【適正体重から計算】うさぎに与えるペレットと牧草の1日分の量を知ろう!

うさぎさんにはそれぞれの適正体重というものがあり、餌の分量を決めるにあたっては、これが重要になってきます。

うさぎさんに与える毎日の餌(とくにペレット)の分量は、じつはメーカー、専門店、飼育書などによって意見が異なり、どれにしたがえばいいのかを判断するのはややむずかしくなっています。提示されている餌の量には、あまりにも大きな差があったりもするからです。

成長期(子ウサギ)や維持期(大人ウサギ)によっても適切な餌の分量は変わってくるはずなので、すくなすぎ・あげすぎ、といったおおざっぱなご飯の量をあげていると、うさぎさんが痩せすぎてしまったり、太りすぎてしまったりと、健康にも影響が出てきてしまう場合もあるでしょう。

しかし、うさぎさんに与えるペレット・牧草の1日の量には、それぞれのうさぎさんの成長段階や、体型・体重(適正体重)から見た、信頼できる適切な目安があることも事実。

今回は、定期的に動物病院に行って獣医の先生に体型をみてもらい、アドバイスをもらってもいる私が、そんな「これだ!」という、うさぎさんの餌の分量についての指標をここにまとめました。

最後までお読みいただければ、きっと悩ましい皆さんと、全うさぎさんの問題は解決するはず。どうぞごらんいただければと思います。

目次

うさぎの食事の基本と1日に与える回数(頻度)

うさぎさんが健康な体をつくり、維持していくために必要なことで、もっとも大事なことともいえるのが、適切な食事とその分量。

うさぎさんはさまざまな草を食べる完全な草食動物ですが、食事の基本は牧草とペレットで、主食の牧草は歯や胃腸の健康を助けてくれ、牧草だけでは足りない栄養はペレットが効率的におぎなってくれます。

食事を与えるのは、朝と夕方以降の1日2回が基本。

うさぎさんは薄明薄暮性(はくめいはくぼせい)といって、早朝や夕方のうっすらとあかるい時間帯に活動が活発になる生きものです。とくに夕~夜にかけては活動的になることが多いので、夕~夜の時間帯は餌を多めにしてあげてもいいと思います。

そして、今回の本題である餌の分量ですが、これに関しては、うさぎさんの成長段階によって大きく変わってきたりもするので、以下、牧草とペレットに分けて、それぞれ見ていていくことにしましょう。

成長期&維持期のうさぎに与える1日の牧草の量

成長期の子ウサギにはアルファルファ牧草、維持期の大人ウサギにはチモシー牧草が適しています。これらは、栄養価の観点から、年齢によって種類を切り替える必要がありますが、分量に関しては、年齢にかかわらず、つねに食べ放題にしておくのがベスト。

牧草は、うさぎさんの歯が伸びすぎるのをふせぎ、繊維質が飲み込んでしまった異物(毛球など)の排出を助けてくれる役割があるのですが、もっと根本的なところで、牧草はうさぎさんの体をつくる栄養にもなります。

もともと野生のウサギは、けっして栄養が豊富ではない草や木の根、木の皮などを食べていました。ゆえに、そのような環境でも生き抜くため、うさぎさんの体は、植物を腸内で発酵させ、栄養に変換する機能をそなえたのです。

牧草はうさぎさんのすべての健康にかかわる大事な食事。現に、私のかかりつけの獣医の先生もこういっています。

獣医
獣医

とにかく牧草を食べさせてあげてください。食べ放題でだいじょうぶですよ

よって、牧草は食べ放題がベストでしょう!

分量は1日2~3回、餌箱にたくさん入れておき、うさぎさんがどれくらいの時間で食べきるのかを見きわめながら、いちどに補充する分量を調節していくといいと思います。

あまりにもたくさん入れすぎてのこってしまうと、牧草は鮮度が落ちてしまいます。

そうなると、うさぎさんは牧草を食べてくれなくなったりもするので、のこった牧草は床材にするか、天日干しで香りを出すか、もしくは捨ててしまうかして、そのまま餌箱の中には入れておかないようにするといいですよ。

イブスター店長
イブスター店長

ウサギはおなかがすいていても食べないものは食べないぞ。グルメだからな

成長期(子ウサギ)のペレットの量

つづいて、成長期(子ウサギ)の餌(ペレット)の量ですが、ここからはすこしむずかしくなっていきます。

うさぎさんの成長は、生後4か月ほどの幼年期を経て、6~7か月ほどで落ち着き、1年ほどで立派な大人ウサギになるというのが一般的ですが、おむかえ後の生後1~2か月あるいは3か月以降の成長期は、うさぎさんが体をつくる大事な時期であって、ここでペレットの量がすくないと、成長不良を起こしてしまうおそれがあるからです。

そこで、成長期のペレットの分量ですが、これはおもに以下の2つの意見に分かれます。

  1. うさぎの体重の3~5%を1日に与える
  2. 成長期はペレットも食べ放題にする

それぞれくわしく見ていきましょう。

1. うさぎの体重の3~5%を与える方法

①の、うさぎの体重の3~5%というのは、飼育書やメーカーの説明文などに表記されている数値で、一般的なうさぎさんの成長に必要な分量がこれくらい、という数字なのだと思います。

生後4か月までの幼年期は多めの5%、それ以降は3~5%に調節するといった、うさぎさんの体の大きさに合わせて、ペレットの分量も調節していくという与え方です。

2. 成長期はペレットも食べ放題にする方法

②の、うさぎの成長期はペレットも食べ放題にするというのは、これもメーカーが公表している意見です。

うさぎさんの成長期は、ペレットに制限をかけると栄養をじゅうぶんに取れなくなってしまい、体をつくる成長に悪影響をおよぼしてしまうことがあるので、ペレットは食べ放題にするという与え方です。

ベストな選択肢は基本は食べ放題、場合によって調節

子ウサギのペレットの量をえらぶさいは2つの選択肢があるわけですが、成長期は基本的には②の食べ放題を選択し、もしペレットを食べすぎて牧草を食べなくなってしまうのであれば、ペレットは①の体重の3~5%に切り替える、というのがベストではないかと思います。

うさぎさんの食いつきからして、牧草よりもペレットのほうがおいしいのでしょう。けれども、ペレットでおなかがいっぱいになってしまい、牧草を食べなくなってしまうという状況は避けなければなりません。あくまでも主食は牧草だからです(子どものころに牧草の味をおぼえてもらうのも大事)。

牧草もペレットも、両方ともたくさん食べてくれるのであれば、体づくりのためにもペレットは食べ放題。ペレットばかりを食べるようであれば、牧草を食べてもらうためにペレットの分量を調節する。子ウサギの場合は、これがいいのではないでしょうか?

また、一般的なペレットは、生後6~7か月くらいで大人ウサギ用のものに切り替えることになります。食べ放題にしていた場合はここで、ペレットの分量を体重の3~5%に調節する(大人になる1歳くらいまで)、というのがいいのではないかと思います。

ちなみに、私が飼っているミニレッキスのイブスター店長の場合、成長期は牧草もたくさん食べていたので、1歳ごろまではペレットも食べ放題にしていたのですが、やはりすこし、というよりもけっこう太ってしまいました。

そういったこともあるので、子ウサギのころは、牧草の食いつきに問題がなければ食べ放題にし、6~7か月の切り替え時期からペレットの分量を調整してあげるのが、ベストではないかと私は思いますよ。

POINT

ペレットを食べ放題にする場合は、つねに餌箱にペレットを山盛りに入れておくのではなく、うさぎさんが半日でどれくらいのペレットを食べているのかを観察し、食べきっていたら増やす、のこっていたら減らすなどして、適切な基準の量を見きわめてあげるようにしましょう。

維持期(大人ウサギ)のペレットの量と判断手順

そして、うさぎさんが1歳を超えた維持期(大人ウサギ)の餌の量ですが、これはもうすこしむずかしくなります。

メーカーによっては、維持期のペレットの量は、体重の4~6%(または1kgあたり40~60gなど)と多めに表記されていたりもするのですが、近年はペレットはすくなめにしたほうがいいという意見が多く、飼育書や動物病院の意見などを総合すると、維持期のペレットの量は、体重の1~3%がベストとなっているようです。

事実、イブスター店長かかりつけの獣医の先生も、

獣医
獣医

ペレットの袋に書かれている表記はかなり多いので、ペレットはすくなめでだいじょうぶですよ

とのことで、体ができあがった大人のうさぎさんには、そこまで多くのペレットは必要ないそう。

しかし、ここでひとつ問題が。

成長期のうさぎさんは、どんどん体が大きくなるので、食べるだけペレットを与えてもいいとは思うのですが、大人になって体ができあがったうさぎさんは、かならずしもベストなプロポーションに仕上がっているとはかぎりません。

たとえば、イブスター店長のようにすこし太ってしまっているかもしれませんし、反対に、ペレットが足りていなくてすこし痩せてしまっているかもしれません。

ようは、そういった状況でうさぎさんが大人になったあと、そのまま体重の1~3%の分量でペレットをあげつづけていると、太り気味のうさぎさんは太り気味のままに、痩せ気味のうさぎさんは痩せ気味のままになってしまう可能性が出てくるのです!

したがって、ここからは、うさぎさんのベストな体型である「適正体重」を見きわめてから、ペレットの分量を調節してあげる必要が出てきます。

1. うさぎの適正体重の見分け方

私たち人間がそれぞれ身長や骨格がちがうように、うさぎさんにもそれぞれの体の大きさがあるため、ベストな体型は当然うさぎさんによっても異なってきます。

適正体重とは、そのうさぎさん、その個体に適した体重のことで、理想的な体型を維持することができる体重のこと。

うさぎさんの適正体重の見分け方は、動物病院に行って獣医の先生にみてもらうのがいちばん早いのですが、じつは飼い主さん自身でも見分ける方法があります。

それがこちら!

うさぎの適正体重の早見表

(出典:http://www.therabbithouse.com/diet/rabbit-weight.asp〔英語〕

こちらは「The Rabbit House」という海外の飼育サイトの「うさぎの適正体重早見表」で、痩せすぎの①番から太りすぎの⑤番までが、うさぎさんの見た目つきで解説されています。似たような早見表はほかにもありますが、おそらくこれがいちばんわかりやすい。

ちなみに、体型の5段階評価では、以下のようなことが書かれています。

痩せすぎ(1番)

  • 背骨、助骨、股関節(臀部:でんぶ)の骨は肉づきがなく、鋭く目立つ
  • 骨盤と脊椎のまわりにくぼみ
  • 脂肪と筋肉がすくなく、手足が細く骨ばっていると感じ、移動する能力がそこなわれる可能性

痩せ気味(2番)

  • 背骨と腰の骨は感じやすい
  • 脂肪と筋肉がすこしすくない

理想的(3番)

  • 首から尻尾まで、そして腰から腰までがなめらかな曲線
  • 背骨、肋骨、股関節(臀部)の骨はさわりやすいが、厚い布でおおわれているように鋭くない
  • いくつかのウサギ(とくにメス)は、あごの下に毛皮の巻き物(肉垂:にくすい)を持っているが、これをやさしくつまんだときに皮膚のひだのように感じる

太り気味(4番)

  • 助骨、背骨、股関節(臀部)の骨を手で感じるためには、圧力をかける必要がある
  • 一般的に見た目が丸く感じられ、肉づきがいい
  • メスはあごの下をつまんだとき、脂肪のように感じる大きなたわみがある可能性

太りすぎ(5番)

  • 助骨を感じることができない、背骨と腰の骨は感じることがむずかしい
  • 足首、尻尾および首のまわりに巻かれたような脂肪、およびたれさがったおなか
  • 自由に動きまわるのがむずかしい

