【初めてのカジノ】シンガポール、マリーナベイサンズにて大小で勝負!

バリ島旅行最終日はシンガポールの言わずと知れた総合リゾートホテル、マリーナベイサンズのカジノへ。

遂にインドネシア・バリ島旅行も最終日を迎えます。

早朝から飛行機に乗ってバリ島を出発した私たちが目指す最後の地は、世界屈指のグローバル都市「シンガポール」。私はここで人生で初となるカジノに行くことになるのですが、当時、重度のギャンブル依存症だった私は初めてのカジノに触れ、これまで経験したことがないような高揚感を体感。

これから始まるカジノと、そしてギャンブル依存症との戦いの火蓋は、まさに今切られようとしていました。

バリ島旅行1日目はこちら
【地上最後の楽園】インターコンチネンタルバリリゾートに宿泊しました

インドネシア・バリ島旅行(最終日)

ングラライ国際空港

バリ島で過ごした時間はあっという間に過ぎ去り、私たちはングラライ(バリ)国際空港へ。空港の免税店に立ち寄り、最後に残った現地通貨でお土産を買いに行きます。

バリ国際空港で購入したコピルアクコーヒー

私が購入したのはこれ、猫の糞コーヒー「コピ・ルアク」!

コーヒー好きの友人に渡そうと思っていたのですが結局渡すのを忘れてしまい、これもいまだに自宅で保管されています。果たして飲めるのだろうか……

関連記事

コピ・ルアクについては3日目を参照
→ 【最高級は猫の糞?】幻のコーヒー「コピ・ルアク」の製造所に潜入!

チャンギ国際空港

お土産を買い終えた私たちは飛行機に乗り、世界一快適な空港として知られるシンガポールの玄関口「チャンギ国際空港」に到着。

日本に帰る飛行機が出るまでまとまった時間があったので、私たちは空港から出て次の目的地へ向かいます。

パンパシフィックシンガポール

次の目的地とはここ、「パン パシフィック シンガポール」という大規模ラグジュアリーホテル。

パンパシフィックシンガポールはシンガポールの中央ビジネス街に位置し、世界的に有名な建築家がデザインを手がけた5つ星ホテルで、総客室数は790部屋とかなりの大規模。シンガポールの中心部という観光に便利なロケーションでありながら、ホテル屋外には巨大な半円形プールやプールサイドバー、さらにはテニスコートまであり、ホテルライフを満喫することもできるのです!

パンパシフィックシンガポールのロビー

高級感漂う36階までが吹き抜けとなったロビーには、シェードで飾られた個性的なテーブル席が水辺に浮かぶようにして配された、南国リゾートを彷彿とさせる非日常的なラウンジ、「Atrium(アトリウム)」が。

パンパシフィックシンガポールのバー

さらに、ラウンジのバーカウンターはアジア最長クラス。その長さなんと44メートル!凄すぎるぞシンガポール!

【パン パシフィック シンガポール】

私はバーで飲みたい気持ちをぐっと抑えます。というのは、私たちがこのホテルに来たのはホテルに遊びに来たわけではなく、ホテルの2階にあるJTBラウンジに行くためだったからです。

今回の旅行はJTBのツアーを利用したのですが、ツアー利用者はラウンジで荷物を預かってもらえるとのことだったので、シンガポールを観光したかった私たちはJTBラウンジに荷物を預け、今回の旅の終着地、マリーナベイサンズへ。

ちなみにパンパシフィックシンガポールにあるJTBラウンジでは、キャリーバッグなどの荷物の預かりは勿論のこと、ソファに座ってくつろぎながら日本の新聞や雑誌を読むことができたり、Wi-Fiのレンタル(有料)や、オプショナルツアーなどの申し込み、さらにはホテル内のシャワー施設も利用することができてしまうんです!

パンパシフィックシンガポールは見ているだけでも楽しい所なので、JTBを利用してシンガポールに行く場合は是非とも立ち寄ってみて欲しい!

マリーナベイサンズへ

遂に到着した決戦の地、マリーナベイサンズ。

マリーナベイサンズは世界最大の屋上プールや、様々なレストラン、ショッピング、エンターテインメントを満喫することができる総合リゾートホテルで、言わずと知れたシンガポールのランドマーク的な存在。

マリーナベイサンズの運河

数々のブランドショップが立ち並ぶ通路下の運河ではサンパン(ボート)ライドを楽しむこともできます。

マリーナベイサンズの滝

また、運河を辿っていくと姿を現すのが、マリーナベイサンズの滝として知られる「レイン・オキュルス」。

国際的アーティストによってデザインされたレイン・オキュルスは直径22メートルのアクリル製。地上から突き出した半球型のボウルからは1時間毎に毎分22,000リットルもの大量の水が滝のように流れ落ち、運河へと流れていきます。雨水を利用したエコなオブジェで、願い事をする泉としても有名なスポットです。

歩いているだけでも楽しいショッピングモールを散策した後、私たちはお昼ご飯を食べ、いよいよ決戦の舞台、カジノへ……

終着地となるカジノに突入

マリーナベイサンズのカジノ

マリーナベイサンズのカジノ入り口に到着。

私の場合やり始めると歯止めがきかなくなることを日本のパチンコで嫌というほど思い知らされてきていたので、カジノで負けて楽しかった今回の旅にケチがつくのが嫌だったという思いもあり、この時はカジノに行く行かないは正直なところどちらでもよかったのですが、家族が全員行くというので私もカジノに初挑戦。

私たちの中でカジノ経験者は弟のみで、初めてであればまずはラピッドゲーム(機械でプレイするゲーム)がいいとのことだったので、一先ずは機械のゲームで遊んでみることにします。ゲームは「バカラ」という簡単に言うとトランプを2枚めくって数字の合計数を競うゲーム。

しかし、これが全く面白くない!

機械に映し出されるゲームの結果を見ているだけで、この時は何が面白いのかサッパリわかりませんでした。

しばらく機械相手にポチポチ勝った負けたを繰り返していると、父と兄は既に満足したようで、マーライオンを見てくると言い観光へ。私と弟はカジノに残り、後程カジノで合流するという段取りに。

テーブルゲームへ

弟はテーブルに移動するというので私も弟についていき、ゲームの説明を受けながら後ろで見物することにしました。

ここでは詳しい説明は割愛しますが、テーブルのバカラはカードをめくる「絞り(スクイーズ)」というアクションが加わることでゲーム性が一変します。「絞り」の持つ魔力は凄まじく、一度その魔力にとりつかれてしまった者は、一見すると「ただカードをめくるだけ」のことに大金を賭けられるようになってしまうのです。

かく言う私もバカラの魔力にとりつかれてしまう訳ですが、それはまた後の話。

関連記事

バカラの詳しいルールについてはこちら
パラダイスシティカジノでバカラの魔性に酔いしれろ!【ルールも解説】

暫く弟の後ろでテーブルゲームのバカラを見物していたのですが、この時は初めてだったこともあってかテーブルに着くことへのハードルの高さを感じていたので、私は席に座らないでもできるテーブルゲームを探して移動することにしました。

大小(シックボー)でゲーム開始!

ルーレットでちょっと遊び、私が最終的に辿り着いたのは「大小(シックボー)」というゲーム。3つのサイコロを振って出た目の合計を当てるゲームで、シンプルでわかりやすく、立ったまま遊ぶことができるため、私は大小でゲームを開始することにします。

大小のレイアウト(出典:“Sic bo Table” by WademsWikimedia Commons

カジノにもよりますが大小のテーブルのレイアウトは大体このようになっていて、テーブルの横にサイコロ(ダイス)をシャッフルする密封されたカップ型の機械がついています。

