【成長期~高齢期】うさぎのペレットの選び方と辿り着いたお勧めの一品

うさぎさんが毎日食べるペレット選びは重要なので、ペレットについての理解を深め、ベストなペレットを選んであげよう!

子ウサギが大人へと成長する体づくりのため、大人ウサギが毎日を元気に過ごせるため、お年寄りウサギがいつまでも健康でいられるため。

うさぎさんが毎日食べるペレット選びは飼い主さんにとって重要なミッションの1つ。でも、メーカーによって種類も値段も全く異なるので、どれにすればいいのか、何を基準に選べばいいのかわからないということもありますよね。

なので、今回はうさぎさんのペレットの選び方と、私が色々と試した結果辿り着いた、オススメのペレットを紹介しよう!

うさぎのペレットの役割

うさぎさんの主食である牧草と並んで大切な役割を持つのがペレットですが、そもそもペレットとは何なのかと言うと、様々な原材料や栄養素をまんべんなく混ぜてから粒状に固めた固形飼料のことを言います。

ウサギは様々な草を食べる完全な草食動物ですが、元々野生のウサギは草や木の皮、木の根など、決して豊富な栄養があるわけではない草根木皮からなんとか栄養を補給し、厳しい自然界を生き抜いてきました。
そしてそれは、お家のうさぎさんの場合も基本的なことは一緒で、主食の牧草だけでは栄養に偏りが出てしまい、健康な体をつくって維持していくのは難しいのです。

そこで登場するのがペレットです。
ペレットには様々な原料・栄養がバランス良く配合されているので、うさぎさんはペレットを食べることで、牧草だけでは不足する栄養を効率的に補うことができるのです。

要するにペレットとは、うさぎさんにとっての栄養補助食品のような物なのです!

ペレットには非常に多くの物があり、メーカーによってブランド、栄養成分や原材料の配合、形、味、匂いまで、その全てが異なりますが、基本的にはうさぎさんの成長や健康状態に合わせて分類されているので、うさぎさんの状態にあったベストな物を選んであげる必要があります。

うさぎのペレットの選び方

ペレットの選び方にはいくつかの基準があり、共通する部分も多いのですが、うさぎさんにとってベストなペレットを選ぶポイントとしては主に以下の5つ。

  1. 主原料から選ぶ
  2. 年齢や成長段階に合わせて選ぶ
  3. 保証成分から選ぶ
  4. 原材料から選ぶ
  5. 形、味、匂いから選ぶ

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう!

1.主原料から選ぶ

ペレットの主原料は牧草ですが、基本的には「アルファルファ」という牧草がメインのものか、「チモシー」という牧草がメインのものかの2種類に分かれています。

アルファルファとはヨーロッパ原産のマメ科の多年草のことで、たんぱく質とカルシウムを多く含んでいる特徴を持ち、アルファルファがメインのペレットは、うさぎさんにとって大切な体づくりの時期である特に成長期の子ウサギに、妊娠・授乳などで栄養が必要となる繁殖期の母ウサギに、量を食べられなくなって痩せてきた高齢期のお年寄りウサギに適しています。

そしてチモシーとはこちらもヨーロッパ原産のイネ科の多年草のことで、たんぱく質やカルシウムは少ない代わりに繊維質が豊富な特徴を持ち、チモシーがメインのペレットはうさぎさんの歯や胃腸の健康に良いため、大人のウサギに適しています。

そしてこれらの主原料の違いを簡単にまとめると、

  • アルファルファがメインのペレットは高カロリーで栄養バツグン。ただし嗜好性は高い
  • チモシーがメインのペレットは低カロリーでヘルシー

このように言うことができます。

2.年齢や成長段階に合わせて選ぶ

今しがたも触れましたが、ペレットはうさぎさんの年齢や成長段階に合わせて選ぶことも大切なポイントとなっていて、うさぎさんのライフステージに合わせて販売されているペレットも多いです。

具体的に言うとうさぎさんの成長段階は、成長期、維持期、高齢期の3つの段階で分けることができます。

成長期(子ウサギ)

子ウサギが大人ウサギへと成長する時期である成長期は、うさぎさんが体を作る大切な時期で、この時期は沢山の栄養が必要となります。

成長期は大体7か月~1歳くらいまでで、この時期のペレットはアルファルファがメインのペレットがオススメ。

維持期(大人ウサギ)

子ウサギの成長が一段落して大人ウサギとなった維持期は、成長期ほどの栄養は必要ではなくなり、歯や胃腸などの健康を維持していく時期。
特に成長期のペレットをそのままうさぎさんにあげ続けていると、うさぎさんが肥満になってしまうこともあるので、ここで一度ペレットを変える必要が出てくると思います。

維持期は大体7か月~1歳から5歳くらいまでで、この時期のペレットはチモシーがメインのペレットがオススメ。

高齢期(シニア)

大人ウサギからお年寄りウサギになる高齢期は、特にペレットの選び方には慎重になる時期で、うさぎさんの体重の増減、例えば運動量が減って体重が増えてきた時は低カロリータイプに、量が食べられなくて痩せてきた時は高カロリータイプになど、うさぎさんの健康状態に合わせてペレットを選んであげる必要が出てきます。

高齢期は5歳くらいからで、この時期のペレットはうさぎさんの体の衰えに応じて栄養素が配合された、シニア用のペレットがオススメだ。

3.保証成分から選ぶ

ペレットのパッケージの裏側を見ると、そのペレットの成分表やカロリーなどが必ず表記されていると思うのですが、この成分表にもペレット選びの大切なポイントがあります。

まんぷくチモシーの成分表

例えば、これはマルカンの「まんぷくチモシー」というペレットの成分表ですが、基本的にはペレットの成分表はこのように、

  • たんぱく質
  • 脂質
  • 繊維質
  • 粗灰分(そかいぶん:ミネラル成分のこと)
  • カルシウム
  • 水分
  • カロリー(代謝エネルギー)

などの項目が表記されています(ほとんどの場合カルシウム量の表記もあり)。

そして、ここで着目すべき点は主に5つ。たんぱく質、脂質、繊維質、カルシウム、そしてカロリーだ!

たんぱく質

たんぱく質はうさぎさんの成長に欠かせない大切な栄養素で、目安としては子ウサギには15~18%、大人ウサギからは12~15%がちょうどいいです。

脂質

脂質(脂肪分)は多すぎるとうさぎさんが太ってしまいますが、大体のペレットは2~4%の間で大差なく、そこまで気にする必要もありません。ただ、うさぎさんの体重が気になる場合は脂質も気にかけてあげるといいと思いますよ。

繊維質

繊維質は伸び続けるうさぎさんの歯を上手くすり減らすため、腸内細菌にエサを与えて腸内環境を整えるため、腸の蠕動運動を促して毛などの異物をうんちと一緒に出しやすくするためなど、かなり大事なポイントです。

基本的には繊維質は高いに越したことはなく、目安としては子ウサギには15~18%以上、大人ウサギからは20~24%以上のものがグッド!

カルシウム

カルシウムはうさぎさんの骨などをつくるために必要な栄養素で、成長期の子ウサギにはしっかりと摂ってもらいたい栄養素ですが、大人ウサギの場合は摂りすぎると、おしっこに含まれるカルシウム分が膀胱や尿道で固まった石になってしまう「尿石症」という病気になる可能性があるので、注意が必要な栄養素です。

目安としては、子ウサギには0.8~1.0%、大人ウサギ以上には0.5~0.7%がちょうどいいと思います。

カロリー(エネルギー)

カロリーに関しては私たちもそうですが、ダイエットが必要であれば低カロリーのものを、栄養をしっかりと摂ってもらいたい時は高カロリーのものを選ぼう!

目安としては230~250kcalは低カロリー、270~290kcalは高カロリーですが、カロリーはメーカーによってバラつきが大きく、子ウサギ用も大人ウサギ用もあまり変わらないことも多いです。なので、カロリーに関してはうさぎさんの体重を実際に見ながら考えてあげるといいでしょう!

ちなみにカロリー表記がないペレットも時々あります。

4.原材料から選ぶ

これも保証成分と同じく、パッケージの裏側に一緒に表記されていると思うのですが、原材料にもペレットを選ぶポイントがあります。

まんぷくチモシーの原材料

これも先ほどと同様、マルカンのまんぷくチモシーの原材料ですが、基本的には配合量が多い物から順に書かれているので、ほとんどの場合チモシーかアルファルファから始まるものが多いです。

そして、ここで着目すべき点はチモシータイプかアルファルファタイプかというのも勿論そうなのですが、乳酸菌やオリゴ糖、アミノ酸類がペレットに配合されているかもチェックしておきたい!

ペレットに含まれる「殺菌処理乳酸菌」や「オリゴ糖」はうさぎさんの腸内環境を整えてくれる働きがあり、「アミノ酸類」はうさぎさんの免疫力や抵抗力を高めてくれる働きがあるのです!

また、ペレットのつなぎとして使用される小麦には、グルテンといううさぎさんが消化しにくいに成分が含まれているため、あまりこのタイプは多くはないのですが、小麦不使用(グルテンフリー)の表記があれば尚良しだ。

5.形、味、匂いから選ぶ

ペレットの形には大きい粒や小さい粒、棒状のものなどがあり、硬さも主流のソフトタイプと硬いハードタイプがあるのですが、これに関してはパッケージにペレットの形が印刷されていたりもするので、できれば購入する前に確認しておきましょう。

ちなみにペレットの形は大きいとうさぎさんが食べてくれないこともあるので、小さな子ウサギには粒は小さいものがオススメです。またハードタイプのペレットは、噛む力が弱くなってくるお年寄りウサギには食べるのが一苦労となってしまうこともあるので、お年寄りウサギにはソフトタイプがオススメだ!

そしてペレットの味と匂い。これに関しては開封してみるまでは誰もわからない。
なので新しいペレットを購入した時は、うさぎさんが気に入ってくれることを祈って開封しよう!

イブスター店長
イブスター店長

何だって、ペレットの味が知りたい?それなら試しに自分で食べてみてくれ

オススメのペレット

うさぎさんの年齢、ペレットの原料や成分、ペレットの形など、これらを考慮すればきっとうさぎさんに適したペレットが見えてくるはず。

そこで、イブスター店長が辿り着いたペレットを紹介するその前に、これらを考慮した上でのオススメのペレットをいくつかご紹介しよう!是非うさぎさんのペレット選びの参考にして欲しい!

ハイペット うさぎの恵&極

ハイペットは主に小動物用のフードの製造・販売を行っているメーカーで、イブスター店長もペレットではなく他の食事で普段からハイペット製品を利用しているので、フード関係は信頼できるメーカーだと思います。

そしてハイペット製のペレットは、「恵」と「極」がアツい!

恵(めぐみ)

ハイペットの恵シリーズはウサギの食性観察から生まれた、前歯の使用を促す新形状のロングペレットを採用。うさぎさんの不正咬合(歯の伸びすぎ)をケアすると共に、腸内環境のための乳酸菌・オリゴ糖、抵抗力アップのためのアミノ酸も配合されています。

そして恵シリーズは主に子ウサギ用のグロース、大人ウサギ用のメンテナンス、お年寄りウサギ用のシニアの3種類があり、うさぎさんの年齢に合わせて選ぶことができます。

成分は繊維質がどれも21~26%と高く、カロリーも250~260kcalと低めなのが嬉しいところ。ちなみに子ウサギ用のグロースはカルシウム量が0.3~0.5%と低めですが、その代わり脂肪分が3~4%と高めなので、子ウサギの成長には問題ないでしょう!

極(きわみ)

言わば恵の上位互換がうさぎの極(きわみ)。

うさぎのきわみはデンプン類・穀類フリー、小麦に含まれるグルテンフリーのダブルフリーを実現し、うさぎさんのお腹にとても優しいのが最たる特徴。
繊維質は20~24%と高く、カロリーは240kcalと嬉しい控えめ。恵と同じくペレットの形状はロングタイプで、乳酸菌やオリゴ糖、アミノ酸も配合されています。

さらに、きわみは成長期~高齢期までオールステージが対象となっているので、ペレットを途中で替える必要がないというところも便利だ!

「極」の名に恥じないペレット、それがうさぎのきわみなのです。

GEX ラビットプレミアムフード

GEX(ジェックス)は言わずと知れた小動物用品のメーカーで、イブスター店長もいくつかGEX製品を愛用しているのですが、そのGEXから出ているペレットが「ラビットプレミアムフード」です。

ラビットプレミアムフードはうさぎさん本来の食生活を実現するべく、臨床獣医師とブリーダーと共に作り上げられたコンセプトフードで、あくまでもうさぎさんの主食がチモシー牧草であることを前提とした、嗜好性の高いアルファルファがメインのペレットです。

対象は全年齢で、食べやすい小粒タイプ、腸内環境を整えてくれるフラクトオリゴ糖に加え、うさぎさんの免疫力を維持するRNAヌクレオチドが配合されています。

ただ、このペレットは繊維質が18.5%以下とやや低く、カロリーが298kcalと高めなので、しっかりと主食である牧草を食べてくれるうさぎさんや、最適な組み合わせで作られた同社の「ラビットプレミアムチモシー」と一緒に使うのがオススメです。

また、腸内環境を強化するシンバイオティクスブレンドというタイプもあるので、お腹が弱いうさぎさんにはこのタイプもオススメだ!

OXBOW エッセンシャル ラビットフード

OXBOW(オックスボウ)はアメリカで設立された小動物用のフードなどを製造・販売しているメーカーで、このメーカーが販売している大人ウサギ用の「エッセンシャルアダルトラビットフード」は評価が高いです。

エッセンシャルアダルトラビットフードは嗜好性が高い(逆に言えば太りやすい)アルファルファは不使用。チモシーをメインに全て自然の素材だけで作られたペレットで、ペレットはあまり見かけないハードタイプ。

そしてこのペレットの特徴は繊維質の高さで、その量なんと25~29%と、この水準はかなり高いです。繊維質が豊富なのでダイエット中のうさぎさんにもオススメ。

ただし、ペレットがハードタイプと硬く、お年寄りウサギは食べるのが大変となってしまうこともあるため注意が必要です。種類は主に子ウサギ用のヤングと大人ウサギ用のアダルトの2種類。

イブスター店長が辿り着いた一品

それでは最後に、イブスター店長が紆余曲折を経て、遂に辿り着いたお勧めの一品をご紹介しよう。

イブスター店長
イブスター店長

辿り着いたペレットはこれだ!

イースター バニーセレクション メンテナンス

銘柄イースター バニーセレクション メンテナンス
主原料チモシー
ペレットのタイプ小粒 ソフトタイプ
内容量1.5㎏/3.5㎏

バニーセレクション・シリーズは獣医師及びウサギ専門店の協力によって開発された、室内飼いウサギ用の高品質総合栄養フード。

長い歴史を持つアメリカ研究協議会(NRC)の基準に基づき、うさぎさんの成長段階に合わせた栄養素・繊維質などに着目、選りすぐりの高品質牧草を主原料に完成したペレットです。

そしてその特徴は低カロリー、高繊維質、低カルシウムの3本柱。
高繊維質なチモシー牧草が主原料なので、肥満が気になるうさぎさんのプロポーション維持に役立ち、高繊維質がお腹の健康や歯の健康を助け、適切なカルシウム量がうさぎさんの体の健康を維持してくれるのです!

バニーセレクション メンテナンスの保証成分

気になる保証成分ですが、たんぱく質・脂質は低め、繊維質は高め、カルシウムも低めと全てがちょうどよく、さらにカロリーは235kcalと驚異の低カロリーを実現!これは私が探した中で最も低い数値だ!

バニーセレクション メンテナンスの原材料

原材料にはうさぎさんの腸内環境を整える乳酸菌や、抵抗力を上げるアミノ酸も配合!

バニーセレクションのペレット粒の大きさ

ペレットも小粒で食べやすそうだ。匂いもグッド!

また、バニーセレクションは子ウサギ用のグロース、大人ウサギ用のメンテナンス、お年寄りウサギ用のシニア、スーパーシニアと、うさぎさんの年齢に合わせた4種類の展開があります。子ウサギの頃からバニーセレクションを利用していれば、同じメーカーの製品なので、ペレットの切り替えによるストレスも軽減することができるでしょう!

さらに、凄いのはそれだけではありません。なんと、バニーセレクションにはネザーランドドワーフ専用やロップイヤー専用という、うさぎさんの品種に合わせた専用ペレットの展開もあるのです!

イブスター店長
イブスター店長

君だけの専用装備だ

最高じゃないか、バニセレ。

それと、バニーセレクションには店頭販売限定だと思うのですが、上位版のプロシリーズという展開もあります。これはなんと小麦不使用のグルテンフリー。うさぎさんのお腹の調子が気になる時はこちらもオススメだ。

バニーセレクションのダンボール

ちなみに私はメンテナンス3.5㎏をまとめ買いしています。イブスター店長の食いつきもとても良く、バニセレ・ダンボールも素敵だ。

バニーセレクションのダンボールとうさぎ

そして、バニセレ・ダンボールの美しさに感銘を受けるイブスター店長であった……

今回のまとめ

・ペレットはうさぎさんの補助食品
・ペレットの選び方は年齢、成分、原料など様々
・成分表は特に繊維質、カルシウム、カロリーに着目すべし

ペレットはうさぎさんが毎日食べるものなので、特に気を遣ってあげたいものの1つです。色んなものがあるのでどれにすればいいのか最初はよく分からないと思うのですが、今回でペレットの選び方はもうバッチリですね!

あとは予算、これはいい物になればやはり値段は上がります。
ただ、低価格のペレットは私もいくつか使用したことはあるのですが、何かしらよくない所が必ずあります。何かあってからでは遅いということもあるので、うさぎさんの毎日の健康のためにも、しっかりとしたペレットを選んであげて欲しい!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す