【チモシー&マメ科】うさぎの牧草の選び方と辿り着いたおすすめの一品

うさぎさんが食べる牧草は主食として重要な役割を持っているので、牧草について理解を深め、ベストな牧草を選んであげよう!

うさぎさんが毎日食べるご飯を選んであげるのは飼い主さんにとっての重要なミッションの1つですが、ペレット以上に気を遣ってあげなければならないのが、うさぎさんにとっての主食である牧草選びです。

牧草はうさぎさんが毎日食べることで歯の健康や胃腸の健康を保ってくれるなど、うさぎさんの体調に大きく関わるものであり、実はうさぎさんがよく食べる副食のペレットよりも大事なもの。

しかし、牧草もペレットと同様に沢山の種類があり、物によってはうさぎさんがあまり食べてくれないといったことが多いのも事実です。

そこで、今回は数ある牧草の中から見分ける、お家のうさぎさんに適した牧草の選び方と、私が色々と試した結果辿り着いたオススメの牧草をご紹介しよう!

うさぎの牧草の役割

うさぎさんは完全な草食動物であり、元々自然界のウサギは草や木の皮、木の根などを食べて栄養を補給してきたのですが、現在は栄養がバランス良く配合されたペレットを食べることでも、うさぎさんは不足する栄養を補うことができるようになりました。

しかし、ペレットはあくまでも副食であり、栄養補助食品です。

何と言ってもうさぎさんの主食は牧草。元々野生のウサギの主食であった牧草には様々なうさぎさんの健康を維持する効果があり、主に以下のような重要な役割を持っています。

  • 歯の伸びすぎを防ぐ
  • 腸内環境のバランスを整える
  • 腸の蠕動運動を促す

歯の伸びすぎを防ぐ

うさぎさんの歯は一年中伸び続けるもので、これを放っておくと「不正咬合」という噛み合わせの異常が起きてしまい、うさぎさんがご飯を上手く食べられなくなってしまうことがあります。

しかし牧草をよく噛み、歯で磨り潰しながら食べることで、歯の伸びすぎは未然に防ぐことができるため、歯を短く健康な状態で保つことができます。

腸内環境のバランスを整える

うさぎさんの腸内には私たちと同じく善玉菌・悪玉菌といった微生物(腸内細菌)が棲んでいて、食べたご飯を栄養素に変えるといった仕事をしているのですが、食事の偏りなどから悪玉菌が優勢になってしまうと、うさぎさんにとって有害なガスなどが体内で作られてしまうことがあります。

ガスでお腹が張ってしまった場合、その痛みでうさぎさんは動けなくなってしまうこともあるのですが、牧草に含まれる繊維質はうさぎさんの腸内細菌のエサとなるため、牧草を食べることで悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境のバランスを健康な状態で維持してくれるのです。

腸の蠕動運動を促す

牧草の繊維質は栄養素になるだけでなく、腸の蠕動運動を促す役割も持っています。うさぎさんが自分の毛や紙などの異物を多少飲み込んでしまっていても、それらを繊維が絡めとり、うんちと一緒に排出してくれるのです。

よって、牧草を食べることは、うさぎさんにとって特に危険な病気である「毛球症(胃腸うっ滞)」の予防にも繋がるのです。

このように、うさぎさんにとって牧草はなくてはならない物であり、ペレット同様、メーカー、ブランド、製法などの違いから非常に多くのものがあるのですが、こちらも基本的にはうさぎさんの成長や健康状態に合わせて分類されているため、うさぎさんの状態に合ったベストな物を選んであげる必要があります。

うさぎの牧草の選び方

基本的には「牧草」というと乾燥した牧草のことを言うのですが、牧草の選び方にはいくつかの基準があり、ベストな牧草を選ぶポイントとしては以下の5つ。

  1. 種類で選ぶ
  2. 刈り取る時期で選ぶ
  3. グレードで選ぶ
  4. プレスのタイプで選ぶ
  5. 成分表で選ぶ

1. 種類で選ぶ

うさぎさんが食べる牧草は主に、ヨーロッパ原産の多年草であるマメ科の牧草か、同じくヨーロッパ原産の多年草であるイネ科の牧草の2つに分けることができます。

これら2種類の牧草はそれぞれ特徴が異なり、牧草選びのベースとなるため、まずは一番最初にチェックしておこう!

マメ科の牧草

マメ科の牧草はたんぱく質とカルシウムを多く含んでいる特徴を持ち、代表的なものに「アルファルファ」があります。アルファルファは栄養価が高いため、特に体作りの時期である成長期(7か月~1歳くらいまで)の子ウサギに適しています。

ただし、アルファルファは嗜好性が高く、カルシウム量も多いため、大人ウサギにあげ続けているとうさぎさんが「尿石症」という病気になってしまう危険性があるので、大人ウサギの主食には向いていません。

大人ウサギにアルファルファ牧草をあげる場合は、妊娠中の母ウサギなど高栄養を必要とする時期以外はおやつ程度にあげるようにし、子ウサギの成長が終わる頃、またはもう少し前から少しづつイネ科の牧草もあげ始め、大人ウサギになる頃には完全に主食を切り替える必要があります。

イブスター店長
イブスター店長

尿石症はおしっこに含まれるカルシウム分が固まり、尿路に結石ができる病気だ。切り替えの時期には注意してくれ

イネ科の牧草

イネ科の牧草はたんぱく質やカルシウムが少ない代わりに繊維質を豊富に含んでいる特徴を持ち、代表的なものが「チモシー」、その他にも嗜好性の高い「オーツヘイ」「イタリアンライグラス」などがあります。チモシーは繊維質が多いので歯や胃腸の健康にも役立ち、大人ウサギの主食に適しています。

さらに、牧草(主にチモシー)は刈り取る時期によってもいくつかの種類に分けられ、うさぎさんの状態、好みに合ったものを選ぶことができます。

2. 刈り取る時期で選ぶ

牧草は種をまいてから年に2~3回ほど収穫することができるのですが、収穫時期によって「一番刈り」「二番刈り」「三番刈り」と、刈り取った順番で名前が変わり、牧草の持つ特徴も変わってきます。

一番刈り

春から初夏にかけて最初に刈り取られた牧草は「一番刈り」と呼ばれ、一番刈りの牧草は茎が太くて固く、最も豊富な栄養と繊維質が含まれています。

大人ウサギにはこれがベスト!

二番刈り

最初に刈り取られた牧草が再び成長し、夏の終わりから秋にかけて刈り取られた牧草は「二番刈り」と呼ばれ、二番刈りの牧草は茎が細くて柔らかく、うさぎさんが食べやすいという特徴があります。

一番刈りよりも栄養や繊維質は劣りますが、子ウサギやお年寄りウサギなど、噛む力が弱いうさぎさんに適しています。一番刈りを食べないうさぎさんにもオススメ。

三番刈り

二番刈りの後に牧草が再び成長し、冬の初めに刈り取られた牧草は「三番刈り」と呼ばれ、二番刈り同様こちらもうさぎさんが食べやすい。

ただし、一から三番刈りの中で最も栄養価は低いため、使用する場合はうさぎさんの健康状態や、好み(食いつき)によって選んであげるといいと思います。

3. グレードで選ぶ

また、牧草は茶色い葉っぱなどの下草が混じっていることもあるのですが、下草の混入割合などを含めた品質からグレード分けされていて、一番上から順に、

  1. スーパープレミアム(ホース)
  2. プレミアム(ホース)
  3. ナンバーワン(ホース)
  4. スーパープレミアムデイリー
  5. プレミアムデイリー
  6. ナンバーワンデイリー

と、6段階にグレード分けされています。

ただ、これに関してはほとんどが最上位グレードのスーパープレミアム(ホース)か、プレミアム(ホース)が大半なので、そこまで気にする必要もないのですが、最低でも牧草を選ぶ時はプレミアム(ホース)以上にした方がいいでしょう。

4. プレスのタイプで選ぶ

基本的に牧草は収納スペースを押さえるためであったり、効率よく運搬するため、出荷される前に圧縮されることが多いのですが、この圧縮作業をプレスと言い、牧草はプレスの仕方によって「シングルプレス」と「ダブルプレス」に分かれます。

シングルプレス

シングルプレスは圧縮率が低く、茎や穂が潰れていないのが特徴で、くずも出にくく、牧草が最も自然に近い状態で保たれています。

茎も長いままの状態なので、ロングタイプの牧草が好きなうさぎさんにはこれがベスト!

イブスター店長
イブスター店長

ウサギには一度くわえたものを最後まで食べる習性があるらしい

ダブルプレス

ダブルプレスは圧縮率が高く、茎や穂が押し潰された状態になるため、食べやすくなっているのが特徴で、先ほどの刈り方同様、子ウサギやお年寄りウサギ、柔らかい牧草が好きなうさぎさんに適しています。

ある程度牧草のくずが出るのは致し方ない。

5. 成分表で選ぶ

そして最後に、牧草のパッケージの裏側を見ると、牧草の成分が表記されていると思うのですが、この成分表も結構大事なのでチェックしておこう。

パスチャーチモシーの成分表

例えば、これはハイペットの「パスチャーチモシー」という牧草の成分表ですが、基本的には牧草の成分表はこのように、

  • たんぱく質
  • 脂質
  • 繊維質
  • 租灰分(カルシウムなどのミネラル成分)
  • 水分

などの項目が表記されているのですが、ここで着目すべき点は主に4つ。たんぱく質、脂質、繊維質、カルシウム量だ!

たんぱく質

たんぱく質はうさぎさんの成長に欠かせない栄養素ですが、多いとうさぎさんの肥満にも繋がるため、大人ウサギの主食に適したチモシーの場合は8~10%くらいがちょうどいいと思います。

子ウサギに適したアルファルファは大体18%前後のものが多いです。

脂質(脂肪分)

脂質もたんぱく質同様、多いとうさぎさんが太ってしまうのですが、チモシーもアルファルファも大体2%前後なのでそこまで気にする必要もありません。

ただ、うさぎさんのダイエットを考えている場合はできるだけ脂質が低いものを選んであげるといいと思います。

繊維質

繊維質はうさぎさんの歯や胃腸の健康に関わる一番大事なポイントで、基本的に多いに越したことはなく、チモシーの場合は30%以上はあるとグッド!

アルファルファは基本的にはチモシーよりも繊維質が少ないのですが、大体19%以上あれば問題ないと思いますよ。

カルシウム

カルシウムはうさぎさんの骨などをつくるために必要な栄養素で、成長期の子ウサギには特に必要なものですが、大人ウサギは摂りすぎると、前述の通りで「尿石症」という病気のリスクが上がるため、注意が必要です。

目安としては、チモシーの場合は0.5%以下、アルファルファの場合は1.0~1.5%くらいがちょうどいいでしょう!

イブスター店長
イブスター店長

ウサギの体は食事中のカルシウムを多く吸収し、尿と一緒に排出するつくりになっているんだ。特にカルシウム量には注意してくれ

オススメの牧草

うさぎさんの成長段階、牧草の種類やタイプ、成分など、これらを考慮すればお家のうさぎさんに適した牧草がきっと見えてくるはず。

そこで、イブスター店長が辿り着いた牧草を紹介する前に、これらを考慮した上でのオススメの牧草をいくつかご紹介するので、是非ともうさぎさんの牧草選びの参考にしてほしい!

GEX ラビットプレミアムチモシー

GEX(ジェックス)はイブスター店長もいくつかの製品を愛用している小動物用品のメーカーですが、そのGEXから出ているペレットが「ラビットプレミアムチモシー」です。

ラビットプレミアムチモシーはうさぎさん本来の食生活を実現するべく、臨床獣医師とブリーダーと共に作り上げられたコンセプトフード「ラビットプレミアムフード(ペレット)」と最適な組み合わせで作られた高品質の乾燥牧草で、もちろん組み合わせなくても十分使い続けることができるチモシー牧草です。

特に注目すべきは繊維質の高さで、繊維質は39.4%以下と高水準。カルシウムも量も0.49%と申し分ないです。

同社のペレットと組み合わせても、組み合わせなくてもバランスがいい牧草なので、大人ウサギの主食にはオススメだ!

ハイペット チモシーの恵&きわみ

ハイペットはイブスター店長も食べている物がある小動物用フードのメーカーですが、ハイペットから出ている「チモシーの恵」は牧草を食べてくれないうさぎさんにオススメしたい製品です。

というのも、チモシーの恵は厳密に言うと牧草ではなく、粗挽きのプレミアムチモシーを細長く固めた牧草の代用ペレットで、牧草の代わりとして使うことができる、うさぎさんが好きなペレットだからです。

実は、うさぎさんによっては牧草を食べてくれないということも珍しいことではありません。ペレットばかりを食べているとうさぎさんの健康状態に問題が起きてしまってもおかしくはないのですが、そんな問題を解決するために作られたのがチモシーの恵。

チモシーの恵は一般的なチモシー牧草と比べると繊維質は23.0~27.0%とやや低いですが、カルシウム量は0.2~0.4%とちょうどよく、毛玉に配慮したパパイヤ酵素、腸内環境を整える乳酸菌も配合。

牧草と比べて散らかりにくいというメリットもあるため、牧草を食べてくれないうさぎさんには是非試してみてほしい!

さらに、チモシーの恵には上位版である「チモシーのきわみ」もあり、チモシーのきわみは基本的な成分は恵と一緒ですが、ペレットのつなぎに使われ、うさぎさんが消化しにくいデンプン類・穀類、グルテンは不使用のダブルフリーを実現!

チモシーの恵もきわみも、牧草を食べてくれないうさぎさんの救世主になること間違いなしだ!

ハイペット パスチャーチモシー

ハイペット、パスチャーチモシー

同じくハイペットの「パスチャーチモシー」はイブスター店長が2年以上に渡って主食として食べてきた牧草で、この牧草は非常にグッド!

何よりも入手しやすいというのが良く、24時間営業のディスカウントストアなんかでも販売されていたため、いつでも買いに行けるというところが良かったです。

成分は先ほどの通りで、たんぱく質は0.8%以上、カルシウムは0.3%と低く、繊維質は35.0%以下と高めで、全てが申し分ない!

さらに、商品展開は子ウサギに適した「パスチャーアルファルファ」、大人ウサギに適した「パスチャーチモシー」、お年寄りウサギに適した「パスチャーチモシーソフト」と、うさぎさんの成長段階に合わせて変更できるところもいい!

しかし、2019年後半に製品がリニューアルし、カルシウム量も減ってさらに良くなったのですが、微妙な味の変化からイブスター店長の食いつきが少し悪くなってしまい、残念ながら私の場合は変更を余儀なくされることとなってしまいました。

ただ、これから使い始めるという方にはこのリニューアルは全く問題ないと思うので、是非とも使ってみてほしいと思います。それと、パッケージの底に毎回1割くらい細かい牧草が溜まっていると思うので、これはもう床材なんかにしちゃった方が良いですよ。

イブスター店長が辿り着いた一品

それでは最後に、イブスター店長が遂に辿り着いたお勧めの一品をご紹介しよう。

イブスター店長
イブスター店長

辿り着いた牧草はこれだ!

牧草市場、スーパープレミアムチモシー1番刈り

銘柄牧草市場 スーパープレミアムチモシー1番刈り
主原料チモシー
牧草のタイプロングタイプ/シングルプレス
内容量500g

牧草の販売や卸売りなどを手掛けるマペット株式会社が販売する「牧草市場」のシリーズには非常に多くのラインナップがあるのですが、その中でも最もオーソドックスな牧草が、このスーパープレミアムチモシー1番刈り。

スーパープレミアムチモシー1番刈りは、厳しい検疫・検査をクリアした最高品質のスーパープレミアムグレードは当然のこととして、社内独自に導入された牧草マイスター制度の導入により、最高品質の牧草からさらに厳選したものだけをパッケージング。

チモシーはなるべくカットせずにロングタイプのものを使用していて、先ほども少し触れましたが、うさぎさんは一度くわえたものを最後まで食べる習性があるため、自然と咀嚼数、牧草の食べる量も増え、うさぎさんの歯や胃腸の健康もカバー。

さらに鮮度にもこだわり、オリジナルのパックはジップ付きで脱酸素剤も入っているため、いつでも新鮮な状態を保つことができるのです!

スーパープレミアムチモシー1番刈りの成分表

成分は、たんぱく質は8.0%以上、脂質は2.0%以上と低く、繊維質は36.0%以上と高く、カルシウム量は0.5%とちょうどいい!

スーパープレミアムチモシー1番刈りの牧草

牧草は青々としていて香りもよく、実際に私も食べてみましたが、お茶の葉を食んでいるような味わいでとても美味しい!

また、牧草市場のシリーズはアメリカ産・カナダ産・北海道産といった産地、一番刈り・二番刈り・三番刈りといった刈り取り時期、バミューダヘイ・オーツヘイ・オーチャードグラスといったイネ科の牧草など、うさぎさんの好みに合わせた商品展開があるので、お家のうさぎさんに適した牧草が見つかることは間違いなしだ!

もちろん子ウサギに適したアルファルファもあるぞ!

イブスター店長
イブスター店長

これだけあれば子ウサギから大人ウサギまで大丈夫だな

ちなみに私はこれはいけると確信したので、パスチャーチモシーからの切り替えの際に一気に6袋まとめ買いをしたのですが、牧草市場に替えてからは袋をガサガサやっていると、イブスター店長が牧草を食べる定位置に戻ってきて牧草の補充を待機するようになりました。

スーパープレミアムチモシー1番刈りを食べるうさぎ

そして見よ、この恍惚の表情を……!美味しそうに牧草を食べているぞ!

イブスター店長が辿り着いた牧草、牧草市場のスーパープレミアムチモシー1番刈り。これは特にオススメの牧草だ。

今回のまとめ

・うさぎさんの主食は牧草
・牧草の選び方はうさぎさんの成長段階、種類、成分など様々
・成分表は特に繊維質、カルシウムに着目すべし

牧草は味や固さなどからうさぎさんが食べてくれないことや、突然食べなくなったりすることもあり、色々なものがあるので特に最初はどれにしようかと悩ましい部分もあるとは思うのですが、今回でベストな牧草の選び方はもうバッチリですね!

また、牧草の場合はペレットと違い、そこまでメーカーや製品による値段の幅も大きくはありません。なので、是非いいものをお家のうさぎさんに選んであげ、うさぎさんの毎日の健康に役立ててほしいと思います。

ちなみに楽天市場では牧草の売上ランキングも発表されているので、こちらも併せて牧草選びの参考にしてほしい!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す