【退職】約7年バーテンダーとして勤めた私がバーをやめることにした理由

いま思えば、遅かれ早かれだったのかもしれません。長年続けていたバーテンダーの仕事は、ひとまずやめることにしました。

私は約7年間バーで、バーテンダーとして働いていました。店長とは名ばかりの都合のいいアルバイトで、労働条件もかなり悪かったことから、だいぶ前からやめたいとも思ってはいたのですが、自分の勉強のためなどと思い、いや、そう思い込むことで自分をだまし、これまでせっせと働いてきました。

しかし私は、それももう終わりにすることにしたのです。これ以上つづけていても、さきが見えなくなってしまったことに加え、店をやめなければならない明確な理由ができてしまったから。

当ブログは、私がまだ現役だったころに開設したものです。そして、このブログの存在は、私がバーをやめる決断をしたことにもおおいに関係しているので、今回は当ブログとバーの仕事の関係を、それから、私がバーをやめた理由についてお話ししていきたいと思います。

また、この話をすることで、バーテンダーはやめとけ(バーの仕事はやめておけ)といった、これからこの仕事をこころざす方には、マイナスのイメージをお伝えしてしまうおそれもありますが、これはこれで事実なので、あくまでいち個人の場合ということで聞いていただければと思います。

バーの仕事と当ブログの関係

バーでの仕事は、当初はやりたいと思ったからこそ始めたもので、私はバーテンダーとして生きていくために、多くのものを犠牲にして店で働いてきました。

給料は時給制で安く、一部は無給のあつかいにされて支払われません。それだけでは生計が立たないことから、生活を維持する(バーで働く)ためにほかでも働く必要がありましたが、店が開く夜はつねに空けておかなければならなかったため、日中にしか働くことができません。寝る時間はほとんどなく、日々の睡眠は30分~2時間ほどの短い仮眠を複数回とって、なんとかしのいでいました。

すべては店のため、自分のためだと思っていたからです。

しかし、ある程度の年月が経過して知識や技術が身につくと、その店にいても学ぶことがすくないと感じられるようになっていき、年を追うごとに悪化していく景気によって、店では閑古鳥が鳴きはじめ、先行きは不透明になっていきました。

当初は勉強のためとすべてを受け入れてきた私でしたが、このころから、多くのものを犠牲にしてでも仕事をつづける意味があるのか、自分はただ、経営者や店に対する情けで働いているだけなのではないか、そのように、店にいる目的を見失いはじめていたように思います。

そんな折、紆余曲折があって私は、当ブログを開設します。

当ブログは、私自身のためであったり、人のためであったりと、いろんな目的があって運営しているのですが、私がバーでほんとうにしたかったこと、話したかったことができるものであって、ブログを運営するということは、いってしまえばバーで働くことと同意義でもあるものでした。

そして、その目的のひとつには、バーのよさを多くの人に知ってもらいたい、バーという文化を存続させたいという思いも当然あるわけです。けれども、現役当時は、バーのことはほとんどブログに書かない、というよりも、書きたくても書けないような状態がつづいていたのです。

それには、以下のような理由がありました。

バーのことを書く時間がなかった

昼も夜もほとんど休まずに(休めずに)働きつづけていたライフスタイルでは、ブログの更新作業をおこなう時間を満足にとることができず、さらに当時は、サイトをいじるための勉強などもしていたので、バーのことを書く時間がそもそもありませんでした。

休日ももちろんありましたが、当時はほかにもやることがあるなど、休日をそのまま運営作業にあてることもむずかしく、仕事が終わった深夜に、睡眠時間をけずって時間をつくらなければ、ゆっくりと作業をすることもできなかったように思います。

当時は変に順序にこだわっていて、まだバーのことを話せる段階まで進んでいない、と考えていたことも関係がありましたが、いずれにせよ、時間があまりにも不足していたことで、私はやりたいことがあるのにできない状況におちいっていたのです。

お店のお客さんに知られたくなった

じつはこれがいちばんの問題で、お店のお客さんには、私がブログを運営していることは、すくなくとも私が在籍しているあいだは、知られたくなかったという理由がありました。

それは、客人として来られている方に、変な心配をしてほしくなかったからです。

たとえば、このようにバーのことを書いていると、私が夜だけでなく朝からも働いていること、店の経営状況があやしいこと、生活がくるしいこと、どうしてもそういった話が出てきてしまいますが、それをなにかのきっかけで常連のお客さんが見てしまったとすると、どうしても心配をかけさせてしまうことになります。

