【バーやめました】長年勤めたバーを辞めた理由と今後の目標について

長きに渡り沈黙を貫いてきた男がその重い口を開く時は来た。ついにバーのことを語る時がきたのだ……

ブログ開設から早2年、バーテンダーの癖にバーのことを何も語らないという体たらくが延々と続き、「果たしてこのミナトという男は本当にバーテンダーなのか?」という疑惑が出ていてもおかしくはない状況。そこでようやく何かを語り出すかと思ったら、今度はバーをやめた!?

「とんでもないブログだな……

まぁそう言わずに聞いてください。酒のつまみにでも。

これまでバーのことを書かなかった理由

今回の話は当サイトを見に来て下さっていた皆さんにきちんと報告しておきたいことでもあるので、順を追ってお話ししたいと思います。

まず、これまでバーのことを書かなかったことに関しては実はいくつか理由がありまして、主な理由としては以下の3つ。

1.そもそもバーのことを書く時間がなかった

これに関しては読んで字の如くなのですが、1日中昼も夜も馬車馬のように働き、限られた少ない時間の中でこれまでブログの更新作業を行ってきたのですが、先に書かないといけないこと、先に書きたいことが私の中であり、バーの事よりも優先順位が高いものが沢山あったからです。

2.無駄なこだわりがあった

また、私はブログを更新する上で「時系列に沿って書く」という自分の中での強いこだわりがあり、そのこだわりを貫いていたため全くバーのこと(バーテンダーとしての仕事のこと)を書くことができていませんでした。

しかし最近になって、この無駄なこだわりの強さは時として自分に対して牙を剥き、自分を追い詰めるという、今まであまり見ないようにしてきた悪い要素にも目を向けようと考え直すようになり、もう少し柔軟に生きた方がいいなと思ったので、今回こうして初めてバーのことを書いています。

3.お店のお客さんに知られたくなった

そして最後に、お店のお客さんには私がブログを運営していることは、少なくとも私が在籍している間は知られたくなかったという理由がありました。それは客人として来られている方に変な心配をして欲しくなかったからです。

例えば私がバーのことを書いて常連のお客さんがそれを何かの機会に目にすることがあり、私が夜だけではなく朝も働いているだとか、経済的に上手くいっていないだとか、そういったつまらない心配を会いに来てくれた方にして欲しくなかった。それもあってバーのことはほぼかけませんでした。見る人が見たらこのブログを運営しているのは私だなと、現時点でも一発で分かる内容ですからね。

とまぁ、そんな事情が実はあった訳ですが、これらの足枷はもう全て取っ払われたので、これからは少しずつでもバーのことを書いていきたいと思っています。

長年勤めたバーを辞めた理由

さて、ここからが本題となりますが、私がバーでバーテンダーとして勤務していたのは約7年半。一度拠点の移動はありましたが、結局近くの系列店に拠点を移しただけなので、同じお店に7年半いたようなものでした。

そしてバーを辞めた理由に関してはこれも色々とあるのですが、主な理由としては以下の通りです。

1.元々3年働いた後は他の店に移動するつもりだった

石の上にも三年と言うように、どんなに辛くても最低3年間は耐え抜こうと心に決めて始めたバーテンダーの仕事。特に最初の1~2年間は地獄のような日々もありましたが、なんとか3年間を耐え抜くことができ、あとはさっさと他に移動するだけだったのですが、

  • ギャンブル依存によって経済的に身動きが取れなかったこと
  • 私が辞めると店がまずいことになるだろうということ
  • 一人で営業していたので勉強には打ってつけの環境で気が楽だったこと

などからズルズルと仕事を続けてしまい、結局当初予定していた倍以上の時間を同じ店で費やしてしまいました。
ただ、長いこと働いていると店に愛着も湧いてきますし、もっと早くに店を辞めていたら恐らくこのサイトは存在していなかったと思うので、これはこれで良かったのかなと思っています。

2.労働条件が悪かった

バーの仕事は深夜手当無しなどはもはや当たり前のようなことなので、別にそれは良かったのですが、例えば開店・閉店作業中は無給だとか、これだけ体を酷使して給料はこれだけだとか、正直割に合わない感が半端ではなかった。

これに関しては最初は良かったんですよ。何なら最初は勉強させてもらえるだけでも十分だったので無給でもいいと思っていましたし、実際勉強のために無給で働いたりもしていました。当然ですが、閉店後も朝まで残って一人で勉強したりもしていました。

しかし、主戦力となった後も労働条件が悪いままだったというのがやはり納得がいかず、だんだんと時間がもったいないなと思うようになっていたのです。

3.ブログを放置している状態が続いていた

当サイトを開設した理由には、かつての私のようにメンタルヘルス関係で悩んでいる方を救いたいという思いの他に、バーを知らない方にバーの素晴らしさを知ってもらいたいという思いもありました。

小さな店にいたのではそのような思いを伝えるのにも限界がありますが、このようにネットという媒体を使えば全国にその思いを届けることができます。
しかし現状、私の中ではそれはまだ何もできていません。というのもこれまでは圧倒的に時間が足りていなかったからでした。

そしてこの状態があと何年続くんだ?と思った時、ズルズルとこのまま働き続けるよりも、既に目標は達成した店の方を辞め、まだ何も達成できていないこのブログの方を、自分が一番最初に思い描いた形になるまでやり抜きたいと思ったのです。

4.そろそろ独立を見据えて動こうと思った

最後に、今すぐにではないのですが、私は今後自分の店を構えたいと思っています。そのためにはお金も必要ですし、他にも独立する前だからこそやっておきたいことが山ほどあります。
それら一つ一つを実現させるためには、今まで世話になっただとか、自分が辞めたらこのお店は……だとか、そういった情に流されていると、自分の人生までもが濁流に飲み込まれ、一緒に流されていくと、ある日確信したのです。

よって、私は長年お世話になったお店を辞めることにしたのです。

バーテンダーを引退したわけではない

今までバーのことを一切書かなかった理由、そして長年働いてきたバーを辞めた理由に関しては大体こんなところです。ご清聴ありがとうございました。

よって、勤めていたバーを辞めたからといって、バーテンダーを引退したわけではありません。幸いにも勤めていたお店は1か月に1回でも働きたかったらいつでも来てくれと言ってもらえていますし、知り合いのお店でもピンチヒッターの依頼は定期的にあるので、今後暫くの間はバーテンダーの仕事はフリーに近い形で行っていこうと思っています。

なので当サイトのタイトルは現役バーテンダーを意味する「genekibar」でこのまま行きたいと思います!

今後の目標について

今後の目標についてはまず第一にブログの運営を頑張ること、独立するための準備を進めていくこと、やりたいこと、やらなければならないことを消化していくこと。

そこで気になるのが経済事情ですが、これに関しては崖っぷちです。店を辞める前後に色々あったのではっきり言ってかなりヤバいです。

例えばギャンブル依存症が少し前に再発したとかですね。

関連記事

蓄えの30万をむしり取っていったギャンブル依存症の再発
パチンコ依存症が再発したので自己申告プログラムを申し込んできた

さらに生活費を稼ごうと目論んで行った韓国カジノでも色々とあり、やらかした感は半端ではなかったのですが……

しかし、崖っぷちだからこそ見える景色があるのもまた事実!

これまで常に限界状態で生きてきた私からすれば、ぬるま湯に浸かり始めたらもう終わり、私はマグロのように常に泳ぎ続けなければならないのです。

崖っぷちのバーテンダー、ミナト。なかなかいい響きじゃないか。

ミナトの限界遊泳は続く。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す