【うさぎの餌切り替え】ペレットや牧草を新しい物に替える方法と注意点

うさぎさんのペレットや牧草を別のもの、新しいものに替えたい。そんな時はきちんとした方法で餌を替えてあげよう!

うさぎさんが子ウサギから大人ウサギへと成長するなどの年齢の変化、健康を考えての変更、近場でいつも買っている餌が入手できなくなった等、様々な理由からうさぎさんの主食となる牧草やペレットを切り替える時が出てくると思うのですが、いきなり餌をゴッソリと替えてしまうというのは良くありません。

というのも、うさぎさんは警戒心が強い生き物なので、特に食べ物に関しての警戒は強く、餌を食べなくなってしまうことがあるからです。

なので、今回はうさぎさんがスムーズに新しい餌を食べてくれるようになるよう、ペレットや牧草の切り替え方をご紹介しよう!

ペレットや牧草を切り替える準備

これはうさぎさんの性格によってもそれぞれ異なると思うのですが、餌を完全に切り替えるまでの期間は最低でも2週間、長ければ1か月ほどかかると考えておいて間違いはないと思います。

なぜそんなに長い時間が必要になるのかというと、冒頭の通りで、いきなり餌を替えても基本的には食べてくれないことの方が多く、うさぎさんの警戒心をゆっくりと解いてあげる必要があるからです。

そのため、餌を新しい物に替えようと思った時は、今まであげていた餌がなくなってからでは時すでに遅しなので、最低でも2~3週間分の餌が残っている状態で新しい餌を購入しておく必要があります。

また、うさぎさんはグルメなので、新しい餌を気に入ってくれるかというのも定かではなく、場合によっては味が気に入らずに全く食べてくれないといったこともあるため、新しい餌を購入する場合は一先ずまとめ買いはせず、あれば小さいサイズのものを購入しておくといいでしょう!

イブスター店長
イブスター店長

いくら経っても興味を示さなかった場合は一工夫するという手もあるが……それは一先ず置いておこう

新しいペレットへの替え方

新しい餌を購入し、準備が整ったら早速その日からペレットの切り替えを始めていくのですが、この時のポイントとペレットを完全に切り替えるまでの流れは以下の通り。

  1. 始めは新しい方のペレットはほんの僅かだけ
  2. 1:9、2:8とペレットの割合を徐々に変えていく
  3. ペレットの割合を10:0にし、切り替え完了

それではより具体的に見ていこう!

1. 始めは新しい方のペレットはほんの僅かだけ

うさぎさんはペレットや牧草、野菜などもそうなのですが、新しいものは匂いだけ嗅いで食べてくれないことも多いので、まずは新しいペレットが食べても安全であることを知ってもらうため、食事の時間になったら餌箱にほんの僅かだけ新しいペレットを入れておきます。

うさぎのペレットを切り替えるための分量

具体的な量はペレットの大きさにもよるのですが、このように10~20粒くらいを目安に、普段のペレットの上に振りかける程度の量を入れておきます。

すると、うさぎさんは匂いだけを嗅いで新しいペレットは食べずに、普段の物だけを食べるか、場合によっては少しだけ新しい物を食べてくれることもあるとは思うのですが、いずれの場合も振りかけた新しいペレットを全て食べてくれるまではこの量を維持し、様子を見ていきます。

2. 1:9、2:8とペレットの割合を徐々に変えていく

続いて、一番最初の振りかけた量を全て食べてくれたら次の段階、新しいペレットの割合を増やしていく段階に進みます。

まずは「新しいペレット1:普段のペレット9」から始め、これも先ほどと同様に新しいペレットを全て食べてくれたら、餌の割合を「新しい2:普段の8」と、徐々に新しいペレットの割合を増やしていきます。

この時のポイントとしては、

  • 1回の食事の総量は変えずにペレットの割合だけを変える
  • 新旧ペレットは混ぜ合わせずに普段のペレットは下、新しいペレットは上という順に入れておく

このようにするとペレットの切り替えが捗ります。

恐らく最初は、うさぎさんは餌をかき分けて普段食べているペレットから食べ、残った新しいものは後から渋々食べるような感じになると思うのですが、とにかく焦らず急がず、うさぎさんが新しいペレットを食べ切ってくれるまではその配分を維持し、ゆっくりとペレットの切り替えを進めていくといいと思います。

また途中、「新しい3:普段の7」では完食してくれたのに、「新しい4:普段の6」では新しい方のペレットを残して食べてくれないということが起きた場合、そんな時は無理に新しいペレットを食べさせようとはせず、ペレットの配分を「新しい3.5:普段の6.5」や「3:7」に戻すなどして、全てのペレットを食べ切ってくれる量を確認しながら調整してあげよう!

