【ウイスキーの分量】ワンショットは何ミリのお酒が入っているのか解説

ワンショットは国によっても、そしてお店によっても実は分量が異なりますが、ある程度の規定や法則は確かに存在する……

現在のバーといえばショット(1杯)での量り売りが基本ですが、その1杯にはどれくらいの量が入っているのかは気になるところですよね。

特にバーは安く飲める場所ではないので、この分量を知らないと「思っていたよりも少なかった」とか「他のお店はもっと多かった」とか、場合によっては釈然としない気持ちになってしまうこともあるかもません。

なのでお教えしよう!ショットの分量には基本的な規定があるということを!

ワンショットの規定量

ワンショットとはウイスキーなどのお酒1杯分のことを言いますが、ワンショットの規定量は実は国によっても異なるため、まずはバーやウイスキーの本場であるアメリカとイギリスの場合から見ていきます。

アメリカのオンス(oz)とジガー(jigger)

アメリカではワンショットの単位は液量オンス(fluid ounce)というものが標準的な単位として使われていて、日本でのml(ミリリットル)のように「fl oz」「oz」という記号で省略されています。

その分量をmlに換算すると、1オンスは29.57ml(正確に言うと29.573 529 5625ml)と、約30mlということになります。

また、ジガー(jigger)とはカクテルなどを作る際に使用する計量カップの単位のことをいい、その分量は1オンスの1.5倍で約45ml。

アメリカの場合はこれらの1オンスまたは1ジガーがワンショットの分量となっています。

イギリス(英国)の場合

続いてイギリス(英国)の場合ですが、これはアメリカとは少々事情が異なり、元々南のイングランドではワンショットは45ml、北のスコットランドでは60ml、隣のアイルランドでは70mlが一般的だと言われていたのですが、現在は25mlまたは35mlと法律で決められているそうです。

ちなみにイギリスも液量オンスの単位が使われていますが、イギリスの場合は1オンスが28.41ml(正確に言うと28.413 0625ml)とアメリカでの1オンスよりも僅かに少ない。

日本の場合

そして日本の場合はどうなのかと言うと、歴史を見ても日本はアメリカとの関係が強いですから、アメリカでの1オンスの流れもあって、ワンショットは30mlが一般的な規定量となっています。

ただし、基本の規定量は30mlなのですが、実を言うとこれも店による部分が大きく、お店によってはウイスキーなどのワンショットの規定量を40mlや45mlと設定しているところもありますし、お酒によって規定の分量を変えたりすることもあるため、一概にワンショットの規定量はコレだ!と言うことは難しい。

ただ、基本はワンショットは30mlというのが最も一般的なので、日本のバーにおけるワンショットの規定量は30mlと覚えておこう!

ウイスキーのシングルとダブル

ワンショットとはウイスキーなどのお酒1杯分を表す言葉ですが、それではよく聞く「シングルとダブル」とは何なのかという話にもなると思うので、併せてご紹介します。

まず、シングルとはワンショットと同じ意味を表す言葉で、ウイスキーなどのお酒1杯分のことを指し、ダブルというのはシングルの2倍、つまりお酒2杯分のことを指します。

これらは主にウイスキーなどを注文する際に使用する言葉で、「シングル」と言えば1杯分の分量(30ml)がグラスに注がれて出てきますし、「ダブル」と言えば2杯分の分量(60ml)がグラスに注がれて出てくるというわけです。

イブスター店長
イブスター店長

お酒の分量を指定しなければ自動でシングルになるぞ。要は1杯分が良ければ「シングルで」とわざわざ言わなくても大丈夫ということだ

ちなみに、ワンショットという言葉はウイスキーなどを注文する際にはあまり使用せず、

お客さん
お客さん

このウイスキーはワンショットおいくらですか?

湊
ミナト

これは(ワン)ショットで800円ですよ

とか、そんな時に使用することが多く、注文する際に「ショットで」と言うとショットグラスなどにストレートでという意味合いを含んでいたりもするため、お酒の分量を指定する際はワンショット、ツーショットとは言わず、シングル、ダブルを使えばOK!

外国から旅行で来られている方々もシングル、ダブルと言っているので、恐らくこれは世界共通のはずだ!

ワンフィンガーとツーフィンガー

ウイスキーなどのお酒の分量を表す言葉は実は他にもあり、別にこれは使用する機会はほぼないので覚える必要もないのですが「ワンフィンガー、ツーフィンガー」といったものもあります。

フィンガー(finger)とは「指」を意味する言葉ですが、どうしていきなり指が出てくるのかというと、こういうことです。

ウイスキーのワンフィンガー30ml

グラスの形状にもよるのですが、このように8オンス(約240ml)のタンブラーの下部に指をあて、指1本分のお酒を注ぐとちょうど30ml(シングル分)になり、

ウイスキーのツーフィンガー60ml

指2本分のお酒を注ぐとちょうど60ml(ダブル分)になるわけです。

フィンガーに関しては前述の通りで使う機会はほぼないと思うのですが、例えば自宅でお酒を作りたいけれど量りがないという場合、指でお酒の分量を量るということができたりもします。しかし、これはやはりグラスの形状による部分が大きいので、正確に量りたいという本格志向の方はメジャーカップを1つ置いておくと便利ですよ。

私は自宅用には、銀やステンレス専門メーカーが作る「YUKIWA」というブランドのメジャーカップを置いています。メジャーカップは30mlと45mlのものがオススメ。

ワンショットの分量が変わるお酒の種類

日本のバーでのワンショットと言うと30mlが一般的ですが、実はお酒によっては45mlや、場合によってはもっと多い60mlが基本となるものもあります。

ただし、これもお店による部分が大きいのでやはり一概には言えないのですが、ある程度の傾向はあると私は思っているので、最後にお酒の種類による、大まかなワンショットの分量の違いについてご紹介します。

ウイスキー

これまで見てきた通りで、ウイスキーの場合、ワンショットの分量は30mlが一般的。シングルは30ml、ダブルは60ml、トリプルは90mlだ!

イブスター店長
イブスター店長

トリプルはもはやジョークのレベル

スピリッツ

ジン、ウォッカ、ラム、テキーラは4大スピリッツと呼ばれ、大きく分類するとブランデーやウイスキーなどの蒸留酒もスピリッツというカテゴリーに属しているのですが、これらのスピリッツも大体ワンショット30mlと思っていて間違いはないです。

個人的にはアルコール度数が40度前後のものは30mlが基本となる傾向が強いように思います。なぜかと言うと、度数的にもそれくらいがちょうどいいから。

ベルモット

ベルモットのチンザノドライ

ベルモットというのは白ワインをベースに薬草や香草などのハーブ、スパイスを加え、独特の風味に仕上げたフレーバード・ワインのことで、種類は甘口のスイートベルモット、辛口のドライベルモットがあるのですが、ベルモットの場合はワンショットが45~60mlになることが多いように思います。

と言うのも、ベルモットはアルコール度数が18度前後のものが多く、スピリッツなどと比べると度数が低くて飲みやすいため、その分30mlだと物足りなく感じてしまうからです。

あとは代表的なブランドのベルモットは量が多い(1,000ml)ので、沢山入れたくなってくるという心理が働く……ような気もする。

フォーティファイド・ワイン

オズボーン社のシェリー

フォーティファイドワインとは「酒精強化ワイン」や「アルコール強化ワイン」などと呼ばれるワインのことで、製造工程中にブランデーやアルコールを添加することで、アルコールを強化したり、保存性を高めたワインのことを言います。

フォーティファイドワインの代表格はスペインの「シェリー」、そしてポルトガルの「ポートワイン」や「マデイラ」ですが、これらもワンショットは45~60mlが多いです。

その理由はベルモットと大体一緒なのですが、やはりこれらはワインの仲間ですし、酒精強化と言ってもアルコールの度数は15~22度くらい、そしてストレートが基本の飲み方となるため、30mlはやはり味気ないからです。

ちなみに画像に映っているのは約250年の歴史を誇るオズボーン社のシェリーで、左から順にソレラという熟成システムが開始された1827年を冠した極甘口のペドロヒメネス、『アルハンブラ物語』の作者アーヴィングがこよなく愛したとされる甘口のクリーム、ナポレオン戦争でスペイン軍が勝利を収めた地である「バイレン」の名を冠した辛口のオロロソ。

ハーブ系リキュール

ハーブ系リキュールのスーズ

リキュールとはベースとなるスピリッツに植物などの香気成分を添加したもののことを言うのですが、特に草根木皮を原料とした香草(ハーブ)系リキュールの中でも、ビター系リキュールと呼ばれる「カンパリ」や「スーズ」などの度数が低いものは、ワンショットが45~60mlになることが多い気がします。

これらも上記同様の理由に加え、基本的には割って飲むことが多いと思うのですが、30mlだとやはり味気なく感じるから。

ただし、ハーブ系リキュールには多くのものがあり、しっかりとした味と度数があるものは30mlが基本となるので、一部のものだけ少し多くなる場合があるといったところでしょうか。

イブスター店長
イブスター店長

スーズはトニック割りやグレープフルーツジュース割りが美味いぞ

(番外編)ウイスキーのハーフショット

ウイスキーでもその他のお酒でもオーダーは1ショットからが基本ですが、中にはハーフショットというワンショットの半分、つまり15mlのお酒をグラスに注いでもらえる注文方法があります。

ハーフショットは主に、1杯で2千円、3千円とする高額なお酒を多く取り扱っているお店などが、お客さんに手頃な価格で、そして色んなウイスキーを楽しんでもらいたいというあくまでも善意で行っているサービスのようなものであり、どこのお店でもやっているサービスではありません。

と言うよりも、ハーフショットをやっているバーはどちらかと言うと少数派のような気もます。それはなぜかと言うと、ズバリ、店の経営的にはハーフショットは結構厳しいサービスだったりもするからです。

こちらの記事(バーで一杯だけはお店に対して失礼に当たるのか?現場から徹底解説)でも解説している通り、バーはお客さんが何杯か飲んでくれることを想定してショットの金額を決めたりもしているのですが、それに加えて、実はウイスキーの仕入れが高額になればなるほど店としては苦しくなっていくという事情もあるのです。

この辺の内部事情については話し出すとかなり長くなってしまうので今回は割愛しますが、もしハーフショットを利用する場合は、ハーフショット1杯だけとなるとお店の善意を無下にするような感じになってしまうこともあるため、何杯か注文するようにした方が無難でしょう。

それと当然のように「ハーフショットで」とか言ってしまうと、あまり良く思われないこともあるので、ハーフショットにしてもらいたい場合はそもそもハーフショットができるのかをきちんと聞いてみるのがベター。

すると、ハーフはやっていないお店でも、特別にハーフでやってくれるかもしれないぞ!

今回のまとめ

・ワンショット=シングル=ワンフィンガー
・ツーショット=ダブル=ツーフィンガー
・ワンショットは30~60mlまで幅広い、そしてものにもよる

ワンショットはお酒にもよりますが、基本は30ml、たまに45ml、場合によってはそれ以上と考えておけば間違いはないのですが、やはりお店による部分も大きいため、例えばワンショットを多めに設定している分料金設定も少し高めとか、逆にワンショットを少なめに設定している分料金設定も少し低めとか、そういった場合もあります。

ただ、一つの基準として、アルコール度数が高いものは30ml、アルコール度数が低いものは45ml以上になりやすい傾向がある、と考えておいてもいいような気もします。

この法則は一般的なバーであればある程度の共通する部分はあるはず。たぶんですが。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す