その下にはうさぎさんを上から見た体型もしめされていて、理想的な体型というのは、はっきりとした、それでいてへこみすぎていないくびれがあることがわかります。

以上のことから、うさぎさんの理想的な体型(適正体重)というのは、

  1. 首から尻尾、腰までがなめらかな曲線を描いていてくびれがあること
  2. 肋骨、背骨、臀部の骨は簡単にさわれるが、鋭く骨ばっていないこと
  3. とくにメスのウサギは、あごの下の肉垂が皮膚のひだのようになっていること

というのがひとつの指標になると思います。

うさぎの肋骨、背骨、股関節(臀部)

なお、適正体重を知るために必要なうさぎさんの骨の場所は、このようになっています。

肋骨は首のうしろ、耳の下からおなかあたりにかけて。背骨は体の中心。臀部の骨はお尻あたりにありますよ。

イブスター店長
イブスター店長

骨の場所は、さわってみればすぐにわかるはずだ

2. うさぎの体重をはかる

うさぎさんをさわってみて、そして見た目で体型が判断できたら、つぎはうさぎさんの体重をはかりましょう。

体重も動物病院に行けばはかってもらえるのですが、これも飼い主さん自身ではかる方法があります。

それがこちら!

小動物用体重計のペットくん

こちらは小動物用の体重計、その名も「ペットくん」。

この体重計は、最小50g~最大20kgまではかることができ、5g単位でのデジタル計測、収納に便利な縦置きOKの薄型、簡単ワンタッチでの計測など、なかなかすぐれた体重計です。もちろんうさぎさんにも対応しています。

体重計の上に乗るうさぎ

使い方は簡単で、電源のボタンを押したら、あとはおやつなどでうさぎさんを体重計の上におびき寄せるだけ!

うさぎさんが完全に上に乗っかってくれれば、体重もすぐに表示されるので、とても簡単に体重をはかることができます。

ペット用体重計の風袋機能

また、うさぎさんがなかなか体重計の上に乗ってくれない場合も安心で、この「ペットくん」には、うさぎさんをキャリーケースの中に入れた状態でも体重をはかることができる「風袋機能」も搭載。

この機能を使用すれば、うさぎさんが上に乗ってくれない、どこかに逃げていってしまってはかれない、ということもありません。この機能を使わなくても、あらかじめケースの重さをはかっておき、総重量からそれを引くという方法でもいいでしょう。

ひんぱんに動物病院に行くのはむずかしい、おうちでこまかくうさぎさんの体重をはかりたい、という方には、おすすめの体重計ですよ。

3. ペレットの分量を計算する

うさぎさんの体型、そして体重がわかったところで、いよいよ1日のペレットの分量が決定します。うさぎさんの、体重あたりのペレットの計算式は以下のとおり。

計算式

体重(g)×0.01(1%の場合)=1日分のペレット量(g)

たとえば、うさぎさんの体重が2kg(2000g)だったとすると、体重の1~3%のペレット量は「2000×0.01=20/2000×0.03=60」で、20g~60gということになります。

さらに、維持期(大人ウサギ)に必要なペレット量は、飼育書や動物病院、獣医の先生などの意見をもとにしぼり込むと、1~3%のなかでも1.5%前後がベストと見られます(この場合は計算式の割合を「0.015」などにすればOK)。

よって、適正体重(理想体型)からのブレを考慮したうえで、これらのことから最適なペレットの分量をみちびき出すと、これは以下のとおり。

  • 太り気味のうさぎさんには1~2%のペレットをあげてダイエット
  • 理想的な体型(適正体重)のうさぎさんには1.5%前後のペレットをあげて現状維持
  • 痩せ気味のうさぎさんには2~3%のペレットをあげて体重増量

このように、うさぎさんの体重から計算したペレットを朝夜に分けて与えてあげ、適正体重に近づけていく、もしくは適正体重を維持する、というのがいいでしょう!

うさぎのペレットの計量

それともうひとつ、ペレットのはかり方ですが、これはデジタルのものがおすすめです。

バネ式のもの(とくに安いもの)は毎回のようにズレたりするなど、正確な分量を計量することができなかったりもします。うさぎさんの体型や体重をはかっても、ペレットの分量がアバウトでは、ここですべてが水の泡になってしまうのです。

そうならないためにも、はかりは正確性のデジタルがグッド!

私が使用しているのはタニタのクッキングスケールで、このはかりは1g単位(より高性能なシリーズは0.1g単位)で計量ができ、当然カップなどの重さは引いてはかることができるので使いやすい。

うさぎさんのベストプロポーションのためには、デジタルはかりは必須アイテムですよ。

うさぎの体重と目安(ミニレッキスのイブスター店長の場合)

うさぎ(ミニレッキス)の体型

それでは最後に、ダイエット中でもある、イブスター店長が食べているペレットの分量をご紹介します。

イブスター店長は骨格がしっかりとしているとのことで、一般的なミニレッキスよりも大きくなったのですが、ペレットを多くあげすぎていたこともあって、MAX体重は2.6kgでした。

そこからダイエットをはじめ、ペレットの量を体重の1.6%の「朝夕20gずつ」、1.5%の「朝夕17gずつ」と徐々に減らしていった結果、きちんとはかった2分割が功を奏したのか、体重は2.4kg台前半~中盤にまで減量に成功。

さわった感じは肋骨・背骨・臀部は簡単に感じることができますが、見た目はややくびれがすくなく、すこしおなかが出ているようにも見えます。

獣医の先生がいうには、

獣医
獣医

これくらいを維持していくのでもいいですが、すこしおなかに肉がついているので、もうすこしの2.3kg台まで痩せるとベストですね

とのことで、どうやらイブスター店長の適正体重は、2.3kg台中盤~後半ということになるようです。

2021年10月追記

私たちも年齢とともにメタボになりやすくなるように、うさぎさんも加齢によって代謝がわるくなることもあるようで、ペレットをこの分量に減らしてもまたすこし太りました。現在は獣医師のアドバイスのもと、ダイエットのため、体重の1.2~1.3%の「朝夕15gずつ」、合計30gのペレットをあげています。

イブスター店長
イブスター店長

……ということは、まだ減量は続くのか?

そっぽを向くうさぎ

憤慨するイブスター店長。また食べられる餌の量が減ってしまったのです。

しかし、それも理想的なウサギプロポーションのためというものでしょう!イブスター店長のダイエットはこれからもつづきます。

今回のまとめ

・牧草は成長期、維持期にかかわらず食べ放題
・ペレットは成長期は食べ放題でも、6~7か月ごろからは調整が必要
・1歳以降のペレット量は、適正体重の1.5%前後が理想的

うさぎさんはどちらかというと、痩せるよりも太ることのほうが多いと思うのですが、体重が増えると足への負担が増えるため、ソアホックという足の裏の毛がはげてしまう病気のリスクが高まります。

とくに短毛種であるミニレッキスはソアホックになりやすく、イブスター店長がダイエットをはじめたのも、じつはソアホック対策のためでした。

うさぎさんが太っていてもいいことはとくにないですし、もちろん、痩せすぎているのもよくありません。まずはおうちのうさぎさんの適正体重を見きわめ、それから食事の管理をしてあげ、毎日を健康で暮らせるようにしてあげましょう。

なお、獣医の先生いわく、ペレットは減らせば減らすだけいいというものでもないそうなので、やはり肉づきからそのつど量を調節してあげる必要があるそう。そういったこともあるので、うさぎさんが1歳くらいになったら健康診断もかねて、いちど動物病院に連れていってあげるのもいいと思いますよ。

全うさぎさんの健康のお役に立てればと思います。ぜひうさぎさんのペレットの分量を決めるさいは、ご参考にしてみてください。

関連記事&スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる