ペレットの鮮度が落ちてしまいやすいということです。

バニーセレクションメンテナンス3.5kgの空き袋

そこで私は、ひとまずメンテナンス3.5kgの空いた袋に詰め替えることにしたのですが、

イブスター店長

じつはコレ、あんまりよくないんだな

というのも、こういった空き袋の再利用には、つぎの注意点があるからです。

  • なかのカスが劣化していてまざる
  • どこからかやってきた虫がわく(いちど開封しているので虫が入りやすい)

ですから、6.5kgを使うときは、事前に(詰め替え用として)ジップロックなどを用意しておいたほうがいいでしょう。

ジップロックならLサイズが「約27×約27cm」と大きく、たくさん入るのでおすすめですよ。

ちがいその①:メンテナンス6.5kgの袋にはチャックがついていない。あと包装が気持ちやわらかい。

ペレットの香りが通常版よりもマイルドかも?

メンテナンス6.5kgの袋を開封したところ

さて、つづいては、詰め替え作業のために袋を開封していきます。

なかはこのとおりで、袋の色や質感は異なっていますが、おなじ商品なので「ペレットの色・形・大きさ」はいつも通りです。

イブスター店長

そんでもって、ここで2つめのちがいだ

開封時にただよってくる香りが、1.5kgや3.5kgとくらべて弱いように感じました。

  • パッケージングから時間がたっていた?(でも賞味期限は16か月先でした)
  • 包装のちがいなどから、6.5kgはすべてそうなのか?

そのあたりはハッキリしなかったものの、たしかに香りは、マイルドに感じました。

このときは(まだ香りがする)空き袋に詰め替えたことで、多少は緩和された気もしますが、うさぎさんによってはこの微妙な変化を気にするかもしれません。

通常版の空き袋があれば、取っておくと役に立つこともあるかもしれないです。

ただし、袋自体の劣化もあるので袋の再利用はできるだけ避け、するにしても1回だけにしておいたほうがいいでしょう。

計量カップでペレットを詰め替える

それから、ペレットの詰め替えについてです。

これは袋を持って一気に流し込むのが手っ取り早いですが、しくじってしまうと床がペレットまみれの大惨事になってしまいます。

計量カップなどで移したほうが安全なので、なにかそういったカップも用意しておくと便利ですよ。

イブスター店長

一気に流し込むなら、ある程度移しおえた段階にしたほうがいいな

ちがいその②:香りが通常版よりもマイルドな気がする。

脱酸素剤は6.5kgだけ入っていない

詰め替えが終わったうさぎのペレット

そんなわけでその後、ぶじにペレットの詰め替えは完了です。

3.5kgの空き袋ちょうど2つぶんほどになりました。

くりかえしになりますが、空き袋の再利用には注意しましょう。せっかくの新品なので、詰め替えも新品の袋のほうがいいですよ。

ミナト

そして最後のちがいです

メンテナンス6.5kgは、袋の中に酸化をふせぐ「脱酸素剤」が入っていませんでした。

あとから見たら公式サイトにも書かれていて、6.5kgだけ脱酸素剤はナシとなっていました。

でも最初から入っていなかったわけですし、密封できる袋に入れておけば、じっさいは問題ないと思います。

そういったことからも、メンテナンス6.5kgを使うなら、きちんとした詰め替え用の袋は必要になるでしょう。

やはり開封前に、ストックバッグもゲットしておくのがおすすめです!

ちなみに、以前まで私は「ペレットや牧草に入っている脱酸素剤を捨てずにとっておけば小分けで使える」と思っていたのですが、これはまったくのまちがいでした。

脱酸素剤は再利用できますか?

再利用はできません。食品等の開封後は、エージレス®を抜き取って捨ててください。

(参考:一般消費者様向け脱酸素剤「エージレス®」に関するよくあるご質問

とのことで、脱酸素剤は袋を開封した時点で「脱酸素」の役目をおえているそうです。似て非なる「乾燥剤」なら再利用できるそうです。

ちがいその③:脱酸素剤は入っていない。

うさぎの食いつきはどうか?

バニーセレクション・メンテナンス6.5kgの食いつきはどうか

バニセレ・メンテナンス6.5kgのちがいは以上です。

まとめるとつぎの3点で、

  1. 袋にチャックはついていない
  2. 香りが弱い気がする
  3. 脱酸素剤は入っていない

のこるは「うさぎの食いつきはどうか?」だけとなりました。

ラストにこれを見ていきましょう。

詰め替え作業を完了させ、そろそろ夕食の時間だなあ、なんてことを考えていたときです。

バニーセレクションのダンボールに近づくうさぎ

「……シュタッ」

どこからともなく忍び寄る白と黒のカゲ……。

バニーセレクションのダンボールを掘るうさぎ
イブスター店長

ワタシだ

ダンボール大好きうさぎのイブスター店長がやってきました!

ダンボールににおいをつけるうさぎ

がんばってダンボールに自分のにおいをつけています。

高画質のうさぎ
イブスター店長

メシはまだか?

バニーセレクションのダンボールに乗るうさぎ

「読者が離脱するまえにさっさとよこしたほうが身のためだぞ!」

おっと、脱線がすぎてしまったので、このへんで本題にもどりましょう!