イブスター店長
イブスター店長

全てを食べきるまでご飯はお預け、というのは無しだ

3. ペレットの割合を10:0にし、切り替え完了

ペレットの割合が「新しい7:普段の3」、「新しい8:普段の2」あたりまで来れば、恐らくお腹を空かせたうさぎさんは餌箱の上の方、つまり新しいペレットから食べてくれるようにもなっているはず!

ここまで来ればペレットの切り替えはほぼ完了です。

後は様子を見ながら「新しい9:普段の1」、そしてペレットの割合を「10:0」に変え、うさぎさんがきちんとペレットを食べ切ってくれていることを確認したら、それからは新しいペレットだけをあげるようにしよう!

切り替えが終わったペレットを食べるうさぎ

イブスター店長も何度かペレットを替えてきたのですが、最初はあまり食べてくれなくても、現在は切り替えたペレットをとても気に入ってがっついているぞ!

イブスター店長
イブスター店長

健康志向のペレットがオススメだ!

新しい牧草への替え方

続いてうさぎさんの主食となる牧草ですが、これも基本的な方法はペレットを切り替える時と同じで、少しずつ新しい牧草の割合を増やしていき、最終的に全て新しい牧草に替えてしまえばOK!

うさぎの牧草の切り替え方

具体的にはこのように、うさぎさんがよく食べる場所、食べやすい場所に新しい牧草を入れ、残りは普段の牧草を入れるようにするといいと思います。

ただ、牧草に関しては自然の物なので、同じ製品でも品質にバラつきがあったり、ものが結構違うといったことが割とよくあるのですが、それでもあまり関係なく普段から食べてくれるうさぎさんであれば、牧草に限って言えば切り替えは特に時間もかからず、スムーズに切り替えることができると思います。

しかし、これもやはりうさぎさんによる部分が大きいと思いますし、特に牧草はうさぎさんが食べることで歯を短く保ち、不正咬合(噛み合わせの異常)を防ぐ役割もある大切な主食なので、ペレット以上に気を遣ってあげる必要もあります。

牧草はそこまで選り好みしないうさぎさんであれば切り替えは楽だとは思いますが、ペレット同様、時間をかけて様子を見ながら切り替えてあげて下さい。

イブスター店長
イブスター店長

ペレット同様全然ダメという場合は、違うメーカーのものも検討してみてくれ!

餌を切り替える際の注意点

ペレットや牧草など、うさぎさんの餌を切り替える際には、

  • 餌の全てを一気に切り替えない
  • 無理矢理にでも食べさせようとしない

という大きな注意点が2つありますが、その他にももう1つ、うさぎさんに対するフェイク、つまり誤魔化すような餌の切り替え方には注意が必要となってきます。

どういう事かと言うと、例えば新しいペレットを普段のペレットの袋の中に入れて匂いを分からないようにしたり、普段のペレットの粉をまぶしたり、好物のおやつなどを砕いて振りかけたりと、匂いは好きなものなのに味が違うというようなことを続けていると、そういった匂いがついているペレットしか食べなくなってしまったり、場合によっては不信感から普段食べているペレットも食べなくなってしまうということが起こり得るのです。

これは餌の切り替え時ではない別件なのですが、そのようなフェイクを仕方ない事情があって何度か使用した結果、イブスター店長は数日間牧草くらいしか食べなくなってしまったことがありました。

グルメアニマルのうさぎさんにフェイクは通用しません。ペレットを餌箱の中でミックスしても、うさぎさんはどうせ匂いで嗅ぎ分けて食べたい方から食べていくので、結局は普通に切り替えていくのが一番だと思いますよ。

今回のまとめ

・餌を完全に切り替えるまでには2~4週間ほどかかる
・切り替えは少しずつ行い、徐々に割合を増やしていく
・インチキは良くない

基本的にはゆっくりと餌の配分を変えていくことで、ペレットも牧草も切り替えることができると思いますが、うさぎさんにも好みがあるので、ものによっては全く受け付けないということもやはりあります。

そういった場合は、繰り返しになってしまうのですが、無理に食べさせようとするとうさぎさんが体調を崩してしまうこともあるため、時には諦めることも必要となってきます。

ただし、フェイクというか一工夫してみることでうさぎさんが新しい餌を食べても安全だと判断し、その後も食べてくれるようになる場合ももちろんあるので、全然ダメという時は最終手段として、そういった工夫をしてみるのもありだ。

関連記事

ペレットの選び方とオススメのペレットはこちら
【成長期~高齢期】うさぎのペレットの選び方と辿り着いたお勧めの一品

牧草の選び方とオススメの牧草はこちら
【チモシー&マメ科】うさぎの牧草の選び方と辿り着いたお勧めの一品

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す