うさぎが餌を変えたら食べない時は?うまくいくペレット・牧草の切り替え方を紹介

うさぎが餌を変えたら食べない時は?うまくいくうさぎのペレット・牧草の切り替え方

うさぎさんの餌(牧草・ペット)を新しいものに変えるときはでてくると思います。

すると、餌を食べてくれなくなることがあるのですよね。

イブスター店長

で、どうすればいいんだ?

そこでこの記事では、うまくいきやすい「うさぎの餌の切り替え方」を紹介します。

この記事でわかること
  • うさぎが餌を変えると食べなくなる理由
  • うさぎのペレット・牧草をスムーズに切り替える方法

さきにいうと、この「うさぎが餌を変えたら食べない……」は、餌の切り替え方に問題がある可能性があります。

警戒心の強いうさぎさんが、新しい餌を“警戒して”食べてくれないのです。

ミナト

でも安心してください

そういうことなら、うさぎさんの警戒心をといてあげればいいのですよね?

きちんとした手順をふめば、新しい餌でも、たくさん食べてくれるようになりますよ。

ではさっそく、そのうまくいく餌の切り替え方を見ていきましょう!

パソコンをいじるイブスター店長

この記事に登場するうさぎ

  • ミニレッキスのイブスター店長
  • 2016年11月生まれのオス(現在6歳)
  • 好きな食べ物は野菜と果物
目次

うさぎが餌を変えると食べない理由

うさぎが餌を変えると食べなくなる理由
  • うさぎが大人に成長して
  • うさぎの健康を考えて
  • いつも買っている餌が入手できなくなって

とか、うさぎさんの餌を変えるときはでてくると思います。

でも、いきなり新しいものにゴッソリと変えてしまうのはよくありません。

イブスター店長

餌を食べなくなってしまうからだな

では、なぜ餌を食べてくれないのか?

というと、うさぎさんは警戒心が強い生きもので、食べものに関してはとくにそうだからです。

急に餌が変わると、警戒してしまい、それで餌自体を食べなくなってしまうことがあるのです。

ミナト

極端な話をすると、

ご飯ですよ、といわれて目の前に昆虫食を出されても、ふつうはそう手をつけられないですよね?

うさぎの餌を変えると食べない問題は、これと似たような話でもあるのです。

そんなわけで、うさぎさんが変えたペレット・牧草を食べてくれない原因は、餌の切り替え方の問題がまず考えられるでしょう。

イブスター店長

新しい餌の味が気に入らん!

ということもたしかにありますが、それは餌の切り替えをためしたあとでわかることです。

これから見ていく方法でも食べてくれないなら、そのときに味の問題を考えてあげるといいですよ。

うさぎの餌を切り替えるための準備

うさぎの餌を切り替えるさいに準備すること

では、ここからは実践的な話です。

うさぎの餌の切り替えに必要なこと(期間・準備)を確認していきましょう。

ミナト

まずは切り替えにかかる「期間」です

これはうさぎさんによっても異なると思いますが、餌を完全に切り替えるまでの期間は、

最低でも2週間、長ければ1か月ほどかかる

と考えておくといいと思います。

なぜそんなに長い時間が必要になるのか? というと、これはさきほどのとおり。

いきなり餌を変えると、うさぎさんは警戒して食べてくれないことが多いので、警戒心をゆっくりといてあげる必要があるからです。

イブスター店長

ということは、だな

餌を新しいものに変えるさい、それまであげていた餌がなくなっていてはよくないですよね?

よって、「最低でも2~3週間ぶんの餌がのこっている状態で、新しい餌を購入しておく」必要があります。

この2つ(古い餌と新しい餌の両方)が、餌の切り替えで準備するものです。

また、これもさきのとおりで、うさぎさんはグルメな生きものです。

新しい餌を気に入ってくれるかはさだかではなく、場合によっては「味が気に入らずに結局食べてくれない」といったことも起こります。

ですから、新しい餌(ペレット・牧草)を購入するときは、単品で買うのがおすすめです。

まとめ買いはせず、まずはためしにということで、1袋のものを購入するのがいいですよ。

イブスター店長

いったんまとめておくぞ

餌の切り替え準備まとめ
  • 餌の切り替え期間は2週間~1か月をみておく
  • 準備するものは2~3週間ぶんの古い餌と新しい餌
  • 新しい餌はまずは1袋だけを購入するといい

うさぎのペレットを変える方法

うさぎのペレットを変える方法

新しい餌を購入して準備がととのったら、さっそく餌の切り替えといきたいところです。

……が、ペレットと牧草で微妙に方法が異なるので、

①さきにペレット、②つづいて牧草

この順番で、うさぎの餌の切り替え方を見ていくことにしましょう。

ミナト

ということで、まずはペレットです

ペレットを新しいものに変える場合は、以下の手順で進めていくと、スムーズに完了すると思いますよ。

餌の切り替え手順
  1. はじめは新しいペレットはすこしだけ入れる
  2. 「1:9」「2:8」とペレットの割合を徐々に変えていく
  3. ペレットの割合を「10:0」にし、切り替え完了

それぞれ補足していくので、これらの手順を具体的に見ていきましょう!

