雑記ブログで月10万円以上稼ごうと思ったら「凡人は」何らかの犠牲が必要

普通の人、つまり凡人がブログで大きな収入を得ようとするならば、何らかの犠牲が必要になるのかもしれません。

ブログで月10万円“程度”なら、やりつづけていればいつかは達成できるだろう。そう思ってから4年が経過したいまも、私は、まだブログで月10万円を安定して稼ぐことはできていません。

そして気づいたのが、経験という武器しか持たず、その他のオプション武器(有料サービス等)はいっさい利用しない一般市民(凡人)が、この月10万円というラインを超えるには、まちがいなく代償となるものが必要、つまり、なんらかの犠牲を払わなければならないということでした。

なぜなら、世の中には、「等価交換の法則」という、一般人がどうあがいてもくつがえすことのできない、絶対的なルールがあるからです!

なぜ凡人は犠牲を払わなければブログでまとまった収益を上げられないのか? ブログ運営における等価交換の法則とはなんなのか? 月10万円以上のお金を得るために私が犠牲にしたものとは……?

今回は、自分だけの経験という武器しか持たなかった、どこにでもいるごく平凡な一般市民である私が、ブログで月10万円以上を稼ぐためにしたことをお話しします。

目次

アフィリエイトで月10万円以上の収入がある人の割合

月10万円なんてやっていれば余裕だ。むしろそれが最低ラインであって、そこはただの通過点でしかない。20万円、30万円、7桁(100万円)超えだって可能性はある。

ブログアフィリエイトに挑戦しはじめると、爆益を上げているアフィリエイター、成果報酬の高いアフィリエイト広告の数々、無限であるかのようにある商品ラインナップ、やればやっただけ最初はアクセス数の増えていく自分のブログなど、あまりにも多くの希望が見えるようになっていきます。

なんだか自分もやれそうだなあ。じつは、意外と簡単なのでは……?

人間、どうしても景気のいい部分ばかりに目がいってしまいがちで、とくに本格的にブログの運営をはじめるまえ(まだ本気を出せていない時期)などは、なんの根拠もなく、自分も簡単にやれてしまうと思うようになってしまったりもするのです。

が、もしかすると、ここに明暗を分けるターニング・ポイント(分岐点)があるのかもしれません。

まずは、この幻想を一瞬でぶち壊す、以下のデータをごらんください。

アフィリエイト市場調査2020

(参考:アフィリエイト市場調査2020をもとに作成)

こちらは、アフィリエイト・プログラムの業界団体である日本アフィリエイト協議会(JAO)によって発表された「アフィリエイト市場調査2020」における、ブログ・サイト運営者のアフィリエイト収入の分布(月)。

見てのとおり、10万円以上の収益がある運営者は1.7%、30万円以上は0.5%、50万円以上は0.3%と、ブログ月収10万円オーバーは、そう簡単に突破できるほどやわな壁ではないことがわかります。

ちなみに、国税庁によっておこなわれた「民間給与実態調査(令和元年分)」によれば、年収1000万~1500万は全体の3.5%で、それ以降(以上)はすべて1%以下。

つまり、額のスケールはまるでちがいますし、じっさいはそんなことはけっしてないと思われますが、これらのデータだけを見れば、アフィリエイトでの収入10万円オーバーは、年収1000万円オーバーよりも難易度が高い(?)とも考えることができるのです!

べつの協会による調査結果(たとえばアフィリエイトプログラムによる意識調査)によっては、この月収の数字はかなりの差があったりもする(10万円以上稼いでいる人はもっとずっと多い)のですが、今回はあえて、わるいほうのデータを見ることにしました。

私たちが持ってしまいがちな、生ぬるい考えを吹き飛ばすためです!