大小のルールはとても簡単。

  1. 3つのサイコロが振られる
  2. 出た目の合計が4~10なら「小」、11~17なら「大」
  3. 大または小でのベットが当たれば、賭けたチップと同額を受け取ることができる

これだけです。ただし、サイコロの目が「111」や「555」といったゾロ目の場合は当たりは「大か小」ではなく「ゾロ目」となるので注意が必要。

また、カジノのゲームはハウスエッジ(控除率)というカジノ側の取り分があるのですが、大小の場合はサイコロが出る目の総数216通りから大と小が出る210通りを引いた確率(大または小に賭けても当たらない確率、6/216)、つまり2.8%となっています。

ちなみに、大小には配当が大か小の2倍から最高でゾロ目の150倍(180倍の場合もある)まであるのですが、最もハウスエッジが低いのが大か小に賭ける方法(2.8%)で、ゾロ目に賭ける場合は配当は確かに高いのですが全く割に合いません。

というのも、ゾロ目が出る確率は1/216(0.46%)であるのに対し配当が150倍と、出目の出現確率よりも配当率が大幅に低く、この場合はハウスエッジは30.1%にまでなってしまうのです。(30%のハウスエッジを簡単に考えると、10,000円使うと7,000円が返ってきて、3000円はカジノに持っていかれるということ)

大小は他にも様々な賭け方ががあるのですが、最も悪い賭け方をするとハウスエッジが最大で47.2%までになり、大だと思ったらゾロ目、小だと思ったらゾロ目ということがしばしば起きたりと、白熱した場の空気が一気に冷める、なんてことも割とあるゲームです。

勝って旅の締めくくりとなるか!?いざ勝負の時

ビギナーの私はそもそも賭け方がよくわかっていなかったので(結果的にそれが一番良かったわけですが)、ベットするのは大か小のみでゲームはスタート!

ディーラーはサイコロが入ったカップに蓋をした状態でサイコロをシャッフルするのですが、その際に出る「カシャカシャカシャ」というなんともいえないような金属音、例えるなら鉄製の中華鍋にお玉を叩きつけるような音が変にクセになります。

大小のミニマムベット(賭け金の最低必要額)は確か50SGD(約4千円)で、大か小かを判断する材料は勿論何もないので、私は気の赴くままにチップをベット。

カップの中でサイコロが飛び跳ねる心地のいいシャッフル音、蓋が取られる際に目に飛び込んでくる、勝敗がまだわからない一瞬の間。

特に、この蓋が開けられる「どっちだ!?」という瞬間は、テーブルに着いた人の視線が一点に集中し、ぱっと見で3つの数字が大か小に偏っていれば勝敗はわかりやすいのですが、合計の数字が真ん中に近い、つまりギリギリの戦いになると、一瞬の高揚感が数瞬に長引くのです。

何度か勝負をしている内に、これこそが大小が持つ最大の醍醐味なのではないかと私は感じ始めていたのですが、……しかし、当たらない。

大と予想すれば小、小と予想すれば大と、大半が予想とは逆の結果となり、中々当たらない状況が続きます。ゲームに参加するには最低でも4,000円は必要となるため、ミニマムベットとはいえ、やはりハズレが続くとお金の減りはめっぽう早い。

ちなみに、この日の軍資金は10万円を用意していたのですが、気付けば大小では外れが続いて-500SGD(約4万円)。さらにその前にやっていたルーレットでも400SGD(約3万2千円)負けていたので、この時既に負け額は900SGD(約7万2千円)を突破していました。

しかし、不思議と私は外れが続いてイライラしたり、残金が残り少なくなってきて焦るなど、そういったマイナスの感情を抱くことはなかったのです。日本のパチンコで負けている時とは違い、負けているのに楽しいとさえ思えることに驚きを感じていました。

そしてこの時、カジノで残された時間は残り30分を切っていました。

響き渡る中華鍋の喝采

カジノでの残り時間も少なくなってきたこともあり、弟はバカラを切り上げ大小で合流。私は時間もそうですし残金も少なくなっていたことから、今回はもう全部なくなってもいいかと、ベットを「小」に連打することにします。

カシャカシャカシャ……。ダイスのシャッフルが終わるとプレイヤーのベットタイムに突入。他のプレイヤーは思い思いの場所にチップをベットしていき、私は「小」に100SGDをベット。

ディーラー
ディーラー

ノーモアベット

ディーラーがベットを締め切ったらいよいよカップの蓋が開かれ、当たりとなったテーブルのベッティングエリアが点灯。外れた人の賭け金は没収、当たった人には配当が配られます。

そして結果は……「3・5・2」で小、的中。これが大体の1セットの流れで、配当が終わると次の勝負が始まります。

カシャカシャカシャ……。私は当然ながら2戦目も続けて「小」に100SGD。結果は……「2・2・3」で小、的中!

幸先がいい2連続HIT。私はさらに「小」にベットを連打。

カシャカシャカシャ……。3戦目。私はチップを50SGD上乗せし「小」に150SGDをベット。結果は……「5・1・2」で小、的中!

カシャカシャカシャ……。続く4戦目。まだまだ「小」に150SGD。結果は……「4・2・2」で小、的中!!

湊
ミナト

なんだこれは……ボーナスステージにでも突入したのか?

透視でもイカサマでも何でもない、土壇場での4連続HITをもぎ取る!

カシャカシャカシャ……。そして迎えた5戦目。流石に5連続はないだろうと私はチップをさらに50SGD上乗せし、次は「大」に200SGD。結果は……「6・4・3」で大、的中!

カシャカシャカシャ……。来たる6戦目。勢いに乗った私は、再び初心に帰ると共にチップを50SGDを上乗せし、「小」に250SGD。結果は……「5・1・1」で小、的中!!

千里眼の能力でも開眼したかのように当たり続ける大小!もはや中華鍋の音にしか聞こえないシャッフル音の喝采!

気付けば6回連続の的中により+950SGD(7万4千円)と、僅か十数分でこれまでの負け額を取り返すことに成功。

これは流石に上手く行き過ぎている……。そう思いながら様子を見始めたところで出払っていた家族が戻り、そろそろいくぞと私にゲームの中止を促します。しかし、ちょうど流れを感じているところで私も止めるわけにはいかず、最後にラスト1ゲームだけの猶予をもらうことになったのです。

ラストゲームは最大ベットでなければ終われない

これまでの6連勝で得たチップは950SGD(約7万4千円)と、ちょうど負けを取り戻し、収支はほぼプラスマイナスゼロ、というか若干のプラス領域にまで急浮上。

ギャンブルは負けないことが最も大事なことでもあるので、やめ時としては間違いなくここ。お金も無くならず、カジノの面白さも体感することができ、連勝の勢いを味わうことができた今こそが、最高のやめ時であることは私もわかってはいました。

しかし、病的ギャンブラーはこんなところでは終われない。

負け続けてきたものが一瞬で覆る高揚感、エスパーと化したように当たりが連続する怒涛の疾走感。こんなものを体感してしまえば、中途半端で終わることなどできるはずがなかったのです。

そしてラスト1ゲームの納得できる終わり方。それはやはり、今日一番の最大ベットで勝利を収めること以外はありませんでした。

私は考えた末、増えたチップの約半分である450SGD(約3万6千円)を、「大」にベットすることにします。当然、ベット額はこの日では最大です。

1日ではなく「1回」のゲームに数万円を賭ける。そんなことはそれまで経験したことはなく、私はチップを持つ手に感じたことがないような重圧を感じていました。

しかし悩んでいる時間もありません。私はベットエリアにチップを置こうと手を振りかざします。しかし、やっぱりやめた方がいいのではないか、そんな考えが頭をよぎれば、振り下ろそうとした手は重力に逆らうように戻ってしまう。

置こうとする、戻る。置こうとする、戻る……

右手だけがまるで壊れたブリキの玩具のようになっていたのですが、私は中途半端に壊れたブリキを完全に破壊すべく、無理矢理右手をテーブルに押し込む……

湊
ミナト

置いたぞ……

隣で私の連勝を見ていた中国人のおばちゃんがジロリと私が置いたチップを見る。その後ディーラーから発せられる「ノーモアベット」の声。ディーラーは、ついにカップの蓋に手をかけました。

この一瞬、このカップが開かれる一瞬に全てが凝縮される。私は蓋が取られ、内部が見え始める僅かな領域を見るために刮目する!

そしてディーラーは蓋を取った!どっちだ?大なのか小なのか!?僅かな隙間から見えたサイコロの数字は……大きいぞ!

湊
ミナト

………………!!

結果は……「5・4・5」で「大」。まさかの、怒涛の7連続HITが決まる!!

こうして私にとって初めてのカジノは+525SGD(約4万2千円)という、当初懸念していたようなケチのつきようがない結果で幕を閉じ、驚愕の表情で私の目を見る中国人のおばちゃんに別れを告げ、私はカジノを後にしたのです。

SATSプレミアムラウンジへ

チャンギ国際空港

時間が迫っていたため勝利の余韻に浸る間もなくカジノから離れ、JTBラウンジで預けていた荷物を受け取った後、私たちはチャンギ国際空港へ。いよいよ今回の旅も終わりが近付きます。

日本行きの飛行機が出るまでの待ち時間には空港のラウンジが利用できるとのことだったので、私たちは「SATSプレミアラウンジ」というラウンジへ。

SATSプレミアラウンジ

SATSプレミアラウンジは、ビール、ウイスキー、ワイン、スピリッツなどのアルコール飲料や、ソフトドリンク・コーヒー、バラエティに富んだ軽食、wifiやシャワールームまで、なんと全てが無料で利用できるというまさにプレミアムなラウンジ。営業時間は24時間営業です。

SATSプレミアラウンジの無料ドリンク

冷蔵庫の中にはタイガービールと各種ソフトドリンクが入っています。ソフトドリンクも飲み放題!

SATSプレミアラウンジのコーヒー

スタイリッシュなブルーのライトに照らされるコーヒーエリア。右側にあるのは「ラクサ」というシンガポールのローカルフード。

ラクサはココナッツ風味のミルキーな担々麺のような料理で、シンガポールに来たら必食の一品。

SATSプレミアラウンジビュッフェカウンター

温かい料理は奥のビュッフェカウンターから好きなだけ頂くことができます。肉料理や米料理など、メニューも豊富。

その他にもサンドイッチなどのパン類、野菜や果物、デザートまで用意されています。

SATSプレミアラウンジの座席

座席の一部。ゆったりとしたつくりで搭乗時間まで快適な時間を過ごすことができました。

搭乗時間がきたため、私たちは飛行機に乗り込みます。

「また必ず来よう、シンガポールに」

この時私は、そう思っていました。

その後

チャンギ国際空港から飛行機に乗り、日本の成田空港到着予定は朝7時頃。

カジノでの興奮冷めやらぬ私は既に飛行機の中で日本に帰ったらパチンコに行くことしか考えていませんでした。それまで味わったことがないような興奮や感動に、パチンコへの衝動が強烈に大きくなっていたのを覚えています。

しかし、ディーラーや他のお客さんと話したり、喜びを分かち合ったりと、同じギャンブルと言えどもパチンコとカジノは全くの別物だなと感じたこの日の経験は、後に私が、自分自身が患っていたギャンブル依存症の本質に辿り着き、ギャンブル依存症の根本的な認識を変えるきっかけとなっていくのでした。

空港からそれぞれ自宅に帰り、私は朝10時の開店からパチンコ店へ。その日、カジノで勝った以上にパチンコで負けたのは言うまでもありません。

(インドネシア・バリ島旅行 完)

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す