1. はじめは新しいペレットは少しだけ入れる

最初は新しいペレットは少しだけ餌箱に入れる

餌の切り替えは、新しいペレットが「食べても安全」だと知ってもらうことからはじめます。

うさぎさんは新しい食べものに関しては、匂いだけ嗅いで食べてくれないことも多いです。

これはペレット・牧草だけでなく、野菜・果物などの好物もそうです。

そこで食事の時間になったら、餌箱にすこしだけ新しいペレットを入れるようにしましょう。

こうすることで、きちんとご飯は食べられつつ、新しい餌にも慣れてもらうことができますよ。

具体的なペレットの量は、以下のような感じで、

うさぎのペレットを切り替えるための分量

10~20粒くらいを目安に、ふだんのペレットの上にふりかける程度を入れておきます。

うさぎさんは最初、匂いだけを嗅いで新しいペレットは食べず、ふだんのものから食べていくと思います。

それでも、すこしだけ新しいものを食べてくれるなど、徐々に新しい餌も食べてくれるはず。

ふりかけた新しいペレットをすべて食べてくれるまではこの量を維持!

最初のステップでは、このようにして、ようすを見てあげるようにしましょう。

ポイントは新しいペレットの分量だけふだんのものを減らす(1回分の総量は変えない)ことです。新しい餌に食べのこしがあったら、くりこさずに捨ててしまったほうがうまくいきますよ。

2. 新旧ペレットの割合を徐々に変えていく

新しいペレットと普段のペレットの割合を変えていく

うさぎさんの警戒もとけ、ふりかけた量をすべて食べてくれるようになったら、つぎは「新しいペレットの割合を増やしていく」段階に進みます。

具体的な手順としては、以下のとおりで、

  1. 餌の割合は「新しいペレット1:普段のペレット9」からはじめる
  2. 新しいペレットをすべて食べてくれるまではその割合を維持する
  3. 餌の割合を「新しい2:普段の8」→「3:7」……と変更していく

徐々に新しいペレットの割合を増やしていくといった感じ。

グラム単位で正確にはかれるといいですが、割合は目分量でもだいじょうぶです。

ちなみに、このときのポイントは2つあって、

  • 1回の食事の総量は変えずにペレットの割合だけを変える(STEP1とおなじ)
  • 新旧ペレットは混ぜ合わせずに、新しいペレットは上、普段のペレットは下、という順に入れておく

このようにしてあげると、ペレットの切り替えがはかどります。

おそらく最初は、うさぎさんは餌をかきわけて、ふだん食べているペレットから食べるでしょう。

イブスター店長

のこった新しいものは、あとからしぶしぶ食べるような感じだな

それでも、上にあるペレットは、単純に食べやすい場所にあります。

ようするに、食べてくれる可能性が多少はアップするので、新しいペレットは上にするのがいいのです。

うさぎが新しいペレットを食べきってくれるまではその配分を維持する

いそがずあせらずで、ゆっくりとペレットの切り替えを進めていきましょう。

また、切り替えの途中で、

  • 「新しい3:普段の7」では完食していたのに、「新しい4:普段の6」では新しいペレットがのこってしまう

つまり、すべてを食べきってくれない、ということが起こることもあるかと思います。

そんなときは、無理に新しいペレットを全部食べさせようとはせず、ペレットの配分をもどしましょう。

たとえば「新しい3.5:普段の6.5」や「3:7」にもどしてあげます。

このようにして、すべてのペレットを食べきってくれるように調整してあげるといいですよ。

イブスター店長メモ

「すべてを食べ切るまでご飯はおあずけ」というのはナシだな! ご飯の時間はいつも通りにして、あまった餌は交換してしまうのがいいぞ。

3. ペレットを新しいものだけにして切り替え完了

餌を新しいペレットだけにして切り替え完了

その後も順調にいけば、ペレットの割合は「新しい7:普段の3」や「8:2」ほどまでいっていると思います。

おなかをすかせたうさぎさんも、新しいペレットをメインに食べてくれるようになっているはずです。

ミナト

ここまでくれば、ペレットの切り替えはほぼ完了です

あとは様子を見ながら、ペレットの割合を「新しい9:普段の1」、それから「10:0」と変えるだけです。

うさぎがきちんとペレットを全部食べきっていることを確認する

それができたら、その後は、新しいペレットだけをあげるようにすればOKですよ。

切り替えが終わったペレットを食べるうさぎ

(新しいペレットをがっついて食べるイブスター店長)

ミニレッキスのイブスター店長も、何度かペレットの切り替え経験がありました。

最初はあまり食べてくれないこともありましたが、この方法ですべてうまくいっています。

切り替え後のペレットをとても気に入ってがっついていますよ。

イブスター店長

とにかく「慣れ」が大事ということだな

うさぎの牧草を変える方法

うさぎの牧草を変える方法

つづいては、うさぎさんの主食となる牧草の切り替え方です。

これも、基本的にはペレットを変えるときとおなじで、

  1. すこしずつ新しい牧草の割合を増やしていき、
  2. 最終的にはすべて新しい牧草に替えてあげる。

このようにすればOKです。

具体的にはつぎのとおりで、

うさぎの牧草の切り替え方

うさぎさんがよく食べる(食べやすい)場所に新しい牧草を入れ、のこりはふだんのものを入れるようにするといいでしょう。

牧草は自然のものなので、おなじ製品でも品質が(モノが)ちがうといったことはあります。

たとえば「新刈り」でも味や香りは変わります(ただしこの場合はウマくなるほうですが)。

それでも関係なくふだんから食べてくれるなら、牧草の切り替えはペレットよりもラクになるかもしれません。

時間もかからず、スムーズに切り替えられる場合もあるので、ぜひトライしてみてくださいね。

ミナト

もっとも、それはうさぎさんによる部分も大きいです

とくに牧草は、つぎの役割をもった大切な主食なので、

ペレット以上に気をつかってあげる必要があります。

牧草はそこまで選り好みしないうさぎさんなら、切り替えは比較的ラクだとは思います。

しかし餌の切り替えは、主食の牧草のほうが大事だともいえます。

通常はペレットとおなじく、うさぎさんの様子を見ながら、時間をかけて切り替えていくようにしましょう。

イブスター店長

それでもうまくいかない時は、ちがうメーカーの牧草も検討してみてくれ

モグピョンチモシー

おすすめの牧草

うさぎの牧草は高品質な「」もおすすめです。

おまとめ買いで最大20%OFFに! これなら食べてくれるという可能性もあるのでぜひためしてみてください。

>> モグピョンチモシーのレビュー&入手方法はこちら

うさぎの餌を切り替えるときの注意点

うさぎの餌を切り替える時の注意点

ここまでの話で、うさぎの餌の切り替えはOKだと思います。

ただ、まだお話ししていない注意点があるので、最後にそれも確認しておくことにしましょう。

まずはおさらいからです。

ペレット・牧草などのうさぎの餌を変えるさいは、以下の2つの注意点があるんでしたよね。

  • 餌のすべてを一気に切り替えない
  • 無理やりにでも食べさせようとしない
ミナト

それで、そのほかにもう1つあって、

つぎのような、うさぎさんを「ごまかす」餌の切り替え方には注意が必要となってきます。

  • 新しい餌をふだんの餌袋の中に入れて、匂いをわからなくする
  • 新しいペレットにふだんのペレットの粉をまぶしておく
  • 好物のおやつなどをくだいて、新しいペレットにふりかけておく
イブスター店長

フェイク的手法だな

「匂いは好きなものなのに味がちがう」

こういったことをしていると、うさぎさんは、その匂いがついた餌しか食べてくれなくなったりもします。

場合によっては、不信感から、ふだん食べているペレットさえも食べなくなってしまう……なんてこともです。

投薬のためにそのようなフェイクを使ったところ、イブスター店長は数日間ペレットを食べなくなった(牧草しか食べなくなった)ことがありました。これもごまかしの副作用だったように思います。

ようは、グルメアニマルのうさぎさんにフェイクは通用しないということ。

袋の中で餌をミックスしても、うさぎさんはどうせ、匂いで嗅ぎわけて食べたいほうから食べていきます。

ですから、結局は「すこしずつ割合を変えていく」方法がいちばんだと思いますよ。

ミナト

もちろん、それでうまくいく場合もあります

フェイクというか、匂いをかぶせる「ひと工夫」でうまくいくパターンですね。

だまされたと思って食べてみたらけっこういけて、その後も新しい餌を食べてくれる場合もあるわけです。

ですからこの「香りづけ」は、最終手段としておぼえておくのがいいかもしれません。

餌の切り替えが全然ダメだという最後にだけ、ためしに使ってみるのがいい気がしますよ。

イブスター店長

フェイクは「奥の手」ということだな!

今回のまとめ

  • 餌を完全に切り替えるまでには2~4週間ほどかかる
  • 切り替えは少しずつおこない、徐々に割合を増やしていく
  • フェイクを使うと餌を食べてくれなくなったりもするので注意!

うさぎの餌の切り替えは、餌の配分を変えていくことで、ペレットも牧草も切り替えられると思います。

ミナト

ただ、うさぎさんにも好みがあるので、

ものによっては「どうしても食べてくれない」こともあるでしょう。

そんなときは、これはダメだとあきらめて、品質のいいほかのものを検討してみるのもおすすめです。

牧草・ペレットは、各メーカーからいろんなものが販売されています。

メーカーによって味や香りがちがうので、いろいろためしていくなかで、うさぎさんの好みに合うものが見つかったりもするのです。

うさぎさんはおなかが空いていても、食べたくないものは食べてくれません。

イブスター店長

無理に食べさせようとすれば、体調をくずしてしまうだろう

ですから、餌の切り替えがうまくいかないときは、餌自体を変える方法も検討してみてください。

品質のいいペレット・牧草は、以下の関連記事でも紹介しています。

餌の選び方もあわせて解説してあるので、まだ変える餌が決まっていないときも参考にしてみてくださいね。

「コレだ!」という餌はきっと見つかるはずなので、あわせてどうぞ!

スポンサーリンク

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次