ブログ収益は「等価交換の法則」に従っている

この世にはかつて、錬金術師とよばれる職業の人たちがいました。

錬金術とは、鉛などの卑金属を黄金に変える触媒(仲介役)となる物質、「賢者の石あるいはエリクサー」なるものをつくりだそうとしたもので、これによって偶然ウイスキーなどの原型になった「蒸留酒」が生まれたともいわれているのですが、それはさておき、この研究は「質量保存の法則」というものを生み出しました。

よく聞く言葉にいいかえると、「等価交換の法則」といってもいいのかもしれません。ようは、あるものをつくりだそうとすれば、あるものとおなじくらいのものが必要になる、という話です。

さて、ブログやアフィリエイトで一発逆転をねらう人というのは、失礼を承知でいいますが、それぞれの事情はあったであろうとはいえ、社会的に見れば、これまで戦ってこなかった方もすくなくはないのではないかと思います。

高校・大学と受験戦争を勝ち抜き、何社にも応募する就職活動を乗り越え、新入社員となったあとは満員電車に揺られ、毎日上司に怒られて残業。行きたくもない飲み会につきあわされ、小言・説教をくらい、帰宅できるころには日付もまわっていてまたあすも仕事。

現在、企業から収入を得ている人の多くが、おそらくそのように戦ってきたなかで、かたや「非戦闘員」は、受験戦争はまあまあ、就職活動なんてする気もなく、バイトでいいかとテキトーにフリーター生活。満員電車に乗る人を鼻でわらい、自転車でさっそうと移動をかまし、好きなことをし、好きなものを食べ、好きなときに寝る。

結果、うだつの上がらない収入・生活に嫌気がさして、そこから抜け出そうと一発逆転の可能性をブログやアフィリエイトに見いだした……というパターンが、じっさいのところは多いと思うのですが(ほとんど私のことでもありますが)、そこで、さきほどの等価交換の登場です。

いってしまえば、とくに本気でなにかをしてきた、必死で積み上げてきたわけでもないのに、その経験だけをもとに戦ったところで、ふつうの勤め人が、これまで積み上げてきたものをもとにしてかせいでいる20万円、30万円というお金を、私たちは手にすることができるのか? という話。

ひじょうにきびしいですよね。

ブログやアフィリエイトは、パソコン1台・スマホ1台あれば作業ができ、だれかになにかをいわれることもなく、好きなときに好きなだけ作業ができる。フリーター生活で月10万円、15万円とかせぐよりもらくなことをしているのに、それ以上のお金をそう簡単にかせげるわけがありません。

ブログで月10万円の収入をなかなか越えられないのは、月10万円を越すだけの対価がまだ支払われていないから。

つまるところ、私たちはまだ、それを得るに見合ったそれぞれの大切なものを代償として差し出していないからこそ、壁を越えられていないのではないでしょうか?

ブログのために犠牲として払い、代償として差し出したもの

かつて私が、その世界観に心をふるわせたゲーム「ドラッグオンドラグーン(DOD)」では、主人公のカイムは、両親のかたきでもあるドラゴンと生きるために契約し、強大な力を手に入れる代わりに「声」を失いました。

おそらく全話を見たアニメはこれが最後かもしれない「DARKER THAN BLACK(DTB)」では、地獄門(ヘルズゲート)とともに現れた超能力を持った契約者たちは、力の対価として、人間らしい「感情」などを失っていきました。

身の丈を超える大きな力を得る、すなわち、本来手にすることができる以上のお金を得るためには、私たちは代償として、なにかを犠牲にするしかありません。

以下は、私がブログで月10万円の収益を上げるために犠牲にしたもの、代償として支払ったものです。

1. 10年以上続けてきたタバコをやめた

10年以上続けてきたタバコ

10年以上にわたって吸いつづけてきたタバコをやめました。

じつをいうと、このタバコに関しては、ブログの収益を上げるためにやめたわけではありません。完全にただの「習慣」で吸っていた。おいしくもなければ、おもしろくもなかった。そのことに気づいたので、やめることにしただけの話なのですが、正直、これによってすべてが変わりました。

機械的におなじような時間、おなじようなタイミングでタバコを吸う習慣を消し去ったことで、今回のような、どうすれば月10万円を超えられるのか? といった、さきのことを考えられるようになったのです。

また、この喫煙習慣に終止符を打ったことで、今回の本題である、趣味・嗜好品・楽しみなどを犠牲として差し出すことによって、これまでの(結果が出せなかった)生活スタイルを強制的に変えていかなければ、凡人は目標を達成することはできない、という思考にもいたることができました。

これが、すべてのはじまりだったともいえます。そんなわけで、タバコも犠牲として支払ったもののなかに入れておくことにしました。

2. 10年以上飲み続けてきたビール(発泡酒)をやめた

10年以上飲み続けてきたビール(発泡酒)

