【チモシー&他】うさぎの牧草の選び方とたどり着いたおすすめの一品を紹介

うさぎさんが食べる牧草は主食として重要な役割を持っているので、理解を深め、ベストなものを選んであげましょう。

うさぎさんが毎日食べるごはんを選んであげるのは、飼い主さんにとって重要なミッションのひとつですが、ペレット以上に気をつかってあげなければならないのが、うさぎさんにとっての主食である牧草選び。

牧草は、うさぎさんが毎日よく食べることで、歯や胃腸の健康を保ってくれるなど、うさぎさんの体調に大きくかかわるもので、じつはうさぎさんがそれ以上によく食べる副食のペレットよりも大事なものだからです。

しかし、牧草もペレットと同様にたくさんの種類があり、ものによっては、うさぎさんがあまり食べてくれないといったことが多いのも事実。

そこで、すべてのうさぎさんが牧草を食べて健康に過ごせるよう、チモシーやアルファルファなどの数ある牧草のなかから、子ウサギから大人ウサギに適しているものはなにかといった「うさぎの牧草の選び方」を、うさぎ飼いでもある私がいろいろとためした結果たどりついた、おすすめの牧草&人気のある牧草とあわせて今回はご紹介します。

うさぎの牧草の役割とその必要性

もともと自然界のうさぎさんは、あまり食料が豊富にあるとはいえないなかで、牧草や木の皮、木の根などの「草」を食べて栄養を補給してきました。なぜかというと、うさぎさんは完全な草食動物だからです。

現在は、栄養がバランスよく配合されたペレットを食べることでも、うさぎさんは不足する栄養をおぎなうことができるようになりましたが、ペレットはあくまでも副食であって栄養補助食品。

うさぎさんの主食は、野生のうさぎさんも食べていた牧草で、これは飼育下の場合でも変わりません。

そして、うさぎさんの主食である牧草には、じつはうさぎさんの健康を維持するさまざまな効果があり、いくつかの重要な役割も持っているので、まずは牧草の選び方を見るまえに、牧草をあたえる必要性から確認しておくことにしましょう。

歯の伸びすぎを防ぐ

うさぎさんの歯は一年じゅう伸びつづけるもので、これを放っておくと、「不正咬合」という噛み合わせの異常が起きてしまい、うさぎさんがごはんをうまく食べられなくなってしまうことがあります。

しかしこの歯の伸びすぎは、牧草をよく噛み、歯ですりつぶしながら食べることで、未然にふせぐことができるもの。

主食の牧草は、うさぎさんの歯を短く健康な状態で保つ、とても重要な役割を持っているのです。

腸内環境のバランスを整える

うさぎさんの腸内には、私たちとおなじく善玉菌・悪玉菌といった微生物(腸内細菌)が住んでいて、食べたごはんを栄養素に変えるといった仕事をしていますが、食事のかたよりなどから悪玉菌が優勢になってしまうと、うさぎさんにとって有害なガスが体内でつくられてしまうことがあります。

ガスでおなかが張ってしまった場合、その痛みでうさぎさんは動けなくなってしまい、ごはんを食べられなくなってしまうことも。

しかしながら、この問題も牧草で解決。牧草にふくまれる繊維質は、うさぎさんの腸内細菌のエサとなり、牧草を食べることで悪玉菌の増殖は抑えられ、腸内環境のバランスを健康な状態で維持してくれるのです。

腸の蠕動運動を促す

牧草にふくまれる繊維質は、栄養素になるだけでなく、腸の蠕動(ぜんどう)運動をうながす役割も持っています。うさぎさんが自分の毛や、紙などの異物を多少は飲み込んでしまっても、それらを繊維質がからめとり、うんちといっしょに排出してくれるのです。

そのため、牧草を食べることは、異物が詰まるなどして胃腸の働きが止まってしまう、うさぎさんにとってはとくに危険な病気でもある、「毛球症(胃腸うっ滞)」の予防にもつながるのです。

うさぎの牧草の選び方&選ぶときのポイント

このように、うさぎさんにとって牧草は、なくてはならないものであることがわかりますが、牧草は、メーカー・ブランド・製法などのちがいから、ひじょうに多くのものがあるので、どれを選んであげればいいのかわからない、ということもあるかと思います。

しかしこれは、基本的にはうさぎさんの成長や健康状態に合わせて分類されてもいるので、いくつかのポイントさえおさえておけば、そこまでむずかしいことはありません。

うさぎさんの状態に合ったベストな牧草を選んであげるポイント、それは以下の5つで、

  1. 種類で選ぶ
  2. 刈り取る時期で選ぶ
  3. グレードで選ぶ
  4. プレスのタイプで選ぶ
  5. 成分表で選ぶ

これらの特徴をつかめれば、おうちのうさぎさんにとって、きっとベストな牧草をチョイスしてあげられるようになると思います。

それではさっそく、これらのポイントを、ひとつひとつ見ていきましょう!

1. 種類で選ぶ

うさぎさんが食べる牧草は、おもにヨーロッパ原産の多年草であるマメ科の牧草か、おなじくヨーロッパ原産の多年草であるイネ科の牧草の2つに分けることができます。

これら2種類の牧草は、それぞれ特徴が異なり、それが牧草選びのベースにもなるので、まずは最初にこれからチェックしておくことにしましょう。

マメ科の牧草(アルファルファなど)

マメ科の牧草は、たんぱく質とカルシウムを多くふくんでいる特徴を持ったもので、代表的なものが「アルファルファ」。アルファルファ牧草は栄養価が高いため、とくに体づくりの時期である、成長期(7か月~1歳くらいまで)の子ウサギに適しています。

ただし、アルファルファは嗜好性が高くカルシウム量も多いことから、大人ウサギにあげつづけていると、うさぎさんが「尿石症」という病気になってしまう危険性もあるので、大人ウサギの主食には向いていません。

大人ウサギにアルファルファ牧草をあげるのは、妊娠中の母ウサギや、あまり量を食べられなくなってきた高齢ウサギなど、高栄養を必要とする時期などで、それ以外は、おやつ程度にあげるようにしたほうがいいでしょう。

うさぎさんの成長に必要なことから、最初はアルファルファをセレクトしてあげるのがおすすめですが、子ウサギの成長がおわるころ、またはもうすこしまえから、すこしづつイネ科の牧草もあげはじめ、大人ウサギになるころには、完全に主食を切り替えてあげる必要があります。

イブスター店長
イブスター店長

尿石症は、おしっこに含まれるカルシウム分が固まって、尿路に結石ができる病気だ。かなり痛いらしい

イネ科の牧草(チモシーなど)

イネ科の牧草は、たんぱく質やカルシウムがすくない代わりに繊維質を豊富にふくんだ特徴を持ったもので、代表的なものに「チモシー」、そのほかには、嗜好性の高い「オーツヘイ」や「イタリアンライグラス」などがあります。

チモシー牧草は、繊維質が多いことから歯や胃腸の健康に役立ち、加えてヘルシーでもあるので、うさぎさんの体型維持にも役立つなど、大人ウサギの主食に適しています。

子ウサギから大人になる、7か月~1歳以降の維持期(大人)のうさぎさんには、このチモシー牧草がいいとおぼえておきましょう!

2. 刈り取る時期で選ぶ

牧草(おもにチモシー)は、刈り取る時期によっていくつかの種類に分けられ、うさぎさんの年齢や好みなど、うさぎさんの状態によってもベストなものは変わってきます。

牧草は、種をまいてから年に2~3回ほど収穫することができるもので、収穫時期によっては「一番刈り」「二番刈り」「三番刈り」と、刈り取る順番で名前が変わり、牧草の持つ特徴も変わっていくもの。

そのなかでも、一番刈りと二番刈りの牧草がよく使われるので、これもひとつひとつ見ていきましょう。

一番刈り

春から初夏にかけて最初に刈り取られた牧草は「一番刈り」とよばれ、一番刈りの牧草は、茎が太くてかたく、豊富な栄養と繊維質がふくまれています。

栄養も多く、歯や胃腸の健康にいいことからも、健康な大人のうさぎさんには、この一番刈りがいちばんおすすめ、といえるでしょう。

二番刈り

最初に刈り取られた牧草がふたたび成長し、夏のおわりから秋にかけて刈り取られた牧草は「二番刈り」とよばれ、二番刈りの牧草は、茎が細くてやわららかく、うさぎさんが食べやすいという特徴があります。

一番刈りよりも栄養や繊維質は落ちますが、子ウサギやお年寄りウサギなどの噛む力が弱いうさぎさんや、やわらかめの牧草が好きな大人のうさぎさんなどにおすすめできます。

二番刈りの牧草は、一番刈りをあまり食べてくれないうさぎさんに適しているといえるでしょう。

三番刈り

二番刈りのあとに牧草がまた成長し、冬のはじめに刈り取られた牧草は「三番刈り」とよばれ、二番刈り同様、こちらもうさぎさんが食べやすい。

ただし、一番から三番刈りのなかでもっとも栄養価は低いため、使用する場合は、うさぎさんの健康状態や、好み(食いつき)によって選んであげるといいと思いますよ。

3. グレードで選ぶ

牧草は茶色い葉っぱなどの下草がまじっていることもあるのですが、下草の混入割合などをふくめた品質からグレードで分けられていて、いちばん上から順に、以下の6段階でグレード分けがされています。

  1. スーパープレミアム(ホース)
  2. プレミアム(ホース)
  3. ナンバーワン(ホース)
  4. スーパープレミアムデイリー
  5. プレミアムデイリー
  6. ナンバーワンデイリー

ただし、これに関しては、販売されているもののほとんどが最上位グレードのスーパープレミアム(ホース)か、プレミアム(ホース)となっているので、そこまで気にする必要もありません。

牧草を選ぶときは、最低でもプレミアム(ホース)以上にしておけば、とくに問題はないでしょう。

4. プレスのタイプで選ぶ

牧草は、収納スペースをおさえるため、そして効率よく運搬するため、出荷されるまえに圧縮されることが多いのですが、この圧縮作業を「プレス」といい、牧草はプレスのしかたによって、「シングルプレス」と「ダブルプレス」に分けられます。

シングルとダブルで特徴が異なるので、こちらも確認しておきましょう。

シングルプレス

シングルプレスは圧縮率が低く、茎や穂があまりつぶれていないのが特徴で、くずも出にくく、牧草がもっとも自然に近い状態で保たれています。

茎も長いままの状態になっていることが多く、このロングタイプは、うさぎさんの健康にもいいとされているので、できればこちらを選んであげるとグッド!

イブスター店長
イブスター店長

うさぎにはいちどくわえたものを、最後まで食べる習性があるらしい。つまり、牧草が長ければ牧草をたくさん食べる、ということだ

ダブルプレス

ダブルプレスは圧縮率が高く、茎や穂が押しつぶされた状態になりやすいため、それによって食べやすくなっているのが特徴。

さきほどの刈り方と同様に、シングルプレスではあまり食べてくれない場合の、子ウサギやお年寄りウサギ、やわらかい牧草が好きなうさぎさんにおすすめできます。

ある程度牧草のくずが出るのは、しかたがないといえるかもしれません。

5. 成分表で選ぶ

そして最後にチェックしておきたいのがこの成分表。

牧草のパッケージの裏側を見ると、だいたいは牧草の成分が表記された「成分表」があると思います。ここでは実物から確認してみることにしましょう。

パスチャーチモシーの成分表

たとえば、これはハイペットの「パスチャーチモシー」という牧草の成分表ですが、基本的には牧草の成分表は、画像のように以下の項目が表記されています。

  • たんぱく質
  • 脂質
  • 繊維質
  • 租灰分(カルシウムなどのミネラル成分)
  • 水分

ここで注目すべき点は、おもに「たんぱく質・脂質・繊維質・カルシウム量」の4つ。これもそれぞれ確認しておきましょう。

たんぱく質

たんぱく質はうさぎさんの成長に欠かせない、エネルギーにもなる栄養素ですが、これが多いとうさぎさんの肥満にもつながるため、大人ウサギの主食に適したチモシーの場合は8~10%くらいがちょうどいいと思います。

子ウサギに適したアルファルファは、だいたい18%前後のものが多くなっています。

脂質(脂肪分)

脂質もたんぱく質同様、多いとうさぎさんが太ってしまうのですが、チモシーもアルファルファもだいたい2%前後なのでそこまで気にする必要はありません。

もっとも、うさぎさんのダイエットを考えている場合は、低いほうがいいと思われるので、できるだけ脂質が低いものを選んであげるといいでしょう。

繊維質

繊維質はうさぎさんの歯や胃腸の健康にかかわるいちばん大事なポイントで、基本的には多いに越したことはなく、チモシーの場合は30%以上はあるとよし。

アルファルファはチモシーよりも繊維質がすくないのが一般的ですが、おおむね19%以上はあれば問題ないと思いますよ。

カルシウム

カルシウムはうさぎさんの骨などをつくるために必要な栄養素で、体をつくる成長期の子ウサギにはとくに必要なものですが、大人ウサギはとりすぎると、前述のとおり「尿石症」という病気のリスクが上がるため、注意が必要です。

目安としては、チモシーの場合は0.5%以下、アルファルファの場合は1.0~1.5%くらいがちょうどいいでしょう!

イブスター店長
イブスター店長

うさぎの体は、食事中のカルシウムを多く吸収し、尿といっしょに排出するつくりになっている。とくにカルシウム量には注意してくれ

うさぎにおすすめの牧草(チモシー&アルファルファ)

うさぎさんの成長段階、牧草の種類やタイプ、成分など、これらを考慮すれば、おうちのうさぎさんに適した牧草がきっと見えてくるはず。

ただ、これらの基準をもとに、いちから牧草をさがすのはけっこう大変だと思うので、ここでは、これまで見てきたことを考慮したうえでのおすすめの牧草を、いくつかご紹介しておきたいと思います。

ぜひ、うさぎさんの牧草選びのご参考にしてみてください。

1. GEX ラビットプレミアムチモシー

GEX(ジェックス)は、私も愛用している製品がいくつかある小動物用品のメーカーですが、そのGEXから出ている牧草が「ラビットプレミアムチモシー」。

ラビットプレミアムチモシーは、うさぎさん本来の食生活を実現すべく、臨床獣医師とブリーダーによってにつくりあげられたコンセプトフード「ラビットプレミアムフード(ペレット)」と、最適な組み合わせになるようにつくられた高品質の乾燥牧草。

とくに注目すべきはその繊維質の高さで、繊維質は37.3%以下とかなりの高水準。カルシウム量も0.45%と申し分ないです(たんぱく質は11.9%、脂質は1.69%)。

同社のペレットと組み合わせても、組み合わせなくても使えるバランスのいいチモシー牧草ですが、セットで使うことで、維持期の大人ウサギだけでなく、成長期の子ウサギにもあたえることができるなど、途中で変更をする必要がないところもおすすめできますよ。

2. ハイペット チモシーの恵&きわみ

ハイペットは、さきほどから登場しているイブスター店長も食べているものがある小動物用フードのメーカーで、ハイペットから出ている「チモシーの恵」は、とくに牧草を食べてくれないうさぎさんにおすすめしたい製品。

というのも、チモシーの恵は、厳密にいうと牧草ではなく、粗挽きのプレミアムチモシーを細長く固めた牧草の代用ペレットで、牧草の代わりとして使うことができる、うさぎさんが好きなペレットだからです。

うさぎさんの主食はたしかに牧草ですが、うさぎさんによっては、牧草を食べてくれないというのもめずらしいことではありません。

牧草の必要性でも見てきたとおり、ペレットばかりを食べていると、うさぎさんの健康状態に問題が起きてしまってもおかしくはないのですが、そんな問題を解決するためにこそつくられたのがこのチモシーの恵。

チモシーの恵は、一般的なチモシー牧草とくらべると、繊維質は23.0~27.0%とやや低いですが、カルシウム量は0.2~0.4%(たんぱく質は9.0~12.0%、脂質は1.5~2.0%)とちょうどよく、毛玉に配慮したパパイヤ酵素、腸内環境をととのえる乳酸菌も配合されています。

牧草とくらべて散らかりにくいというメリットもあるので、牧草を食べてくれないうさぎさんには、ためしてみる価値はあるでしょう!

また、チモシーの恵には、上位版である「チモシーのきわみ」というものもあります。

チモシーのきわみは、基本的な成分は恵と一緒ですが、ペレットの「つなぎ」として使われる、うさぎさんが消化しにくいデンプン類・穀類、グルテンは、完全に不使用のダブルフリーを実現。

チモシーの恵もきわみも、牧草を食べてくれないうさぎさんの、救世主になることまちがいなしでしょう!

3. ハイペット パスチャーチモシー

ハイペット、パスチャーチモシー

おなじくハイペットの「パスチャーチモシー」は、イブスター店長が2年以上にわたって主食として食べてきた牧草で、こちらの牧草もおすすめ。

なによりも入手しやすいというのがよく、もちろん場所にもよりますが、24時間営業のディスカウントストア(ドン・キホーテ)でも販売されているなど、いつでも買いに行けるところもグッド。

成分も、たんぱく質は8.0%以上(脂質は2.0%以上)、カルシウムは0.3%と低く、繊維質は35.0%以下と高めで、すべてが申し分ないといえます。

商品展開は、子ウサギに適した「パスチャーアルファルファ」、大人ウサギに適した「パスチャーチモシー」、お年寄りウサギに適した「パスチャーチモシーソフト」と、うさぎさんの成長段階にあわせて変更できるところもいいですね(嗜好性の高い「パスチャーオーツヘイ」もあります)。

2019年後半に製品がリニューアルし、カルシウム量も減ってさらによくなるなど、全うさぎさんにおすすめしたい牧草です。

ちなみに、リニューアルで微妙な味の変化があったようで、それで私は牧草をべつのものに変えたのですが、結局のところこれは慣れの問題で、食いつきはいいことが判明したので、リニューアル後のパスチャーチモシーもおすすめできますよ。

うさぎの牧草選びでたどり着いたイチオシの一品

それでは最後に、イブスター店長がたどりついた、イチオシの一品をご紹介しましょう。

イブスター店長
イブスター店長

イチオシの牧草はこれだ!

牧草市場、スーパープレミアムチモシー1番刈り

銘柄牧草市場 スーパープレミアムチモシー1番刈り
主原料チモシー
牧草のタイプロングタイプ/シングルプレス
内容量500g

牧草の販売や卸売りなどを手掛ける、マペット株式会社が販売する「牧草市場」のシリーズには、ひじょうに多くのラインナップがあるのですが、そのなかでももっともオーソドックスな牧草が、このスーパープレミアムチモシー1番刈り。

スーパープレミアムチモシー1番刈りは、きびしい検疫・検査をクリアした最高品質のスーパープレミアムグレードは当然のこととして、社内独自に導入された「牧草マイスター制度」の導入により、最高品質の牧草からさらに厳選したものだけをパッケージング。

チモシーはなるべくカットせずにロングタイプのものを使用していて、さきほどもふれましたが、うさぎさんはいちどくわえたものを最後まで食べる習性があるそうなので、自然とそしゃく数、牧草の食べる量も増えるなど、うさぎさんの歯や胃腸の健康もカバー。

さらに鮮度にもこだわり、オリジナルのパックはジップ付きで、脱酸素剤も入っているので、いつでも新鮮な状態を保つことができるのです!

スーパープレミアムチモシー1番刈りの成分表

成分は、たんぱく質は8.0%以上、脂質は2.0%以上と低く、繊維質は36.0%以上と高く、カルシウム量は0.5%とちょうどいい!

スーパープレミアムチモシー1番刈りの牧草

牧草は青々としていて香りもよく、じっさいに私も食べてみましたが、お茶の葉をはんでいるような味わいでとてもおいしかったです。

また、牧草市場のシリーズは、アメリカ産・カナダ産・北海道産といった産地、1番刈り・2番刈り・3番刈りといった刈り取り時期、バミューダヘイオーツヘイ・クレイングラスといったイネ科の牧草など、うさぎさんの好みに合わせた商品展開があるので、おうちのうさぎさんに適した牧草が見つかることはまちがいなし!

もちろん、子ウサギに適したアルファルファもありますよ。

イブスター店長
イブスター店長

これだけあれば、子ウサギから大人ウサギまでだいじょうぶだな

牧草をこれに変えてからは、袋をガサガサやっていると、イブスター店長が牧草を食べる定位置にもどってきて、牧草の補充を待機するようになりました。

スーパープレミアムチモシー1番刈りを食べるうさぎ

このうっとりした表情……そのおいしさがこちらにまで伝わってくるようです!

ミニレッキスのイブスター店長がたどりついた牧草、牧草市場のスーパープレミアムチモシー1番刈り。売れ行きや口コミなどからも、かなりの人気がうかがえる牧草なので、これはとくにおすすめですよ。

今回のまとめ

・うさぎは草食動物で主食は牧草
・牧草の選び方はうさぎさんの成長段階、種類、成分などさまざま
・成分表はとくに繊維質、カルシウムに着目すべし

牧草は味やかたさなどから、うさぎさんが食べてくれないことや、突然食べてくれなくなったりすることもあり、さらにはいろいろなものがあるので、とくに最初はどれにしようかと悩ましい部分もあるとは思うのですが、今回でベストな牧草の選び方はもうバッチリですね!

牧草の場合はペレットとちがって、そこまでメーカーや製品による値段の幅も大きくはありません(基本的に安い)

これだ! というものを見つけるまでには、時間がかかることもあるとは思いますが、ぜひとも、いいものをおうちのうさぎさんに選んであげるなど、うさぎさんの毎日の健康にお役立ててもらえればと思います。

楽天市場では、人気順にならべた牧草の売上ランキングも公開されているので、こちらもあわせてチェックしておけば、牧草選びがさらにはかどると思いますよ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。