いや、そんなだれのブログかもわからない話で、店や個人が特定されることもないでしょう、と思われるかもしれませんが、バーの業界は意外とせまいので、そういったことが起きてもおかしくはないのです。

せっかくお店に来てくれたお客さんに、私の個人的な事情で、つまらない心配をしてもらいたくはない。私の生活苦などの、いってしまえば関係ないことをバーに持ち込みたくはない。

それもあって、バーのことは書けない、書きたいことが書けないという状況が、しばらくのあいだつづいていたのです。

長年勤めたバーをやめた理由

店にいる目的もわからなくなりつつあり、それに加えて、やりたいこともできない。その状況に私は、しだいに店をやめるという選択肢もあるのではないか、と考えはじめました。

私が雇われのバーテンダーとして働いていた後半あたり、店にいる理由というのは、自分がやめてしまうと人手不足によって店が閉店してしまう可能性があったこと、店を移動する気はなかったため、やめてもすることが決まっていなかったこと、お金に余裕がなく、生活が立ち行かなくなりそうだったこと、というのが理由で、とくにお金のことがネックになっていたように思います。

しかし、私は店をやめました。

さきのとおり、自分がやりたいと思っていることができないもどかしさもありましたが、じつをいうと、前々からやめたいと思っていた理由もあり、このままズルズル仕事をつづけていても、おそらく得られるものはもうないと感じたからです。

ここからは、そういった店をやめた理由について、お話ししたいと思います。

1. 石の上にも三年と決めていた

石の上にも三年というように、どんなにつらかったとしても、最低でも3年間は耐え抜こうと心に決め、私はバーテンダーの仕事を始めました。

仕事の内容は、パワハラなどによる精神的な影響もあって、想像していた以上にきつく、何人かいた同僚は、1年ともたずに皆やめていき、私も3年間を耐えたら移動しようと当初は考えていたものです。

ところが、いざその期間を超えてみれば、ひとりだけ残った私がやめてしまうと、人手不足によって店の経営がかたむきかねないという、やめるにやめられない状況となってしまっていたのです。

店はひとりで営業していたので、いい勉強をさせてもらっているとは思ってはいましたが、3年目以降は、ほとんど責任感で働いているようなところもあり、そのころから店をやめたいと思う気持ちは、私のなかにずっとあったように思います。

2. 労働条件があまりにも悪すぎた

バーの仕事というのは、深夜手当なしなどはあたりまえのような話なので、べつにそれはよかったのですが、開店・閉店作業中は何時間かかっても無給であったり、仕事の準備(仮眠を含む)にかかる時間がものすごく長かったり、閉店後は交通機関が動いていないので、雨が降ろうが風が吹こうが通勤は自転車だったりと、働いていて割に合わない感が半端ではありませんでした。

これに関しては、最初はそれでもよかったのです。

当初は、勉強させてもらえるだけでもじゅうぶんだ、場合によっては無給でもかまわない、などと思っていたこともあり、事実、勉強のために無給で働いたり、閉店後も朝まで残ってひとりで勉強したりもしていました。

しかし、主戦力となったあとも労働条件が悪いまま変わることはなかったため、私はだんだんと、ただ働きの時間や、準備のために費やす時間などがもったいないと感じるようになっていったのです。

3. ブログの放置状態が続いていた

かつての私はバーという場所で心を救われ、つぎは自分が困っている人を救う側になりたいとの思いからバーテンダーをこころざしました。当ブログを開設した理由もそれと似たような話で、人助けをするにしても、小さな店の中ではできることに限界があると感じたからでした。

しかし、ブログを開設したはいいものの、ほとんどなにもできない、書きたいことばかりがたまっていくような状態が延々とつづきます。とにかく、なにをするにも時間が足りていなかったから。

この状態はいったい、あと何年つづくんだろう?

そう思ったとき、ズルズルとこのまま働きつづけるよりも、すでに3年以上はつづけるという目標は達成した店のほうをやめ、まだなにも達成できていない、このブログのほうを、自分が最初に思い描いた形になるまでやり抜きたいと思ったのです。

4. 将来のことを真剣に考えようと思った

ここまでの理由がありながらも、店をやめるという決断をなかなか下すことができなかったのは、結局のところ、私は本気で将来のこと、自分の未来のことを考えようとせずに、ひとまずはなんとか生活できているという現状に甘んじ、妥協し、それでいいと思い込むようにしていたから、だったのかもしれません。

何年後、何十年後になるかはまったくわかりませんが、最終的に私は、自分の店をつくりあげ、そこでバーテンダーをこころざした目的、そして当ブログを運営する目的でもある「人助け」をしたいと思っています。

当然ながら、そのためには、どうしてもお金が必要になります。さらにいうと、独立する前だからこそやっておきたいことも山ほどあり、それにもお金がかかります。

しかし私は、そのお金を本気でつくろうとはしていませんでした。店をつくるというのも、つまるところなんとなくそう思っていただけで、実際に計画を立てることも、行動を起こすこともしませんでした。

お店に対して愛着がある。労働環境は悪かったとはいえ、これまでお世話になった恩がある。自分がやめたあとが心配だ……

私は、そのようなもっともらしい言い訳をつくることで、逆に店にしがみついていたのかもしれません。やめたくてもやめられないという口実をつくることで、自分の人生を、自分の力で切りひらこうとしないことを正当化し、もし店をつくるという夢が破れれば、それを「あの人のせいだ、店のせいだ」と、言い逃れができる保険をかけていたにすぎなかったのかもしれません。

だから、私は店をやめました。それに気づき、自分の将来のことを真剣に考え、自分の力で未来を切りひらいていこうと本気で思ったから店をやめました。

いってしまえば、いいようにこき使われているような状態。これからも店に居つづけたとしても、現状維持が延々とつづくだけだろうと思われ、このままでは、自分の目的がさきに進むことは一生ないかもしれないとも思われました。ならば、情に流されている場合でもなければ、言い訳をしている場合でもないのでは?

そのような理由があり、私は、長年お世話になったお店をやめることにしたのです。

バーをやめたあと&今後の目標

私が長年働いてきたバーをやめた理由は、だいたいこのようなところです。端的にいえば、ほんとうにやりたいことができなかったから、自分の夢や目標がまったくさきに進まなかったから、ということができるのではないかと思います。

バーはたしかにやめましたが、バーテンダーを完全に引退したわけではないので、個人的には、無期限で「休業」することにしたということにしています。

また、バーをやめたあとの生活に関しては、やはりお金の問題もあり、当初はフリーに近い形で現場にはたずさわっていようと思っていて、さいわい、以前の職場や知り合いのお店からも声がかかっていたので、そういったところですこし働かせてもらおうかと思っていました。

ところが、2020年から蔓延が始まったコロナウイルスもからんで、以前の職場は閉店、知り合いのマスターは引退するなどの残念な報告があいつぎ、私も完全な休業状態へ。

ただ、そのように生活が変化するなかで、お金はないならないでなんとかなるということも判明し、意外にも年収は200万円以下でもふつうに生きていけるということがわかったので、しばらくバーは休業のままでいいかなと現在は思っています。

今後の目標は、当ブログなり、べつのサイトを立ち上げるなどして、開店資金の調達をすること、山ほどをあるやりたいことをひとつずつ達成していくため、堅実に、そして自力でお金をかせいでいくこと。

当初は不可能に思われましたが、ブログから発生するお金が、バーでの給料を超えるのも時間の問題だと感じるようになってきたので、やはり人生は、なるようになるということなのかもしれません。

私の場合は遅かれ早かれ、店をやめることになっていたと思いますし、いまはそれでよかったと思っています。

今回のまとめ

・バーはやめたがバーテンダーを引退したわけではない
・収入は減ったがそれ以上に得たものは大きいと感じている
・やめたかったらやめるのもありだと思う

私が働いていたのは個人店だったということもあってか、自由がきくぶん、労働条件が悪く、これ以上働いていてもさきがないと強く感じたので、私は店をやめました。

当初は収入が半減することになるので、ほとんど貯蓄がなかった私は、数か月もすれば生活が立ち行かなくなると思っていましたし、しかもその残りすくない生活資金をカジノで増やそうとする暴挙に出るなど、いっときはすべてが終わったとさえ思ったときもあったのですが、人生とは意外となんとかなるものです。

結局のところお金なんてものは、あればあるだけ使い、なければないで使わないだけのような気もします。そう考えると、お金がネックになっていて仕事をやめられないと思っていても、ふたを開けてみれば、案外なんとかなるということもあるのかもしれません。

私は引退したわけではなく、いちおう休業ということにしていますが、現在は将来のために日々前に進めていると感じているので、雇われのバーの仕事は、やめてよかったと思っています。

おそらく、つづけていてもほとんど得るものもなく、なにも自分のしたいことを進めることもできず、結局時間だけがむだに過ぎてしまった、と感じることとなっていたような気がしますから。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。