【ブログ運営の場合】やりたいことのために仕事を辞めるのは危険か?

結局のところ、やりたくない仕事であっても続けながら、自分のやりたいこともやる、というのが一番かもしれない。暫くは。

本当はやりたいことがあって今すぐにでも仕事を辞めたいけれど、生活のために辞められないとか、好きなことを仕事にしたけれど嫌な部分ばかりが見えるようになってきて、他の興味のあることをしたくなってきたとか、働いていればあれこれ思う部分は何かしらは必ず出てくるものだと思います。

特に私の場合はあまりにも時間がなく、ブログの運営作業に集中する時間が欲しかったのもあって雇われていた店を辞めたのですが、2~3か月もすると、辞めたことでしか見えてこないデメリットも見えるようになってきました。

そして私は思ったのです。やりたいことのために仕事を辞めるというのは結構危険なことであり、一度冷静になって考えるべきでもあると。

仕事を辞めた経緯

私が仕事を辞めた経緯については、大体のことは以前にもお話した通りで、労働条件が悪かったとか、これ以上同じ店で学ぶこともなくなってきたとか、そういった事情もあったのですが、やはりブログの運営が思い通りに行っていなかったというのも大きな理由の一つではありました。

関連記事

私が仕事を辞めた理由についてはこちら
【退職】約7年バーテンダーとして勤めた私がバーをやめることにした理由

特に私の場合、やるんだったら気が済むまでやる、やらないんだったら一切やらない、と少し極端な部分もあるため、時間がないという、ただそれだけの理由でブログの運営作業が滞っていることがずっともどかしかったのです。

さらに、私は今後独立するつもりでいるのですが、店を出すお金や準備、それらが整うまでにかかる時間、それまでにやっておきたいことなどを逆算すると、もうそろそろ雇われも限界かなと。

そう考えると、なんだか1日の時間に無駄が多すぎて、働きに行く時間すらももったいなく思えてくるようになってしまったのです。

そこで、これらの事情などから私は長年働いてきた店を辞める決意を固め、遂に晴れて自由の身となりました。

喉から手が出るほど欲しかった時間が手に入る。何にも代えがたい価値を持つ時間……

私の目の前は希望で溢れていました。そう、この時はまだ……

収入などの生活費問題

私の場合、バーの仕事だけでは生活していけなかったので生活費のため、夜型の生活になると精神状態に異常が起きることをこの身をもって知っていたので、朝方の生活を維持するためなどの理由から、掛け持ちで朝からも仕事は何かしらしていたのですが、店を辞めるとなると単純に収入が半減するわけで、そうなると生活を維持していくのが難しくなることは毎月の支出から見るに考えるまでもないことでした。

特に、ブログの運営は維持するだけでもお金がかかりますし、もちろん作業の時間も必要となります。しかし、この時はそれらを賄うためのブログから得られる収益はほぼ0円のようなものといってもいい状況。

お金がなければブログの運営作業に集中することも当然できません。

そこで、私は仕事を辞めることを決めたタイミングで韓国行きのチケットを取ったのです。そう、カジノで今後の生活費を稼ぐために……

その結果、これはもう先に言ってしまいますが、ブログ運営のための蓄えを見事に全て吐き出し、さらには負債を背負って帰ってくるという、完膚なきまでに叩きのめされ、無残の帰国で(完)。

もはや何のために仕事を辞めたのかよく分からない状況になってしまったのです。

そこで、そんな私から一言。

湊
ミナト

ブログ運営のために仕事を辞めるなら、ある程度見通しが立ってからにした方がいい

何度も使い古されたような台詞ですが、やりたいことのために仕事を辞めるのであれば、そこからある程度の収益が既に発生しているか、希望的観測ではなく、確信的な見通しが立つ状態でなければ、仕事を辞めるという選択は逆に悪い結果を招く可能性の方が高いような気がします。

時間があれば更新作業に打ち込める、そうすれば収益も増えると私は安易に考えていましたが、実際そんなこともなかったです。

要するに世の中そんなに甘くないということですね。

やる気や気力の低下問題

また、これが一番の問題というか、仕事を辞めたデメリットで最も大きいと感じたのが、仕事を辞めた後でのやる気や気力。

私は、人が前に進もうという想いを押し上げる最も大きな原動力は、「希望」か「怒り」の2つしかないと思っています。

目標の達成や成功、充実した日々を過ごしている自分、自分はこういったことがしたいという強い想い。

そのような自分が願っている未来を想像し、正の感情である希望を持つこと。まずこれはオーソドックスに原動力となります。

ちなみに希望を抱く時、私たちの脳内ではドーパミンという物質が放出され、「報酬系」と呼ばれる部位が活性化します。それによって目先の欲求を抑え、困難に立ち向かうことができるようになったりもします。なので気力が上がるのです。

