【トランス状態】ウルワツ寺院のケチャックダンスがとにかく凄い

バリ島旅行2日目の後半はケチャックダンスを鑑賞。

2日目はオプショナルツアーを申し込み、午前はマリンアクティビティ、シーウォーカーを体験。そして夕方からはバリ島の舞踏劇ケチャックダンスを鑑賞しに行きます。

インドネシア・バリ島旅行(2日目・後編)

サヌールでのマリンアクティビティを終え一度宿泊しているインターコンチネンタルバリリゾートに戻ると、午前中はカラッと晴れたいい天気だったのが一転、雨が降ってきました。涼しく気持ちのいい雨です。
ホテルで少し休憩を挟んでから次の目的地へと向かいます。

ウルワツ寺院に到着。

ウルワツ寺院はバリ島の南につき出した半島の南西端、海岸沿いに位置し、断崖絶壁の上にそびえ立つバリ・ヒンドゥー教の寺院です。
ウルワツ寺院ではバリヒンドゥー大神のビシュヌ(生命維持の神)、ブラフマ(創造の神)、高僧ニラルタを祭る堂があり、16世紀頃にこの地を訪れた高僧ニラルタによってバリ島の最高神で全知全能の唯一神を祭る祭壇が増築されたと伝えられています。

今回はこのウルワツ寺院で夕方から行われる舞踏劇、ケチャックダンスを鑑賞します。
ケチャックダンスとは古代インド叙事詩『マハーバーラタ』と並ぶインド二大叙事詩の一つ、『ラーマーヤナ』のストーリーを題材とした観賞用の舞踏劇で、数十人にも及ぶ腰布だけを巻いた男性たちが発する「チャッチャッ」という合唱に合わせて舞踏が演じられていきます。
モンキーダンスやファイヤーダンスなど様々な呼ばれ方がありますが、特にここウルワツ寺院で行われるケチャックダンスは他で行われるものと違ってエンターテインメント性が高く、観光客に人気があるそうです。

ウルワツ寺院に入場するには入場料金や、ケチャックダンスを鑑賞する場合はチケットを購入する必要があります。私達は今回ツアーで参加したのでガイドさんがまとめて入場料やチケットを購入してくれました。

ハーフパンツなどで肌を露出している場合はこちらで貸し出されているサロンを身に着けます。また腰布も貸し出されていて、腰布はたしか肌の露出に関係なく着用するようにとのことでした。

ケチャックダンスが始まるまでの間、寺院を散策することにしました。
通路を進んでいくと高さ約70メートルの崖からインド洋を望むことができます。

断崖絶壁から望む、圧巻の景色。

と、そこに突如野生の猿が!

ウルワツ寺院には多数の野生の猿が住んでいます。観光客のピアスやネックレス、帽子、眼鏡などを奪い去っていくこともあるらしいので、アクセサリー類を身に着けている場合は注意しましょう。

観光客には目もくれず、猛スピードで走り去っていきました。
夕暮れ時になり、ケチャックダンスの開演時間が近づいてきたので私たちは会場へ移動します。

ケチャックダンス開演

屈強な男たちが集まってきました。いよいよケチャックダンスが始まります。

ケチャックダンスのストーリー(あらすじ)は、魔王(ラワナ)に妻(シータ)を誘拐された王子(ラマ)が、妻を取り戻すために白猿(ハノマン)に妻の奪還を依頼。しかし白猿は敵に捕らえられてしまい……というものです。
チケットを購入すると日本語で書かれたあらすじを貰えると思うので、(私はガイドさんからチケットと一緒に貰いました)目を通しておいた方がいいですよ。でないとわけが分からないまま終わりますので(笑)

果たして王子は妻を取り戻せるのか、捕らわれた白猿は無事に生還できるのか。

それではご覧ください。

中心の松明のようなものを囲むようにして円陣のようなフォーメーションが完成。

観客席は開演直前まで雨が降っていて濡れていたので、雨が降った時用に席を拭くタオルを念のため持って行ったほうがいいかもしれません。それと席が固いので、雨が降らなくても持って行ったタオルを座布団がわりに敷くこともできると思うので、何かしら一枚あると便利だと思いますよ。

本日の上演の安全を祈り、聖水が振りかけられます。

二人のダンサーが登場。

王子(ラマ)とお姫様(シータ)。二人はお互いを愛し合う舞を踊ります。

おそらくこれが魔王(ラワナ)の化身である「黄金の鹿」。

お姫様の美しさに目を奪われた魔王は、お姫様を王子から引き離そうと、自身の化身である黄金の鹿を使って二人を引き離そうとします。

……羽?

いや、おそらくストーリーの進行としてはこれが魔王の化身である鹿のはず……

その後魔王は目論見通り王子と姫を引き離すことに成功し、一人になったお姫様をさらってしまいます。

アクロバティックなアクションで白猿(ハノマン)登場。

王子がいなくなった妻を探すように白猿に捜索を命じます。白猿は王子の妻を探すために一人、旅にでるのでした。

縦横無尽にステージを駆け巡り、白猿は観客席に乱入!

何人か観客の方がいじられていました(笑)見た目とは違いハノマンは結構コミカルなキャラクターです。

そして必死の捜索によりついにハノマンはお姫様を発見!

ハノマンは自身の無事を王子に伝えるようお姫様に頼まれます。それを承知したハノマンは王子に姫の無事を伝えるため一度王子の元へ戻ることにするのですが、お姫様をさらった魔王への怒りか、そこから出ていく前に魔王の王国を破壊します!

しかしハノマンの破壊活動が魔王の手下によって見つかってしまい、ハノマンは魔王の手下に捕らえられてしまいます。

魔王の手下「ヒャッハー、あの猿ももう終わりだーッ!」

世紀末にいそうな明らかにやばそうな奴がでてきました。そんな猿は終わりだなんてことは言いませんが、流暢な日本語や英語を駆使し、観客を沸かせる魔王の手下。

魔王の手下たちは何やらゴソゴソやっています。

一体そんな松明なんて持って何をする気なんだ……

すると魔王の手下はおもむろに松明をかざし、地面に火をつけた!

その中には…………

囚われの身となったハノマンが……

次第に火は燃え広がっていきます。ハノマンは体を縛られているのか、気を失っているのか、その場から動くことができない!

完全に炎に包まれてしまったハノマン!

燃え盛る炎と身を焦がす熱気に包まれ、苦悶の表情を浮かべるハノマン!

頼む、起きてくれ!
目を覚ますんだハノマン!立つんだハノマンーッッ!!

すると、観客の祈りが届いたのかハノマンは目を覚まし、燃え盛る火炎を文字通り“蹴散らして”いく!

そして魔王の手下のモヒカンを奪い取り、近くにいた観客に被せた……!!?

一同「はいどうも、ありがとうございましたー」

(終わり)

ケチャックダンスを見た感想

……!?結局お姫様はどうなったの……!?

ここまでご覧くださった皆さんはそう思いますよね。ただ、そんなことがどうでもよくなってしまうほど凄かったというのが私の感想です(笑)
ケチャックダンスは元々サンヒャンという儀式の舞踏(トランスダンス)がルーツになっているそうです。男性たちの奏でる呪文のような合唱で会場や私たちもトランス状態になっていたのかもしれません。

ただ、ストーリーに関しては見ていてほとんどわかりませんでした(笑)
事前に貰えるあらすじが書かれた紙はしっかりと読んでおきましょう!

ウルワツ寺院のケチャックダンス開催時間など

ケチャックダンスの開催時間は18時~19時の約1時間です。
ウルワツ寺院は朝から開館となりますが、ケチャックダンス終了の19時に閉館となるそうなので、ケチャックダンスが始まるより少し早めに到着し、是非ウルワツ寺院内の散策を楽しんでみて下さい。

また同じウルワツ寺院でのケチャックダンスでも、公演する団体によっては内容が少し変わったりすることがあるそうで、今回は捕らわれた白猿(ハノマン)の脱出までで舞踏劇は終了となったのですが、中には最後まで(王子と魔王の最終決戦まで)続くこともあるようです。
その場合は王子側が勝利してお姫様を救うので、ハッピーエンドで閉幕となります!

今回申し込んだツアー詳細

今回も2日目前半と同様、ケチャックダンスの鑑賞はJTBのオプショナルツアーで予約しました。ウルワツ寺院の場所がバリ島の中心地からだいぶ奥まった所にあるので、行きだけタクシーで来てしまうと帰れなくなってしまうかもしれないので、ケチャックダンスの鑑賞が終わったあとバスでホテルまで送ってくれるツアーが便利だと思いますよ。

詳細はこちら【JTB】ケチャックダンス現地オプショナルツアー

3日目へ続きます。

スポンサーリンク

コメントを残す