ペレットを食べるうさぎ

夕食の時間がきたので、袋から出したてのペレットをあげてみました。

すると、やはり香りの弱さに気づいたのか、最初はすこし警戒しながら食べていたように見えました。

ミナト

でも結局はふだんとおなじものなわけです

味に問題がないとわかると、あとはいつものとおり、ガツガツ食べていましたよ。

よって、個人的にいちばん気になった香りに関しては、そこまで大きな問題でもなかった気がします。

6.5kgタイプをいつも使うなら、香りはそれがスタンダードになりますから、それもあるので大丈夫でしょう。

ということで、メンテナンス6.5kgの食いつきはよく、最後まできちんと食べてくれました。

注意点としては、初期の状態では、長期保存に適したものがそろっていないこと。

そのため6.5kgタイプを使うときは、ジップロックなどの、詰め替え用の袋を用意しておくといいですよ。

メンテナンス6.5kgはどれくらいお得なの?

バニーセレクション・メンテナンス6.5kgはお買い得なのか

バニセレ・メンテナンス6.5kgのレビューは以上ですが、後回しにしていたことがありましたよね。

イブスター店長

値段と、どれくらいお得なのかだな

そこで最後に、「メンテナンス6.5kgを買うのはお得なのか?」を見ていくことにしましょう。

メンテナンス6.5kgは、どちらかというと業務用のような感じで、たしかに以前はものすごく安かったです。

お得か知りたい人

でも値上げがあって、破格ではなくなったんでしたっけ?

そう、爆安ではなくなってしまいました。

これは本記事を更新している時点での、「Amazonと楽天市場の価格」を見てもらえればと思います。

各パッケージの値段と、1gあたりの値段は、つぎのようになっていました。

スクロールできます
Amazon楽天市場1gあたり
1.5kg2000円1958円Amazon:1.33円/楽天:1.30円
1.5kg×34995円4945円Amazon:1.11円/楽天:1.09円
1.5kg×68475円7930円Amazon:0.94円/楽天:0.88円
3.5kg3099円3498円Amazon:0.88円/楽天:0.99円
3.5kg×38500円8580円Amazon:0.80円楽天:0.81円
6.5kg5900円5779円Amazon:0.90円/楽天:0.88円
※価格は2023年2月7日時点。もっとも安いショップを基本に参照

メンテナンス6.5kgは、Amazonでは5900円、楽天市場では5779円でした(ともに2023年2月7日時点)。

1gあたりで計算すると「Amazon:0.90円/楽天:0.88円」です。

しかし表のとおりで、6.5kgよりも安くなる買い方もあるんですよね。

6.5kgがお得になる・お得ではなくなる条件をまとめると、以下のとおりで、

Amazon
  • 1.5kgを買うなら、どのまとめ買いでも6.5kgのほうがお得
  • ただし3.5kgからそっちのほうがお得になる
楽天市場
  • 1.5kg×3までと3.5kg単品を買うなら、6.5kgのほうがお得
  • 1.5kg×6ならどちらも変わらない、3.5kg×3ならそっちのほうがお得

お得度でいうと、6.5kgは中間くらい。

値上げ幅が6.5kgだけかなり大きく、それによってお得感がそこそこになってしまったのです。

そしてイチバン安いのは、Amazon・楽天ともに3.5kg×3パックでした。

条件によっては6.5kgもたしかにお得になりますが、3.5kgのまとめ買いのほうがお得ということです。

基本的には、1.5kgを買うなら6.5kgを買ったほうが安く、それ以上に3.5kgのまとめ買いのほうが安い

まとめるとこんな感じです。

イブスター店長

となると、6.5kgはいつ使えばいいんだ?

問題はそこですが、これはつぎのような状況で役に立つと思います。

  • ふだんは1.5kgを買っている
  • 1.5kg×6や、3.5kg×3のまとめ買いは置き場所に困る
  • 3.5kgを2袋買うなら、6.5kgをドーン!と1袋のほうがいい

1.5kgにも「鮮度がいいまま使い切れる」メリットはありますが、そのぶんちょっと高いです。

また、まとめ買いは、けっこうな場所をとります。

その点、6.5kgはそこそこ安いですし、開封後にすぐ小分けすることになるのでそこまで場所はとりません。

安く、そして、まとめ買いよりも省スペースに!

こんな感じの希望に、メンテナンス6.5kgはフィットすると思いますよ。

置き場所がとれるなら、3.5kg×3のほうがお得なのでこっちもおすすめですが、そこは状況に応じてです。

いずれにせよ6.5kgは、基本的には1.5kgを買うよりはお得になるので、条件にあうときはぜひ使ってみてください!

今回のまとめ

  • バニセレで6.5kgがあるのはメンテナンスだけ
  • ジップなし(+脱酸素剤なし)なので、詰め替え用の袋が必要
  • 香りは弱い気がするけれど、そこまで気にしなくても大丈夫かも

バニーセレクション・メンテナンスの6.5kgは、値上げによってそこまでお得ではなくなってしまいました。

それでも、1.5kgを買うよりは安いなど、お買い得ではあります。

まとめ買いは置く場所に困る……というときにも役に立つと思うので、そういったシーンにもおすすめです。

また一般的には、初期のパッケージよりも、キャニスター、ジップロックなどの密閉容器のほうが保存効果は高いといわれています。

ミナト

私もペレットにはジップロックを使っています

こういったものもあると便利なので、この機会に買っておくのもいいと思いますよ。

香りに差があったのはナゾでしたが、私の場合は問題はありませんでした。

大容量の6.5kgでも、きちんと「メンテナンス」だったので、安心して使えると思います。

毎月のコストをすこしでも下げたいとか、条件に合うときは、ぜひ6.5kgも使ってみてください。

メンテナンス6.5kgをチェック!

>> Amazonでみる >> 楽天市場でみる

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント(確認後に反映/少々お時間をいただきます)

コメントする

目次