そして、夢も希望もない状況から絶対に抜け出してやるとか、冷酷無残にこき使ってきた鬼畜上司よ今に見ていろとか、人を嘲笑う者共に悪しき鉄槌をといった、もはや憎悪に近い感情。

そのような自分の中にある反骨心を奮い立たせ、負の感情である怒りを持つこと。これも強力な原動力となります。

それはやはり、人間の脳は嫌なことほど記憶に残りやすくできているから。

これには同じ失敗を繰り返さないためであったり、もっと深いところで言えば危険を回避するための生存本能が関係しているとも言われていますが、例えばこれは少し畑違いの話ではあるのですが、不幸は幸福の2倍の威力を持っているという研究結果もあります。

関連記事

不幸は幸福の2倍という「価値関数」について
【プロスペクト理論】パチンコなどのギャンブルで敗走できなくなる理由

よって、負の感情は正の感情よりも簡単に呼び起こすことができ、且つ感情の持つ力も強力なため、起爆剤としては非常に優秀なものではあるのですが、その反面、一歩間違えれば危ない方向に進んでしまうという危険性もはらんでいます。

しかし、正の感情である希望さえ失わなければ、それは負の感情の異常な高まりを抑え、私たちが悪い方向に行かないように補正してくれると思うのです。そして、正負の感情が混じり合った時にこそ人は最大限の気力を発すると。

が、私は雇われていた店を辞めたことで、怒りの感情がキレイサッパリと消え去ってしまったのです。

収入と共に気力も半減した

正直言うと、私が雇われていた店は、店をよく知るお客さんからも「よくここまで耐えましたね」と言われるほどの労働環境で、私の怒りは溜まりに溜まっていました。

どれだけ疲れていても何かを思い出すだけで気力が全回復するような、そんな環境。

しかし、仕事を辞めたことでそういったストレスから解放された私は、片方の原動力を失うこととなり、最大限の気力が発揮されることも少なくなっていき、なかなかやる気が出ない状態となってしまったのです。

ところで、「ストレス」という言葉の生みの親であり、ストレス学説を唱えたカナダの生理学者、ハンス・セリエ博士が残した有名な言葉に、以下のようなものがあります。

「ストレスは人生のスパイスである」ハンス・セリエ

そう、まるで今の私はスパイスを抜いたカレーのような状態。生温い生活。溜まっていた怒りが恋しくなるような。

要するに、何が言いたいのかというと、仕事を辞めてしまうとストレスから解放されるので、気力が落ちます。そして収入も落ちます。

職種や雇用形態にもよりますが、できることなら週1とかだけでも続けていた方が、やる気の維持にはいいかもしれません。

有り余る時間問題

さらに、私の場合はバーの仕事で1日の約半分を使っていたため、仕事を辞めたことで1日12時間ほど自由な時間が増えたのですが、増えた時間を全てブログの運営作業にぶち込めたのかと言ったら、これもやはりそう上手くは行きませんでした。

もちろん毎日働いていたわけではないので、休みの日は休みの日で時間はあったのですが、基本的に夜は毎日時間があるとなると、惚けました。

何もせずにゴロゴロしたり、下らないものを見ていたり、飲みたい物や食べたい物を食べて寝たりと、あれだけブログ運営のために欲しかった時間が手に入ったというのに、思っていたようには上手く時間を使えない。

結局のところ、人間は無い物ねだり。手に入れば満足してしまう。何でも足りないくらいがちょうどいいと痛感。

ちなみに私は朝からの仕事は続けているので、決まった時間に起きるサイクルが維持されていることもあって、何とか最低限のベースでブログの運営作業はできていますが、全ての仕事を辞めて完全に自由の身になっていたらかなり怪しいことになっていたでしょう。

時間はあればあるだけ効率が下がり、なければないだけ効率が上がるような気はします。

やりたいことのために仕事を辞める場合は、空いた時間をフル活用するのはかなり難しいと思われるので、実際にやりたいことのために使える時間は、良くて空いた時間の半分程度と考えておいた方がいいかもしれません。

今回のまとめ

・やりたいことをやるための資金がないのであれば、仕事を辞めるのは危険
・ストレスフリーで気力も飛ぶ
・時間はあればあるだけ無駄も増える

仕事は辞めたいと思ってしまうと辞めることしか考えられなくなりますし、やりたいことがあるのであれば尚更だと思うのですが、仕事を辞めれば本気を出せるとか思っていると結構危ない状態に陥ってしまう可能性は低くはないと思います。

ただ、こういったことは腹が決まっているのであれば人が何を言っても無駄ですし、どうなるのかは誰にもわからないので、失敗も含め、自分がやりたいようにやるのが一番だと私は思います。

そして最も大切なのは、上手くいかなかったとしても、その状態を悲観せず、どう上手くいかせるかを考え続けることでしょう。

人間は考える葦。常に思考は停止させてはいけない。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す