まさかこんな日がおとずれるとは……。毎日欠かさず飲みつづけてきたビール(ほぼ発泡酒)を毎晩飲むのをやめました。

かつての私は、発泡酒なんてビールではない! などと豪語しておきながら、結局お金の問題でビールから発泡酒に移行し、最初はうまくはないと感じていたものの、しばらくすると慣れてしまって、それ以降はほぼこれ。

飲酒のペースは毎晩ほぼかならずで、発泡酒を飲みながらブログの運営作業をしていたりもしたのですが、タバコをやめて私は思ったのです。

この発泡酒もじつは、ただの「習慣」で毎晩飲んでいるだけなのではないか? と。

最初はうまくないと感じていたのにもかかわらず、代用品で慣れてしまった、というのがタバコをやめるまえの状況と酷似しており、飲みたくて飲んでいるのか、ただ機械的に習慣で飲んでいるのかがわからなくなってしまったので、ひとまずこの飲酒もやめることにしました。

いちおう元バーテンダーである私がこんなことをいうのもあれですが、夜にお酒を飲まなければ、夕食後でもすぐに動けるようになります。ブログの運営作業にかけられる時間が大幅に増え、目標がグッと近づいた実感があります。

正直、炭酸水またはレモン味の炭酸水でじゅうぶん。そのうち、それすらも必要としなくなるかもしれません。

3. 休日最大の楽しみだったランチをやめた(昼食抜き)

休日最大の楽しみだったランチ

あしたは休み、さて、お昼はなにを食べようか……。私にとっての、休日最大の楽しみであったランチ(昼食)、これを食べるのを基本はやめることにしました。

私はもともとギャンブル依存者であり、それの克服のためや、バーテンダー時代の激務を生き抜くためにも「昼寝」をする習慣があって、それはギャンブル依存症を克服したあとでも、バーの仕事をやめたあとでもつづいていました。

ただ、この昼寝の習慣が、ブログの運営作業にとっては大きなさまたげに。

昼に好きなものを好きなだけ食べて昼寝、気づけば夕方を過ぎていて、なにもせずに1日中ずっと寝ていておわってしまっていた、なんてことが、時間に余裕ができてからしばしば起こるようになっていたのです!

昼寝をするのは、昼ごはんを食べて眠くなるからにほかなりません。

ならば、昼飯を抜くしかないという話になるわけで、これを抜けば、休日は昼寝をしないですみます。寝ていた時間をブログの運営作業にあてられれば、月10万円の目標を達成できる可能性は飛躍的に上がるでしょう。

「昼食+昼寝」という、休日最大の楽しみを、「犠牲・代償」として支払う。

それもしかたありません。身の丈を超えたかせぎを得るためには、凡人は、それに見合ったなにかを差し出さなければならないのですから……。

関連記事

ギャンブル依存者は「昼寝」をせよ
【実践上の成功率100%】パチンコに行きたくなったら取るべき奥義を伝授

お金を払ってブログへの投資をすれば犠牲なしで済む場合も

私は極端な人間で、追い込まれれば追い込まれるだけがんばれるほうでもあるので、今回はこのような「自分の持っているものを捨てる」という選択をすることにしましたが、人には向き不向きがあります。

カツカツに追い詰められたことで、もうだめだ、とやる気がなくなってしまい、いちどは本気で挑戦しようしたブログやアフィリエイトを完全にやめることになってしまえば、元も子もありません。

そこで、自分のものは捨てない、つまり人生における楽しみは捨てずとも(犠牲を払うことなしに)ブログで大きく収益を上げていける、といった、ベストなやり方を実現させる可能性を持ったサポートアイテムを、最後にいくつかご紹介しておきます。

1. 有料のWordPressテーマを使う

ブログの作成ツールは、WordPressを利用している方も多いと思いますが、だれでも利用できる無料テーマを使いつづけるのではなく、お金を払って有料テーマを使うという方法があります。

無料テーマは、カスタマイズがものすごく大変で時間がかかってしまったり、SEO(検索順位)対策が弱かったりなどの難点も多く、そこへの投資をケチってしまっているというだけでブログが伸びない、ということもしばしば。

しかし、そんなときに、この問題を一気に解決してくれる可能性を持ったものがあるわけで、それが、抜群に上位表示されやすい「究極のSEO最適化テーマ」として知られる、有料のWordPressテーマ【THE THOR(ザ・トール)】 です。

ザ・トールは、テーマ自体でされたSEO対策、国内屈指のデザイン性、搭載された支援システムによる集客・収益の最大化を実現など、評判もよく、買って損はないといえるであろうワンランクもツーランクも上のテーマ。

もっと早く買っておけばよかったという声も多いなど、テーマを変えるだけでブログの収益が変わってくる可能性もおおいにあるといえるでしょう。テーマにお金をかけ、自分に足りない部分をおぎなってあげ、武器として使っていくというわけです。

私のように、1年近くの時間をかけて無料テーマをカスタマイズ、なんてことをしていると、そのときの時間もそうですが、あとになってからも、身動きがひじょうに取りづらくなってしまいかねません。

とくに初心者の方には、時間を大幅に節約でき、ただ使っているだけで検索上位を目指しやすくなる有料テーマはおすすめですよ。

2. 有料のWebデザイン(プログラミング)講座を受ける

いましがたお話ししたとおり、私は無料テーマのカスタマイズに、1年以上もの時間をかけてきたわけですが、なぜそんなことをしていたかというと、プログラミング関係の知識がゼロだったから。

断片的に散らばった情報をネットでかき集めながら、自力でなんとかしようとしていたからこそ、私は1円にもならないカスタマイズにひたすら労力をついやし、結果として身動きも取りづらくなってしまったのです。

それもあって、収益が上がらない状態が延々とつづいていたと思うのですが、この経験からいわせてもらうと、わけのわからないものは自力でなんとかしようとするよりも、知っている人から教わった(聞いた)ほうがはるかに早く、時間・お金などから考えても、そのほうがコストパフォーマンスは断然いいということ。

では、どこでそんなことができるのか? というと、その場所こそが、ブログのカスタマイズ関係でしらべごとをしていればだれもがいちどは目にしたであろう、TechAcademy [テックアカデミー] なのです。

テックアカデミーは、同業界での受講者数はNo.1を誇る、オンラインに特化したプログラミングスクールで、在籍する約1000人の講師はすべて経験豊富な現役エンジニア。

WebデザインやWebマーケティングなどの人気コースに加え、WordPressコース もあるなど、これを受講しておけば、WordPressのカスタマイズやデザイン変更で発狂しそうになることも回避できる可能性が高く、さらには、そこで学んだ経験を生かすことで、ブログの収益アップにつなげられる可能性もあるのです。

受講料は約16.4万円(税込)~となっているので安くはないですが、毎月10万円以上かせげるようになれれば、そんなものは余裕でペイできる話。

私のように膨大な時間をむだにし、精神をすり減らし、最後はいろんなものを犠牲にしなければならない、なんてことになりたくなければ、無料体験のコース もあるので、プロのもとで勉強するのもありだと思いますよ。

今回のまとめ

・ブログで月10万円超えは狭き門
・一般人(凡人)はなにかを犠牲にしなければお金は稼げない
・代償の支払いは新たな武器(有料)を入手することで回避可能

9割がやめていくといわれるブログ(アフィリエイト)で、月10万円、20万円、30万円とお金をかせいでいくのは、正直、勉強して、就職して、と、これまでまっとうに人生を歩んできた(経験を積んできた)ような方でもそう簡単にできるものではないと思います。

会社に雇われていて、会社が毎月お金を払ってくれるわけではありません。ほとんど自力で、ほとんど自分だけで成果を出し、収益を上げていかなければなりません。

そう考えると、等価交換の法則なんてものは、簡単に破綻してしまう(一般企業で高収入を得ていたとしてもブログでおなじくらい稼げるとはかぎらないから)のかもしれませんが、それはそれで、持たざる者にとってはわるい話ではないでしょう。

すこしの犠牲、すこしの投資だけで、身の丈を超える収益を得られる目も出てくるわけですから。

当記事作成時点では、まだ私は月10万円(安定)を突破できていませんが、時が来たら、当記事の冒頭あたりに、「代償を支払ってから〇か月後に達成しました」みたいなことを付け加えておきたいと思います。

いろんな大切なものを捨てた私には、もはや、やれるとしか思えないからです!

関連記事&スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる