ブロックエディタでリライト中に記事が勝手に更新される問題の原因と対処

WordPressのブロックエディタ(gutenberg)で記事が勝手に更新されるのを防ぐ方法

WordPressをクラシックエディタからブロックエディタ(gutenberg)に変えたところ、なぞの問題が発生するようになりました。

記事のリライト中に、更新ボタンは押していないというのに、なぜか記事が勝手に更新されてしまうのです。

しかしこの問題は、いちおうは原因を特定でき、対処することもできたので、この記事ではその方法をまとめておきます。

この記事でわかること
  • ブロックエディタでリライト中に記事が勝手に更新される原因
  • 記事が更新されるのをふせぐ対処法(プラグイン使用)
目次

リライト中に記事が勝手に更新される原因

まずは当ブログの環境です。

テーマ:
バージョン:WordPress5.8

しらべてみても、まったく情報が出てこなかったので、もしかするとテーマやプラグインなどにも関係があるのかもしれません。

とはいえ、すこし検証してみると、以下が原因となっていることがわかりました。

ブロックエディタのバックアップから復元

リライト作業中に「バックアップを復元」をすると、なぜかその段階での内容で、記事が更新されてしまうのです。

ブロックエディタのこのリビジョンを復元

また、これは「このリビジョンを復元」を押したときも同様となっていました。

ブロックエディタ(gutenberg)は、いちど公開した記事を書きなおしている作業中、変更の内容を保存する機能はありません(これはクラシックエディタでもおなじ)。

しかしクラシックエディタでは、復元をしても問題は起きなかったので、これは困ったこととなったわけです。

対策:Yoast Duplicate Postを使う

この問題の対策として、私は「Yoast DuplicatePost」というプラグインを使用することにしました。

この 「Yoast Duplicate Post」は、いちど公開した記事を複製し、公開前の記事と同様に、下書き保存をすることができるというもの。

しかも再度公開するときは、複製したものを公開済みの記事と統合してくれる、というのだからおどろきです。

以下、同プラグインの導入&使用手順です。

STEP
Yoast Duplicate Postをインストールする
Yoast Dupicate Postをインストール

まずはプラグインの新規追加画面で「Yoast Duplicate Post」と検索し、これをインストールして有効化。

STEP
書き換え&再公開を選択して記事を複製
Yoast Dupicate Postの書き換え&再公開

プラグインを有効化すると、記事をひらいているページや、記事一覧のページに「書き換え&再公開」という項目が出てくるので、これを選択しましょう。

STEP
記事が複製される
Yoast Dupicate Postdで複製された記事

そうするとこのように、公開したものとはべつに記事が複製されます。

STEP
あとは通常の記事作成手順でリライト&最後に「Republish」
Yoast Dupicate Postで複製した下書きで編集と更新をする

あとは、通常の記事作成作業とおなじことをするだけ。

下書き保存をクリックすれば、書きなおした状態が保存されるので、いつでもリライト作業の中断&再開ができるようになります。

そして記事の書きなおしが完了したら、「Republish」をクリックすれば、複製された下書きは、公開済みの記事に統合されるというわけです(通常の更新となる)。

STEP
設定は日本語に対応しているので簡単!
Yoast Dupicate Postの設定画面

設定は初期のままでまったく問題はありませんが、変更したい部分があれば、日本語化もされているのでとてもかんたん!

すばらしいプラグインと出会いました。

今回のまとめ

  • ブロックエディタでは勝手に記事が更新されることがある
  • 「Yoast Duplicate Post」を使えば問題は解決
  • リライト作業をよくするならこのプラグインはおすすめ

WordPressのテーマを「」に変えるまではクラシックエディタだったので、私は「バックアップから復元」を下書き保存のようにして使っていました。

しかし「Yoast Duplicate Post」のおかげで、リライト中でもきちんと下書き保存ができるようになったので、とても満足しています(リライト中にほかの記事を書きなおしたいときも便利)。

ブロックエディタも慣れればかなり使いやすいです。

もし、おなじような問題が起きているのなら、ためしに「Yoast Duplicate Post」を使ってみてください。

おすすめですよ。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる