【ミニレッキスの性格・体重・体長】イブスター店長とうさぎの歴史

イブスター店長とは何者なのか。今回はミニレッキスのイブスター店長とうさぎの歴史についてご紹介しよう。

イブスター店長と名付けられた彼はミニレッキスという品種のウサギ。そして当サイトでも活躍してくれているのですが、そもそもミニレッキスという種類のうさぎさんは何者なのかと気になりますよね。

そこで、今回はうさぎさんたちの長い歴史を振り返りながら、ミニレッキスという品種の起源、性格、体の大きさなどについてご紹介していきたいと思います。

謎のベールに包まれた、イブスター店長の生態と共に。

ミニレッキスという品種の起源

イブスター店長はミニレッキスという種類のウサギですが、まずはミニレッキスという品種についてご紹介しよう。

このミニレッキスはフランス原産で中型のレッキス種を、オランダに起源を持つ小型の品種であるネザーランドドワーフと交配することで誕生した小型の品種で、短くて均一な密度の濃い、ビロードのようなつややかな毛並みと、縮れたヒゲが特徴のうさぎさんです。

原産国のアメリカではブリードが活発で、体形や毛並みの美しさを競うコンテストが盛んに開催されていることでも知られています。

レッキス

ミニレッキスの親のような位置にいるレッキス種は、フランスで偶然発見された野生のアナウサギの突然変異体を起源とする品種で、筋肉質な体型とビロードのような光沢のある毛並みが美しく、ウサギらしいシルエットやフォルムをしています。

カイウサギの中では大型のウサギで、体重は3~5キロ程度。
また、レッキスはウサギの中では最も賢い品種とも言われていて、穏やかな性格で人によく懐き、人と一緒に遊ぶのが特徴的。

ちなみにレッキス種は他の品種のウサギと違い、ヒゲが退化していて縮れているのですが、この特徴は短毛で美しい毛並みを重視して改良されたことによるものだと考えられています。

ウサギの祖先、アナウサギとカイウサギ

さて、ミニレッキスの親にあたるのはレッキスということがわかりましたが、それではレッキスの親に当たるのはナニウサギなの?と気になりますよね。人間にも色々な人種がいるように、うさぎさんにも色々な種類がいます。少しうさぎさんのルーツについても見ていきましょう。

日本でも広く基準とされるアメリカうさぎ協会ARBA:アメリカンラビットブリーダーズアソシエーション)の認定によると、現在ウサギの品種は体重1キロ以下のネザーランドドワーフという小型種から、体重が10キロを超えるフレミッシュジャイアントという大型種まで約50種類にも及びます。

これらは全て飼育されたウサギを品種改良したものなのですが、飼育ウサギ全てをさかのぼると、ヨーロッパアナウサギというたった1種類の野生のウサギに辿り着きます。

アナウサギは穴掘りが得意な丸い体が特徴のうさぎさんで、ヨーロッパアナウサギはヨーロッパのイベリア半島とその近辺に生息していたのですが、古代ローマ時代から家畜化が始まり、15~16世紀にヨーロッパ各地に広がったと言われています。
その後様々な品種が誕生していくのですが、この家畜化されたウサギのことをカイウサギ(飼兎)と言うのです。

usagi
イブスター店長

穴掘りは先祖代々受け継がれてきた技術だ

日本のカイウサギ

うさぎさんは元々ヨーロッパにいたので、日本にはカイウサギの祖先であるアナウサギは生息しておらず、カイウサギが日本に入ってきたのは戦国時代の頃だと言われています。また、江戸時代の書籍にはカイウサギを「良く慣れる」と紹介しているものもあり、その頃にはウサギは一般的に知られるようになっていました。

しかし明治時代に入るとウサギの輸入量が増えたことで人気が過熱し、ウサギは投機の対象として価格が高騰したり、兎税がかけられるなど、社会問題を引き起こしました。ウサギブームはその後何度もあったようですが、数々の一時的なブームを経て、うさぎさんたちは現在のすっかりと定着したカイウサギ(ペット)の地位を確立したのです!

usagi
イブスター店長

昔の日本でのうさぎ業界では、近年の日本のウイスキー業界と同じような事が起きていたんだ

ミニレッキスの性格や体長、体重など

それでは話を戻して、ミニレッキスについてご紹介します。

ミニレッキスの性格は基本的にレッキスの性格を引き継いでいて、あまり暴れたりせず穏やかで、人に撫でられたり一緒に遊ぶことが大好きになる人懐っこい性格です。また、トイレを覚えたり呼ばれた自分の名前を憶えたりする賢さを持ち、レッキスより活発で物怖じせず、素晴らしいペットになると言われています。

体重は1.4キロ~2.0キロ程度で、体長は約35センチ程になるのが一般的。

ちなみにオスは成長するにつれて縄張り意識が強くなり、おしっこを飛ばすなどしてマーキングをするようになることもあるのですが、マーキングに関してはミニレッキスに限った話ではなく、縄張り意識の強いオスのウサギによく見られる行動です。

関連記事

ミニレッキスの性格や習性の詳細はこちら
【うさぎ飼いは見た!】ミニレッキスの性格、習性、本能行動など詳細

ミニレッキスは大人になるとどれくらいの大きさになるのか

小型の品種の中では大きい部類に入り、中型に分類されることもあるミニレッキスですが、実際に大人に成長するとどれくらいの大きさになるのかは気になるところ。

そこで、もちろんそれには個体差があるので一概には何とも言えないのですが、イブスター店長の場合を彼のプロフィールと共にご紹介しよう!

大人のミニレッキス

名前イブスター店長
性別オス
生年月日2016年12月
出身地台湾
体長約40㎝
体重2.6㎏

イブスター店長は台湾生まれで、既に立派な大人のうさぎ。

かかりつけの獣医の先生曰く、骨格がかなりしっかりとしているとのことで、私が餌を少し上げ過ぎていたこともあり、体重は2.6キロと平均的なミニレッキスよりも大きくなりました(現在は減量中)。

体の大きさ、つまり体長に関しては、これは測り方にもよるので、うさぎさんの体長の測り方についても少しお話ししましょう。

うさぎの体長の測り方

うさぎさんの体長の測り方についてですが、実はこれに関しては明確な決まりはないようです。

というのは、先ほども出てきたアメリカうさぎ協会(ARBA)が開催するラビットショーではうさぎの体重やそれぞれの部位の美しさ、全体のバランスが審査基準となるため、体長に関しては特に規定はないようですし、大手のペットショップではうさぎの体長を、体重と体高(動物が立った時の足から頭頂までの高さ)を目安に設定しています。
また、うさぎの本(飼育書)にも体長に関しては記載はなく、体重が大きさの目安として記載されています。

なのでうさぎの体長については、どこからどこまでといった明確な測り方は特にないと考えられるのです。

ただし、一つの目安として動物学では哺乳類の体の長さを測定する際、頭胴長(動物を水平にして頭の先から尾の先までの長さである「全長」から尾の長さ「尾長」を引いた直線状の長さ)を計測の指標とすることが多いので、うさぎさんの体長の測り方も、座っている時の頭の先からお尻あたりまでを一つの目安と考えていいのではないかと思います。

それに、座っている時の方が測りやすいですからね。

横になったミニレッキス

そしてこれがイブスター店長の体長。長さは40cmほどです。

ミニレッキスの体長(頭胴長)

上から見るとより分かりやすいです。ザ・ウサギというフォルムだ!

足を伸ばしたミニレッキス

頭の先から足の先までだと60センチ程になります。

体の長さもそうですが、体重から見てもイブスター店長は平均的なミニレッキスよりも大きくなりました。ちなみに子ウサギの頃から耳が大きいうさぎさんは成長後も体が大きくなる可能性があるとされ、耳の大きさで成長後の大きさがある程度予測できるといわれています。

子ウサギの耳

子ウサギの頃のイブスター店長の耳。やはりこの頃から巨大化する予兆はあったのかもしれません。大きな耳です。

私たち人間と同じで誰一人として同じ人はいないように、うさぎさんもそれぞれ体の大きさや性格など、そのうさぎさんだけの個性を持っています。

特に体の大きさに関しては、これはミニレッキスに限った話ではないのですが、一般的に言われているより大きくなることも少なくはないと思います。しかしそれも立派な個性。私たちもそうですが、個性は大事にしていきたい!

関連記事

イブスター店長が幼少期を過ごした家はこちら
【子ウサギの飼育環境】ミニレッキスの飼い方とイブスター店長の家

巨大化したイブスター店長が引っ越した家はこちら
【うさぎのケージ買い替え】大型サイズに引っ越したイブスター店長の新居

スポンサーリンク
この記事をシェアする

Comment

  1. れくちゃん

    うちの子も台湾出身で、イブスター店長さんとそっくりな(ミニ?)レッキスです!!
    ポーズもそっくり✲*゚お腹に入った一本の線も似ています。
    もしかして親族なのかも知れませんね(*^^*)

  2. 投稿作成者

    コメントありがとうございます!
    お腹の一本線は腹巻きしてるみたいで何とも言えない良さがありますよね(笑)

コメントを残す