【適正体重から計算】うさぎに与える牧草とペレットの1日分の量を知ろう

うさぎさんにはそれぞれの「適正体重」というものがあり、餌の分量を決めるにあたってはこれが重要になってきます。

うさぎさんに与える毎日の餌の分量は、じつはメーカー、専門店、飼育書などによって意見が異なり、どれがベストなのかを判断するのはけっこうむずかしいです。

とくに、成長期(子ウサギ)や維持期(大人ウサギ)によっても適切な餌の分量は変わってくるので、おおざっぱなご飯の量をあげていると、うさぎさんが痩せてしまったり、太ってしまったりと、健康にも影響が出てきてしまいます。

そこで、定期的に獣医の先生に体型をみてもらい、理想のウサギプロポーションを追い求める私が、これだ! という、うさぎの餌の分量についての指標をここにまとめました。悩ましい皆さんと全うさぎさんのために……

うさぎの食事の基本

うさぎさんが健康な体をつくり、維持していくために必要なことで、最も大事なことともいえるのが、適切な食事とその分量です。

うさぎさんはさまざまな草を食べる完全な草食動物ですが、食事の基本は牧草とペレット。主食の牧草は歯や胃腸の健康を助けてくれ、牧草だけでは足りない栄養はペレットが効率的に補ってくれます。

また、食事を与えるのは、朝と夕方以降の1日2回が基本。うさぎさんは薄明薄暮性といって、早朝や夕方のうっすらとあかるい時間帯に活動が活発になる生きものです。とくに夕~夜にかけては活動的になることが多いので、夕~夜の時間帯は餌を多めにしてあげてもいいと思います。

そして今回の本題である餌の分量。これに関しては、うさぎさんの成長段階によって大きく変わってきたりもするので、以下、牧草とペレットに分けてそれぞれ見ていていきましょう。

成長期&維持期に与える牧草の量

成長期の子ウサギにはアルファルファ牧草、維持期の大人ウサギにはチモシー牧草が適しています。これらは栄養価の観点から年齢によって種類を切り替える必要があるのですが、分量は年齢に関わらず、つねに食べ放題にしておくのがベストです。

牧草はうさぎさんの歯が伸びすぎるのを防ぎ、繊維質が飲み込んでしまった異物(毛球など)の排出を助けてくれる役割がありますが、もっと根本的なところで、牧草はうさぎさんの体をつくる栄養にもなります。

もともと野生のウサギは、けっして栄養が豊富ではない草や木の根、木の皮などを食べていました。しかし、そのような環境でも生き抜くため、うさぎさんの体には、植物を腸内で発酵させ、栄養に変換する機能が備わっていたのです。

牧草はうさぎさんのすべての健康に関わる大事な食事。事実、かかりつけの獣医の先生もこう言っています。

獣医
獣医

とにかく牧草を食べさせてあげてください

よって、牧草は食べ放題がベストでしょう!

分量は1日2~3回、餌箱にたくさん入れておき、うさぎさんがどれくらいの時間で食べきるのかを見極めながら、1度に補充する分量を調節していくといいと思います。

あまりにもたくさん入れすぎて残ってしまうと、牧草は鮮度が落ちてしまいます。そうなると、うさぎさんは牧草を食べてくれなくなったりもするので、残った牧草は床材にするか、天日干しで香りを出すか、もしくは捨ててしまうかして、そのまま餌箱の中には入れておかないようにするといいですよ。

イブスター店長
イブスター店長

ウサギはお腹が空いていても食べないものは食べないぞ。グルメアニマルだからな

成長期(子ウサギ)のペレットの量

続いて、成長期(子ウサギ)の餌の量ですが、ここからは少しむずかしくなっていきます。

うさぎさんの成長は、生後4か月ほどの幼年期を経て、6~7か月ほどで落ち着き、1年ほどで立派な大人ウサギになるというのが一般的なのですが、この成長期はうさぎさんが体をつくる大事な時期で、ペレットの量が少ないと、成長不良を起こしてしまう恐れがあるからです。

そこで、成長期のペレットの分量なのですが、これはおもに以下の2つの意見に分かれます。

  1. うさぎの体重の3~5%を1日に与える
  2. 成長期はペレットも食べ放題にする

それぞれ補足していきます。

うさぎの体重の3~5%を与える方法

①の、うさぎの体重の3~5%というのは、飼育書やメーカーの説明文などに表記されている数値で、一般的なうさぎさんの成長に必要な分量がこれくらいという数字なのだと思います。

生後4か月までの幼年期は多めの5%、それ以降は3~5%に調節するという、うさぎさんの体の大きさに合わせて、ペレットの分量も調節していくという与え方です。

成長期はペレットも食べ放題にする方法

②の、うさぎの成長期はペレットも食べ放題にするというのは、これもメーカーが公表している意見です。

うさぎさんの成長期は、ペレットに制限をかけると栄養を十分に取れなくなってしまい、体をつくる成長に悪影響を及ぼしてしまうことがあるので、ペレットは食べ放題にするという与え方です。

そこで、私が思うには、成長期は基本的には②の食べ放題を選択し、もしペレットを食べすぎて牧草を食べなくなってしまうのであれば、ペレットは①の体重の3~5%に切り替える、というのがベストではないかと思います。

うさぎさんの食いつきからして、牧草よりもペレットのほうがおいしいのでしょう。けれども、ペレットでお腹がいっぱいになってしまい、牧草を食べなくなってしまうという状況は避けなければなりません。あくまでも主食は牧草だからです。

加えて、一般的なペレットは、生後6~7か月くらいで大人ウサギ用のものに切り替えることになるので、食べ放題にしていた場合はここで、ペレットの分量を体重の3~5%に調節する(大人になる1歳まで)、というのがいいのではないかと思います。

ミニレッキスのイブスター店長の場合、成長期は牧草もたくさん食べていたので、1歳ごろまではペレットも食べ放題にしていたのですが、やはり少し、というかけっこう太ってしまいました。

そういったこともあるので、子ウサギのころは、6~7か月のペレット切り替え時期から分量を調整するのがベストではないかと私は思います。

POINT

ペレットを食べ放題にする場合は、つねに餌箱にペレットを山盛りに入れておくのではなく、うさぎさんが半日でどれくらいのペレットを食べているのかを観察し、基準の量で食べきっていたら増やす、残っていたら減らすなどして、適切な量を見極めてあげるようにしよう!

維持期(大人ウサギ)のペレットの量

そして、うさぎさんが1歳を超えた維持期(大人ウサギ)の餌の量ですが、これはもう少しむずかしくなります。

メーカーによっては、維持期のペレットの量も4~6%と多めに表記されているものもあるのですが、近年はペレットは少なめにしたほうがいいという意見が多く、飼育書や動物病院の意見などを総合すると、維持期のペレットの量は、体重の1~3%がベストとなっているようです。

現に、イブスター店長かかりつけの獣医の先生も、

獣医
獣医

ペレットは少なめで大丈夫です。なによりも牧草を!

とのことで、体ができあがった大人のうさぎさんには、そこまで多くのペレットは必要ないそうです。

しかし、ここで1つ問題が。

成長期のうさぎさんはどんどん体が大きくなるので、食べるだけペレットを与えてもいいとは思うのですが、大人になって体ができあがったうさぎさんは、かならずしもベストなプロポーションに仕上がっているとは限りません。

たとえば、イブスター店長のように少し太ってしまっているかもしれませんし、反対に、ペレットが足りていなくて少し痩せてしまっているかもしれません。

ようは、そういった状況でうさぎさんが大人になったあと、そのまま体重の1~3%の分量でペレットをあげ続けていると、太り気味のうさぎさんは太り気味のままに、痩せ気味のうさぎさんは痩せ気味のままになってしまう可能性が出てくるのです。

したがって、ここからは、うさぎさんのベストな体型である「適正体重」を見極めてから、ペレットの分量を調節してあげる必要が出てきます。

うさぎの適正体重の見分け方

私たち人間がそれぞれ身長や骨格が違うように、うさぎさんにもそれぞれの体の大きさがあるため、ベストな体型は当然うさぎさんによっても異なってきます。

適正体重とは、そのうさぎさん、その個体に適した体重のことで、理想的な体型を維持することができる体重のことをいいます。

うさぎさんの適正体重の見分け方は、動物病院に行って獣医の先生にみてもらうのがいちばん早いのですが、じつは飼い主さん自身でも見分ける方法があります。

それがこちら!

うさぎの適正体重の早見表

(出典:http://www.therabbithouse.com/diet/rabbit-weight.asp(英語)

こちらは「The Rabbit House」という海外の飼育サイトの「うさぎの適正体重早見表」で、痩せすぎの①番から太りすぎの⑤番までが、うさぎさんの見た目つきで解説されています。似たような早見表はほかにもありますが、おそらくこれがいちばんわかりやすいです。

ちなみに、体型の5段階評価では以下のようなことが書かれています。

痩せすぎ(1番)

  • 背骨、助骨、股関節(臀部)の骨は肉づきがなく、鋭く目立つ
  • 骨盤と脊椎のまわりにくぼみ
  • 脂肪と筋肉が少なく、手足が細く骨ばっていると感じ、移動する能力が損なわれる可能性

痩せ気味(2番)

  • 背骨と腰の骨は感じやすい
  • 脂肪と筋肉が少し少ない

理想的(3番)

  • 首から尻尾まで、そして腰から腰までが滑らかな曲線
  • 背骨、肋骨、股関節(臀部)の骨はさわりやすいが、厚い布で覆われているように鋭くない
  • いくつかのウサギ(とくにメス)は、あごの下に毛皮の巻き物(肉垂:にくすい)を持っているが、これをやさしくつまんだときに皮膚のひだのように感じる

太り気味(4番)

  • 助骨、背骨、股関節(臀部)の骨を手で感じるためには、圧力をかける必要がある
  • 一般的に見た目が丸く感じられ、肉づきがいい
  • メスはあごの下をつまんだとき、脂肪のように感じる大きなたわみがある可能性

太りすぎ(5番)

  • 助骨を感じることができない、背骨と腰の骨は感じることがむずかしい
  • 足首、尻尾および首のまわりに巻かれたような脂肪、および垂れ下がったお腹
  • 自由に動きまわるのがむずかしい

その下にはうさぎさんを上から見た体型も示されていて、理想的な体型というのは、はっきりとした、それでいてへこみすぎていないくびれがあることがわかります。

以上のことから、ウサギの理想的な体型(適正体重)というのは、

  1. 首から尻尾、腰までが滑らかな曲線を描いていてくびれがあること
  2. 肋骨、背骨、臀部の骨は簡単にさわれるが、鋭く骨ばっていないこと
  3. とくにメスのウサギは、あごの下の肉垂が皮膚のひだのようになっていること

というのが1つの指標になると思います。

うさぎの肋骨、背骨、股関節(臀部)

なお、適正体重を知るために必要なうさぎさんの骨の場所は、このようになっています。肋骨は首の後ろ、耳の下からお腹あたりにかけて。背骨は体の中心。臀部の骨はお尻あたりにあります。

イブスター店長
イブスター店長

骨の場所は今回だけの特別サービスだ

うさぎの体重をはかる

うさぎさんをさわってみて、そして見た目で体型が判断できたら、次はうさぎさんの体重をはかります。

体重も動物病院に行けばはかってもらえるのですが、これも飼い主さん自身ではかる方法があります。

それがこちら!

小動物用体重計のペットくん

こちらは小動物用の体重計、その名も「ペットくん」。

この体重計は、最小50g~最大20kgまではかることができ、5g単位でのデジタル計測、収納に便利な縦置きOKの薄型、簡単ワンタッチでの計測など、なかなかすぐれた体重計です。もちろんうさぎさんにも対応しています。

体重計の上に乗るうさぎ

使い方は簡単で、電源のボタンを押したら、あとはおやつなどでうさぎさんを体重計の上におびき寄せるだけ!

うさぎさんが完全に上に乗っかってくれれば、体重もすぐに表示されるので、とても簡単に体重をはかることができます。

ペット用体重計の風袋機能

また、うさぎさんがなかなか体重計の上に乗ってくれない場合も安心で、この「ペットくん」には、うさぎさんをキャリーケースの中に入れた状態でも体重をはかることができる「風袋機能」というものが搭載されています。

この機能を使用すれば、うさぎさんが上に乗ってくれない、どこかに逃げていってしまってはかれない、ということもありません。あらかじめケースの重さをはかっておき、総重量からそれを引くという方法でもいいでしょう。

ひんぱんに動物病院に行くのはむずかしい、お家で細かくうさぎさんの体重をはかりたいという方には、この体重計はオススメです。

ペレットの分量を計算する

うさぎさんの体型、そして体重がわかったところで、いよいよ1日のペレットの分量が決定します。うさぎさんの、体重あたりのペレットの計算式は以下のとおりです。

計算式

体重(g)×0.01(1%の場合)=1日分のペレット量(g)

たとえば、うさぎさんの体重が2kg(2000g)だったとすると、体重の1~3%のペレット量は20g~60gということになります。

さらに、維持期(大人ウサギ)に必要なペレット量は、飼育書や動物病院、獣医の先生などの意見をもとに絞り込むと、1~3%のなかでも、1.5%前後がベストだと見られます。

よって、適正体重(理想体型)からのブレを考慮したうえで、これらのことから最適なペレットの分量をはじき出すと、以下のようになります。

  • 太り気味のうさぎさんには1~2%のペレットをあげてダイエット
  • 理想的な体型(適正体重)のうさぎさんには1.5%前後のペレットをあげて現状維持
  • 痩せ気味のうさぎさんには2~3%のペレットをあげて体重増量

このように、うさぎさんの体重から計算したペレットを朝夜に分けて与えてあげ、適正体重に近づけていく、もしくは適正体重を維持する、というのがいいでしょう!

うさぎのペレットの計量

それともうひとつ、ペレットのはかり方ですが、これはデジタルのものがおすすめです。

バネ式のもの、とくに100均のものは私も持っているのですが、安いものだと毎回のようにズレますし、正確な分量を計量することができません。うさぎさんの体型や体重をはかっても、ペレットの分量がアバウトでは、ここですべてが水の泡になってしまうのです。

そうならないためにも、はかりは正確性のデジタルがグッド!

私が使用しているのはタニタのクッキングスケールで、このはかりは1g単位(より高性能なシリーズは0.1g単位)で計量ができ、当然カップなどの重さは引いてはかることができるので使いやすいです。

うさぎさんのベストプロポーションのためには、デジタルはかりは必須アイテムですよ。

イブスター店長の場合

うさぎ(ミニレッキス)の体型

それでは最後に、ダイエット中でもある、イブスター店長が食べているペレットの分量をご紹介します。

イブスター店長は骨格がしっかりとしているとのことで、一般的なミニレッキスよりも大きくなったのですが、ペレットを多くあげすぎていたこともあって、MAX体重は2.6kgでした。

そこからダイエットを始め、ペレットの量を徐々に減らしていき、現在は体重の1.4~1.5%くらいの1日40g程度を2回(朝18~19g、夜19~20g)に分けてあげているのですが、きちんとはかった2分割が功を奏したのか、体重は2.4kg台中盤にまで減量に成功しています。

さわった感じは背骨、臀部は簡単に感じることができますが、肋骨をさわるには一部軽い圧力が必要となる部分があり、見た目はややくびれが少なく、少しお腹が出ているようにも見えます。

獣医の先生がいうには「これくらいを維持していくのでも十分ですが、もう少しだけ痩せるとベスト」だそうなので、どうやらイブスター店長の適正体重は2.3kg台後半~2.4kg台前半のようです。

イブスター店長
イブスター店長

まだ減量は続くのか……!?

そっぽを向くうさぎ

そっぽを向き、憤慨するイブスター店長。もうこれまでのように、たらふく餌を食べることができなくなってしまったのです。

しかし、それも理想的なウサギプロポーションのため。イブスター店長のダイエットはこれからも続きます。

今回のまとめ

・牧草は成長期、維持期に関わらず食べ放題
・ペレットは成長期は食べ放題でも、6~7か月ごろからは調整が必要
・1歳以降のペレット量は、適正体重の1.5%前後が理想的

うさぎさんはどちらかというと、痩せるよりも太ることのほうが多いと思うのですが、体重が増えると足への負担が増えるため、ソアホックという足の裏の毛がはげてしまう病気のリスクが高まります。

とくに短毛種であるミニレッキスはソアホックになりやすく、イブスター店長がダイエットを始めたのも、じつはソアホック対策のためでした。

うさぎさんが太っていてもいいことはとくにないですし、もちろん、痩せすぎているのもよくありません。まずはお家のうさぎさんの適正体重を見極め、それから食事の管理をしてあげ、毎日を健康で暮らせるようにしてあげましょう。

また、うさぎさんが1歳くらいになったら健康診断も兼ねて、一度動物病院に連れていってあげるのもいいと思いますよ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。